プロフィール

半覚才

地球の過去と今と未来を見つめる3匹
のスペースキャッツ

Author:半覚才
自然とともに生きる、生き物が好き!
ホームページ「川越を遊ぶ」

そのニュースは本当か?
報道に疑問を!体制に批判を!権力の奴隷にはならない!

QR

ご意見・リンク等
★★★★★★★★★★★★★★★★
【ご意見・ご質問】
ご意見・ご質問はこちらからどうぞ。

また、回答を希望しないコメントは、コメント投稿蘭からお気軽にどうそ。


【Link Free】
転載、引用、リンクはご自由にどうぞ。 ただし、情報源は明示してください。

★★★★★★★★★★★★★★★★
最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
気になる地域の気になる情報
日本の原発

稼働状況と建設計画

気になる地域の現在の放射線量
気になる地域の天気情報


電力会社別の電力使用状況

地殻変動


-占い-

スポンサーサイト

Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング

政治を変えるか?国民が逃げ出すか?

Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング
国民のほとんどがこの国から逃げ出すことが可能なら、野田は一人ぽっちの王様になるのだが、、、、。

橋下市長の理解が決め手、大飯再稼働へ急展開

http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20120531-OYT1T00184.htm
橋下氏は誤解を招き、真意が見えないことをよく言う人だ。
これで、最後まで市民や国民の支持を保ち続けることが出来るのか?


大飯原発再開 地元の判断得て決定
これでまた「都市の電力需要のため」「地方の振興のため」という二枚舌を使うのか→「関西広域連合から一定の理解が得られつつある
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20120530/k10015494361000.html

あれほど強硬に反対していた広域連合も、最後は政治的手打ちか?
がっかりですね。
政治家にとって大事なのは国民ではなく、票と経済だけなのか?

「責任を持て」だの「責任を持って判断」だのと言っても、何かあったら国民が泣くしかないではないか!!
福島の事故で誰か責任を取った人がいるのか?

自民党、公明党、民主党の政治家は?
経産省や保安院や原子力安全委員会は?
東電は?

「事故の被害が拡大した責任は私にあります」と言って頭を下げ国民に詫びたのは、菅元総理だけ。
他に誰がいるのか、私は知らない。
詫びることすらしないで、白々と再稼動をしようというのは、どういう人間か?
いや人類以外の何者か?

福島の事故でさえ収束の道筋すら立っていないで、絶望して自殺する人も後を絶たない。
福島の事故での最大の原因は地震だったと世界中の科学者が認めているのに、日本だけが認めずに世界中の笑いものに。

津波対策が出来ているだの、これから堤防を作るだのと、そんなことで安全が確保されたと言えるわけがない!!
子供でも分かる。
猿でもわかる。
日本の政治家は分からなくなっている。

おそらく多くの野生動物達も海に囲まれていなければ逃げ出すだろう。
いや、経験のない危険では、逃げようという本能も働かないかも。
哀れにも、国民は土地や国に縛られ逃げることも出来ない。

これは人間が作った法を犯すなんて程度の犯罪ではない。
宇宙本来が持つ法を破った赦し難い原罪だ。

電力不足もウソがバレ、原発安全もウソがバレ、何もかも再稼動のための説得が出来なくなった今、科学的知識を待たないおバカな極めて少数の限られた人によって強引に再稼動の結論を出そうとしている。

民主主義はどこへ行ってしまったのか?
国民は「民主党」という党名にまず騙された。



中沢新一「熊と王」(1)・・共同体的な在り方の重要性を考える
『「熊」は自然の力を、「王」は社会の力を表します。

近代西洋文明とは別の文明の形として、人類は古くから、「王」を持たない文明を生きてきた歴史があることを、情熱を込めて語っています。』

http://blog.goo.ne.jp/blue77341/e/c1604adc226d9dd0a8e2bdccf4908a31

20120529たね蒔き「今週もエネルギー戦略会議詳報です~飯田哲也さん




「モナトリアム(冷却)期間を設ける。
再稼動するしないの前に2年間を凍結する。」


「読売社説批判:この社「国民の」の視点全くなく、企業の単なる走狗に成り下がっている:孫崎 享氏」
『関西電力、事故から全く何も学ばず。
事故配慮の思想全くない。
どうせ大事故起これば東電と同じく逃げればいい位に思っているのだろう。
28日読売 「関電、取締役会で大阪市が提案の”速やかな原発の全廃”に反対決定の模様。反対理由は”エネルギー自給率低い日本原発は重要な基幹電源”」』

