プロフィール

半覚才

地球の過去と今と未来を見つめる3匹
のスペースキャッツ

Author:半覚才
自然とともに生きる、生き物が好き!
ホームページ「川越を遊ぶ」

そのニュースは本当か?
報道に疑問を!体制に批判を!権力の奴隷にはならない!

QR

ご意見・リンク等
★★★★★★★★★★★★★★★★
【ご意見・ご質問】
ご意見・ご質問はこちらからどうぞ。

また、回答を希望しないコメントは、コメント投稿蘭からお気軽にどうそ。


【Link Free】
転載、引用、リンクはご自由にどうぞ。 ただし、情報源は明示してください。

★★★★★★★★★★★★★★★★
最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
気になる地域の気になる情報
日本の原発

稼働状況と建設計画

気になる地域の現在の放射線量
気になる地域の天気情報


電力会社別の電力使用状況

地殻変動


-占い-

スポンサーサイト

Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング

原発に群がる餓鬼ども

Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング
死肉に群がる地獄の餓鬼の様に原発に群がる人々、電力会社および財界と官僚と政界のトップ達。
そして彼らの広報マンとして進んで支援する大手マスコミ。
さらに彼らに餌と麻薬を与えられ、飼い殺される家畜のような原発誘致地域の人々。
この絆を断ち切り、上位から順に消滅させなければ原発はなくならない。
その結果、一番被害を受けるのは、何も知らない何の関係もない一般市民たちなのだ。
この大鉈を振るえるのは神(宇宙又は自然)しかいないのか?
我々はただ、大災害という自然の怒りの前に為す術もなくひれ伏すしかないのか?


原子力ムラのわずかな金を当てにうごめく工作員は、人間の屑とも言えぬただの社会の塵。



福島第一 凍結で14カ所水漏れ
http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2012013002000038.html?ref=rank
北国では、冬場に水道管が凍結して破裂することはよくあることで、みんなその防止のための策を施しているのだが、そんなこともわからないで安全対策が充分などとは全く寝とぼけた話だ。
核爆発を繰り返し中性子の嵐の中に晒される原子炉は、その疲労により30年~40年しか持たないという技術的見解が出ているのに、しかもその原子炉は補強したり交換したりすることが出来ないということも当たり前の話なのに、それを無視して稼働を続けるなんて正気の沙汰とは思えない。

大都市での影響は? SPEEDI最新画像公表へ
http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?a=20120128-00000036-ann-soci


ニュースソースは既に削除されています。


【映像】人工放射能と天然放射能の違い/書き起こし【市川定夫】
http://blog.kamishihoron.com/5000sunflowers/kiji/28790.html



原発の危険性警鐘京都大の小出裕章、今中哲二の両助教には提供はなかった。
http://blog.goo.ne.jp/aik-city/e/ba108b3eebf39daa436689e9667aeef8
この二人が清廉潔白なことはこれまでの言動を見ても明らかなことだが、そのことをこの記事が証明している。


中村隆市ブログ 「風の便り」
「アメリカの軍事機密だったので内部被曝は無視され続けた」

http://www.windfarm.co.jp/blog/blog_kaze/post-8766
肥田舜太郎氏ほか専門家が「市民と科学者の内部被曝問題研究会」設立
http://www.webdice.jp/dice/detail/3404/

ちびちゃんのお部屋
今中哲二さん講演「放射能汚染に向き合う時代 チェルノブイリ26年、福島1年」
http://chibichan931.blog106.fc2.com/blog-entry-3152.html
今後、この「暮らし」を続けるために、再稼働を許さないために、現在、以下の活動に全力を注いでいます。みなさまの力添えが必要ですので、よろしくお願いします。

●講演会● in 米子
講師:今中哲二さん(京都大学原子炉実験所助教)
講演タイトル『放射能汚染に向き合う時代 チェルノブイリ26年、福島1年』
2月11日(土)午後2時より  
場所: 日本海ふれあいホール(新日本海新聞社西部本社:〒683-8520 鳥取県米子市両三柳3060) 
資料代:500円
放射能でふるさとを追われた人々の悲しみや怒りは、サイエンスですくい上げることはできない。これから長く続く放射 能汚染との闘いの時代をどのように生きていけばいいのか。
以下をご覧下さい。
http://sayonara.daynight.jp/shimanegenpatsu/network/act_fromnowon.htm#20120211

