プロフィール

半覚才

地球の過去と今と未来を見つめる3匹
のスペースキャッツ

Author:半覚才
自然とともに生きる、生き物が好き!
ホームページ「川越を遊ぶ」

そのニュースは本当か?
報道に疑問を!体制に批判を!権力の奴隷にはならない!

QR

ご意見・リンク等
★★★★★★★★★★★★★★★★
【ご意見・ご質問】
ご意見・ご質問はこちらからどうぞ。

また、回答を希望しないコメントは、コメント投稿蘭からお気軽にどうそ。


【Link Free】
転載、引用、リンクはご自由にどうぞ。 ただし、情報源は明示してください。

★★★★★★★★★★★★★★★★
最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
気になる地域の気になる情報
日本の原発

稼働状況と建設計画

気になる地域の現在の放射線量
気になる地域の天気情報


電力会社別の電力使用状況

地殻変動


-占い-

スポンサーサイト

Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング

今が日本再興のチャンスと考える

Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング
どうしたら、社会を変えられるの?
鎖国シンドローム(榊原英資氏)~開国から鎖国へ、成長から成熟への転換が日本の課題
http://www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=400&t=6&k=2&m=270046
【抜粋】 「成長」から「成熟」への転換

日本が再び鎖国の局面に入る、あるいは入るべきだ、などというと驚く人たちが少なくないだろう。
もちろん、江戸時代的鎖国が訪れる可能性を論じているのではない。
グローバリゼーション一辺倒から離れて、日本という国をしっかりと見つめ直す時だという意味での鎖国である。・・・・・

成熟期にはちょっと立ち止まって、静かに自分を見つめなおして昇華への道を探すのがいいと思う。
立ち止まらずに繁栄だけを追い続けると、TPP参加や原発推進に夢中になり、産業の極端な偏りと大増税の連続という破滅への近道を進むことになるだろう。

転んでもタダでは起き上がるな。
福島原発事故という未曽有の大惨事、不幸を、その次の成長へのきっかけと捉え準備し、英気を養うことはできないか?



なかなか面白いことを掲載しているサイトがありました。
あなたはこれをどう読みますか?

http://kanchigai.blog.shinobi.jp/Entry/4861/
【抜粋】 橋下徹 「 官僚潰すッ! 原発潰すッ! 農協潰すッ! 米軍潰すッ! 医者潰すッ! 老人潰すッ! 野田佳彦潰ッ! …でもパチンコ・同和・在日は聖域(ニヤリ) 」
【橋下徹の支持率急落となった一連の動向を時系列準に並べる】


多重債務者の相談弁護士をしながら商工ローンの顧問弁護士を引き受けた橋本徹氏、 維新八策に「企業・団体献金の禁止」を明記しながら政治資金パーティーで8000万円のボロ儲け
http://kanchigai.blog.shinobi.jp/Entry/3996/

もしドラ作者 「インテリほど橋下徹の危険性が分からないんだよな。とほほ。」
http://kanchigai.blog.shinobi.jp/Entry/4000/

【富山泰庸】 吉本興業の芸人が「大阪維新の会」から政界進出!
http://kanchigai.blog.shinobi.jp/Entry/4071/

橋下徹が朝鮮人である事が判明し、支持率は2%にまで急落!  ~橋下・孫正義・マルハン・統一教会・創価学会の反日同盟を日本人は打倒出来るのか?~
http://kanchigai.blog.shinobi.jp/Entry/4187/

【拡散依頼】 橋下徹 「竹島は韓国に譲渡する」と声明
http://kanchigai.blog.shinobi.jp/Entry/4193/

橋下徹 「 <丶`∀´>竹島は日韓共同管理で!」  日本人「橋下殺す!」  韓国人 「橋下殺す!」
http://kanchigai.blog.shinobi.jp/Entry/4223/

橋本徹、朝鮮ブーストを再加速 「韓国への経済制裁は止めろ!」 「竹島は韓国の領土!」 「慰安婦は実在の戦争犯罪!」
http://kanchigai.blog.shinobi.jp/Entry/4258/

橋下徹と維新の会が半端なく落ち目で内訌とバッシングの海に溺れている件について
http://kanchigai.blog.shinobi.jp/Entry/4307/

「日本維新の会」の支持率8%と大暴落して民主党以下に! 東京では2%以下にまで支持率が落ち込む!
http://kanchigai.blog.shinobi.jp/Entry/4330/

ドクター中松 「残念だったなぁ原口ぃ! 『日本維新の会』の商標権は私が既に登録済みだァッ!!」  原口一博 「ぐぬぬ、この恥知らずめ!」
http://kanchigai.blog.shinobi.jp/Entry/4366/

橋下徹の出自を週刊朝日が暴いた事により、朝日グループVS橋下徹の激闘に突入!
http://kanchigai.blog.shinobi.jp/Entry/4643/

橋下徹 「誰がヤクザじゃ!? 証拠あるんかコラッ!! 謝罪ィー? 誌面全面使って謝れやッ!!」  ← 世論 「流石にヤクザの息子は凶暴だなあ。」
http://kanchigai.blog.shinobi.jp/Entry/4677/

橋下徹完全敗北!  維新の会の設立資金はカルト教団『生長の家』の出資だった事が発覚!
http://kanchigai.blog.shinobi.jp/Entry/4685/

橋下徹が小林よしのり化! 今度は『夜回り先生』こと水谷修氏に噛みつく・・・
http://kanchigai.blog.shinobi.jp/Entry/4731/

橋下徹が朝日新聞の出入り禁止を解除するも、朝日は「( -@∀@) 支持率が2%を切ったみたいですねぇ(笑)♪」と、攻撃の手を緩めず
http://kanchigai.blog.shinobi.jp/Entry/4761/