発想の転換が出来ない経営者たちは、他人任せ、過去の継続の経営しか出来ない。
一時の儲け仕事はできるかもしれないが、弱者を苛めることで成り立っており、弱者が死に絶えるか反乱を起こせばいずれ崩れ去る運命でしかない。

http://sun.ap.teacup.com/souun/7631.html

<原子力委>04年にも秘密会議 「露見なら解散」
『毎日新聞が関係者から入手した文書の表題は「第2回原子力を巡る勉強会」。04年1月29日午前8~10時に開かれた。場所は今回発覚した昨年11月~今年4月の秘密会議と同じ中央合同庁舎4号館743会議室。近藤委員長が「表に出た瞬間に勉強会をやめる」と発言したと記載され、存在が露見すればすぐ解散する方針だった。』
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120526-00000010-mai-soci

20120530 たね蒔きジャーナル 京都大学原子炉実験所助教 小出裕章
4号機の使用済み核燃料プールに保管している未使用の燃料2体を、7月前後に試験的に取り出す方向で検討していることについて。


20120528 福島第1原発 4号機内を報道陣に公開 細野剛志の欺瞞


岩上安身氏 講演 「隠されたフクシマの真実と教訓」 2012.05.13 佐賀


北九州市試験焼却、がれき搬入(空間線量が10倍に)


それ今中哲二先生に聞いてみよう! - YouTube




Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング
スポンサーサイト

日本は未来に向かって正しい道を歩めるか?

Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング
<小学校で読み聞かせ(2年生)…タンポポたいへん!>
こういった本や童話、おとぎ話、昔話は、大人たちも読んでおくべきものだと思う。
昔は、子供たちはこういうものに触れる機会が多かったが、現代はその機会がないまま、塾通いに明け暮れて、またはゲームに夢中になって大人になってしまった人が多いのではないか?

http://nonbilly.air-nifty.com/blog/2012/05/post-38d9.html

先日、「ソコトコ」の中の「武田鉄也の三枚卸」と言う番組の中で紹介された本(残念ながら題名は覚えていない)で、「集中力、分散力」と言う表現が使われていたと紹介していた。

『現代の日本のエリートたちは、試験に合格するためだけの勉強をしてきたが、難しい試験に合格するためには集中力が必要である。
それに較べてアメリカなどの海外の学校の入学試験は比較的易しく、授業でも暗記より自主的な研究を重視する。
想定外を想定するためには分散力が必要で、海外の教育方針は、その分散力を養うのに適している。』と。

もう少し詳しく語っていたと思うが、概ねそのような内容だったと思う。
今の政治家や官僚、東電などのエリートたちを見ていると、なるほど、と思い当たることがしばしばだ。

初めての事件に遭遇した時の日本人の対応の不味さは、この教育制度や方針の間違いと言うか、欠けた所から来るのではないかと思う次第である。



がれき試験焼却 前橋市「実施は困難」
再稼動も瓦礫受け容れも、公平に住民の真意を聞けばこうなるのが当然。
一部の自治体では、それを無視したり聞こえない振りをしているが、情報や民意を捻じ曲げたり操作するのは犯罪に等しい行為だ。

そういう人たちは、必ずやいつかどこかで法を犯している。

http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/gunma/news/20120529-OYT8T00057.htm

北九州市がれき搬入時2名逮捕動画・おおい町議長新谷欣也の異常なふるまい・原発立地自治体楢葉町の町長と議会の対立:メモ

言葉を失うばかりの異常さと非常識。

http://blog.livedoor.jp/amenohimoharenohimo/archives/65806848.html


Video streaming by Ustream

大島堅一‏@kenichioshima
親切な賠償、と東電と機構は言うけれど、「親切」という言葉は不適切だ。
「親切」は第三者が主語になると思われる。
東電は当事者そのもの。
「親切」に賠償するんじゃなくて、「誠意をもって」賠償するべきもの。
東電が第三者であるかのようなスローガンはやめるべきだろう。


20120525 5時に夢中 岩上安身さん「広域ガレキ処理」問題

③20120525 5時に夢中 岩上安身さん「広域ガレキ... 投稿者 nyancoro2011


20120528 たね蒔きジャーナル「原発事故直後の放射能汚染の実態」





これにも懲りずに、さらに汚染を拡大しようとしたり、新たな危険を呼び込もうとする民主党政治家たちの心はいったいどこにあるのか?


大阪維新の会を率いて次期衆院選を睨む風雲児を、『日本中枢の崩壊』を著した元経産省キャリア官僚はなぜサポートするのか。
〝独裁者〟の「素顔」と「強み」そして「これから」を語り尽くした!

