プロフィール

半覚才

地球の過去と今と未来を見つめる3匹
のスペースキャッツ

Author:半覚才
自然とともに生きる、生き物が好き!
ホームページ「川越を遊ぶ」

そのニュースは本当か?
報道に疑問を!体制に批判を!権力の奴隷にはならない!

QR

ご意見・リンク等
★★★★★★★★★★★★★★★★
【ご意見・ご質問】
ご意見・ご質問はこちらからどうぞ。

また、回答を希望しないコメントは、コメント投稿蘭からお気軽にどうそ。


【Link Free】
転載、引用、リンクはご自由にどうぞ。 ただし、情報源は明示してください。

★★★★★★★★★★★★★★★★
最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
気になる地域の気になる情報
日本の原発

稼働状況と建設計画

気になる地域の現在の放射線量
気になる地域の天気情報


電力会社別の電力使用状況

地殻変動


-占い-

スポンサーサイト

Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング

今年の締めは最高レベルの愚行

Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング
一年を振り返って、地震、津波、原発事故、水害、土砂崩れと、次々と悲惨な事故が続いた年でした。

特に、原発事故はいつ収まるのか分からないほど大変な状態が続いていますが、当初から報道は、隠蔽、捏造、嘘、誤魔化しが続いたため、正しい情報を探してブログに掲載し続けてきました。

来年は、正しい情報が普通に流れ、いつの日か安心してペンを置ける日が来ますように、そして、これ以上人々が苦しむようなことが起きないよう願うばかりです。


元の学校に戻った子7% 福島県、転校1万9千人
http://sankei.jp.msn.com/region/news/111230/fks11123022280001-n1.htm

人が人たる証しとは何か?
人の尊厳とは?
自分がそこにいることが認められ、対話できること。
対話とは、単に相対して話をするだけでなく、そこには対等な立場という認識がなければならない。
そして地域のコミュニティも家族も、分断されるようなことがあってはならない。



今年特に気になったことだが、人に対して自分の常識や考え方を押し付けるのは反発を買うだけだが、逆にそうされた時には、冷静にやんわりと受け止めることが自分の人生にプラスになるのだと気付いた。


大飯原発3・4号の運転再開に反対ネット署名
http://www.jca.apc.org/mihama/fukushima/ooi_signature/ooi_signature1201_3.htm

政府が監視した「反原発」識者・市民団体ランキング
http://www.mynewsjapan.com/reports/1537
政府はわが身を(自分たちの利権を)守るために、邪魔な意見を言う国民を敵とみなした。
独裁国家のやり方、考え方であり、そういった国家が次々と崩壊していく中、残ったのは、情けないことに日本と北朝鮮だけだ。


西尾漠氏、矢部忠夫市議、伴英幸氏、広瀬隆、小出助教、鎌仲ひとみ、鎌田慧、広河隆一各氏などは監視され、古賀茂明氏、佐藤優氏、二木啓孝氏などはスキャンダルを捏造されたり、大手マスコミでの発言を邪魔されたりするなど、極めて陰険な手口で狙われている。 
日本という国も世界の先進国としては恥ずかしい国に成り下がってしまった。

監視されているということは、政府にとって痛いことを言われている証しでもある。
これからも、この人たちの意見に注目していかなければ。


政府、一体改革の素案決定 2段階で消費税上げ
http://www.chunichi.co.jp/s/article/2011123190002101.html
政治家も官僚も、あまりにも経済の基本を知らなすぎる。
特に経済が専門のはずの財務省官僚が無知というのは情けなくなる。
国民の生活に直結する法律を検討する前には、充分に勉強しておかなければならないのに。

離党者続出も反対されても増税な野田首相
http://www.nikkansports.com/general/news/p-gn-tp3-20111231-883448.html