橋下徹 「 <丶`∀´> 野田佳彦ッ!! オマエになら選挙で勝てると踏んだッ!! 船橋の選挙区は俺が頂くぞッ!!
http://kanchigai.blog.shinobi.jp/Entry/4850/


↑ 大体、以上の流れです。
まとめたのが底辺なので偏りは当然あるけど。
で、現在はスレタイにもある八方破壊宣言に繋がるわけで・・・

民衆が政治家に対して1番求めてる事は
「余計な事をしない事」
なんです。
政治家って飼ってるだけでもコストですから。

特に役人以外の大阪人が知事選で橋下徹を支持したのは、
「役人」と云うコストを減らす事を公言したからなんです。

そこら辺、橋下自身が自覚してなかったのだろうか?
任期途中で、別職に出馬するってことは、
後釜を決める選挙費用(公金です)も掛かって、
また財政負担が増えるのに。



野生キノコの放射性セシウム汚染が広がる!-山梨、長野でも規制値越えの野生キノコ出現!
http://www.best-worst.net/news_ak1qQgjhjO.html
【抜粋】 ■キノコ狩りは要注意
秋も深まりキノコ狩りの季節となっている。
しかし、今年もキノコ狩りは非常に危険を伴うものとなっているようだ。

2012年10月25日、山梨県富士吉田市の野生キノコ、キヌメリガサから基準値を超える1キログラム当たり340ベクレルの放射性セシウムが検出された。

No.566:山梨県産アカモミタケ(Cs:150Bq/kg)
No.567:山梨県産カヤタケ(Cs:140Bq/kg)
No.568:山梨県産キヌメリガサ(Cs:340Bq/kg)
No.569:山梨県産チャナメツムタケ(Cs:150Bq/kg)
No.571:山梨県産シロナメツムタケ(Cs:160Bq/kg)
No.573:長野県産シモフリシメジ(Cs:410Bq/kg)

また、長野県でもシモフリシメジで同410ベクレルの放射性セシウムを検出している。

■新潟県でも野生キノコが50ベクレル
新潟県では基準値を超えることは無かったものの、十日町市産の野生キノコ、キツブナラタケから同50ベクレルの放射性セシウムが検出されたことを同県が発表した。

その他にも同県の野生キノコから放射性セシウムが検出されている。

南魚沼市産のキツブナラタケからは同46ベクレル。
刈羽村産のクロゲナラタケからは同8ベクレルの放射性セシウムが検出された。

山梨、長野あたりまで基準値を超えた野生キノコが出てきているのである。

野生きのこ汚染

それよりも放射性セシウム汚染の酷い地域は野生キノコに対し要注意であろう。

外部リンク

厚生労働省
http://www.mhlw.go.jp/
キヌメリガサ【きのこ図鑑・撮れたてドットコム】
http://mushroomsindex.com/result0071.htm
文部科学省による、航空機モニタリングの測定結果| 文部科学省
http://radioactivity.mext.go.jp/ja/contents/5000/4899/

これは深刻に考えるべきことだと思うのですが。
ニュースとしてはそれほど流されていないようです。



原子力技術者の衰退と、米国の内政干渉
http://onodekita.sblo.jp/article/59598698.html
【抜粋】 その昔、原子力は夢のエネルギーと言われ、1957年アイゼンハワーが Atoms for peace を宣言してからは、何もかも原子力で解決出来ると宣伝されてきました。
マンガ 鉄腕アトム
登場人物にウランちゃん(妹)、コバルト君(兄弟)がいます。
このマンガは原子力に対するアレルギーを払拭するのに多大なる貢献をしたと私は思います。
何か密約があったとしか思えない登場人物、核エネルギーの礼賛マンガと言っていいでしょう。

手塚氏が後年、原発をはじめとする核に反対していることは、ガラスの地球を救え―二十一世紀の君たちへ (知恵の森文庫)に書かれています。
しかし、1950年代初頭に何があったかは、私にはわかりません。
何か資料をご存じの方がおられましたら、教えていただきたく思います。(手塚治虫氏が後年、反対なのは十分に知っています。なぜ、アトムを書くことになったのかの背景を解き明かしてみたいと思っています。)[管理人注:手塚治虫氏が科学者の一員だった時期もあり、当時の社会環境としては純粋に夢物語としての憧れをもって描いたものではないかという気もしますが、、、]

何しろ、原子力船は言うに及ばず、原子力機関車、原子力飛行機、原子力自動車までもが真剣に予算がつけられて検討されていたのです。

当時の東大原子力工学科は、人気が高く、日本のトップ達が競って進学したのです。
そして、この時の遺産で、今までどうにか技術を継承してきたといっていいでしょう。
東大の関村、東電の武藤、そういった面々が全員含まれます。
科学技術を駆使すれば、原子力はいくらでも応用出来る。
燃料を使っても、なくならないどころか、逆に増えてしまう夢の高速増殖炉、すべてこの時代(1950―1960年代)のはなしです。

 その後、原子力のメッキは徐々に剥がれてきて、1992年には東大原子力工学科は姿を消し、システム量子力学と名前を変えざるをえなくなりました。
原子力工学からシステム量子工学へ・・・・・

今はその夢から覚め、しっかりと自分たちの将来を見つめ、設計しなおす時期ではないかと思います。


清流悠遊:人生のリセット? /岐阜
http://mainichi.jp/area/gifu/news/20121028ddlk21070048000c.html
【抜粋】 ・・・・・あの頃にもいじめはあったが、いじめられたりいじめたりで、特定の人がいつもということはなかった。
今のような陰湿さもなかった。
何よりも悪いことをしているという自覚があったように思う。

テレビゲームがいじめの原因の一つと言われる。
ゲームではリセットボタン一発ですべてチャラになる。
そんなことを繰り返していると、人生のさまざまな場面で「都合が悪くなったらリセット」という感覚になってしまいそうだが、実際のリセットは簡単ではない。
やり直したいことも、やり残したこともたくさん抱えたじいさんの集まりだった。【山盛均】

アラウンド還暦の人たちは昔のことを想い起してみてください。
おそらく大半の人は、この話に同様の経験を持ち同感できるのではないでしょうか?

