プロフィール

半覚才

地球の過去と今と未来を見つめる3匹
のスペースキャッツ

Author:半覚才
自然とともに生きる、生き物が好き!
ホームページ「川越を遊ぶ」

そのニュースは本当か?
報道に疑問を!体制に批判を!権力の奴隷にはならない!

QR

ご意見・リンク等
★★★★★★★★★★★★★★★★
【ご意見・ご質問】
ご意見・ご質問はこちらからどうぞ。

また、回答を希望しないコメントは、コメント投稿蘭からお気軽にどうそ。


【Link Free】
転載、引用、リンクはご自由にどうぞ。 ただし、情報源は明示してください。

★★★★★★★★★★★★★★★★
最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
気になる地域の気になる情報
日本の原発

稼働状況と建設計画

気になる地域の現在の放射線量
気になる地域の天気情報


電力会社別の電力使用状況

地殻変動


-占い-

スポンサーサイト

Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング

原発0214-押しつけ・努力・制裁

Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング
四国電力は企業からの「買電」で「節電要請」なしの電力供給を行う
http://d.hatena.ne.jp/kojitaken/20110711/1310340364
電力会社の中で、四国電力だけが孤軍奮闘か?
多くの電力会社が東電の意志に従って「右へ倣え」をしているのに、なぜ四国電力だけが単独で行動できるのか?
いや、なぜ他の電力会社がこうできないのか?

〔原発マネー〕東京新聞への「経済制裁」「経済封鎖」が始まった可能性
@xxcalmotetsuya kawamoto 
仕事の合間に7/10の東京新聞を手にして驚いた。企業広告を見渡してみて、大手企業のものが一社もないのである。あるのは小さな企業の広告と、出版会社のものばかり。読売が経団連会長・米倉氏の古巣の住化含む、主要化学メーカーの合同見開き広告を出したりするのと大違いだ。
各新聞の広告料には格差があり、朝日が対効果ゆえ高額などといわれていた。東京新聞がさほどでないことはわかる。ただ、大手企業がひとつもないこの広告内容は異様だ。反原発路線ゆえ、原発依存を旨とする主要大企業からの出稿制限がかかっていることが容易にみてとれる。
東京新聞は、新聞経営のいちばんの泣き所を責められてるんじゃないのか。もしそうとすれば、メディアの良心を発揮して、ここは何とか持ちこたえてほしい。
件の東京新聞7/10の広告だけど、出版広告除けば自社の旅行企画、静岡茶(‥)、関学の講座(えらい)、ボリショイサーカス、幸福の科学(何でや)、印鑑、抒情歌CD、道志温泉、青梅の料理屋さん、無名の男性カツラ屋、お葬式屋さん、んで、全面広告は災害に強いカメヤマローソクだっ。

@yu_miri_0622柳美里
金を行動の動機とし、金を思考の尺度とする人がいてもよかろう。しかし、その動機や尺度を他人に押し付けるな。「原発」は、金による不平等を顕在化し、拡散させる。金の本来の姿は、得られるときもあれば失うときもあるという流動的なものだ。「原発マネー」は不平等を固定化し、差別を生む。
「原発」は、私の「生き方」に益しないばかりか、私の「生き方」を決定的に損ない傷つけ害する。ゆえに、絶対に許容できない。

ミラクルすぎる替え歌!あの「情熱の薔薇」を原発テーマで。
http://blog.livedoor.jp/amenohimoharenohimo/archives/65750101.html


原発がやっかいなのは危険確率ではなく誰も責任がとれないこと
http://ohnishi.livedoor.biz/archives/51268839.html
全くその通りですね。
事故死などの重大事故が起きる確率は少なかったかもしれないが、多くの既存原発が老朽化し、さらに地震の頻度が格段に増えてきた昨今では、事故の確率は大きくなって来たと言えるでしょう。
そして重大事故が起こった時には、その被害が甚大すぎて誰にも責任はとれない。
結局、増税や電気料値上げで、その負担は国民に掛かってくる。
これは理不尽ですね。

原発の恐怖はこれからだ。
http://takejj.jugem.jp/?eid=1741
とにかく、口先だけで詭弁を弄し、国民のことなんかまったく考えない政治家たちは、しっかりと覚えておかなければいけない。

このままでは再生できぬ/古賀茂明さん(経済産業省大臣官房付)
http://blog.goo.ne.jp/harumi-s_2005/e/5097ee3fe2c3d8dc37c0893c461c39cb
さすがに、冷静沈着な観察眼ですね。

原子力が怖いのは、稼働中の事故だけ?
http://sachiko-fujikawa.cocolog-nifty.com/blog/2011/07/post-c902.html
柏市の焼却場で燃やした大量の放射性物質が混じった可燃ごみ、国から捨ててはいけないと言われたそうですが、保管するにしても専用の保管場所がなく、その辺に他の灰と一緒に置いておくだけ。
それも2か月ほどで満杯になるとか。
それを運んだり積んだりする作業員の被曝はどうなるのでしょうか?
世界中どの国も、放射性廃棄物の処理に手を焼いていて、名案が無い状態です。
厳しい安全基準をクリアするためのコストが商業ベースに乗らないから、原発事業から撤退しています。
なぜ、日本だけが推進するのでしょうか?
日本の原発事業は、コストが掛かれば掛かるほどもうかる仕組みになっているからです。
そして、星の数ほどある下請け、孫請けの企業もそれで成り立っています。
全て政府の援助と、国民が支払う世界一高い電気料で賄っているのです。


関連記事
スポンサーサイト
Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング

COMMENT

非公開コメント

特別拡散バナー


奇跡の母子犬
ひまわり/動物達の未来のために
生き物の命の重さに差があるでしょうか?
その重さは計れるでしょうか?

上質なサイトのリンク
お勧めサイトのリンク
ツィッター・タイムライン
最新コメント
最新トラックバック
スポンサードリンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。