「増税ムラ」形勢・・・財務省のご説明行脚で増税に批判的な人に対しては、国税庁職員が同席
http://socialnews.rakuten.co.jp/link/%E3%80%8C%E5%A2%97%E7%A8%8E%E3%83%A0%E3%83%A9%E3%80%8D%E5%BD%A2%E5%8B%A2%E3%83%BB%E3%83%BB%E3%83%BB%E8%B2%A1%E5%8B%99%E7%9C%81%E3%81%AE%E3%81%94%E8%AA%AC%E6%98%8E%E8%A1%8C%E8%84%9A%E3%81%A7%E5%A2%97%E7%A8%8E%E3%81%AB%E6%89%B9

ドクターZは知っている財務省のご説明行脚
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/31294


国会は、諸悪の根源[財務省]最高責任者勝栄二郎事務次官を証人喚問せよ!
http://blog.goo.ne.jp/yampr7/e/c5f39c104f8eef551d0ef1d2e595a512

孔子の言葉に「苛政は虎よりも猛し」というのがあるそうです。
http://homepage1.nifty.com/kjf/China-koji/P-053.htm
政府が万難を排して強行しようとしているのは、まさにこれです。
通貨の供給量を増やさずに増税をするのは、経済の原則に反する「不況政策」だと言います。
「景気対策」というのは、所得を増やし、富を増やすことを言うのであって、日本の政府は、まったく真逆のことをやろうとしている。
気が狂ったとしか言いようがない。
世界の強国の餌食になるだけだろう。


弱りきった国に対しては、すべての国がハイエナのように群がるだけで、アメリカといえどもそのときは友達ではありえない。
世界では、このような目に遭った国民は激しく怒りを表に出し、大部分の人々がデモに参加して抵抗している。

自分の意思をはっきり表現せずに、我慢することが美徳のように考えられているようだが、平穏でない時代にはそれは悪代官をのさばらすだけで、事態は益々悪化するだろう。


ユーロ圏は12年も大量の国債発行、独仏が新年早々に入札実施へ
http://jp.wsj.com/Finance-Markets/Foreign-Currency-Markets/node_368257
円が強く、海外からの日本国債に対する信用も高く、金利も低水準を維持している今、日本こそ税収よりも国債発行で海外から資金を集めるべきなのに、法律で国民を苦しめるなんて江戸時代の経済恐慌とよく似ている。



ニュースのコメントを書きながら、右翼でも左翼でもないけど、心は右に左に揺れ動き、時に極右になったり、はたまた極左になったり。
無宗教だけど、神々の怒りに触れたのではないかと怯えて祈る気持ちになったり。

いくつになっても大人になれず、歩いても歩いても到達できないものがあり、湧き上がる怒りに任せて筆が滑り、口が過ぎてしまう。

一年の最後にひと言だけ、「命を粗末にする奴ァー、大嫌いだあー!」。
辛いことはすべてこれで終わって欲しい。
しかし、穏やかに過ごせる日は、まだまだ先のことかと無念にも思う。




Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング
スポンサーサイト

見、聴き、そして考えて語る

Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング
耳が痛まない、脳に汗をかかない、口が考えない、心で見ない。

これが現在の日本の官僚や政治家、利権に群がる人たちの姿。
東電などから金を貰って脱原発論者を攻撃するのも、極めてせこく低いレベルだが利権に群がっているものと見てもいいのだろう。
経済よりむしろ、心貧しき者たちと言える。

この人たちには、どんな手を使って意見をしようと、決して目覚めることはないのかもしれない。
「金色夜叉」のお宮さんもそうだが、はるか昔からこういう人間は耐えることなく現れ、そして歴史の波の中で、醜い皮だけを残して消えていくことになる。

その汚名と悪臭は子孫までも苦しめることになるのに。
当然、そこまで考える余裕も能力もないのだろう。


新党:鈴木宗男氏、松木謙公氏ら「大地・真民主党」結成へ
http://mainichi.jp/select/seiji/news/20111229k0000m010084000c.html

橋下市長「既得権を破壊」市議会施政方針
http://osaka.yomiuri.co.jp/e-news/20111229-OYO1T00165.htm?from=top
本来、民主党がこれをやらなければいけなかったんだけど。
金の亡者の猛反対、猛陳情に負けてというか、自分も利権に目が眩んで腰砕けになっちゃった。
大阪はどこまでやれるか?
もし、とことん出来るなら、大阪をそっくり日本政府にしてもいいくらいだ。