もちろん、いじめが陰湿な形で広がった原因はこれだけではないでしょうが、一つの原因にはなると思います。

強弱の差こそあれ、様々な原因があることを想定し、深く追究して行かなければ解決への道は見えてきません。

原発事故といい、いじめといい、現代の子供たちは大変不幸な環境の中に生きて成長して行かなければなりません。
大人は子供たちを守るために社会を改革していくことが出来るでしょうか?



断層型地震雲の情報
地震雲掲示板
最新地震予測情報公開中
2~3日以内に地震発生する事が多い。
発生する地震の揺れが大きい。

http://kumobbs.com/cloud/danso.html

拡散予測、6原発で誤り 規制委が謝罪
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2012103090070910.html
科学的手法による予測と比較するのもどうかとは思うが、現代の科学が万能ではないことだけは確かだと思わなければ、、、、。

今日の写真。衛星写真にくっきりと、プレートの境界線上。
2012/10/29(月) 18:03:39.33 ID:2DiuRgtm0


そんなもの地震との関連性はない、と思う方はスルーしてください。
科学で証明されないものはインチキと思う方も同様にどうぞ。

神の仕業とか、宇宙人の仕業と思う方が分かりすい人はそれでも一向に構わないが、宇宙のエネルギーの変動(波)によるものとも考えられ、人間の力や現代科学など遠く及ぶものではないのです。

それは信じるとか信じないとか、証明できるとかできないとか、そういうレベルの問題ではないと思うのですが。

狼少年のように叫び回るつもりはありませんが、準備のきっかけにはなるかと。


地震雲1

地震雲2

地震雲3

地震雲4

地震雲5

地震雲6




Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング
スポンサーサイト

声よ、届け!

Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング
1票の格差、改定完了前でも解散ありうる…首相
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20121027-00000753-yom-pol
【抜粋】 野田首相は27日、衆院選の「1票の格差」を是正するための選挙制度改革関連法案が臨時国会で成立した場合の対応について、「どうしても国民に信を問わなければいけない状況が生まれれば、首相の専権事項として自分なりの判断をしなければいけない」と述べた。

 周知期間を含めた小選挙区の区割り改定手続きが完了する前でも、衆院を解散することがあり得るとの考えを示したものだ。
視察先の岩手県山田町で記者団の質問に答えた。

 また、8月の自民、公明両党との党首会談で語った「近いうち」の衆院解散の約束について記者団から「誠実に守るか」と問われ、「誠実です」と述べた。

 首相は、「1票の格差」是正について「(臨時国会で)法改正を行い、区割り作業等を行い、周知作業等がある。
そういうものを全部待ってから(衆院選を行うの)が本当は国民の権利が守られての選挙だ」と指摘した。
そのうえで、これを「一般論としての筋道」とし、自身の「専権事項」に言及した。

「どうしても国民に信を問わなければいけない状況」は、とうの昔に生まれているのに、今さら何を言っているのか?
まだ若いと思うが、ボケが始まったか?
それとも寝とぼけているのか?

そして、「誠実です」と答えることこそが不誠実であることを自覚するがいい。
一日も早く解散することが「誠実」の表現なのだ。
国民はもうこのウソつきを許さないだろう。

こんな人間に国政を委ねてしまった国民の不幸と苦しみに思いが到ることはないのか?
野田という男は、一度も国民の信を仰いだことがない。
強引に、そして勝手に、国民から権利を奪い去ってしまったのだ。



「カワード」な野田佳彦首相は、番記者を遠ざけ、「庶民性」を封印したまま退陣の坂道をころがり落ちる
http://hightree.iza.ne.jp/blog/entry/2909135/
【抜粋】 ・・・・・野田佳彦首相が首相番記者と距離を置いている姿は、菅直人前首相からの申し送りで続けられている。
鳩山由紀夫元首相に至るまでの歴代首相は、首相番 記者を従えて、移動していた。
私も、福田赳夫首相と大平正芳首相の後ろを他社の首相番記者と一緒に金魚のフンのように、首相に密着して付き纏いながら歩い たものだ。
このスタイルが、首相と番記者との正しい姿であると考えている私の目から見ると、いまの野田佳彦首相と番記者との関係は、異様であり、異常ですらある。
犯罪や事件が発生した際に、警察は規制線を張り、事件記者を現場に近づけないで、取材させているけれど、あの光景に似ている。
首相官邸の役人が規制して野 田佳彦首相に番記者を近づけない体制を敷いており、野田佳彦首相が通り過ぎるとき、「総理には、決してエサをやらないで下さい」という声が聞こえそうな雰 囲気である。・・・・・菅直人前首相も野田佳彦首相も、首相番記者の存在、機能、役割を勘違いしている。
電通、博報堂か何かの宣伝機関として扱おうとしているのではないか。
首相番記者は、全国各家庭のお茶の間をつなぐ「窓口」であるのに、野田佳彦首相は、そのせっかくのチャンスを無駄にしている。
その結果、首相の生の声や 様子が伝わらず、「遠い存在」になってしまっているのだ。
にもかかわらず、菅直人前首相は、マスメディアを批判した。
野田佳彦首相は、「自分の真意がよく 伝わらない」としきりに嘆き、マスメディアに不満タラタラである。
しかも、それが自業自得であるという自覚がほとんどない。

わずかに有言実行した政策は国民を無視し、負担を強いる失政ばかりで、国民が望む政策は全てスルーするか、ボツにしてしまっている。
国民の声を聴こうとしないからだ。
国民の声のすべてに従う必要はないが、ちゃんと聴いたうえで、反対のことをする時は説明しなければならない。
それが真の民主主義というものだ。