●大集会● in 松江
2月12日・さよなら島根原発大集会in松江
「守ろう!大地・海・空・食・こどもたち……=「再稼働は許さない!」という私たちの意志を示します=
○主催:さよなら島根原発大集会実行委員会
○場所 松江市総合体育館大体育室
○参加費無料
○スケジュール(集会、講演、パレード)
  1:30 1:50 オープニングイベント ミニライブ 1:55 開会
  3:10 閉会挨拶&パレード説明 3;30 パレード出発 4;30 解散
○パレードコース 総合体育館 中電 県庁
 以下をご覧下さい。
http://sayonara.daynight.jp/shimanegenpatsu/network/act_fromnowon.htm#20120212

●署名を広めて下さい!●いただいた署名 第一次として昨年9月
18,726名(内 オンライン署名数 6,439名)を島根県知事に提出しました。
第2次提出として、2月末頃に提出予定しています。周りの人で、まだこの署名ご存じない方に、どうぞお知らせ下さい。以下から、オンライン署名できます。ぜひ、このアドレスを多くの人に紹介して下さい。
http://sayonara.daynight.jp/shimanegenpatsu/network/shomei/shomei.shtml
以上、よろしくお願いします。=さよなら島根原発ネットワーク=
http://sayonara.daynight.jp/shimanegenpatsu/network/index.htm


福島原発事故 第3弾 小出裕章氏【敗北宣言?】 Never Give Up!
http://www.youtube.com/watch?v=GH0v28rQjlE




 「ジャーナリスト同盟」通信
  本澤二郎の「日本の風景」(971)
<被爆軍医・肥田舜太郎の叫び>

http://blogs.yahoo.co.jp/aruko26/36744728.html


年金抜本改革で消費税さらに7%分増 試算当面公表せず
http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/news/CK2012013002000036.html
しかし、消費税を上げた結果として当然予想される経済の沈下及びそれによる税収減は試算に含まれていないだろうから、この予測も間違っているだろうと思う。
まことに馬鹿げた話だ。
官僚というのは数学に弱い人たちばかりだったのだろうか?
もしかして一流二流を問わず、大学(特に文系)では必要とされなかった学問なのだろうか?
結局のところは、一度消費税を上げるとどこまでも上げなければ済まなくなるだろう。

天下り団体が食いつぶす地デジ予算
http://news.livedoor.com/article/detail/6229407/
ここにも居た!地獄の餓鬼か?サバンナのハイエナか?
優れたハンターは居ないのか?

国会ダイジェスト20120127 渡辺喜美代表(み)質問 シロアリ城
http://www.tokyopressclub.com/2012/01/20120127.html



政府・民主三役会議議事録の有無「言えない」
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20120129-OYT1T00487.htm
民間企業ではとても許されない事態だが、永田町では何の罪悪感もないらしい。

国家公務員の給与削減、民自公合意…人勧も実施
http://news.goo.ne.jp/article/yomiuri/politics/20120125-567-OYT1T00692.html
これは公務員の立場や給与所得者の社会的バランスを考えると当然のことであり、これでも足りないくらいだ。
しかし、これを消費税引き上げの交換条件にしてはならない。
当たり前のことと当たり前でないことをごちゃ混ぜにして考えることを、俗世間では味噌もくそも一緒にするという。


「無責任な企業」2位は東京電力 国際NGOが発表
http://www.asahi.com/national/update/0128/TKY201201280125.html?ref=goo
「2番じゃダメなの?」という言葉があったが、東電がトップじゃなかったんだね。
世界は広い!!
しかし、モンサントの企業名が挙がっていないが?