分限免職で公務員削減を=民主・前原氏
http://news.goo.ne.jp/topstories/politics/81/456be1c46d00b296889c0d90f8380af8.html?fr=RSS


政治を変えるのは国民の力しかない 
http://ulutorasoul.blog.fc2.com/blog-entry-1766.html
TTP対談vol.02(3) 東京大学教授・鈴木宣弘×大地を守る会代表・藤田和芳
http://www.youtube.com/watch?v=wumdlqFL6f0


「このままいけば、消費税は30%を超しても財政再建は出来ません。その行く末はまさにギリシャ。」

禁じ手の「粉飾決算」でごまかす来年度予算案
http://blogos.com/article/27701/
会計操作の数々:単に「粉飾決算」と呼ぶべき「会計操作」を行った結果であり、その内実は火の車、実際には過去最大の大膨張予算。


財務省 古賀茂明氏筆頭の増税反対派出すなとTV局に圧力
http://www.news-postseven.com/archives/20111229_78181.html

飯も食わさず贈り物も貢がず… [田中康夫 にっぽん改国]
http://www.asyura2.com/11/senkyo124/msg/250.html

世界中を巡り取材してきたある人が言うには、国営放送のプロパガンダに洗脳されきって、何の疑問も持たない国民は、世界中で北朝鮮と日本だけになったと。
中国でさえ、今では自由な発言に対して緩やかになり、ネット上の議論や情報拡散も、その自由さにおいては日本を超えてきたとも。


直接見聞したわけではないので、比較が正しいかどうかは分からないが、感覚的にはどうもそんな感じがする。

プレゼンの仕方が進化し、パワーポイントの活用も進んで、情報を受け取る側は完全に選別され、整理され、分類されて、自分で難しい分析をしなくても知識を得られるようになったのと引き換えに、その正否を自分で比較分析する能力が失われ、その労力を惜しむようになってしまったのか?

その結果として、大手マスコミが国民の意識の誘導に利用され、メディア側も積極的にそのミッションに加担しようというようになって来たのかも。

日本は世界の動向に逆行して、全体主義に走り出そうとしているように思えてならない。
それを阻止することが出来るのは、国民ひとりひとりの意識でしかない。

効果があれば、そしてそこに経済的メリットがあれば、それがなくなることはないだろう。
ピンサロしかり、贈収賄しかり、暴力団しかり、その他諸々の悪事はすべて世の中の仕組みにしっかり組み込まれている。

それにしても、贈収賄については、マスコミも国民も検察も目くじらを立てて追及するが、東電が住民の意識を金で買い取る行為が追及されないのはなぜだろうか?
政治家の贈収賄とどこが違うのだろうか?



小沢一郎氏 2012年は最後のご奉公、文字通り「最後」と語る
http://news.livedoor.com/article/detail/6156304/
山は動かず。
どうするつもりか?
何も語らないのは、裁判中の所為か?


鈴木宗男氏、新党「大地・真民主党」届け出
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20111228-OYT1T00977.htm
民主党の名前を入れて、国民は信頼できるのかどうか?
よほどしっかりした政策とビジョンを持って語り掛けないと難しいのでは?


Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング

日本のエリート達

Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング
自分が一番頭が良く、周りはみな考えが浅いと思っている人が、実は一番貧しい思考をしているということに気が付くべきだが・・・・。

ある時期から、大学は金さえあれば誰でも入れるようになってしまって、学士様の有り難味も薄れ、大学での教育、研究のあり方もレベルが下ってしまった。

特に試験が難しく、合格が困難な大学ほどその落差が激しくなっている。
当然、そこで量産されるエリート達は、既にもうエリートとは言えなくなっている。
国民も組織の長も、そのことに早く気がつくべきだ。


彼らは組織も日本も発展させてくれないばかりか、守ってもくれないぞ!!