心しておくべきこと。
優しそうに見える人は、実は演技の場合が多く、その心は冷たい人が多い。
怖そうに見える人は、自分でも自覚していて、実は心の優しい人が多い。

多くの人は、それでも見かけに騙されてしまう。



官々愕々
震災復興予算「見直し」のウソ

http://gendai.ismedia.jp/articles/-/33856
【抜粋】 復興予算のおかしな使い方に批判が集まっている。
税務署の耐震化工事やシーシェパード対策など、あまりのひどさに、野田政権も問題を認め、来年度復興予算の改善策を打ち出した。
一見、物事がよい方向に向かうようにも見えるが、実際はその逆だ。

 予算の名目と実際の使途の乖離の問題は、実は毎年生じている。
昔から、一般会計で優先順位が低くて認められないものは、特別会計予算やシーリングの特別枠の中に説明を変えて入れ込んでいる。
それでダメなら補正予算で再チャレンジする。
つまり、二軍三軍の予算である。
何か新たな枠ができたら、官僚はすぐにそれに合わせて予算を作る。
復興予算はその餌食になった。

 今回の問題を考えるのに、最もよいテーマが学校の耐震化の問題だ。
一般に「学校の耐震化」と言えば、必要性、緊急性が高いと考えられる。
マスコミもそう報道する。
つまり、政府もマスコミも、復興予算の事業の「必要性」と「緊急性」をポイントと考えているようだが、これが大きな間違いだ。
仕分けのポイントは、その予算が、復興予算の趣旨に合致しているかどうかだ。
その観点からは、全国の学校耐震化の予算も趣旨に合致しているとは言えない。
なぜだろう。

 震災後、多くの国民から、多額の寄付が被災地に向けて送られた。
「自分が苦しくても少し身銭を切りますから、被災者のために使ってください」と考えたからだ。
しかし、震災があったからといって、被災地以外の学校に耐震化のための寄付が集まったという話は聞いたことがない。
復興予算に当てはめれば、増税を受け入れるから被災地に届けて下さいということになる。
こう考えれば、被災地に向かわない予算はカットすべきということになる。

 学校の耐震化をしたければ、通常の予算で、整備新幹線3線同時着工、地方の高速道路の拡張予算、大金持ちの高齢者の医療費一割負担のための予算などを切れば良い。
それでも足りないなら、財源として別途増税をするべきである。

国民は税や予算執行の仕組みを知らないし、予算審議はテレビなどでも見られるが決算審議は知る機会がない。
だから、内閣や行政にも騙されても気が付きにくいし、ニュースにも騙される。
国民一人一人の監視努力と情報収集が必要なのだ。



20121018 週刊エンター『福島県南相馬市を訪れて (前編) 』
吉田照美 ソコダイジナトコ 【週刊エンター】
「今、伝えたい!本当の姿」
照美&アーサー・ビナードが福島県南相馬市を訪れ、2日間にわたり見た、聞いた被災地の姿・被災者の生の声をお伝えします。



20121019 週刊エンター『福島県南相馬市を訪れて (後編) 』



津波がくれば「逃げろ!」って叫ぶでしょ? 何故「放射能から逃げろ!」って叫ばないんですか!?広瀬隆氏10/26文科省前(内容書き出し)
http://kiikochan.blog136.fc2.com/blog-entry-2482.html
ふくしま集団疎開裁判文科省前抗議集会
広瀬隆氏の電話参加



チェルノブイリの事故後、福島の事故のはるか前から原発事故の怖さに気付いて警告を発し続けてきた広瀬氏の言葉です。

残念ながら、その声はいまだに政府や経済界には届いていません。
悲しいことに、多くの善良な国民の大半にすら届いていないのです。
どうか皆さん、目と耳と心を開いてほしい。
そして周りの人に呼びかけてほしいのです。





Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング

骨のあるジャーナリストや評論家たちは今の政治をどう見るか?

Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング
彼らも人間だ。
時には間違ったことも言うだろう。
刺のあることを言うかもしれない。
タレントじゃなければ、国民受けのする顔を持たず、または表情はしないかもしれない。

野球では3割バッターは一流と言われる。
サッカーではボールの支配率、シュート率、ゴール率はどのくらいで一流と言われるのだろう?
100%ではないはずだ。

そういう目で、そして自分と比較して、自分の意見に対する周囲の支持率と比較して、優しく柔軟な目と耳と態度で、彼らの意見を聴いてみよう。
きっと何か役に立つ意見も、知らなかった情報に「なるほど」と思うものもあるに違いない。

心の窓を狭くすると入ってくる風も少なくなる。
世間の景色も見え難くなる。
正しい指導者や正しい政治は、そういった我々の態度が作り上げるものだ。
今の政治がそうでないと言うなら、それは我々のこれまでの態度がそうしているのだ。



佐藤優 ザ・ボイス そこまで言うか! 2012年10月17日
-1

-2

-3

-4

-5

-6



Watch 佐藤優 ザ・ボイス 官僚の内幕 10.17



青山繁晴 ザ・ボイス そこまで言うか! 2012年10月18日
-1

-2

-3

-4

-5

-6



なぜ報じない?小沢氏ドイツ視察 by 岩上安身



消費税増税容認論に対する分かり易い反論が必要
http://uekusak.cocolog-nifty.com/blog/2012/10/post-4bdd.html


2012/10/15 後藤政志Ust「原発放射能拡散予測図の見方 / 事故は何故起きるか?」におけるTweetまとめ。
http://togetter.com/li/396027


