プロフィール

半覚才

地球の過去と今と未来を見つめる3匹
のスペースキャッツ

Author:半覚才
自然とともに生きる、生き物が好き!
ホームページ「川越を遊ぶ」

そのニュースは本当か?
報道に疑問を!体制に批判を!権力の奴隷にはならない!

QR

ご意見・リンク等
★★★★★★★★★★★★★★★★
【ご意見・ご質問】
ご意見・ご質問はこちらからどうぞ。

また、回答を希望しないコメントは、コメント投稿蘭からお気軽にどうそ。


【Link Free】
転載、引用、リンクはご自由にどうぞ。 ただし、情報源は明示してください。

★★★★★★★★★★★★★★★★
最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
気になる地域の気になる情報
日本の原発

稼働状況と建設計画

気になる地域の現在の放射線量
気になる地域の天気情報


電力会社別の電力使用状況

地殻変動


-占い-

スポンサーサイト

Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング

日本国民は生き残れるか?

Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング
人間というのは、どんなに苦しい時でもどんなに絶望的な言葉を聞かされても、それだけでは死なないものです。
特に大和民族は、そんなことで死のうと思うどころか、かえって普段以上の力を出して生き抜こうとする民族なのです。
特攻隊のように死に向かって突き進むのは、守りたいと思うものがあるから、そのために身を犠牲にするものであって、絶望の果てに死に赴こうとするのではないのです。

沖縄への努力「水の泡」=女性侮辱発言、野田政権に打撃
http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2011112900920

野田政権に手痛い「発言」 普天間問題振り出しに(11/29 18:10)
http://news.tv-asahi.co.jp/news/web/html/211129047.html
口を滑らした人間を一人々、と影の尻尾切りのように首を挿げ替えてもダメでしょ。
政党そのものが腐っているのです。
その責任はすべて総理大臣にあるのでしょ。

消費増税時期、大綱に明記=野田首相意向 2011年11月29日16時6分
http://www.asahi.com/politics/jiji/JJT201111290081.html
これはこれまでのように、野田君の意向というより、財務省の意向でしょう。
裏の総理大臣は財務事務次官の勝栄二郎なのです。
野田君は、単なる彼のマリオネットです。
つまり、野田君には何を言っても無駄ということです。
答弁する時の彼の目を見れば、よく分かります。

【必読】 野田内閣を操る”財務官僚”勝栄二郎の正体
http://blog.goo.ne.jp/tarutaru22/e/0c168d084a02d0bdb13853af09909258

全国民必読
新聞,テレビはビビッて報じない
どじょう野田を操る"本当の総理" 勝栄二郎の正体

http://gendai.ismedia.jp/articles/-/21453

20111112 TPP学習会 鈴木宣弘-YouTube.mov


東京大学大学院教授・鈴木宣弘氏
米国主導で利益小さく
テーマ「TPPと国益」

http://www.gifu-np.co.jp/tokusyu/2011/seikon/sei20111117.shtml

「税と社会保障の一体改革みたいなもの」の問題
http://www.taro.org/2011/11/post-1126.php


YouTube福島原発3号機設計者 上原春男 自由報道協会記者会見2011年11月17日おすすめ



Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング
スポンサーサイト

政治は原発事故収束と国民の不安を解決できるのか?

Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング
原発については、非常に多くの専門家が、論理的、科学的に反対意見を述べているにも拘らず、それに耳を傾けない政治家が多いのはなぜか?

利権に絡む大手企業の集団である経団連等に振り回されていいのか?
票の数なら、それ以外の一般国民のほうが多いぞ。

今回の大阪選挙のように、浮動票層が動いて投票率を押し上げれば、選挙に民意を反映させることは意外と簡単なのだ。


今中哲二 20110727 衆議院 厚生労働委員会 参考人意見


大間原発計画に関する記者会見(自由報道協会主催)、始まります。
会見者はルポ ライター・鎌田慧氏、小笠原厚子氏(あさこハウスの会代表)です。

案内のURLを調べましたが、見つかりませんでした。


津波対策、多くの疑問 東電の中間報告書
http://www.47news.jp/CN/201111/CN2011112801001908.html
事故状況については、多くの専門家の意見や予想とはずいぶん違うが、その辺の確認はしないのだろうか?