在日米軍再編:普天間移設 辺野古アセス、苦しまぎれに「提出」 反発承知、米意向に押され
http://mainichi.jp/select/world/news/20111227ddm002010085000c.html
またも陰険で姑息な手を。
沖縄県民だけでなく、日本人はもっと怒りを!!


野田首相、日中友好演出に躍起 首脳会談で尖閣触れず 
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/111226/plc11122623150014-n1.htm
拉致問題まで自分で解決できずに、アメリカや中国に手を貸してもらおうという恥さらし、交渉の仕方も知らない世界の笑い者。
外交や政治の評論家までそれを「よし」と後押しする異常さ。
この国のエリート達は、気が狂ってしまったのか?
「恥を知れ!!」
日本語の「恥」という言葉をよく噛み締め、ホントの意味が分かるまで廊下にでも立っていろ!


原発事故報告 首相官邸が混乱の一因だった(12月27日付・読売社説)
http://www.yomiuri.co.jp/editorial/news/20111226-OYT1T01384.htm?from=y10
今さらながら、官邸と東電は、技術者や専門家の声に耳を貸さずに、得意げに間違った指示を出し続けていたわけだ。
未だに「想定外」という言葉を使い続けているが、こんな言葉を使えばなんでもありになり、責任なんて生じる隙間もなくなる。
最大の原因は、こういう言葉を平気で使う倫理観や道徳観の欠如にある。

保安検査官逃げ回り・東電は子会社任せ…事故調
http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20111226-OYT1T01409.htm

青森・六ケ所村の核燃再処理工場:原燃、試験再開へ 知事、緊急対策を了承
http://mainichi.jp/select/wadai/news/20111227ddm041040145000c.html
idonochawan08:50 Web
許せるか?!「原発建設が再開される!」あらゆる原子力関連施設の再稼働を容認 - 青森県知事 - 「リサイクル燃料貯蔵の使用済み核燃料中間貯蔵施設(むつ市)と電源開発大間原発(大間町)も工事再開」 - 河北新報 -kahoku.co.jp/news/2011/12/2…
絶対に許せるわけがない! 事故処理も廃棄物の後処理も出来ないものをなぜ造る? RT


青森県には、何が起きても同情も支援もできなくなるのか?
交付金やら何やらをいっぱい貰って被爆のリスクを覚悟した県なら、汚染瓦礫を全部引き受けて貰おうじゃないか。


農水省 基準超のコメ買い上げへ
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20111227/t10014929201000.html
やっと買い上げてくれるのか。
しかし、1キログラム当たり100ベクレルの基準は高すぎると思う。

小出裕章「あたかも20mSv以下になるならそこに居住できるかのように日本の国が言い出した」 ーー新たに避難区分「帰還困難区域」 12/14(1)
http://blog.livedoor.jp/amenohimoharenohimo/archives/65780522.html


小出裕章「国や東京電力がみなさんに言ってるように、別にいい状態であるのではない。すでにほんっとにひどい状態」12/21
http://blog.livedoor.jp/amenohimoharenohimo/archives/65782141.html



12月19日 橋下大阪市長 脱原発に強い姿勢表明ーー古賀茂明氏の力を借り株主提案を練り「関電とタッグ」
http://blog.livedoor.jp/s_koga_unofficial/archives/67179070.html
さすが弁護士、あの手この手と揺さぶり方も多彩だ。
がんばれ!大阪!!


八ツ場建設、国交相を評価=自民議連
http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2011122600785
自画自賛とはまさにこのこと。
自民党も民主党も利権まみれで、顔も腹も真っ黒。
全く区別が付かなくなった。
税金の無駄遣いのように思えるが。


15年に消費税10%=安住財務相
http://www.asahi.com/politics/jiji/JJT201112260128.html
社会経験も少ないお坊ちゃまが何を言うか!!
議員数も議員報酬も、削減はそっちのけ。
歳出の無駄も手を付けず。
消費税の増税ばかり考えている暇があったら、やるべきことがあるはずだ。
政治や経済の評論家も、増税やむなしの声ばかり、兎角この世は住みにくい。
一般国民が住みにくい国にする政治は良い政治と言えるのか?
北朝鮮とも変わらなくなるぞ。