『果たして、過激な発言や急進的な政治手法で〝独裁者〟とも評される橋下氏とは、どんな素顔を持つトップなのか。
橋下氏率いる大阪維新の会はこの先、どこに向かうのか---。

「再稼働を絶対に許してはいけない。国民をバカにしている。こうなったら、民主党政権を倒すしかない。次の選挙では代わってもらう。今日から反対運動だ!」

 4月13日、橋下氏は大飯原発の再稼働を巡って、こう倒閣宣言してみせた。
野田(佳彦)政権は大飯原発の安全性を確認したとして、再稼働の最終条件である原発立地自治体の同意を得るため、福井県とおおい町の説得に入っている。
この姿勢を世論は受け入れないだろうと見て、橋下氏はここが勝負時と大声を上げたのだ。
次期衆院選も睨んだ、与党・民主党への宣戦布告だ。
今や国政レベルでも各党がすり寄り、橋下氏の顔色を窺うのに懸命という状況。
大阪維新の会の勢いは、順風満帆を遥かに超えている。』

http://gendai.ismedia.jp/articles/-/32521


内閣府の部局に、原子力業界から在籍したまま、20人が採用されていた。
『吉井議員への内閣府提出資料によると、07年4月1日~12年5月1日の期間に民間企業・団体から内閣府の政策統括官(原子力委関係)に採用されたのは20人。
出身は、東京電力、関西電力など電力会社4社、三菱重工、日立GEニュークリア・エナジーなど原発メーカー4社、電力各社の寄付で設立された電力中央研究所。
18人は非常勤の政策調査員として採用。
2人は常勤で、参事官補佐、主査として採用されています。
現在も非常勤8人が採用期間中です(表)。』

http://blog.goo.ne.jp/dreamupworld/e/88e9609d3bae5e5d3429936ef1af4790


橋下徹氏が首相になったら消費税増税はなく、学校の競争激化
http://www.news-postseven.com/archives/20120527_110762.html
『橋下氏は消費税アップに反対する立場。
今年3月下旬、消費税増税について、「いかにも霞が関が考えそうなことで、乗っかってはいけない」と発言。
続けて「財源確保は消費税を上げなくてもできる。
地方交付税と補助金を廃止すれば20兆円くらいになる」――つまり無駄の削減をすれば、消費税アップは必要なしと主張している。
・ ・・・・【原発】再稼働には反対でも、将来は「?」
 市長就任当初は容認していた原発について、橋下氏は今年1月にテレビ番組で「考え直す」と明言した。
・ 以降、関西電力管内の原発再稼働に、「電力需給の徹底検証」など8つの条件を突きつけ、慎重な姿勢を崩していない。
 しかし、橋下氏は最終的に“原発容認”へ動くと、吉富さんは予測する。
「原発をすべて止めると経済がマヒしてしまう。
橋下さんはリアリストなので、ある程度の暫定的な原発再稼働を許すのでは。
その上で将来的に原発を減らしていく“脱原発”の方向を目指すでしょう」』

今後の参考になればと思い掲載しますが、私は橋下氏の考え方に100%賛同しているわけではありません。
ただ、現在の野田総理を始めとする民主党幹部の考えには何一つ賛同できるものはありません。

だから橋下氏に期待する部分が大きいのです。



菅氏、周到・冗舌に反論…矛盾突かれ苛立ち
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20120529-OYT1T00174.htm
菅元総理の事故調での発言や事故当時の言動はしっかり検証する必要はある。
しかし、冷静に見ると、彼に批判を集中させるのは、東電の行動を擁護し、原子力ムラを守るためと見えて仕方がない。

問題の本質は原子力ムラそのものにあったはずだ!!
読売や産経の論調は偏りがひどい。

そもそも彼が退任に追い込まれたのは、脱原発を口にした途端にマスコミが挙って集中砲火を浴びせたからだ。

あえて言うなら、野田総理や自民党が事故当時の最高責任者だったら、もっとうまく解決できたと言うのだろうか?

嘗て誰も経験したことのないような事故だったのだ。
マスコミの主席解説委員は、正しく対処できたと言うのか?
後から他人の行動を批判するのはたやすい。


Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング

ウィルスに汚染されたか?日本の政治家、国会

Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング
田代検事の虚偽報告書事件が、今「大変なことになっている」?
http://blog.goo.ne.jp/capitarup0123/e/f0f76d280d7873979a44ef5e3ce730c3
『岩上安身‏@iwakamiyasumi
検察の話に戻る。今日、ある関西出身の方から連絡をもらった。この方、検察庁に、陸山会事件の検察捜査に憤りを感じて、抗議の電話をかけたのだという。すると電話口に出た事務官は、あしらうのではなく、真剣に話を聞いた上、自分も同感だ、と応じたという。

岩上安身‏@iwakamiyasumi
捏造報告書を作成した田代検事はもとより、組織的にこの政治捜査、政治裁判を作り上げた佐久間元特捜部庁らを不起訴処分にして、不問に付すようなことがあってはならない、間違っていると思うと、その事務官の方が逆に電話口で熱弁をふるい、同様の抗議の電話がかかってきていることを認め、こうした市民の声を、必ず上層部に伝える、と、その事務官は、電話口で約束した、という。上手なあしらい方の一種だと、うがった見方もできなくはない。だが、検察内部で(信じがたいことではあるけれど)自浄作用を発揮しようという勢力が伸長してきていることはたしかなようだ。』