20121026-1 報道するラジオ 「日本で原子力発電が成功した"原子力の日"」
【今日の特集①】きょうは、国が定めた「原子力の日」です。

2012年10月26日【金】報道するラジオ

http://www.youtube.com/watch?v=bg_48LOf_wk

日本で初めて原子力発電が成功したことを記念して定められました。
今年の「原子力の日」は金曜日になったことから、週末の官邸前など全国で行われている「反原発」デモは一層力が入っています。
しかし、こうした市民の声はいかされているのでしょうか?
今の政府の方針は不透明です。
そうしたことから、しっかりと脱原発への道筋をつけようという動きもあります。
上田崇順アナウンサーが取材しました。東京からの報告です。



原発をゼロにするために、火力発電所を新設する、あるいは再生可能エネルギーの開発のための時間、が必要という意見もあるが、原発をすべて停止しても消費電力は間に合うということも実証されてきた現在、そんな理由は成り立たない。


11月25日 「アーサー・ビナードさん講演会」
http://toda9jo.no-blog.jp/network/2012/10/post_b7af.html
蕨市の「わらび九条の会」が事務局として協同

日時:2012年11月25日(日)午後6時30分~
会場:蕨文化ホール「くるる」 (蕨駅西口徒歩2分)
会費:1,000円
主催:アーサー・ビナード講演会実行委員会(準備会)
「とだ九条の会」公式ホームページ
 http://www15.ocn.ne.jp/~toda9jo/


Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング

原発と政治 最新ニュースの雑感

Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング
20121024 タイムライン「"脱原発法の制定"の意義」 東京FM

脱原発法制定全国ネットワーク「原子力基本法で推進する原発をやめるには、脱原発を法制化するしかない」 上杉隆

東京電力福島第一原発事故以来、脱原発に向けた最も具体的な道筋が示されました。
8月22日、衆議院第一議員会館の国際会議室で「脱原発法制定全国ネットワーク設立」の記者会見が開かれました。
法案の具体的な内容について、代表世話人の河合弘之弁護士が、「2020年度から2025年度の間のなるべく早い時期に、日本の原発をすべて撤廃するという提案をします。¬このことにより、脱原発を国策として宣言し、かつ一定の年限をデッドラインに置いて、政策として具体的に一歩一歩、そしてなるべく早く踏みしめていかなければならない」と¬述べています。
「脱原発法の制定」の意義について考えます。



出来るだけ早く法制化すべきとは思うが、民主も自民も公明も、新しい維新も石原新党も、法制化には向かわないだろう。
彼等の政党を泡沫の弱小政党に追い込まなければならないが、、、難しそうだ。
とにかくデモや講演やラジオ報道、有名人の発言等で圧力をかけていくことも有効だと思う。
市民の運動も決して捨てたものではないのだ。

私には彼らの考え方が到底理解できないが、おそらく彼等にも私たちの脱原発の考え方を理解できないのだろう。
同じ日本人なのにね。

お互いに同じテーブルについて議論を尽くすことも必要だが、それが不利と感じる方が逃げ回ることになるだろう。
反原発の国民投票も良いが、あらゆる立場の人が集まった国民会議を、マスメディアや市民団体主催で繰り返し行えばもう少し理解し合えるだろうと思うのだが。
少なくとも理解するだけの土壌は作り上げることが出来るのではないだろうか。
何か新しいものを見つけたり作ったりすることが大事だと思う。



『「想定外」の罠 大震災と原発』 柳田邦男  文藝春秋
http://blog.goo.ne.jp/kachikachika/e/db831950909d83448f2ebdda4a0efd33
【抜粋】 ・・・・・「想定外」という表現は過去の失敗事例から学んでいないことの裏返しにすぎないことが一目瞭然となる。本書はあらためて「想定外の罠」を明確に指摘したといえる。

 「はじめに」において、著者は「問題は、専門家の想像力の欠如にある」と指摘している。
そして、重要な点を2つ指摘している。
(1)「事故は意表を突くような原因によって引き起こされることが多く、なぜ予想外のことがおきたのか、という本質的なところを読み取らないと、次には再びとんでもないところでシステムにほころびが生じる」
(2)「スリーマイル島原発事故の調査報告書で極めて重視された原発事故の場合の放射能拡散と避難に関する情報の問題について、日本は行政も電力会社も教訓を全く活かさなかった」という点だ。・・・・・

識者の間では何度も繰り返し言われてきたことだが、それでもなお、反省も改善も見られないのはなぜか?
それほどに金と権力に目が眩んでいるのか?



柏崎刈羽原発:使用済み燃料集合体で異常
http://mainichi.jp/select/news/20121020k0000m040074000c.html
先日もブログに書いたが、これは異常すぎる。
早急に正確な状況を確認し、原因を突き止めてほしい。

【抜粋】 東京電力柏崎刈羽原発(新潟県)で、5号機の使用済み核燃料プールに保管されていた燃料集合体(長さ約4.5メートル)のうち、2体で内部の部品が曲がっているのが見つかった。

原子力規制委員会は19日、東電に原因究明を求める指示文書を提出した。規制委の更田豊志委員はこの日の臨時会で「極めて奇怪だ」と問題視した。

 5号機は定期検査中。
東電によると、16日に燃料集合体を点検したところ、中心部に設置されている棒状の「ウオーターロッド」(直径3.4センチ)と呼ばれる部品が曲がっているのが見つかった。
この部品は合金(ジルカロイ)製で、内部に水を通して中性子を吸収する役割がある。
東電は、周辺の放射線量などには変化はないとしている。

 別の燃料集合体では、本来入るはずのない綿状の異物(長さ3〜4ミリ、直径1ミリ程度)が引っかかっているのが見つかった。【中西拓司】



院長の独り言 降雨とともに急上昇する環境放射能 2012年10月23日
http://onodekita.sblo.jp/article/59468189.html
【抜粋】  昨晩の熊本はもの凄い雨が降りました。
9月までは雨が降ってもそれほどは線量は上昇しなかったのですが、北九州でガレキを燃やし始めてから、とんでもなく線量が上昇するようになりました。