【新春座談会】今こそ、TPPの本質をつかめ! この国の未来のために。 冨士重夫氏・鈴木宣弘氏・中野剛志氏・堤未果氏・田代洋一氏(後編)
協同組合の力が社会と人間を守る
「99%」の側に立つ協同組合の価値観を全面に

http://www.jacom.or.jp/news/2012/01/news120120-15904.php



Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング
スポンサーサイト

政治家は、有言実行が基本

Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング
街づくりプランのプロ
東北3県の復興計画の策定には、これまで日本全国で街づくりを設計し成功させてきた実績のあるプロたちも参加させたらどうだろうか?
役人や政治家だけで考えるより現実的で卒のない、しかも効率的合理的な案が期待できるのではないだろうか?
日本には様々な分野で活躍するその道のプロたちが大勢居るので、そういう人たちの知恵と力を借りるべきだと思う。

仮設住宅でも、北国の建築家は北国独特の知恵とノウハウを持っているのだから、寒さ対策も工夫した建物を作ることが出来る。
地元の業者を使わずに、あるいは手を貸してもらわずに、中央から大手の建築業者だけを集めてやっつけた建物にはやはり不備があって当然なのだ。


政治家は、有言実行が基本
総理大臣たるもの、先頭を切って自ら方針を決め堂々と発表し、そしてブレてはいけない。
変えたいとき、変えなければならないときは速やかに理由を説明して、ぐずぐず言わずにはっきりと変えるべきだ。
そこには屁理屈も詭弁も出る幕がない。

人に書いてもらっただけの作文をただ読むだけなら小学生でも出来る。
自分の頭と心で描いた所信がにじみ出てこなければ、何をいったい表明し、国民に訴えようとするのかわからない。
対立政党の元総理大臣(しかも自分が散々批判して引き摺り下ろしてきた総理大臣)の演説を引用するなんてもってのほかだ。
男芸者(これが差別用語だったらごめんなさい)そのものじゃないか。
最近の自称オカマたちだってはるかにマシで気風のよい態度を取っているゾ。

しかも、国会での演説を聴いていると、国民向けというより野党向けの演説のように聞こえる。
目も気持ちも国民の方を向いていない。
これで国民に納得できる説明が出来たと思っているのか?
もしそう思っているとしたら、相当救いようのないK.Y.だろう。


沖縄県、海洋温度差発電を実証へ 実海域で検証、世界初
http://www.47news.jp/CN/201201/CN2012012601001256.html

除染 住民の同意や人手確保課題に
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20120127/t10015567561000.html
何をするにも無計画で行き当たりばったり。
すべてを除染するなんてどう考えても不可能か、気が遠くなるほどの費用と期間がかかるはずだ。

除染効果が高く、早急な街づくりに適した地域やポイントを絞り込んで区分し、詳細に除染の工程表を作り、無理なところはその除染費用などと居住不可能な期間とを明確に示すのが政治であり、それこそ不退転の決意で取り組みべきことではないのか。
政治家として命を懸けるべきところを見失っている。


原発、国際ルール必要=ダボス会議で菅前首相
http://www.asahi.com/international/jiji/JJT201201260158.html
菅前首相という人物の政治家としての能力は無能であって、やっぱり市民運動家なのだろう。
しかし政治家であろうと市民運動家であろうと、、自分の誤りに気付いた時点でただちに主張を変えていくのは決して間違いでないと思うし、その点は野田総理よりも評価できる。
ただし、どちらも政治家としては評価できるものは何一つない。


ざまぁみやがれい!
原発裁判の実態 志賀原発2号運転差止め判決の裁判長と小出裕章の対談
1/25(2)

裁判官は、今後の裁判で最後の良心を振り絞れるか?
国民の怒りを前に、いつまでも「触らぬ神に祟りなし」では済まないだろう。
それとも、国民の怒り方がまだ足りないというのか?