『郷原信郎‏@nobuogohara
陸山会事件をめぐる虚偽捜査報告書の作成事件、大変なことになっているようだ。⇒http://nobuyoyagi.blog16.fc2.com/ 報道されているように、田代検事を不起訴にして関係者を人事上の処分ですませる方針なら、わざわざ東京地検から最高検に移送する必要があるのだろうか

郷原氏も、八木氏が東京地検に告訴した案件が最高検に移送されたことを重視している。東京地検の不祥事を東京地検が裁くことは出来ないという、極々常識的な判断からと思われる。郷原氏が言うように「大変なことになっている」としてもらわないと、検察はもう信頼されないだろう。』


野田氏は結局シロアリ退治なき消費増税案撤回へ
http://uekusak.cocolog-nifty.com/blog/2012/05/post-ec0d.html
政治に対する信頼が失われているが、その最大の理由は、政治家が自分自身の発した言葉に責任を持たなくなったことにある。
野田氏は2009年8月の総選挙に際して、主権者である国民に対して直接約束をした。
「シロアリを退治し、天下り法人をなくし、天下りをなくす。そこから始めなければ消費税を上げるのはおかしい」
非常に分かり易い、説得力のある言葉だった。
これが、野田氏自身が主権者国民に発した言葉だ。』




http://nicoviewer.net/sm13731857

消費税増税は必ず強行される 野田増税実現後の暗い庶民生活
『政治アナリストの伊藤惇夫氏はこんな見立てだ。
「増税政局は、複雑に考えないことです。
野田首相は死んでも増税をやりたい。
衆参の採決を考えると民主党単独では無理。
自民党の協力と数が不可欠になる。
その自民党はどうかというと、自分たちが政権に返り咲いた後まで増税を残しておいて欲しくない。
民主党政権にやらせてしまいたい。
本音の部分は一致しているのです。
さらに野田首相は、9月の代表選まで増税政局がこじれると、再選が危ない。
この基本線さえ踏まえれば、次の展開が見える。
どこかで野田首相は、自民党に対案を出してもらい、それを丸のみして採決に踏み切る。
来月にでも、問責2大臣を更迭するのをきっかけに、自民党が対案を出すんじゃないかとみています」・・・・・それでも大マスコミは、「来週の野田・小沢会談がどうなるか」「小沢氏、たぶん平行線と語る」「民主党分裂か」と騒いでいる。

しかし、すでにウラで野田政権と自民党が手を組んでいると思ってみれば、野田・小沢会談は何の意味も持たないことが分かる。
「小沢さんがどう動こうと関係ありません。
小沢さんのグループが反対しても、自民党の頭数に協力してもらえば、増税法案は通る。
むしろ、その場合しか成立はない。
となれば、野田首相が気にするのは自民党だけ。
小沢さんを本気で口説くつもりは最初からありません」・・・・・国民はそれでも黙っているのか。抗議の声を上げないのか。

国民は国会と財務省にデモをかけるべきです。そうでないと、やりたい放題をやられてしまう。
大増税で苦しめられるのは、中小零細企業であり、低所得者です。
黙っていたら、不況が強まり、仕事がなくなり、税金だけごっそり取られ、殺されてしまう。
黙っていてはいけないのです」(森田実氏=前出)
・・・・・今、福島や東北の被災民は、福島原発の放射能でヒドイ目に遭い、人生を狂わされている。
沖縄の米軍基地にしたって、そうだ。
原子力行政や日米安保を支配者の思い通りにさせた結果、最後は庶民が泣かされ、バカを見ている。
9割の収益を家庭電力料金から吸い上げていた東電のことだって、「お上の決めたことだから」と黙って従っていたから、こんなデタラメがまかり通ってしまったのだ。

・・・・・いわれなき大借金のツケだけを背負わされて、国民は一方的に大増税を押し付けられている。
いずれギリシャ国民と変わらなくなるのです」(筑波大名誉教授・小林弥六氏=経済学)
・・・・・政治や経済当局の無策を見ていると、この先も日本経済に発展拡大はない。
そんな中、2年後、3年後に消費税率が8%、10%に上げられ、12兆円が吸い取られたら、デフレ不況は底なしになる。
サラリーマンだって難民化する。
ギリシャじゃないが、仕事もマイホームもなくなってから暴徒化したって手遅れだし、取り返しはつかないのだ。

http://asumaken.blog41.fc2.com/blog-entry-5887.html

小沢一郎 森ゆうこ議員に打ち明けた野田へのホンネ
「小沢事件は、まぎれもない政治弾圧です。ただし、これは決して小沢先生ひとりの問題ではない。司法権力がその気になれば、どんな人間でも犯罪者にできるのです。この問題を放置すれば、日本は法治国家ではなくなってしまう。これは民主主義の危機。立法府に属する国会議員は、もっと問題意識を持たなければいけない。今こそ西松事件、陸山会事件とは何だったのかを総括する必要があるのです」
http://news.nifty.com/cs/headline/detail/gendai-000169652/1.htm

国民は「マニフェストで国民に政策を訴え政権を取ったのに、そのマニフェストをすべて破棄するのは国民への裏切りであり、今増税を考える時ではない」と主張する小沢一郎およびそのグループと、「命を懸けてで消費税増税を実施する」とする野田佳彦および民主党現幹部と、国民はどちらを推したいのか?