直撃インタビュー 石破茂が「問責大臣」一川をメッタ斬り(4)野田総理は詭弁の才能がある
http://news.livedoor.com/article/detail/6143114/
昔から、「ウソは泥棒の始まり」と言われて来たが、まさに野田は、泥棒稼業にどっぷり浸かってしまっている。

民主 複数若手議員が離党で調整へ
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20111227/t10014929141000.html
若手議員はまだ利権に手を汚していないのだろう。
汚されないうちに党を離れた方がいい。


「反消費増税」で年内に新党も…松木謙公氏ら
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20111226-OYT1T01391.htm

鈴木宗男氏、石川知裕・松木謙公議員支援を表明
http://news.goo.ne.jp/article/yomiuri/politics/20111224-567-OYT1T00845.html


小沢一郎氏「福島県民は霞ヶ関取り巻くデモ起こしてもいい」
http://www.news-postseven.com/archives/20111226_77213.html
小沢一郎が世間に嫌われる理由の一つに、こういった発言がしばしばマスコミに歪められて、あるいは2次加工されて公表されるところにもある。
彼は、本当に傲慢で冷たい男なのだろうか?
むしろ、野田佳彦の人物像の方がそういった表現に適していると思う。



Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング

日本から消えた一片の教育

Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング
現代の日本人、特に国をリードしていくべきエリート達に足りないのは、他人への思いやり、心配り、同じ目線、同じ心で話を聴く節度ある態度だ。

そして一方に偏り、根拠の薄い情報に頼り(国民を騙すために故意に利用している節もある)、政策の大半が誤った方向に向かって走り続けている。
この根本的な要因は、明らかに日本の教育に問題があるとみる。

この永遠とも思える負のスパイラルを解くための一つの解決策として、教育課程の区切りごとに特別な社会教育と資格試験を行ってはみては?

ほんの思いつきの一例に過ぎないが、何かの参考、あるいは取っ掛かりにでもなればいいという程度で。

以下のような区切りごとに、現在の資格試験のほかに、又はそれに代わるものとして、1年~2年くらいの特別な教育(社会教育又は倫理教育)が必要なのではないか?
① 小学校、中学校、高校のそれぞれの卒業時。
② 教育者になる前。
③ 公務員になる前。
④ 議員になる前。
等々。
いわゆる偏差値で表されるような知識重視の教育オンリーではダメなのだ。
現代教育には、漢字や方程式、年代や人名、地名などの知識とは全く別種の情操・徳操教育がなくなってしまっている。
それをどこかで補わなければ、人の心が整わない。
人の心が整わなければ、国が乱れる原因ともなる。


今回の被災地に出向いた時の、議員や官僚たちと天皇陛下の態度には天と地ほどの違いがあったが、一般教育と皇室での教育の違いによる影響が大きいと思うのだ。

片や、ヘリコプターなどで出かけて、ほんの数分で表面を撫でるように通り過ぎ、片や、ひとりひとりの前に膝を屈し、同じ目の高さで真剣に言葉に耳を傾ける。
そこに大きな心の隔たりが生じると思うのは、思いすぎだろうか?


苦しんでいる人たちを見舞うときの態度としてどうあるべきか?
心のうちは、態度に出てくるものだ。


借金依存、最悪の49% 2012年度政府予算案
http://www.asahi.com/business/update/1224/TKY201112240641.html

歳出膨張も「隠れ借金」で体裁繕う…予算案
http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/news/20111225-OYT1T00120.htm

①本音のコラム ロシア情報 佐藤優 
②札幌で3LDK3万円台 巨大公務員宿舎 仕分け逃れ完成 建設費「朝霞」と並ぶ90億円 
12/23東京新聞・こちら特報部

http://heiheihei.cocolog-nifty.com/blog/2011/12/1223-bb23.html

『越後屋、おぬしもワルよの~』
そんな費用があるなら、その分を補償と復興に回したらどうか?
増税による国民の苦しみをどう考えているのか?
復興と補償を待ち望む被災者の心をどう考えるのか?