小出裕章が語る、福島第一原発2号機内の内視鏡調査の失敗 1/19(2)


「原発寿命が40年以上に伸びる事情」と「玄海1号炉が約90度で原子炉がパリッと割れる脆性破壊の恐れ」 11/29小出裕章



福島原発事故 記録を隠蔽「愚者の楽園」/「衆愚の中からは衆愚しか生まれない」悪党小沢一郎に仕えて
http://blog.goo.ne.jp/kanayame_47/e/15674c723318cd6fc3cc8ac288c30583


年金財源、試算示さぬ方針 増税議論への影響懸念
http://www.asahi.com/politics/update/0127/TKY201201260769.html
テーブルゲームをやっているわけではないのだから、手の内も見せずに賭けてくれと言うのは無理がある。
国民はそんな無謀な賭けには乗らない。

元官僚・古賀茂明「2012年の希望を見出すなら、改革派第3勢力の結集だ」
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20120119-00000303-playboyz-soci
どこに期待するかと言われたら消去法で行くしかないが、しっかりとした理念とエクスキューズのない実行力を示すことだ。
はたして国民を騙さない政党が現れるのだろうか?


官僚が書いていることがバレバレ・・・野田、福田、麻生総理の演説文句が同
http://blogos.com/article/30291/
わが国の超エリートたる官僚も知恵が浅くなったものだ。
国民としても恥ずかしいことこの上もない。
我々はもう諦めたし、この次には決してこの人間もこの政党も選ばないが、残された政権時間の間に、せめて諸外国に恥を撒き散らさないで静かに幕を閉じて欲しいと願うばかりだ。


天下り法人「温存」が狙いじゃないのか?
http://news.livedoor.com/article/detail/6222897/
天下り問題には手は付けないと決めたようだ。
余程官僚から恫喝されたか、度重なるレクチャーで洗脳されたか、どちらかだろう。
誰か諸悪の根源たる官僚の親玉に鈴をつけに行ける人間はいないのか?
次の総理には、その決断と勇気も求められる。
これこそわが身を削るどころか、命を賭けることになるだろう。
たとえ、悪党といわれようと、国民から毛嫌いされようと、まずは最低でもそれが出来る政治家を望む。

古今東西、増税で財政再建をなしえた国はありません。(文藝春秋 2012年 01月号)
http://blog.goo.ne.jp/rick_diaz/e/e99fb8ef3b706991bb8f48867a9711a4
世界中の常識なのに、日本では、特に永田町や霞ヶ関では違った考えのようだ。
官僚に必要な資質も、公務員資格試験で問われるべきだ。
大学入試にプラスαを追加して難しくしただけの試験では意味がない。


Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング

命懸けで

Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング
南三陸町の遠藤未希さん教材に 津波避難呼び掛け犠牲
http://www.47news.jp/CN/201201/CN2012012601000132.html
命懸けで人の命を救う人もいれば、命懸けで人を危険に晒し、人に苦しみを与えようとする人もいる。
『不退転の決意』ですべきことって何だ?


電力需給試算「6%余裕」菅内閣の隠蔽発覚 「(今年も)節電も何もしなくても乗り切れます」小出裕章 1/23(3)
http://mainichi.jp/select/science/news/20120123ddm001010064000c.html




谷垣氏「消費増税は民主主義を冒とく」 代表質問始まる
民主党よりいくらかはマシかもしれないが、「目くそ、鼻くそを笑う」とはこのことか?
http://www.asahi.com/politics/update/0126/TKY201201260234.html

「菅氏、反原発活動家に転身」 米紙がインタビュー掲載
http://www.47news.jp/CN/201201/CN2012012601000551.html
信頼性には大いに欠ける人物だが、誤りを直ちに改める姿勢だけは評価したい。

渡辺謙さん、ダボス会議でスピーチ 原子力からの転換訴える
http://www.tokyo-np.co.jp/feature/news/davos.html
野田総理の演説よりはるかに心に残るスピーチです。
政治家に役者になれとは言わないが、国民の心に訴えるものがなければ民主主義を為すことは出来ないだろう。


東京より原発事故・放射能汚染の影響
肥田舜太郎先生のセミナー その2
http://blog.goo.ne.jp/tokyo_1/e/6dfb147b3e812d71bd793e01802cfb4f
それでもまだ、原発再稼動をたくらむ連中は悪魔の申し子か?
はたまた、悪魔そのものか?
悪魔でなければ単なるキチガイに刃物か?