百歩譲っても、「命を懸けて・・・」と言うなら、まず解散してあらためて消費税増税を掲げて国民の信を問うべきだろう。
それが、まさに政治家が「命を懸ける」と言うことなのだ。
中身はともかく、小泉純一郎はそれをやり遂げた。

いつものことだが、野田は大げさな言葉を選ぶだけでなく、覚悟も無いくせに間違った言葉遣いを平気でする。

それがへらへらとした顔で国民を騙すことになっている。
国民を騙すのは簡単だと思っている顔だ。
それでも野田を信じるのか?



がれきの漂着、続々=海鳥へ悪影響も―米
『【ニューヨーク時事】東日本大震災の津波で流れ出たがれきが米アラスカ州やカナダの沿岸に続々と漂着していると、地元メディアが報じている。ピークはまだ先とみられるが、現地では清掃活動が始まる一方、野生動物への悪影響を心配する声も出始めている。』
http://news.goo.ne.jp/article/jiji/world/jiji-120524X431.html
アメリカメディアの懸念は極めて常識的だ。
日本のメディアは瓦礫の全国処理で汚染の拡散を煽っているが、、、、。
どちらが正しいのか?


WHOおよびUNSCEARの調査報告書によると「原発事故で飛散した放射性物質による発ガンはわずか」
『Natureにそれぞれ別個に掲載された、UNSCEAR(原子放射線の影響に関する国連科学委員会およびWHO(世界保健機構)による調査報告書によれば、福島第一原発事故により飛散した放射性物質によって被曝して癌を発病する人はわずかであり、また癌を発病したとしても、原発事故に起因すると明確に特定することは難しいだろうとのこと(本家/.、Nature記事、WSJ日本版記事、朝日新聞記事)。

・・・・・一方で東京大学アイソトープ総合センター長の児玉龍彦教授は、「短期間の日本滞在では現地の実態が見えてこないため、国際機関は急いで報告書をまとめるようなことはやめるべき」とこれら報告書に対する反発の声を上げている。』

http://science.slashdot.jp/story/12/05/24/0641212/

今、一度考える災害がれき広域処理(参議院議員会館) 青山貞一
http://www.youtube.com/watch?v=N9y5WBmSk9M
『ご意見ありがとうございます。がれき広域処理問題では、まともな情報提供、議論がないまま、国会議員全員が昨年夏に瓦礫特措法の賛同し、その後、環境省がマスコミに巨額を投入し、科学的根拠が薄弱かつ地方自治を蹂躙する施策を「絆」、「協力」などの心情、情緒に訴える形で広め、まともな議論、反対が出来ない雰囲気をつくりました。
しかし、現実には私たちが現場を歩き、多面的に調査した結果、環境省の政策、施策はきわめて杜撰、拙速なだけでなく、背後に多くの利権、権益や権限の拡大など、とかくありがちな省庁の焼け太りの構図が見えてきました。ぜひ、多くの国民に見ていただけばと思います。青山貞一』



細野環境相 美談でくるむ瓦礫汚染
『 現在までに瓦礫の受け入れを行ったのは、東北以外では東京都と静岡県島田市。
試験焼却は北九州市と静岡市だ。
23日、北九州市では、住民への説明が全く行われないまま、強引に焼却が始まった。
説明会のお知らせも、新聞の折り込みチラシの中にさらに折り込まれていた有様だった。
 「北九州市では瓦礫を運び終わったトラックの近くで空間線量が上昇する現象が起きている。
それをどのように考えるか?」筆者(諏訪)は現地で見た事を細野大臣に質問した。
 「安全性については確認している。そういった事実はない」。
細野大臣は完全否定した。

しかし実際に数値が上がる様子を撮影したビデオがインターネット上で公開されているのだ。
 お構いなしに大臣は続けた。
「そういったことは、やはり被災者を傷つける。
私は大臣室に南三陸町の瓦礫を置いて、日々職務をしている。
しばしば石巻に行くが、子供たちが瓦礫でトロフィーを作っている」。

 3月末、瓦礫の受け入れ行脚で訪れた京都駅頭で、「これが汚いものにみえますか?」とトロフィーを高々と掲げていた細野大臣の姿を思い出す。

 「被災地に想いを寄せて、広域瓦礫処理をしなければいけないんです」。
記者会見で細野大臣は被災地を訪れたことを再三繰り返した。

 “被災地の人々を助けるためにあるのが、広域瓦礫処理なんだ。それが「絆」なんだ。
君たちはどうしてそれが分からないんだ”
 