政治をするものは、まず身の回りから似非学者や似非評論家を排除しなくてはならない。
権力の中枢に巣食って、内側から国を崩壊させてきたのは、いつの世も彼らなのだ。



愛媛新聞:特集社説2011年12月25日(日)
八ツ場ダム再開 政権交代の意義は失われた
http://www.ehime-np.co.jp/rensai/shasetsu/ren017201112257411.html

またしても隠蔽された国交省河川局の犯罪
http://www.taro.org/2011/12/post-1138.php


TPP交渉に「守秘合意」発効後4年間、内容公開せず
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik11/2011-12-22/2011122201_02_1.html

yosizou_k12/23 09:47 SOICHA
交渉内容を知ることができるのは、政府内や政府が選んだ業界などに限られます。国民に影響のあることであっても、国民が交渉内容を知ったときには、TPPが国会で批准され、発効してしまっている危険があります。

yosizou_k12/23 09:45 SOICHA
 さらに、これらの文書は、TPP発効後4年間秘匿されます。TPPが成立しなかった場合は、交渉の最後の会合から4年間秘匿されます。米国のNGO、「パブリック・シティズン(一般市民)」は、「これまでに公表された唯一の文書は、どんな文書も公表されないという説明の文書だ」と批判。

こんなに国民不在の政治を許していいものか?
馬鹿にするのにも程がある。
立川談志師匠が生きていたら、もっと痛快で歯切れの良い批判をしてくれていただろう。



榊原英資『世界同時不況がすでに始まっている!』
http://oceanic.blog70.fc2.com/blog-entry-480.html


患者の甲状腺機能、原発事故後に低下
http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=50679&from=yh

被爆から身体を守るのに乳酸菌は有効か?
効くと思う人、あるいは効くのでは?と思う人は試してみることだ。
それが科学的な行動。
何もしないで先に結論だけ言うのは、迷信を信じるのと変わりがない。

有効だと言う人も、無効だと言う人も、それを証明できるまでにはかなりの年数と臨床が必要だろう。
しかし、多くの人が試してみることで、事実を積み重ねることは出来る。
誰にもそれを止める権利はないはずだ。


福島原発廃炉求め決議
浪江町議会 双葉郡で初

http://jcp.or.jp/akahata/aik11/2011-12-22/2011122204_01_1.html
正しい政治、正しい政策のあり方は、地方から中央に向けて指し示し、動かすしかないのかも。

小出裕章氏が、毎日放送「たね蒔きジャーナル」に出演。廃炉工程表を批判 
2011年12月21日(水)-2011年12月22日(木)




【注目記事】 福島第1原発「廃炉」への遠く長い道のり
http://blog.goo.ne.jp/tarutaru22/e/14655ab0ed647e0dc4979349b4d609d1


「福島原発は地上のオンカロになるだろう」マドセン監督
http://www.webdice.jp/dice/detail/3357/
「日本の原発への対処が世界中に大きなインスピレーションを与えるでしょう」と提言。
意思決定機関にいる人たちにこそこの映画を観て知ってもらいたい。


『100,000年後の安全』より、オンカロの外観
オンカロ_z




Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング

改革するのは誰なのか?

Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング
現状を改革しようという時は、問題の根源を正確に突き止めて置かなければ、たとえ、改革が成ったとしても、今よりよくなるとは限らない。

自民党に怒りのこぶしを上げ、期待を寄せて民主党を選ぶ時、政治家も国民も、その作業を怠ってしまった。
その結果が今の現状なのだ。

そして今また、多くの人々が政権交代を叫ぶが、考えるべきことを考え、追究すべきことを追究しなければ同じことの繰り返しになる。
そしてそれを判断するための正しい情報を提供するのが、マスコミとジャーナリストの役割のはずだが。

今のマスコミは、何一つそういうものを提供してくれない。
であれば国民自らが正しい情報を探し出して、問題を整理し、根源を突き止めなければならない。
もう痛い目に遭うのはこりごりだ。