東北電力、八戸太陽光発電所の運転開始を年内に前倒し
http://autos.goo.ne.jp/news/industry/166035/article.html
福島原発付近にもこれを建設して、復興の足がかりに出来ないものかなぁ?
発電所用地を国が買い上げて、地方の電力会社や民間企業に貸すことができれば、新電力エネルギー開発にも被災地復興にも弾みが付くし、地域も企業も潤い、税収も自然に増えることだろう。
日本の電機メーカーを優先して、ソーラーパネルその他の機材を調達することが出来れば、海外メーカーに負けて開発から撤退したり、海外に拠点を移したりすることも防げるだろう。
TPPに参加すると、それも不可能になる。

建設費もランニングコストも安く済み、Co2排出も今回の一箇所で年間約800トンのCO2削減効果があると言うのだから、いいこと尽くめじゃないか。

しかも資源の乏しい日本にとっては、自然エネルギー活用は原子力以上の夢のエネルギーだと思う。
これを足がかりに、他の再生可能なエネルギー開発にも力を入れて、脱原発を目指して欲しい。


【原発】福島・伊達市で基準値超えコメが一部流通(11/29 05:51)
http://www.tv-asahi.co.jp/ann/news/web/html/211129001.html
こういうことが起こるから、消費者は怖がってこの付近の産地のものを買い控えるようになる。
難しいかもしれないが、徹底した検査をして、安心して消費できるように国も地域も努力して欲しい。
東北の復興は、将来を考えると産業の復興がなければ成り立たないのだから。


大阪ショック:「橋下人気」すり寄る民・自 「都構想」に苦慮
http://mainichi.jp/select/seiji/news/20111129ddm001010049000c.html
さすが<民・自>、節操がなさ過ぎる。
すべてが万事この通りだ。
民主党も自民党から別れて新党を結成した意味がなくなり、影も消えかけてきた。


「ミスター円」榊原氏、野田総理のTPP方針に疑問を呈す
http://seetell.jp/23052

上杉隆が大批判、「TPP交渉参加」も「増税」も野田総理が国会で宣言しない理由 11/23(3)
http://blog.livedoor.jp/amenohimoharenohimo/archives/65777751.html
TPPについては、慌てて参加する意味は全くないのだから、国内の景気浮揚や産業の育成、行政改革やシステムの整備に力を結集すべきだ。
充分に国力をつけてから参加の是非を問うのが正しい順序だということが、なぜ理解できないのだろうか?
野ダメとか無能とか言われても、反論できないのも情けない。


Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング

原発と核兵器

Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング
原子力発電所というのは、政治的には核開発であり、核兵器製造のためのものです。
アジアの緊張に対する核抑止力として、アメリカはどうしてもそれを日本に肩代わりしてもらいたかったのです。

なぜ自分でやらないのかって?
一つは、金がかかりすぎるから。
一つは、危険すぎるから。
そしてもう一つは、使用済み燃料の保管場所もなく、処理方法も分からないから。
です。

アメリカは、そのすべてを日本に押し付けようとしただけです。
沖縄等の米軍基地と同じように。
TPPも、アメリカでの解決が難しい問題をすべて日本に押し付けようとしているのです。
いい加減に日本人は目を覚ませ。
アメリカというのはそういう国なのです。
イエローモンキーと言って、鼻から日本人を見下している国です。

原発、トイレのないマンションを造り続ける日本は、アメリカのトイレになろうとしています。


元東電社員の告白 辞めたワケと20年前の"ある事故"


【世界の核実験地図】Ctbtomedia 2053ByIsaoHashimotoJapan762


経団連の米倉弘昌会長とソフトバンクの孫正義社長が原発の再稼働をめぐり、バトル
「経団連はまず詫びろ」「理解に苦しむ」
http://www.j-cast.com/2011/11/27114246.html
米倉会長は21日の会見で、孫社長の発言について「本当に理解に苦しむような理屈だった。誰からも賛同を得られなかった」などと一蹴
自説に自信があり、責任が持てるなら、賛同しなかった企業名を発表して欲しいですね。

中国、尖閣視野に日中境界協議の再開提案
http://www.okinawatimes.co.jp/article/2011-11-28_26634/
中国相手に、まずは外交能力のレベルを国民に示して欲しいな。
全く期待はしていないが、いつまでも逃げているわけには行かないでしょ。
相手の話も聞いて、その上で国際法的にも論理的、歴史的にも完全論破できなければね。

やらせ黙認「不適切だった」 佐賀県知事が議会で陳謝
http://www.asahi.com/national/update/1128/SEB201111280016.html
陳謝し、監督責任として自ら減給する方針。
辞任を迫られ、この程度で話を終わらせようとしているな。

平野復興担当相に要望書 達増知事 (11/28)
http://www.iwanichi.co.jp/ken/item_27001.html
県や地方自治体および個人は、原発事故によるあらゆる被害を国と東電に請求すべきで、被災地応援などと言うごまかしで国民への被爆を拡げたり、東電の損害賠償額を減らして助けるようなことをすべきではない。

この請求により、納税などの国民の負担が増えることがあっても、それはそれで痛みを公平に分かち合うということで理解も得られると思うが。
少なくとも核汚染廃棄物を押し付けられるよりはいい。

中国電力、中国石炭大手などと石炭火力発電技術の協力で覚書締結
http://www.ecool.jp/press/2011/11/energia11-1128.html
電力会社は、やっと脱原発に向けて動き出したか。
石炭火力発電の技術は、アメリカもいいものを持っているらしいし。


Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング

原発事故の総括と日本の未来

Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング
ホントに原発事故の総括が出来るのか?
本気で総括するには、原子力安全委員会や東電に任せるのではなく、専門家による外部委員会によって行われなければ、単なる言い訳やごまかしだけに終わるだろう。

福島第1原発:08年に津波可能性 本店は対策指示せず
http://mainichi.jp/select/jiken/news/20111128k0000m040140000c.html

国会版仕分け、もんじゅ見直し勧告へ 政権は尊重の方向
http://www.asahi.com/politics/update/1125/TKY201111250672.html
国会に設置した委員会だから、勧告に従うのは当然だろう。
これでもああだこうだ言うなら、無政府状態になる。

溶融した核燃料は今、どこに!? 東電、11月30日に見解発表
11月27日17時58分
http://news.ameba.jp/20111127-179/

「除染の限界」に苦悩する福島市の住民 (東京新聞) ・ 「無主物の責任」
http://etc8.blog83.fc2.com/blog-entry-1289.html

国民も福島県民も不信と心配の種は尽きない。
沖縄の基地問題や北朝鮮の拉致問題も含めて、日本国中が政治不信の嵐。

フランスワインが風評被害?
http://anews.jp/p/12165

青梅市で魚5000匹浮く
2011.11.25 20:46
http://sankei.jp.msn.com/region/news/111125/tky11112520460009-n1.htm
原因が分かるまでにはまだ時間がかかるようだが、これだけ大量の魚が一度に死ぬということは、人体にも何らかの影響があるかもしれない。
早く原因究明して安心させて欲しい。


<大阪ダブル選>維新が大阪を席巻 改革に府民熱いまなざし
毎日新聞 11月27日(日)22時3分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111127-00000064-mai-pol
野田政権に痛手=有権者が政党不信―大阪ダブル選
時事通信 11月27日(日)21時13分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111127-00000084-jij-pol
既成政党、現政治に“No”を突きつけた。
政治にしっかりと意思を示せた大阪府民が羨ましい。
衆院も解散して民意を問うべきだが、そんな勇気はないだろうな。

依存度下げ目指す橋下氏、「脱原発」で関電と対決へ
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/111127/elc11112720500009-n1.htm
これからは、すべてが大阪から始まるのか?
東京、神奈川もしっかりせい!
もちろん他の地方も。


民主党を二分する 脱原発派VS推進派
http://socialnews.rakuten.co.jp/link/%E6%B0%91%E4%B8%BB%E5%85%9A%E3%82%92%E4%BA%8C%E5%88%86%E3%81%99%E3%82%8B-%E8%84%B1%E5%8E%9F%E7%99%BA%E6%B4%BE%EF%BC%B6%EF%BC%B3%E6%8E%A8%E9%80%B2%E6%B4%BE
この期に及んでまだ原発推進を言う政治家がいるとは!?
しかもその理由がなんともバカバカしい。
テレビもラジオもインタネットもないところで生活しているのか?



安住財務相、消費増税反対派に「選挙おっかないのか?」産経新聞
2011/11/25 11:03
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/economy/policy/536215/
こいつはやっぱり中学番長程度の脳みそしか持っていない。
退学させられて、高校には行けないだろう。
足し算は出来ても引き算は出来ないというところか。
それじゃぁ、小学生以下かも?


第1回政府シンポ、消費税引き上げに理解求める
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20111127-OYT1T00683.htm
国民は、野田の常套手段に騙されてはいけない。
『大串政務官は、政府・与党で歳出を徹底的に見直す考えを強調した。』
歳出の削減を徹底した結果を見てから、増税について説明すべきだ。
いつも話が前後している。

絶対こうなる!日本経済/榊原英資、竹中平蔵、田原総一朗
http://inoueroumu.cocolog-nifty.com/blog/2011/11/post-c52b.html

2011-11-25 マスメデイアの世論操作の黒幕はアメリカ大使館ー榊原英資氏
http://d.hatena.ne.jp/KyojiOhno/20111125

TPP アメリカは日本のマスコミ対策をしている CIAも使っている (榊原英資)+ビデオ付
http://journalism-blog.cocolog-nifty.com/blog/2011/11/post-9189.html






Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング

政治とメディアと大企業のウソ/それを無罪放免する司法

Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング
もう一度、思い出そう:原子力基本法の「ダダ漏れ原則」
http://blogos.com/article/25444/
『日本が原子力の開発に乗り出すにあたって、当時の政府は国民に大きな約束をしました。それが「自主、民主、公開」です。アメリカの指示を受けず、どんな手続きも民主的に、そしてすべてを公開することを約束したのです。

このような民主的な手続きが国民と政府との間に取り交わされた場合、それを守る誠意こそが民主主義を発達させ、こそこそと破るようなことがあれば、それは民主主義を崩壊させることになるでしょう。

このとき、日本学術会議は声明を出し、「この場合の「公開」とは、原子力についてのすべてのことを公開することであり、それは例外を許さない」ということでした。・・・・・・・・・・』

TPPに対する日本政府の態度、認識と同じです。
アメリカが「例外はない」と言い切っているにもかかわらず、野田をはじめ民主党幹部は、「例外もありうる」と言って参加を決めているのです。

彼らにとって“例外なし”とはどういう意味なのだろうか?