気仙沼住民と復興アイデア出し合おう 筑波大で27日ネット討論
http://ibarakinews.jp/news/news.php?f_jun=13274969965533
国が何かしてくれるのを待っていても何も始まらない。
そうだ!市民も学生も立ち上がろう。
自分たちのアイデアと作業で出来ることはたくさんあるはずだ。



選挙年齢引き下げ検討へ=来月から議論再開―政府
http://jp.wsj.com/Japan/Politics/node_381396
このこと自体はいいが、なんか不純な動機の匂いがプンプンする。
選挙年齢を引き下げるなら、成人年齢も引き下げ、教育制度も大幅に見直したらいい。
理屈や方程式、年代、人名の暗記ばかりより、社会実践的な勉強や創造力を鍛える勉強に重点を置いたらいい。


1/20の市議会で東北電力ニュースの間違いを指摘 地元紙にも記事
http://hanaki.air-nifty.com/burari/2012/01/120-0c2e.html


週刊現代永田町ディープスロート 2011年12月06日(火) 週刊現代
http://blog.goo.ne.jp/adcnaga/e/91506aa6098251b3fb7aa0292e844e67
特大号スペシャル この国の宿痾を語ろう
堺屋太一×古賀茂明「官僚というもの」
マスコミをたぶらかし、国民をだます



本当にストレステストが必要なのは原子力安全保安院
http://satoshi.blogs.com/life/2012/01/hoanninn.html
まずは「原子力村症候群」度をはかる16問の質問。
つぎに「霞ヶ関エリート症候群」度をはかる16の質問。

こいつは面白いぞ!!
何とかこんなテストが出来ないものかな?
首相官邸にでも送りつけてやろうか?



<原発推進>11大学に104億円 国と関連企業提供、大半は受託研究費--06~10年度 2012年1月22日(日)13:00
http://news.goo.ne.jp/article/mainichi/life/20120122ddm001040087000c.html
こりゃ、ダメだ。
大学も学生も質が落ちるわけだ。


保安院など再編、新組織名は「原子力規制庁」 民主党が方針 2012/1/24 20:13
http://www.nikkei.com/news/latest/article/g=96958A9C93819481E0E6E2E6E08DE0E6E2E3E0E2E3E09797E3E2E2E2
どうせ、高級官僚がどっとなだれ込んで組織を牛耳るのだろう。
何でまた、無駄な省庁を増やして税金をつぎ込もうとするのか?
一般人や良識家、専門家などで構成できる委員会でいいのではないか?
官僚や政治家は必要な人材だけを、オブザーバーか顧問などにしておけばいいのに。


国を憂い、われとわが身を甘やかすの記
野田首相の施政方針演説と消えた「天下り」

http://abirur.iza.ne.jp/blog/entry/2578472/
我がブログ↓にも掲載した動画のドヤ顔演説で示した「天下り排除」はどこへ行った?
http://isenokami5.blog117.fc2.com/blog-entry-1206.html
これが一番の制度改革、歳出削減に繋がる大きな問題なのに。
結局ちまちまと小さな問題だけでごまかそうとし始めた。

国民が、もう騙されないぞと構えるまでもなく、自ら勝手に嘘を言い続け、それを取り繕うように詭弁を弄する。
まさに自作自演の猿芝居。
「おれを信じちゃいけないぞ」と言い続けている様なものだ。
国会を開くにも莫大な税金が使われている。
この国会こそが究極の無駄だ。


田舎暮らしの愉しみ
憂国論~古賀茂明著「日本中枢の崩壊」
http://pub.ne.jp/chopin21/?entry_id=4120391
その昔は、こういう人も大勢歴史上に名を連ねていたが現代では極めて珍しい、失礼な言い方かもしれないが、尊敬の念を込めて絶滅危惧種だ。


大前研一氏 福島原発事故は神様が人間の知的怠慢を潰した
http://news.ameba.jp/20120125-128/
神を信じる人にはそれなりの倫理観があるだろうが、神を信じない人には、頭から脳幹に刷り込むような宗教が必要なのかもしれない。
いささかリスクも伴うが。



Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング

とりあえず今出来ることは?

Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング
災害復興は、自分の部屋とか書棚の整理整頓と共通する部分が多いので、身近なことに視点を置いて考えてみると意外とうまく行くかも知れない。

たとえば、必要なもの大切なものを見つけてまず横に置いておく。
それからそれ以外の不必要なもの捨ててしまう(整理)。
その後に最初に横に置いた必要なものを、大きさや種類や目的別などに分類して並べ替える。又は別な場所(使いやすく安全な場所)に移し変える(整頓)。

災害復興で言えば、既に大半の不要なものは瓦礫として取り除かれていると思うので、あとはその処分方法を考えなければならない。
原発事故由来の瓦礫は特殊なので、その保管場所や処分方法は難しいだろうが、避けて通るわけには行かないので、住民が主体となって考えよう。
自分たちが処分に困るものは他の地域の人にとっても引き受け難いものなので、其処のところは慎重に考えなければならない。

そして必要なものとして残されたものや再構築しなければならないものは、二度と災害に遭わないように安全な場所を選ばなければならない。
これらのことはこうして言葉にすると簡単なことだが、いざ実行すると迷い悩んでしまう。
今後の仕事や日常生活に密接に絡むことなので、人任せには出来ない。
どんなに悩んでも時間がかかっても、じっくり腰を落として1個ずつ根気よく取り掛かっていくことです。
一つ片付くごとに先が見えてくるはずです。

誰でも知っているような簡単なことですが、何の抵抗もなく正しく実行するのは意外と難しいものです。
アイデアだけは外部に求めていい。
しかし結論は自分たちで。
新しい素敵な環境と、継続可能な魅力的な未来をぜひ手に入れてください。


梟通信~ホンの戯言
このまま進んでいいのか!野田改造内閣 中野剛志・柴山桂太「グローバル恐慌の真相」
メデイアも増税/TPP/小沢何が何でも憎し(子供の憎まれ口みたいだ)の大合唱だ。
でもほんとにそれでいいのか。

http://pinhukuro.exblog.jp/17216116/

田中康夫がこれだけまともなことを言うとは驚いた
http://www.nikaidou.com/archives/20989

野田総理をはじめ、民主党内閣があまりに無知蒙昧なことを言うから、野党の言う事はすべて正論に聞こえてくる。

長谷川幸洋氏~「霞が関文学」では悪魔が細部に宿る 週刊ポスト2012/02/03号 
http://www.asyura2.com/11/hihyo12/msg/601.html

昨夏の録画ですが、あらためて今。
【佐藤優】日本に忍び寄るヒトラーの影 平成23年7月14日



アラウンド還暦 書きたい放題
肥田舜太郎/鎌仲ひとみ「内部被曝の脅威」
http://blog.ap.teacup.com/1952/80.html

【原発】IAEAがストレステストの妥当性を調査へ(01/23 11:54)
http://news.tv-asahi.co.jp/news/web/html/220123017.html
この組織も最近はいろいろと怪しい部分も指摘されてきて、どの程度期待できるものかどうか?
福井県の大飯原発3号機と4号機に対する関西電力のストレステストをめぐる評価および原子力安全・保安院の判断については、テスト事態も全くでたらめでスルー状態なのが分かっているので、今回の調査結果によってIAEAに対する評価も出来るのではないかと思っている。

M7級首都直下地震、4年内70%…東大地震研 読売新聞1月23日(月)3時4分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120122-00000800-yom-sci
この予測だけは外れて欲しいと願うものだが、しかし、これが外れたとしても、その後の確立は益々高くなるだけとも言われている。
つまるところは、近い将来、必ず首都直下大地震があるということには変わりがない。
だからと言って、焦ったり怖れ慄いたり悲観したりしても始まらないのだ。
元々地震国日本なのだから、普段から細心の注意を払って準備しておけばいいのだ。