災害瓦礫の受け容れについての自治体対応のお手本。
【苫小牧市からメール/瓦礫当面見送りか】

『こんにちは、苫小牧市市民自治推進課です。
先日いただきました市長宛Eメールにつきまして、市長の指示により、担当より回答がありましたので、お知らせします。

【回答】
現在のところ、災害廃棄物の受入れは決定しておらず、国や被災地自治体等からの受入要請もありません。

平成23年12月1日から9日までの第4回定例市議会において災害廃棄物の受入れについて質疑が行われ、市といたしましては「復興支援として災害廃棄物の受入れには協力していきたいが、現在の基準や指針では市民の安全・安心の確証が得られず、現状といたしましては国や北海道より具体的な打診もなく、何も示されていない中では受入れられない」としており、環境省からの「東日本大震災により生じた災害廃棄物の受入検討状況調査について」の照会に対しても、平成23年11月10日に同様の回答をしているところでございます。

受入基準といたしましても、先に環境省より示された100ベクレルのクリアランスレベルだけでは納得がいくものではありませんし、受入れに対しての影響として、測定のあり方や人体への影響など、安全・安心を危惧している多くの皆様への説明責任が果たせる基準が必要であると考えております。

今後につきましても、市民の皆様への十分な説明が必要であると考えていることから、国には『国民の安全安心を確証できる放射性物質に汚染された災害廃棄物の受入れの基準や指針を示し、処理基準を説明すること』、また、北海道には『道民が納得できる安全安心な放射能レベルを国に要請し、道民への説明を実施すること』を強く要請しているところで ございます。

災害廃棄物の受入れについては、正確な情報収集に努め、窓口となる北海道とともに慎重な対応を行ってまいります。
(環境衛生部ゼロごみ推進室清掃事業課 担当)』


自治体の役人でも、自ら考え、住民のことを考えて行動しようと思うなら、このくらいのことは難なく出来るはずだ。
他の自治体も、ぜひこれを参考にして行動を起こして欲しい。
正しいことを行うのに、無能なリーダーの指示を待ったり、従ったりする必要はないのだ。
顔色を見るべき相手は納税者である住民のはずだ。


「事故になれば福島の比ではない」――もんじゅ研究者が指摘
http://www.kinyobi.co.jp/kinyobinews/?p=1494
「・・・溶融すれば大きな塊となって暴走し、核爆発する危険が軽水炉よりずっと高い。そうなれば福島どころではない事態になる。琵琶湖も汚染され関西はだれも住めない」
小林さんは「増殖は倍増時間(別の原子炉一基を動かせる燃料を生むのに必要な時間)、再処理のロス率や、燃料加工、新たな燃料装荷にかかる年数による。現在でもロス率が五・七%。仮に五%でも倍増には九〇年かかる。新たな燃料を生むなど夢のまた夢で、世界のどこでも実用化されていない」と指摘

溶融燃料10年内に回収=解体完了、最長40年―廃炉工程表を決定・福島原発事故
http://www.asahi.com/national/jiji/JJT201112210065.html
炉内の燃料棒の取り出しは何とかなるかもしれない(と言っても炉内にはほとんど残っていないかもしれない)が、問題は、溶融燃料の取り出しであって、これは現時点ではほとんど不可能な話だから、ナンとでも言える。
最後の最後まで無責任なことを言う政権だ。


2011年12月22日 (木) 原発事故383
http://kamata-minoru.cocolog-nifty.com/blog/2011/12/381-9ea0.html
積算線量計というのがあるのに使わないのは、本当の数字がでてほしくないという考えがあったのではないかと勘ぐりたくなる。・・・・・・・・・・
JCFがチェルノブイリで見てきたことをもう少し聞いてくれたらよかったのに。
残念、残念。・・・・・・・・・・

チェルノブイリの例に従うと、あと、3年~4年くらい経つと、子供たちを中心に甲状腺がんなど、多くの被爆患者が出るだろう。
その人数を推定することは難しいが、問題は人数ではない。
一人でも子供たちの将来を奪うことがあってはならないのだ。
そうなった場合に誰が責任を取るのか?なんて言っても空しく言葉が跳ね返ってくるだけだが、怒りをぶつける対象をはっきりさせないと気持ちが治まらない。