講演会「鎌田慧  なぜ、原発に反対するのか」
http://blog.goo.ne.jp/ichihara-121212/e/811814169ba2e6008d8ebccd8927cc8c
「なぜ、原発に反対するのか、
    これからどのような社会をつくるか」
講 師  鎌田 慧 かまた さとし
 日 時  11月29日(火)
        18:30~20:30
 会 場  船橋勤労福祉センター 地下ホール
       JR「船橋駅」南口下車し、徒歩10分
 協力費 500円

 主催 「集めよう!さようなら原発1000万人署名・千葉の会」
プロフィール
1938年 青森県弘前市生まれ 
     高校卒業後、上京してカメラ工場・印刷工場に勤めるが、労働争議でクビとなる。
     その後、早稲田大学文学部露文科に進学。
1964年 早稲田大学文学部露文科卒業。
      卒業後は、新聞・雑誌記者を経てフリーとなる。
1973年 「自動車絶望工場 ある季節工の日記」を出版
1991年 第45回毎日出版文化賞『六ケ所村の記録』
日本文芸家協会 、日本ペンクラブ会員。

蓮池 透さんが語る「拉致と原発」
http://blog.goo.ne.jp/ichihara-121212/e/f208875c5cfb430d51f269338ad46331
日時:12月3日(土) 13時開場  13:30 開会
場所:youホール(市原市勤労会館) 3階 多目的ホール
    JR内房線「五井駅」東口より徒歩15分  市原市中央図書館となり
主催:憲法を守ろう・市原市民連絡会
     事務局  市原市五井1340-2 市原市労働組合協議会 気付け
           電話&FAX 0436(21)5473

蓮池 透さん 拉致被害者家族会 元事務局長 /東京電力福島第一原発の元管理者
 拉致問題で知られる蓮池透氏は、30年以上も東京電力に勤め,
一昨年の退社時は原子燃料サイクル部長の要職に就いていました。
福島第一原発の保守管理も担当し、保安院との折衝にも当たっていました。
 
 今回の事故は蓮池氏に大きなショックを与えました。「安全だ」と思っていた
責任、事実を隠蔽する東電などの記者会見への怒り。
そうはいっても、友人の多い東電を批判していいのか、悩み苦しむ日々が
続きます。
 しかし、やはり、今言わねばならない。
「安全神話」の一翼を担った自分の義務として、国民への責任として、
そして東電への最後の愛情としても。
さあ、あなたも一緒に蓮池氏の胸の内を聞いてみませんか!

東芝、米に新設原発向け機器輸出 年内にも
2011/11/26 22:40
http://www.nikkei.com/news/headline/article/g=96958A9C93819696E0E4E2E1E58DE0E4E3E3E0E2E3E3869891E2E2E2


原発から飛び散った放射性物質は東電の所有物ではない。したがって東電は除染に責任をもたない。
b35e2579c-2.gifb35e2579c-1.gif

冗談じゃない!!
小学生でも簡単に反論できる。

とんでもない詭弁ですが、裁判所はこの回答書に対してどういう判断を示したのでしょうか?
日本は、文明が破壊された三流以下の国になってしまいました。

三橋貴明「富裕者層」と「貧困層」を解説 危ない!
http://momotarou100.iza.ne.jp/blog/entry/2521275/


TPP参加表明1日延期の舞台裏―反対派沈静と離党組説得
「日本システム維持するのか放棄するのか」(榊原英資)
http://www.j-cast.com/tv/2011/11/11112876.html?p=2


野球】上杉隆が清武問題を報じない読売新聞を批判「メディアとしての驕り」「何を報じなかったかも明らかになる時代」
週刊ポスト2011年12月2日号
http://news.livedoor.com/article/detail/6056073/

清武英利・巨人軍GMを巡る一連の騒動。
読売新聞は清武氏が解任されるまでこの問題を詳しく報じることはなかったが、ジャーナリストの上杉隆氏はこう分析している。

今回の件で最も疑問だったのは、なぜ読売はこの問題を詳しく報じないのか、ということだ。
本来であれば、読売の記者が渡辺氏、清武氏の双方に最も取材しやすい立場にある。

あれだけ表沙汰になったのだから、双方のインタビューを取り、掲載すればよかったではないか。
何があったのか説明しないのは、読者のことを一切考えていない、メディアとしての驕りである。

身内が取材対象だから書かないなどということは、海外ではあり得ない。
NYタイムズは、イラク戦争の「大量破壊兵器」に関する誤報検証のように、
積極的に自らの誤報や不祥事、内部批判などを紙面に書いた。