言葉にこそ出さないが、細野大臣の発散するオーラが押し付けがましく語っていた。』

http://tanakaryusaku.jp/2012/05/0004367

原子力委員会 内輪の論理は通用せぬ(5月26日)
『勉強会の存在を知らなかった委員は、議論の経過が報告書に反映されていないことを批判している。
 電力業界寄りの方向に議論が誘導されてしまう要因の一つは、実務に携わる原子力委事務局が、電力会社や原発メーカー、資源エネルギー庁などから多くの出向者を受け入れているからだ。
 今回の原案づくりでは、使用済み核燃料を全量直接処分する費用を試算した際、事務局は小委員会座長の指示に反し、再処理中止に伴うコストを加えて費用を膨らませた。』

http://www.hokkaido-np.co.jp/news/editorial/375297.html



Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング

原子力艦、原発:東電は兵器産業か?

Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング
当初は政府もアメリカの原子力戦艦の寄港をさせないと言っていたが、いつの間にか既成事実となり、今では横須賀が事実上の母港になってしまっている。

これを拒否し続けたら、日本での原発開発が不可能になるから、この変遷は容易に想像がつく。

安保を始め、戦後の日本の政治はすべてがアメリカ主導になっている。
アメリカ政府というより、ロビーストといわれる巨大企業、巨大財閥が裏で圧力をかけているのだ。

日本でも経団連などの政治への圧力は、規模は小さいが同じパターンだ。

一度金と力を持つと、人間というのはそれを手放したくなくなる。
性善説とか性悪説とかを言う前に、それが人間の(生きものの)一面であり本性なのだ。
その姿は、自由主義、資本主義、共産主義を問わず、世界中で見られる。

それでも、そのことを知った良識ある国は二世の権力継承を嫌い、大統領などの権力者の在任期間を短く制限している。



アメリカは今TPPを押し付けようとしているが、中国も、ロシアも虎視眈々と狙っているし、EUもその仲間を広げようと日本に手を伸ばしてくるだろう。

国内でつまらない争いをして力を弱めているような情勢ではないのだ。
日本の歴史でも、そうした失敗が何度も繰り返されている。
いい加減、目を覚ましたらどうか?




福島第一建屋内ルポ 4号機依然危うさ 
吹き飛んだがれき山積プールに核燃料1535体

『プールの隣には、格納容器の黄色いふたがあった。近くの台に上ると、急に放射線量が上がり、一気に毎時〇・三ミリシーベルトを超えた。「3号機から高線量が流れてくるんです」と東電社員。がれきのすき間から、3号機のぐにゃりと曲がった建屋が見えた。
 この日の建屋内の取材は約三十分。建屋が傾くなどの異変は感じられなかった。ただ、ここまでぼろぼろになったかという印象だ。東電は東日本大震災のような震度6強の揺れに耐えられると強調するが、実際に大地震が来たら、本当に耐えられるのか、現場を見るほどに疑念がわいた。』

http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2012052702000095.html

福島原発4号機倒壊問題 ニュースステーション5月26日
使用済み燃料棒、破裂の可能性について

http://portirland.blogspot.jp/2012/05/4526.html


7:00~

○後藤政志氏
・外から(第三者が)建屋倒壊のデータを検証していない

10:10~
○東北エンタープライズ 名嘉 幸照社長

・4号機の仮設冷却システムは、仮設の配管であり強い地震が起きた場合、燃料プールの水が全てなくなってしまう恐れがある。

・水がなくなれば、そこから出る放射能で人が近づけなくなる。

12:20~
○東電 松本 保安院 森山

・仮設の配管が破損すれば、再臨界まで行かなくても、放射線量が上がって、作業もできなくなる。水が無くなったらメルトダウンするのか? 

・東電松本 詳しい予測は行っていない

・保安院 詳しいデータを持っていない。

13:00~
○東北大学 圓山重直

・水が抜けるだけなら、空気で冷えるため100℃~300℃に留まり問題ない

・ただし、プールが崩れるて燃料同士が重なると高温になる

15:30~
○日本原子力研究開発機構 永瀬文久

・大体700℃以上になることで、燃料棒は破裂

・何らかの原因で、4号機建屋、あるいは使用済み燃料プールが壊れる
          ↓
 燃料棒が一カ所に固まる
          ↓
 除熱が出来ないような状況
          ↓
 メルトダウン以前の状態でも(燃料棒の)被覆管が破損
          ↓
 内部から徐々に放射性物質が出てくる可能性がある。





霞が関、公用車利用見直し=「質問取り」縮小も検討―岡田氏指示
『業務効率化の具体策は、「霞が関の文化を変える」と意気込む岡田克也副総理・行政改革担当相が検討を指示。消費増税への国民の理解を得るため、行政業務に関しても「身を切る改革」を進める姿勢をアピールする狙いがある。』
http://jp.wsj.com/Japan/Politics/node_449583