ガレキ燃焼開始は9/17から。
それ以前の雨では、それほどの線量上昇は見られなかったのにもかかわらず17日以降に降った雨には明らかに線量が上がるようになってしまいました。

そして本日の雨は・・・

 雨が降っただけで、0.1uSv/hr近くまで上昇するようになってしまいました。
こんなことは今まではありません。
先日の藤田先生の勉強会では、北九州市のガレキ燃焼は、10年後に近隣の小学生で何か変化が出るのかも知れないなどと、悠長なことを話されていましたが、この雨での線量変化を見る限り、九州全体に放射能がまき散らされ、莫大な健康被害が出ることが容易に想像出来ます。・・・・・このような雨が降って作られた水に放射能が入っていないはずがありません。
これで、1億総被曝。奇形児の数もなにもかもフクシマと有意な差は出なくなるでしょう。
これこそ、環境省がエコチル検査で望んだ結果です。
さすが、日本の官庁、自己の防衛のためには素晴らしい仕事をしてくれます。・・・・・そして、このように広域ガレキ処理をしてくれたことに関して、女川の方が感謝してサンマを東京でおもてなし。・・・・・女川町の震災がれき6万トンを東京都が引き受けたことに感謝を込め、6万匹にした。
町などに復興支援に入ったボランティアら1300人が運営に協力。
収穫祭には約21万人が訪れた。

 女川のサンマ食べるべからずといっても、「風評被害」をまき散らしたカドで逮捕されかねませんが・・・このサンマを喜んで食べている人たちは、海洋汚染の現状を十分知っているのでしょうか?

 もちろん、頭と骨と内臓を取った可食部では、日本政府が保証している100Bq/kgを下回っているのでしょうけど。
まさか、内臓が美味だとか、細かい骨はカルシウムと考えて食べたりしていませんよね?

 震災ガレキを燃やしたお礼に、東北沖のサンマが来る。
まるで、「恩を仇で返す」ように感じるのは私だけでしょうか。

がれき処理に感謝 焼きそばに込めて2012年10月20日
 20日に始まるB級ご当地グルメの祭典「B―1グランプリ」。
今年の開催地となる北九州市には、全国の63団体が集まる。
東日本大震災で大きな被害を受けた宮城県石巻市の団体もそのうちの一つ。
山積するがれきの広域処理を引き受けた北九州市に、石巻の団体は感謝の気持ちを込めて腕をふるう。
 16日夜、石巻市の焼き鳥屋の個室。
「石巻茶色い焼きそばアカデミー」の役員5人が、当日の役割分担や配置を確認していた。
1時間余りの会議の終わりに、事務局長の木村均さん(53)がぽつりと漏らした。
 「北九州に着いたら、私らどんな感じになるんやろうか」
 北九州市ではがれき受け入れに反対の声が根強く、反対派に逮捕者が出るほどの激しい抗議行動があったことを知っていたからだ。・・・・・会長の柳橋哲也さん(35)は「受け入れ先がない中、引き受けてくれたからこそ、うれしかった。感謝としか言いようがない」。
ただ、「自分が逆の立場なら反対かもしれない。反対する人の気持ちは分かります」とも話す。・・・・・がれき受け入れに反対する北九州市の人に反発されるかもしれないという心配は消えない。だが、木村さんは仲間らにこう話した。
 「お客さんに『ありがとうございます』と言う時は、ボランティアなどで受けた支援やがれきを引き受けてくれた感謝の気持ちを込めて頭を下げ、もてなそう」。(菊池文隆)

 このような記事を平気で書くのが、現在の日本のマスコミです。
1日処理が早くなった見返りがこの放射能雨。
石巻の住民はどうやってこの責任を取ってくれるのでしょうか。
被害者が、加害者になり、そして、九州の住民の感情を逆なでする発言まで。
我々は石巻の住民を排除しているのではありません。
放射能汚染されたガレキを持ってくるなといっているだけです。
このような記事を読みますと、本当に腹が立ちます

やはり、大勢の人が心配していたことが起きつつある。
日本全国に放射能汚染が広がっているのだ。
これを止めたり消滅させるには、気が遠くなるほどの年月を要するに違いない。
この状況に対して、そして今後起きるであるだろう健康被害に対して、責任など取れる人間がいるわけがない。
被害が大きくなればなるほど、だ。
後世に向けてさほど良い影響がある訳ではないが、戦争犯罪裁判のように、政治責任者を裁くのが精一杯のことだろう。

そうすることをあらかじめ法律で定めておくことが抑制力になるかどうかだが、、、。



小沢氏、脱原発アピール
http://jp.wsj.com/Japan/Politics/node_536132
【抜粋】 新党「国民の生活が第一」は25日、都内で結党記念パーティーを開いた。
小沢一郎代表はあいさつで「日本で期限を区切って脱原発を政策として打ち出しているのはわれわれだけだ」と述べ、脱原発への積極的な取り組みをアピールした。[管理人注:ウソと誤魔化しだらけの政策なら「日本維新の会」も「民主党」も打ち出してはいるが、、、。] [時事通信社]


小沢代表、増税凍結と脱原発訴え 生活が結党パーティー
http://www.hokkaido-np.co.jp/news/politics/414497.html
【抜粋】 新党「国民の生活が第一」の小沢一郎代表は25日、都内のホテルで開いた結党記念パーティーであいさつし、次期衆院選に向けて消費税増税の凍結と脱原発を訴えていく考えを示した。
「国民に約束していない消費税増税は凍結しなければならない。
原発ゼロも実現する」と述べた。
 同時に「あと10カ月以内に衆院選がある。国民の命と暮らしを守り、震災復興ができるのか、大きな節目の選挙だ」と強調した。・・・・