だが、日本ではそれができない。
その典型が、私が『週刊ポスト』で追及した官房機密費マスコミ汚染問題である。
政府の公金が、政治評論家だけでなく記者クラブメディアの記者たちへも渡されていた。

私はその疑惑を追及したが、このことを取材するどころか、内部調査した記者クラブメディアですら皆無だった。
疑いの目が自らに向けられたにもかかわらず、新聞・テレビはそれを黙殺した。

そうした記者クラブ体質を体現したのが、渡辺恒雄氏である。
だから、こうして問題が表面化したときだけ彼を批判するメディアも、私には一緒くたにしか見えない。
問題は以前から変わっていないのだから、なぜ当時から批判できなかったのか。
彼に対する批判は、すぐに自分たちにもブーメランのように返ってくる。

すでにインターネットによって、何を報じなかったかも明らかになる時代であることに、
そろそろ既存メディアは気づいた方がいい。


「消費税増税前に議員の定数削減を」前原政調会長(11/27 08:16)
http://www.tv-asahi.co.jp/ann/news/web/html/211127004.html
こんなごまかしに騙されてはいけないが、、、、。

議員定数削減は最高裁判決による、何よりも優先し、待ったなしでやらなければならないことであり、消費税増税問題とは全く関係ない話だ。
議員定数を削減したからといって国家の歳出に与える影響はわずかなものであり、これをするから消費税を上げさせろというのはお門違いと言うもの。

むしろ官僚制度の改革と行政の無駄の排除、天下り先の不要な組織、機構の整理(廃止、統合)をしなければ国民は納得しない。

しかし、ここは国民は騙された振りをして議員削減をさせたらいい。
その上で、消費税増税には反対しなければならない。
増税は単に財務省の願いであって、増税したからと言って税収は増えるわけでもなく、景気はさらに悪化するばかりだ。
そして、多くの国民は苦しむことになり、行政の無駄はさらに増え、国民の知らないところで不要な新組織がまた増やされるだけだ。


Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング

腐った蜜柑

Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング
腐りかかったみかんは元には戻らないし、取り除かなければ、新鮮な周りのみかんもみんな腐ってしまう。
この例えが正しいかどうか、今のところは分からないが、強くそう感じる。


『日本政府の失敗(前編)②』三橋貴明 AJER2011.11.15(2)
http://www.youtube.com/watch?v=GlDNR4X0n_w


臨床政治学 永田町のウラを読む=伊藤惇夫 責任の一端を感じつつ……
2011年11月21日 中央公論
http://seiji.yahoo.co.jp/column/article/detail/20111118-02-0501.html

『くにまるジャパン』11月17日放送分〈伊藤惇夫〉その1 TPP論争
http://www.youtube.com/watch?v=a6ZP2X0Lk20



録画日時 : 2011/11/24 20:04 JST
後藤政志氏 ストレステスト解説他
http://www.ustream.tv/recorded/18715725



上杉隆、ジャーナリスト無期限活動休止宣言の真相は?
http://socialnews.rakuten.co.jp/link/%E4%B8%8A%E6%9D%89%E9%9A%86%E3%80%81%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%83%BC%E3%83%8A%E3%83%AA%E3%82%B9%E3%83%88%E7%84%A1%E6%9C%9F%E9%99%90%E6%B4%BB%E5%8B%95%E4%BC%91%E6%AD%A2%E5%AE%A3%E8%A8%80%E3%81%AE%E7%9C%9F%E7%9B%B8%E3%81%AF%EF%BC%9F
元気に、そして積極的に活動してくれるのはいい。
それが日本の将来のために何らかの役に立ってくれるならなおいい。


北海道浦河沖で地震 M6.1
2011年11月25日(金) 11時07分
http://response.jp/article/2011/11/25/165931.html
あまり神経質になりすぎたり、怖がりすぎたりするのは健康にもよくないが、充分に用心して、何があっても対応できるように、日頃から少しずつ準備しておいた方がよいと思う。


在日米商工会議所が試算、日本は病気で年3兆円の経済損失
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2011&d=1125&f=national_1125_144.shtml
「余計なお世話だ!」と言いたいところだが、金額は別として病気に悩まされているのは事実だから。

10月の全国消費者物価指数 前年同月比で0.1%下落 下落は4カ月ぶり
http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00212295.html
当分上がるとは思えないが、増税が実施されればさらに下るだろう。
経済学者がなんと言うか知らないが、そうなるはずだ。


100匹以上の犬が学生によって虐殺されましたウクライナ※署名にご協力を!
http://ameblo.jp/amour918/entry-11088524983.html

残酷なハンター旅行
http://ameblo.jp/amour918/entry-10962006983.html

花火で顔を吹き飛ばされたシェパードの犯人へ、
厳罰を求める署名(PETAへ)です。

むごい画像もあります。本当に許せないです。
http://ameblo.jp/amour918/entry-11087580822.html

動物の命も人間の命も同等です。
動物を虐待する人間は人も平気で虐殺するかもしれないし、わが子も虐待するかもしれない。
動物にも、人と同じように喜怒哀楽があり、苦しみも悲しみも感じるのです。
人間というのは、遊びでこういうことをする、地上で最も酷い生きものです。
生き物にはすべて生まれてきた意味があるが、人間にはその命にどんな意味が与えられていたのだろうか?


Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング

リーダーの要件

Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング
人マネとパフォーマンスが好きな人は、多くの問題を抱えたときに、それらを解決する能力はあるのだろうか?
それでOKなら、こんな簡単なことはなく、誰にでもできる。
政治というのはそんなに軽いものではないだろう。
官僚や学者、研究者のような学究の専門家で良いかというとそうでもない。
格別の説得力を持ったリーダーでなければならない。
そして、ヒトを説得するにはヒトを理解できなければならなく、ヒトの言うことをよく聴き真意が見えなければならないのだ。

言葉遊びをして得意になっていてもダメだし、官僚のように「動かず、変えず、従わず」でもダメだ。

現在の政治家のように、誰か敵を作って攻撃を加えることで、自身に活力を生じさせる生き方もどうかと思うし、問題解決には役に立たないだろう。

二番煎じの政策仕分けも効果のない、単なるパフォーマンスだろう。
それだけで満足して終わりそうな気がする。
だいたい、中長期の政策論議が数日で出来るものではないし、部分的に見聞きする限りでは、政策というのもおこがましいような枝葉末節について論じ合っているようだ。
小学生の学級会よりひどいものだ。


原発がどんなものか知ってほしい(全)平井憲夫
私は原発反対運動家ではありません
http://www.iam-t.jp/HIRAI/pageall.html


電気料金 広告費など転嫁認めず 経産省有識者会議
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2011112390071237.html

原発なくても大丈夫とやっと東電が認めた
http://blog.goo.ne.jp/ichirocker/e/0fbf6b2b70f3efbb83e93e7216bb7340
あちこちから散々指摘されて、やっと認めるというのもどうかと思うが。
しかしまぁ、認めただけでも一歩前進、というところか。


迷走の止まらぬ安住財務大臣
山口 巌 記事一覧
http://agora-web.jp/archives/1406987.html
金融も財政も会計も分からない、ずぶの素人のような人間が大臣を勤めるとは。
人材がいないとはいえ、国民を馬鹿にしている。

外から見る日本、見られる日本人
財政削減 カナダの例
http://blog.livedoor.jp/fromvancouver/archives/52229227.html

消費増税:野田政権の先行きを左右
http://mainichi.jp/select/seiji/news/20111123k0000e010005000c.html
財務省にすっかり洗脳されちまって、、、。
政治家が官僚に使われるようになっては、とても政治主導を標榜することは出来ないな。

消費税増税へ首相地ならし 衆院選の争点化には警戒
2011.11.22 23:46 (1/2ページ)[野田首相]
http://sankei.jp.msn.com/economy/news/111122/fnc11112223510022-n1.htm
アジア・太平洋経済協力(APEC(エイペック))の時のTPP参加表明と同じように、強引に国民を騙して強行突破しようとしているんだろうね。
この政権にはもう何も期待できないな。
何をしてもいいとは言わないけど、何をするにも国民に向けて何をしたいのか正直に話すべきだ。
そして国民の疑問には真摯に答えるべきだ。
それが“正心誠意“だと思うが、この人は意味を理解してこの言葉を使ったのか?
それともこの時から既に国民を騙すつもりで使ったのか?



「オリンパス、経営体制の刷新必要」 元社長が来日
25日に取締役会出席 2011/11/23 18:58
http://www.nikkei.com/tech/news/article/g=96958A9C93819696E0E1E2E39F8DE0E1E3E3E0E2E3E3E2E2E2E2E2E2;da=96958A88889DE2E0E2E5EAE5E5E2E3E7E3E0E0E2E2EBE2E2E2E2E2E2
これもTPPの一つの姿の表れか?
外国人の手に依らないと、企業も産業も政治も変革できないのか?
日本人はこの状況にどっぷりつかってしまって、問題が見えなくなってしまっている。
「頭は冷やし、心は熱く」、なんとか日本人の手で、日本を改革したい。

何度でも言うが、これは一企業の問題ではないのだ。
組織というのは、経営トップに対するチェック機能も持っていなければならない。
経営者自らがそれを理解していなければ、コンプライアンスは守られない。
日本の経営者は、実権を握れば自分の好きなようにできると勘違いしている節がある。
社会に対する責任には関心がないようだ。



<核燃>ロシアの再処理提案文書を隠蔽 「六ケ所」の妨げと
毎日新聞11月24日(木)2時30分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111124-00000005-mai-soci
また一つ隠蔽が明るみに。
暴かれる前にすべて正直に吐き出してしまったらどうか?
反省と懺悔の気持ちがあるなら、それが最後に残された正しい道だろう。