何を準備しておくのか、って?
まず家や家具の耐震を考えること。
いざという時に逃げる場所、家族で落ち合う場所を決めておくこと。
携帯電話のGPS機能を使って、お互いの現在の居場所を携帯で確認できるようにしておくこと。
当分の間(1ヶ月~3ヶ月程度)の保存食料や飲料水を用意しておくこと。
避難用のテントや寝袋その他を用意しておくこと。
小さい子供や年寄、ペットがいる家庭は、逃げ方もあらかじめ話し合って、訓練またはシミュレーションしておくこと。
その他諸々。

個人的にできることはそういったところだと思うが、問題は原発事故だ。
原発の事故は、稼動しているいないの区別なく危険性や被害の大きさはほとんど変わりがない。
しかし、いつ起こるかわからないが必ず起きるという大地震を考えると、出来るだけ早く廃炉にした方がいいに決まっている。

福島の原発も、もう一度巨大地震が来ると更に大きな被害が出ると言われているが、他の原発も破壊されると日本は壊滅状態になる危険があるとも言われているのだ。
これは、そんなことはないと思う人はそう思っていてもいい、というか、説得しても無駄だろうから、後は自己責任に任せるしかない。

しかし、リスク管理というのは、あらゆるリスクを想定して準備しておくものなのだ。
事故に見舞われてからそれは想定外だったというのは、単にリスク管理ができていなかっただけの話なのだ。

非常持ち出しリストは以下を参照してください。
http://isenokami5.blog117.fc2.com/blog-entry-817.html

2012年1月19日(木)、小出裕章氏が毎日放送「たね蒔きジャーナル」に出演。
福島第一原発において、緊急時支援システム(ERSS)に接続するメディアコンバーターの非常用電源が未接続だった事が判明した件について言及しています。


原子力災害対策本部の議事録を全く残さず、原子力安全・保安院
http://www.afpbb.com/article/politics/2852837/8351255?utm_source=afpbb&utm_medium=topics&utm_campaign=txt_topics
こんな、常識のかけらもない連中に日本の安全を任せておいていいものか!
言葉を失ってしまう。



Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング

電力問題と財政再建及び被災地復興について

Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング
被災3県、女性就職難浮き彫りに 失業手当、男性の1・4倍
http://www.47news.jp/CN/201201/CN2012012301001294.html
素人考えかもしれないが、女性に向いた仕事を新たに創り出すことも可能なのではないだろうか?
たとえば、産業の復興や仮設住宅の問題点、コミュニティ作りの障害や新しい提案などは、女性でも出来る、というよりむしろ女性の方が向いているような気がする。
現地の声を直接聞き出し、問題点や意見をまとめて県や中央に集めて、復興策の改善や前進に役立たせるというのはどうだろうか?
被災地に実際に住む女性だからこそ、状況に即した課題や情報集め、提案などが出来るだろう。
出来ない話ではないだろうと思うが、、、。
そのために幾ばくかの税金を使っても、文句をいう人間は少ないだろうと思われる。


“日本は早急に財政再建を”
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20120121/k10015436611000.html
消費税以外は正論かもしれないが、余計なお世話だろう。
そんなことを言うから、おバカな日本政府はやりやすい消費税増税に“不退転の決意“で取り組み、歳出削減、制度改革には口先だけで逃げようとしているのだ。
NHKによる仕向けインタビューか?


議員定数削減 合意見通し立たず
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20120123/t10015454491000.html
消費税率を引き上げるための選挙制度改革では、国民も納得する人が少ないのでは?
それとともに、選挙制度改革や公務員改革、議員歳出削減などは、いずれも政治家が実行できるものではない。
元々不可能なことをやるやるといっても無理。
むしろそういった制度改革などは、利害関係のない第三者による特別委員会のようなものを設置するということを約束すべきだ。
そしてその委員会の決定には従わなければならないという法律を整備することだ。
そういった提案に反対する政党があるとしたら、それは国民の支持を得ないだろう。