「国民の生活が第一」に関する記事は、いずれも地方紙や小さな通信社が小さく取り扱っているだけというのも奇妙な話だ。
日本の大マスコミの姿勢がうかがわれる。



往生際が悪い野田佳彦首相はじめ民主党衆院議員244人は、即刻、衆院議員をお辞めなさい
http://blog.goo.ne.jp/itagaki-eiken/e/4733ec211223aa637ee4565bd02cc461
【抜粋】 それにしても、ひどすぎる。
野田佳彦首相はじめ民主党衆院議員244人は、国政を停滞させたままだ。
何と、これを野党自民党と公明党に責任転嫁して憚らない。
国政を前に進める第1の責任は、与党にある。
国会を召集する実質的権限が内閣にあるからである。
天皇陛下の国事行為の1つである憲法第7条3項「国会を召集すること」は、「内閣の助言と承認により」行われる。
野党は、逆立ちをしても国会を召集する実質的権限を行使することはできない。
だから、いかなる理由があろうとも、国政の遅滞を野党に転嫁転することはできない。
従って、この責任を果たせないのであれば、与党である資格はない。
即刻、政権を返上して、責任を果たせる政治集団に委ねるのが、筋である。・・・・・

このような政治家、国会議員として基本中の基本を知らないのだろうか?
知っていながら無視しているのだろうか?
どちらにしても、国会議員の資格はない。
国会議員不信任案というのがないのであれば、内閣不信任案もやむを得ない。
正規の議員と正規の内閣で政治を司ってほしい。
ドロボーかやくざのような連中に、ただの一つも法律を作ってほしくないし、いかなる行政も執り行ってほしくない。



尖閣問題の引き金引いた石原氏が都知事を辞任―衆院選に出馬へ
http://jp.wsj.com/Japan/Politics/node_536371
石原慎太郎が国政に再出馬することによって、「消費税増税」「憲法改正」「原発推進」等のそれぞれの賛成、反対がはっきりした選挙戦になるだろう。
その結果、共食いになるか影が薄くなるかで不利益を被るのは、民自公のほか、日本維新の会などの保守系の各党だろう。

国民にとっては、政策がはっきり対立する選挙の方が分かり易くてよいのだが、、、、。
果たしてどこが勝利宣言できるのだろうか?



米国での大統領選報道を見て感じた
日本におけるマスメディア報道のレベルの低さ

http://diamond.jp/articles/-/26895
【抜粋】 今週前半に出張でニューヨークに滞在し、大統領選まで2週間というタイミングでの盛り上がりを肌で感じることができましたが、その中で日本との比較で気になったのは、マスメディアの報道がしっかりしていることです。

 例えばニューヨーク・タイムズは、大統領選の特集に毎日5ページ程度の紙面を割いていますが、そこの記事を読むと、非常にしっかりとした政策に関する議論が行われているのです。

 もちろんオバマとロムニーの間で激しい討論が行われていますが、米国のマスメディアは候補者の討論をただ報道するだけに止まらず、討論が不十分であった点について付加価値の高い問題提起や政策提言などを行っており、非常に読みがいのある記事をたくさん報道しています。

日本のマスコミには、多くの常識ある国民がそっぽを向いているし、本当のジャーナリズムは風前の灯火となっている。
国民の意識にもその原因があるのだと思うが。



8bitnews【ペイフォワード環境情報教室】インターネットラジオ
本当に必要な環境情報について、良心ある専門家が解説し、提言します。

福島第一原発の一号機への窒素注入と現状、廃炉へ向けた協力体制の提言





Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング

嘗て世界の注目の的だった、日本の精神世界は今いずこへ

Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング
男女平等、日本101位
http://www.nikkansports.com/general/news/f-gn-tp1-20121024-1036836.html
【抜粋】 ダボス会議で知られるスイスのシンクタンク、世界経済フォーラムは24日、2012年版の「男女格差報告」を発表、日本は調査対象となった135カ国中101位となり、前年より順位を三つ下げた。順位低下は2年連続・・・・・男女格差報告は各国の女性の地位を、経済、教育、政治、健康の4分野で分析し数値化している。(共同)

どうも日本人というのは自分が優位であることに強い拘りを持つ民族のようで、昔から様々な差別意識を持っているように思える。
これはあえて言うなら精神性の貧しさのバロメーターとも言えるかもしれない。

江戸時代の「士農工商」の身分制度は、それ以前の感覚を制度化したものであり、最も下位の商人の自尊心を守るために、さらに「非人」などという言葉も生まれている。

アジアの近隣諸国の民族への差別、先住民族への差別、現代では沖縄への差別も無意識のうちにされているのが実に悲しい。

近代までは科学技術や芸術の表現力、軍事力の強さなどで文明諸国を分類してきたが、今後はこのような精神性の評価から、文明国の仲間から脱落して行くことになるかもしれない。
精神の発達高揚の遅れから、精神文明の後進国だと言われるようになるだろう。

ただしこう言うと、「制度を変えろ」と、やたら制度だけを弄繰り回したがるが、心が変わらなければ、制度だけ変えても何も変わらないのだ。
「いじめ」問題に発する教育制度改革も全く同じで、社会全体の精神構造を変えていく努力をしなければ意味がない。



3・11以降、激しくなった税金の乱費と八ッ場ダム 青山貞一 E-wave
2012年10月14日群馬県高崎市において開催された八ッ場ダム関連講演会のノーカット収録
演題は「3・11以降、激しくなった税金の乱費~復旧、復興事業、 八ッ場ダムを事例に~」、主催者はSTOP 八ッ場ダム 市民ネットです。
講演者は青山貞一(東京都市大学名誉教授、環境総合研究所顧問、環境行政改革フォーラム代表)。




野田佳彦までトラストミー
http://mijinco.blog.shinobi.jp/Entry/5164/
【抜粋】 詐欺師や嘘の常習犯の常套句が「自分を信じて欲しい」だ。
実際には絶対に約束を守らない者の時間稼ぎにしか過ぎないのが「信じて欲しい」なのは皆さんもよくご存知のとおり。

________________________________________
首相は解散時期明示せず、3党首会談物別れ(YOMIURI ONLINE)
一部抜粋:
 会談で首相は、8月に谷垣禎一・前自民党総裁、山口氏と合意した「近いうち」の衆院解散について、「大変重たい確認事項であり、責任は十分自覚している」と述べた。
「だらだらと延命を図るつもりはない。条件が整えば、きちっと自分の判断をしたい。自分を信じてほしい」とも強調した。
________________________________________

出た!トラストミー!