反省なき原子力機構に福島を委ねる危険 
(東京新聞「こちら特報部」11月22日)
http://etc8.blog83.fc2.com/blog-entry-1283.html

【岩上安身・スクープ】都内3ヶ所(清澄白河駅・有楽町駅前、経産省前)で初のストロンチウム検出
http://ameblo.jp/the-river/entry-11085740604.html
夕やけ寺ちゃん 11.11.21 岩上 安身1/2.
①TPPについて
②大阪ダブル選挙について
③都内三ヶ所からストロンチウム検出について【注】「08:20」すぎから



夕やけ寺ちゃん 11.11.21 岩上 安身2/2.
①都内三ヶ所からストロンチウム検出について【注】「05:50」まで
②吉田所長、英雄の違和感 について
③国の除染では効果なし について
④セシウムはだれのものか? について




講演:東北は自然エネの宝庫 飯田哲也氏「地域が施設所有を」--遠野 /岩手
http://mainichi.jp/life/ecology/area/news/20111124ddlk03040020000c.html

映画『第4の革命-エネルギー・デモクラシー』特別上映会&飯田哲也氏講演会のお知らせ
http://www.cinematopics.com/cinema/news/output.php?news_seq=13374


Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング

GDPと食料自給率とTPP

Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング
GDP
国内総生産(GDPGross Domestic Product)とは、一定期間内に国内で産み出された付加価値の総額のことを言う。
GDPの伸び率が経済成長率に値する。
原則として国内総生産には市場で取引された財やサービスの生産のみが計上される。
このため、家事労働やボランティア活動などは国内総生産には計上されない。
こうした取り扱いの例外として、持ち家の家賃など帰属計算が行われるものがある。
また今期新たに生産されたのでない財(例:古美術品)の取引、最終財の原材料となる中間財の取引は算入されない。

その日本のGDPが急激に伸び、貿易黒字が拡大したことが世界の脅威となり、アメリカの誘導により原発導入や公共事業などの国内需要を高め、結果として膨大な国債赤字を生み出し、戦後の政治家たちの知恵と苦労によって蓄えた蓄財のすべてを吐き出してしまった。
日本にとってはある意味屈辱的とも見える安保条約締結は、戦力回復及び増強による出費を抑え、その分を経済発展、国力増強にまわそうという苦肉の策だったと思うのだ。
戦後復興の時、日本の先輩達は「耐え難きを耐え、忍び難きを忍」んで頑張ってきたのだ。
今の政治家たちは、戦後のその苦しみと頑張りを知らない世代になってしまった。

食料自給率
日本が発表している食料自給率は農水省が算出しているものであり、カロリーベース総合食料自給率とも呼ばれるものである。
分母が国民に供給されている食料の全熱量合計であり、分子が国産で賄われた熱量で計算される。
国民が健康を維持する上で必要なカロリーではなく輸入も含め国民に供給されている食料の全熱量合計であるため、国内の農業生産が変わらなくても輸入が減ると自動的に自給率が上昇することとなる。
輸入が途絶えると終戦直後のような食糧難となり多くの日本人が栄養失調や餓死することになるが、自給率は計算上100%となる。
また分子の計算は畜産物については、国産であっても飼料を自給している部分しかカロリーベースの自給率には算入しないこととしている。
しかし、畜産に飼料が必要なように穀物野菜果物の生産に肥料が欠かせないのだが、この肥料の自給率は一切考慮されていない。
農家の経営を効率化させるために稲作から果実や野菜などに転作した場合、園芸作物は一般にカロリーが低いため農家総収入が増える場合でもカロリー自給率は低下する。
日本を除く海外諸国はカロリーベース総合食料自給率の計算をしていない。
また、分母の「国民1人1日当たりの供給カロリー」とは、国産供給カロリー+輸入供給カロリー(ともに可食部)をもとに日本の人口で除することで算定されているが、現実の食卓では「小売店の店頭にならびながら」「食卓にのぼりながら」廃棄されてしまう食材量(カロリー)が相当数にのぼり廃棄した食品が多ければ多いほど食料自給率が低くなるような仕組みとなっている。

実際、近年、廃棄されている食材は、年間900万tに及び、食料自給率の計算の分母となる供給カロリーは2573kcal(2005年)であるが、日本人が一日に摂取する平均カロリーは1805kcalであり、それ以外の768kcalは食べられることなく廃棄されている。

これらをすべて勘案して計算しなおすと、現在40%を切っているとされる食料自給率は70%前後にもなるのだ。

ではなぜ、このような計算方法を用いるのだろうか?
農水省は「食料安全保障の機密上出せない」という理由のため明かしていないので、あくまで推測にしか過ぎないが、農家補償その他の支援策のためと称して少しでも多くの予算を取得したいがために、この数字を出来るだけ低く見せたいのではないか?