血税投入財務省「やらせミーティング」を中止せよ
「天下り根絶なき消費増税粉砕」

http://uekusak.cocolog-nifty.com/blog/2012/01/post-2326.html

街頭演説では
 

「天下り根絶なき消費増税粉砕」国会演説は


総理大臣の疑惑



大阪維新の会:次期衆院選、全国で擁立へ 都構想反対に「刺客」
http://mainichi.jp/select/seiji/news/20120123ddm001010077000c.html
単に大阪都構想だけではなく、具体的にどのような政策を打ち出してくるのか?選挙民にとっては、わくわくするような期待感を持つかもしれない。
政治の経験だけではなく、現在の課題をしっかりと見据え、解決するためのアイデアを持つような人たちが集めってくれるとありがたい。


汚染疑いコンクリ、病院など6か所で使用
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20120122-OYT1T00804.htm
これは、完全に政治の不手際といえる。
汚染瓦礫や土などを建設資材や園芸用土に転用するという話が持ち上がった時点で、このようなことは推測できたはずであり、政府の重大な過失だ。
民間企業でも、国内法でも、これは免れることの出来ない違反、若しくは犯罪行為といえるのではないか?


東電、32年ぶり本格値上げ…「大口」で17%
http://news.goo.ne.jp/article/yomiuri/business/20120117-567-OYT1T00802.html
日本の消費税は世界の標準と較べても低すぎて、もっと上げるように圧力がかかっているという人もいるが、税金は独立国家であればよその国を倣う必要はないわけで、自国の状況や事情に合わせて独自に定めるべきなのだ。

しかし、それに引き換え、電気料金は世界一高いわけで、これが妥当かどうかというのは、自由競争がない状態で判断が難しい。
それをなお値上げするというのでは、とても納得できるものではない。

経営努力が出来ない、しかも損害賠償や無駄な広告費、原発交付金や社員の福利厚生費など、隠れたコストを含んでいる東電などは一旦整理清算して、複数の民間企業を参入させた自由競争原理を導入させるべきだ。
カーテンの向こうで情報を遮断して行われる経営の結果としての値上げ申請を、もし政府が受け容れるなら、そんな政府も一緒に否定する。


「脱原発」を唱えるだけの風潮は危ない
http://www.nikkeibp.co.jp/article/column/20120118/296616/?rt=nocnt
田原聡一郎の意見を載せただけかもしれないが、御用新聞が何を言っているのか?
再処理しようが何をしようが、事故の危険性は無くならないし、第一その技術すら夢のまた夢で、世界の原発先進諸国がみんな諦めて撤退しているのだ。
彼はただの耄碌爺さんに成り下がったのか?
それとも原子力ムラや一部の経済界から金を貰って飼われている飼い犬に過ぎないのか?


もんじゅで原因不明トラブル、存廃論議に拍車も
http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20120120-OYT1T01191.htm
日本の現在の技術では無理だろう。
このような危険な施設を稼動させる前に、もっと研究所レベルでの研究を重ねる方がいいのでは?
それが出来ない事情が何かあるのだろうか?


三宅雪子
川内博史隊長のもと、電気料金値下げ副隊長に就任致しました!皆さんの意見を吸い上げて頑張ります。
1月21日Keitai Webから

ホントにできるのかね?
どこか胡散臭い匂いもするが、とりあえずお手並み拝見ということで静観してみるか。


東電、火力発電を分離 原賠機構が経営見直し案 送配電など社内分社も
2012/1/23 2:00 日本経済新聞 電子版
http://www.nikkei.com/news/headline/article/g=96958A9C93819696E0E0E2E6E08DE0E0E2E3E0E2E3E09F9FEAE2E2E2
やっと動き始めたか?っと。
選択肢は他にもまだまだあるが、有効で国民に負担の少なくかつ自由競争を損なわない制度並びに方策を!!
ぜひ実現に向けて最大の努力をして欲しいものだ。
その過程の中で、相当の妨害や圧力がかかると思うが、私たちはそれを真剣な目で見守る。



Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング
特別拡散バナー


奇跡の母子犬
ひまわり/動物達の未来のために
生き物の命の重さに差があるでしょうか?
その重さは計れるでしょうか?

上質なサイトのリンク
お勧めサイトのリンク
ツィッター・タイムライン
最新コメント
最新トラックバック
スポンサードリンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。