鳩山由紀夫もこの野田佳彦も散々約束を反故にしておいて最後に言う台詞がコレ。
1万歩譲っても野田佳彦の「自分を信じて」を受け入れることは不可能だ。[管理人注:確かに、約束を守れない、守る気がないからこういうことを言うのだ]

思えば「近いうちに」とナマズみたいに太ったドジョウが約束したのは8月8日のフジテレビの日という不吉な日だった。
あの真夏の約束から肌寒くなりもうすぐ冬を迎えようとしている。
近いうちと約束した解散は長く見ても11月には行うのが筋だったはずだ。
もうすぐ11月だというのにその気配すら無い。
実際、今や年内解散すらも予算通しや選挙準備を考えても日程的に厳しいだろう。
そう野田佳彦は国民を人質にして解散を渋り自己の延命を図っているに過ぎないのだ。
なんという下劣な首相なのだろう。

「煮ても焼いても食えない奴」とはこういう奴のことで、ドジョウ以下だろう。
二度と国会に送り込んではいけない。
一度人を騙して味をしめた奴は何度でも騙せると考えるものだ。



活断層の定義 大幅厳格化 40万年内 規制委指針 大飯原発調査へ
http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2012102402000136.html
【抜粋】 原子力規制委員会の地震分野を担当する島崎邦彦委員長代理は23日、原発に適用されてきた活断層の定義を大幅に厳格化する考えを示した。
現行の原発の耐震設計指針では、12万~13万年前以降に動いた断層を活断層と定義。
その上には原発を建てないことになっているが、40万年前以降にまでさかのぼって動いていないことを求める。

 規制委が来春までに策定する安全基準原案に盛り込み、規制は大幅強化される見通し。

 規制委は、直下や直近に活断層があると指摘されている関西電力大飯原発(福井県)や北陸電力志賀原発(石川県)などを自ら調査する予定で、この際、指針改正を待たず、40万年前以降に動いたかどうかを重視して調べる。
もし動いたことが確認され、活断層だと判断されれば、規制委は運転停止を命じる見通し。
改正後は、現段階で活断層が問題になっていない原発にも影響が及ぶ。

 島崎氏は同日に開かれた大飯原発調査チームの事前会合で「活断層の定義だが、原発の耐震設計審査指針では(12万~13万年前の)後期更新世に動いた断層といきなり出てくる」と現行指針を問題視。

 国の地震調査研究推進本部は2010年11月、40万年を目安に活断層を長期評価するという報告書を出しており、規制委もこの方針に足並みをそろえる。
島崎氏は会合後の記者会見で「従来の指針類は尊重するが、金科玉条ではない」と述べた。

 規制委は有識者のチームで両原発に加え、東北電力東通(青森県)、関電美浜(福井県)、日本原電敦賀(同)の三原発と、日本原子力研究開発機構の高速増殖原型炉「もんじゅ」を調査する。

いつ起きるかも分からない自然災害の過去の実績については、できる限り古く遡るのが妥当であろう。
福島事故後に盛んに言われた「想定外」などという言い訳もおかしいし、自分たちの無知、無策を現わすだけだ。
運用についても、抜け道を許さない厳密な対応が望まれる。



全国メディアはなぜ報道しない?「燃料棒変形か、柏崎原発5号機 原子力規制委で指摘」
http://www.niigata-nippo.co.jp/news/pref/41216.html
【抜粋】 東京電力柏崎刈羽原発5号機の使用済み燃料プール内の燃料集合体2体で中心部の通水管が変形していた問題で、管の周囲にある燃料棒も変形している可能性があることが19日、分かった。
同日の原子力規制委員会会合で原子力工学が専門の更田豊志委員が指摘した。

 規制委はこの問題を「これまでに例のない事象」として重視。
原因究明に向けた調査計画などを26日までに報告するよう東電に指示した。

マスゴミと言われ続ける大手メディアは、自己改革する意思は全く無しか?
原子力ムラの広告塔、使い走りに成り下がったままだ。



最後におすすめ  悪い意味とは限らず要注意人物として
最近特に頻繁に公に顔を出し発言している人たちで、その意見に注視し冷静に分析評価すべきと思われるのが以下の人たち。
大マスコミでは取り上げない問題の多くを分析し語っているのだ。

個人的にはあまり好きでない人もいるが、そんなことでシャットアウトせずに、ぜひその話に耳を傾け、自分の頭で考え評価していただきたいものだ。

岸博幸、岩上安身、伊藤惇夫、藤井聡、古賀茂明、孫崎享、長谷川幸洋、佐藤優、青山貞一、二木啓孝、後藤政志、小出裕章、アーサー・ビナード、鈴木邦男(敬称略)だ。

もちろん他にも有益な発言をしている論客が大勢いるが、そしてそれぞれに反論したくなるような内容もあるが、心の幅を広げ、視野を広め、知識を得るためにも比較しながら聞いてみるのもいいことと思う。



Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング
特別拡散バナー


奇跡の母子犬
ひまわり/動物達の未来のために
生き物の命の重さに差があるでしょうか?
その重さは計れるでしょうか?

上質なサイトのリンク
お勧めサイトのリンク
ツィッター・タイムライン
最新コメント
最新トラックバック
スポンサードリンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。