食料自給率を云々することが無意味だと唱える者は、原油が国際紛争の手段として禁輸される可能性があるのに対し「国際紛争の手段として食料禁輸措置がとられることはありえない」という認識に基づいている。
さらに、食料自給率向上の政策は、高い関税率を正当化するための「ムード作り以外の何物でもないと思う」とし、それに乗せられている人は、「誠に愚か」と酷評するのである。
しかし世界中の経済が不安定な現代の複雑な国際状況を鑑みると、このような論拠は大きく崩れ去ってしまうのではないか。

過去に世界的な戦争の引き金となったのは、そのほとんどがエネルギーや食糧を自国の生産だけでは賄うことが出来ず、これまで輸入可能だったものが何らかの事情で輸入できなくなったことによるのだ。
今まさにイランは、諸外国(主にアメリカ主導)の圧力や内政干渉に抵抗するために、原油の輸出入を妨害すべく、その輸送航路を封鎖する可能性が高まっているし、アメリカやロシア、中国などの大国は、その国力や消費力を背景に何とか自分が主導権を握りスケールメリットを追求したいがために、経済的に効果的な一定の規模の地域を取り込んでグループ化を図ろうとする、まさに帝国主義に走っているのである。

日本が中国、韓国、ロシアなどとの近隣諸国との間で、面積的には小さな島国を躍起になってその領土問題を争っているのも、その背景にあるのはその土地そのものよりも領海による海底資源の確保の問題が大きいからである


問題を解決するためには、問題の本質をよく見極めなければならない。
それをせずに、ただ過去に使った手法を繰り返すだけでは解決にはつながらない。
しかも過去に失敗した手法ならなおさらだ。


TPP参加表明をはじめ、野田総理はアジアの緊張を高めることばかりしてるが、いったい何が目的か?
野田総理誕生後の最初の日米首脳会談のあと、オバマから「中国に付くか?アメリカに付くか?」と耳元に小声で恫喝され、「縮み上がった」と側近にばらされてしまった。

鳩山、菅、小沢はアメリカに距離を置いて中国に近付こうとしたからオバマから嫌われ、野田はアメリカに尻尾を振ってペットになろうとしたから気に入られたという話題も一時上がった。

日本の政府は“アメリカンゴッドファーザー”に逆らえず、言いなりになるだろうと思う。
TPPへの参加はもちろんのこと、沖縄の基地問題も辺野古への移転は強引にでも実施されるだろう。
日本国内の法律や産業システムなども、アメリカの都合のよいように作り変えられてしまうだろう。

一度頭を垂れ、ひざま搗いてしまうと、その後自己を主張しようとするには、とてつもない時間と労力を必要とするものだ。
過去の日本はそれを辛抱しきれずに切れてしまい、戦争に誘い込まれてしまったのをもう忘れてしまったのか?
アメリカを筆頭とする戦争屋の武力大国にとっては、それは望むところなのだ。
それは原発事故と並ぶ位の、将来に対する負の遺産と言えるのではないだろうか?


六ヶ所再処理工場-wikipediaより
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%85%AD%E3%83%B6%E6%89%80%E5%86%8D%E5%87%A6%E7%90%86%E5%B7%A5%E5%A0%B4
六ヶ所村の核燃料サイクル基地が稼働しても年間再処理能力は800トンであり国内の原子力発電所から発生する使用済み燃料は年間1000トンを超えており、「全量再処理」路線を掲げる長計に沿えば、第二再処理工場を建設する必要がある。また電気事業連合会は2003年12月の時点でバックエンド費用が総額18兆8千億円かかると試算している。

高速増殖原型炉もんじゅなどは言語道断の話だ。

詳しくはまた別の機会に譲るが、日本の原発政策は既に破綻していて、アメリカもフランスも失敗して開発を諦めてしまった高速増殖炉計画をまだ諦めずに莫大な費用をかけている理由も分からないが、自分たちの税金が使われているのだから、国民ももっと関心を持つべきだ。
しかも今、震災復興、社会福祉その他の財源確保のために増税しようとしているのだから。


オリンパスや大王製紙、読売巨人軍の問題は、単に一企業の問題ではない。
個人や民衆、環境より、組織の方を大事にしようとする日本の国民性の問題である。
組織に逆らったり内側から批判するのは悪いことだという風潮がある。
それが原子力ムラを生み出し、政治派閥や族議員、官僚と天下り、検察の不正と司法の堕落を生み出しているのだ。
日本の国民というのは、全体を考えることが苦手になってしまったのだろうか?
今の政治家たちはいずれも小さすぎる。
このままでは、TPPに参加する云々より、日本自体が内側から崩壊してしまうだろう。
あるいは外部の圧力に簡単に負けてしまい、食いつぶされてしまうだろう。



Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング
特別拡散バナー


奇跡の母子犬
ひまわり/動物達の未来のために
生き物の命の重さに差があるでしょうか?
その重さは計れるでしょうか?

上質なサイトのリンク
お勧めサイトのリンク
ツィッター・タイムライン
最新コメント
最新トラックバック
スポンサードリンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。