出来ることから改革するのは当然だが、政治家の報酬、宿舎や手当、選挙制度などの自分たちの改革に関しては、人事院のような独立して強い権限を持った機関を作って行わなければできるはずがないのだ。

それが最優先して実施しなければならないことだ。
国民は姑息なやり方には誤魔化されないぞ。


20120513 佐賀訴訟支援集会(1/3) 岩上安身氏講演 [隠された福島の真実と教訓]

20120513 佐賀訴訟支援集会(1/3) 岩上安身氏講演... 投稿者 Beaucoup11


20120513 佐賀訴訟支援集会(2/3) 岩上安身氏講演... 投稿者 Beaucoup11


20120513 佐賀訴訟支援集会(3A/3) 人見やよいさん... 投稿者 Beaucoup11


20120513 佐賀訴訟支援集会(3B/3) 佐賀市の満岡聰... 投稿者 Beaucoup11

高橋洋一の民主党ウォッチ
原発だけを国有化せよ 東電は「法的整理」すればよい

『東電は債務超過なので破綻会社である。そうであれば法的整理をして、株主、債権者、経営者、従業員すべてステークホルダーに負担を負わせて、事業を継続しながら会社を解体し、関連子会社や不要資産を売却するのがセオリー。そうすれば、5兆円程度はステークホルダーの負担になって、利用者負担にならない。』
http://www.j-cast.com/2012/05/24133186.html

国民負担を増やす東電救済は駄目だ
http://www.taro.org/2012/05/post-1209.php

今の政府ではとても無理だろうなぁ。

~続~九州で初めて放射性瓦礫が燃やされた日
http://tanakaryusaku.jp/2012/05/0004356
『代表団の一人は、瓦礫の受け入れを拒否した札幌市長の言葉(札幌市HPより)を例に迫った。「市長として判断する際に最も大事にすべきこと、それは市民の健康と安全な生活の場を保全すること…」。』

自分たちの立場や利権を守るために心を閉ざしてしまった役人の醜さ、愚かさをすっかり曝け出している。


浮きドック「サクラ」と「スミレ」と原子力潜水艦
『まもなく、沿海地方のラズボイニク(盗賊)湾に、退役した原子力潜水艦の原子炉を長期的に保存するための地下壕が造られる。日本は地下壕建設を援助するため、70基以上の原子炉を環境に害を与えることなく一度に処理することを可能にする特殊設備一式を引き渡した。』
http://japanese.ruvr.ru/2012_05_26/genshiryouku-sensuikan-uki-dokku/

東電値上げ「燃料高の大ウソ」「潜り込ませた原発再稼働準備金」
http://www.j-cast.com/tv/2012/05/26133345.html

東電と官僚のウソはもう聞き飽きたが、政治家たちはこのウソに気がつかないのか?
そんな愚か者たちに国の政治を任せていいのか?
日本の将来の設計図も描けないし、目標も立てられないのだ。


Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング

再稼動を急ぐ理由とは?

Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング
原子力ムラからの情報を自分たちの都合の良いように悪用して、官僚たちが描いたフィクション(台本)を何の評価も疑いもなくそのまま実行しようとしている野田郎。
ただの大根役者。


分散力の無い彼にとっては、一つ示された方程式から導き出される答えが正しかろうが、正しくなかろうが関係なく、それだけで充分なのだ。

国民や国の将来を本気で憂うならいくつもの違った条件や想定、推測からなる複数のフィクションを解析してみる慎重さがあってしかるべきだ。

国の政治を総理するということはそういうことであり、そうでなければならない。
そうすればいくつもの答えの中から正解を見つけ出すことも出来るかもしれないのだが。

原発は人間が作り、人間が運転している設備である以上、事故はゼロであるはずがない。
それを未だに懲りずに安全宣言するのは馬鹿げている。
とても正気とも思えないし、常識を持った人間のすることとも思えない。

福島の事故すら、原因も収束方法も見つからないでいるのに、さらに別の原発を再稼動する危険さと愚かさは最上級レベルだ。
どんなに屁理屈を並べても、それは屁理屈以上の何ものでもなく、妥当な理由なんてあろうはずがないのだ。

とは言っても、究極の政治的無能者である彼には「知る由も無い」ということか、、、、?