上杉隆が大批判!NHKスペシャル「シリーズ原発危機 メルトダウン」の犯罪的な内容とは?
http://blog.livedoor.jp/amenohimoharenohimo/archives/65781510.html



資本主義と文明―苦悶する資本主義 [榊原英資・寺島実郎・西部 邁]

東電、実質国有化…官民で総額2兆円支援へ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111220-00001317-yom-bus_all
国有化して国民の税金を注入するより、直接東電に負担させた方が責任が明確になってよいとする意見もあるが、東電が負担すると、その分が電気料金に跳ね返ってくるだろう。
どちらにしても国民の負担になるなら、一旦国有化して強力にリストラや資産売却を進め、経営者責任を追及し、さらには発送電分離、発電の自由化を進めたほうが良いはずだ。

「廃炉は40年後までに」、工程表公表
http://news.tbs.co.jp/20111221/newseye/tbs_newseye4908549.html
40年で廃炉が完結するとは到底思えないが、いつの日か廃炉が完結したとしても、一度放射能で汚してしまった自然が元に戻るまでには、その後何万年かかるか誰も分からない。
悔やんでも悔やみきれないことをしてしまったが、それでもなお、停止中の原発を再稼動させるなどということを考えている人の頭の構造が分からない。
ちゃんと人間用の脳みそが詰まっているのだろうか?

震災を乗り越える東北電力、初のメガソーラーを工期短縮で実現
http://monoist.atmarkit.co.jp/mn/articles/1112/21/news017.html
なんと言っても、これこそが日本の技術の底力で、電力会社が本来示すべき力なのだ。


小沢一郎再び吠える!
http://blog.goo.ne.jp/mokushiroku666/e/077ddec91ab531cad9c79303d75a228c

小沢一郎氏裁判 会計専門家「収支報告書の記載、会計上、問題はなく適切な処理」証人尋問すべて終了
http://blog.goo.ne.jp/kanayame_47/e/6b33391a6e53d09688e1cf74765d9c33
これは、小沢一郎を抹殺しようとした一派のとりあえずの痛み分けか、敗戦か、いずれにしてもつまらない裁判に無駄な税金と時間と労力をかけたものだ。
小沢一郎は、何らかの形でまた息を吹き返すことになるだろう。
それだけは確かだ。
問題は、それが日本国民にとって幸せなことなのか不幸なことなのか、それが最後の残された謎だ。

八ツ場ダム建設再開決定に前原氏、強く反対
http://www.sanspo.com/shakai/news/111223/sha1112230505006-n1.htm
反対の理由をよく見ると、小沢一郎の増税反対と同様に理屈は正しい。
人間的に好きか嫌いかは別。
裏に隠された意図もあるに違いないが、動機が何にせよ、ダム建設などの汚れた利権のために税金を使うのと、庶民の生活を圧迫し、景気浮揚を押さえつける増税に反対する議員が居てくれるのはいい。

八ッ場「再開」:懸案多数、野田政権に余力なく
http://mainichi.jp/select/seiji/news/20111223k0000e010147000c.html

金まみれのドジョウは、金がかかり利権者が喜ぶことには身命を賭して頑張る性質らしい。

『越後屋、おぬしもワルよの~』

いつ果てるとも知れない、原発事故と津波災害からの復興及び、補償問題も含めた、それらにかかる膨大な費用に思いを馳せると、そんな工事をする費用がどこから出てくるのか?
そんな費用があるなら、その分を補償と復興にまわしたらどうか?
増税による国民の苦しみをどう考えているのか?
復興と補償を待ち望む被災者の心をどう考えるのか?

呆れた総理大臣だ。


Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング
特別拡散バナー


奇跡の母子犬
ひまわり/動物達の未来のために
生き物の命の重さに差があるでしょうか?
その重さは計れるでしょうか?

上質なサイトのリンク
お勧めサイトのリンク
ツィッター・タイムライン
最新コメント
最新トラックバック
スポンサードリンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。