では官僚が再稼動を急いでいるとして、その理由はどこにあるのか?
というと、やはりそこに結びついてくるのは、身の安泰と利権だ。

それほどの保証ができるものといえば、単に原子力ムラだけとは考えにくい。
原子力ムラは、いまや泥舟と化しているのだから。

使えるとしたら演習の標的ぐらいだろう。
誰もそれに乗って闘おうとはしないだろう。
会長の引き受け手がなかなか決まらなかったのを見ても分かる。

とすれば、おそらくそれは、世界規模のグローバルモンスター企業だろう。
彼らはアメリカの大統領やCIA、軍事力まで自由に操れるだけの力を持っている。

一つや二つの国を超えたところで、人命などものともしない強制力と恫喝力を持っている。
そして同時に、巨大な利権の塊なのだ。
数兆円や数十兆円などという規模ではないのだ。

彼らは、TPP問題でも核開発問題でも、医療や保健、薬品問題にも、あらゆる利権に口を挟んでくる。
言うことを聞かなければ個人の命なんて簡単に吹き飛んでしまうだろうし、国家でさえその独立と安全は保証されないのだ。

では我々はどうすればいいのか?
出来る事と言えば限られてくるが無い訳ではない。

同じ人間が永い期間権力を握るのは悪魔の思う壺であり、自分がお山の大将でなんでも思い通りになるとドヤ顔を決め込むような人間は、悪魔の美味しい餌食でしかない。

だから、権限を持つ政治のボスと官僚のボスを頻繁に交代させることが一つの有効な手段だろう。

裏でうごめく黒幕は、その都度一から仕組みとパイプ作りと洗脳を繰り返さなければならないだろう。
とても非効率で根気の要ることになるのだ。
試してみる価値はあると思うが、、、、。




高浜原発:南方系の魚、死滅か 停止後、温排水止まり 若狭・内浦湾
日本の水産業、農業に与える影響は大きく、温暖化などの地球全体に与える影響は見過ごすことが出来ない。

人類は、開いてはならないパンドラの箱を開けてしまって、その中の輝きに惑わされて、蓋を閉じることが出来ないでいる。

そして人々が気がつかないうちに、じわじわと魔の手が広がっていく。

http://mainichi.jp/select/news/20120518mog00m040021000c.html


05.21 地球温暖化とイスラエル 岩上安身

05.21 地球温暖化とイスラエル 岩上安身 投稿者 samthavasa


2012t0521 「家庭の電力」選べる時代に? 古賀茂明

2012t0521 「家庭の電力」選べる時代に? 古賀茂明 投稿者 PMG5

安全基準も事故調査も終わっていないのに再稼動を急ぐより、これを急ぐのが先だろう。
一度悪魔の手先となると、頭も心も正常には働かなくなってしまうらしい。

悪魔の手先に、日本の国政を任せていいのか?
良い訳がないと思うのだが、、、、。

国民を犠牲にしてまで、電力会社を守ろうとする総理大臣がどこにいるだろうか?
日本という国は世界に恥を曝す国になってしまった。


原発事故425: かまたみのる公式ブログ 八ヶ岳山麓日記
『大飯原発があるおおい町議会が、再稼動に同意した。
あと福井県の同意があれば、再稼動を決定すると考えているようだが、民主主義の手法としては非常におかしい。

ひとたび原発事故が起これば、滋賀県や京都府の住民たちに影響が及ぶ。
場合によってはふるさとを追われる事態にもなりかねない。
その人たちの考えは無視されているのだ。
小さな町の議会は、大量の補助金をもらわなければ町が生きていけないと思い込んでいる。
でも、補助金がなくても、魅力ある町づくりをしている町はたくさんある。
立派な公共施設のハコモノが住民の幸せにつながるのだろうか。
そろそろ発想の転換をしたほうがいい。』

http://kamata-minoru.cocolog-nifty.com/blog/2012/05/425-3ca0.html

20120523 たね蒔きジャーナル 京都大学原子炉実験所助教 小出裕章
1号機の水の高さが40cmしかない可能性が有ることについて


アーサー・ビナード氏と「ソコトコ」がらみのツイッター発言。
asagenji 5/24 6:41
(--;)財務省はどうやって首相を洗脳したんでしょう?命まで捧げてますよねぇ。カルトだなぁ財務教は。

mitsuya_niwa 5/24 7:06
アーサー・ビナード 『後期高齢者医療制度廃止法案。理想と理念を溝に捨てるのか。一度も審議していない。与党にならないほうがいいじゃないか。「呑む」政権か。』

se5ttg 5/24 7:11
アーサー・ビナードさん。政府が現実的対応と言い出したら危ないんだ。理想と国民生活はどうでもいい。て意味だよ。官僚の言うことを何でものんじゃう、「のむ」内閣。一体改革とは、「一体なんだったんだ改革」。

hagi_kazuhiko 5/25 6:08
吉田照美さん「東京新聞一面、事故発生直後、内閣官房参与等が福島県飯館村への立ち入り制限を提言したにも関わらず、3週間も何もせず、その間に村人は留まり、被曝をしたと言う、東電は海洋汚染も認めない」




Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング
特別拡散バナー


奇跡の母子犬
ひまわり/動物達の未来のために
生き物の命の重さに差があるでしょうか?
その重さは計れるでしょうか?

上質なサイトのリンク
お勧めサイトのリンク
ツィッター・タイムライン
最新コメント
最新トラックバック
スポンサードリンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。