プロフィール

半覚才

地球の過去と今と未来を見つめる3匹
のスペースキャッツ

Author:半覚才
自然とともに生きる、生き物が好き!
ホームページ「川越を遊ぶ」

そのニュースは本当か?
報道に疑問を!体制に批判を!権力の奴隷にはならない!

QR

ご意見・リンク等
★★★★★★★★★★★★★★★★
【ご意見・ご質問】
ご意見・ご質問はこちらからどうぞ。

また、回答を希望しないコメントは、コメント投稿蘭からお気軽にどうそ。


【Link Free】
転載、引用、リンクはご自由にどうぞ。 ただし、情報源は明示してください。

★★★★★★★★★★★★★★★★
最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
気になる地域の気になる情報
日本の原発

稼働状況と建設計画

気になる地域の現在の放射線量
気になる地域の天気情報


電力会社別の電力使用状況

地殻変動


-占い-

スポンサーサイト

Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング

原発0239-想定

Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング
いわき、子供の被ばくに独自基準 福島県内で初
http://www.47news.jp/CN/201107/CN2011072501000827.html
国のいい加減な基準値を当てにするより、地域ごとに住民が納得し安心できる基準値を設定した方がいい。
他の地域もぜひそうしてほしい。
特に子供が近づく学校敷地などは厳しめの基準値が必要だ。

敦賀2号機、燃料棒に微小な穴か 放射濃度上昇の原因
http://www.47news.jp/CN/201107/CN2011072501000850.html
原因はいろいろあって当然だが、これほど頻繁に事故が起きるのに安全とはいかに?
多分、すべて「想定外」ということになるのだろうが。

高木仁三郎 福島第一は想定内の事故、世界中の科学者の力を借りるでしょう
http://blogs.yahoo.co.jp/satomikimuraoffice/26355481.html
高木は1976年に、福島第一原発にも使われているGE社の原子炉には設計段階の欠陥があるという海外の論文を紹介し、原子力技術の危険性を指摘していました。スリーマイル事故(1979年)が起きる前の話です。このまま稼動すれば必ず深刻な事故が起きるだろうという警告も発していました。高木にとっては、今回の福島第一原発の事故は、まさしく「想定内」だったのです。・・・・・・・

心に響く本-高木仁三郎氏の本
http://kamenoashioto.blog52.fc2.com/blog-entry-484.html

中部電力、浜岡原子力発電所の津波対策で防波壁を18mに
http://eco.nikkeibp.co.jp/article/news/20110725/106990/
津波に対する対策が主体のようだが、果たしてそれで十分だろうか?
ある特定の災害や事故だけを想定して対策するから、それ以外の原因の事故が起こると「想定外」ということになるのではないか?
その失敗だけに目を向けることが、経験を活かすということではないはず。



関連記事
スポンサーサイト
Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング

COMMENT

非公開コメント

特別拡散バナー


奇跡の母子犬
ひまわり/動物達の未来のために
生き物の命の重さに差があるでしょうか?
その重さは計れるでしょうか?

上質なサイトのリンク
お勧めサイトのリンク
ツィッター・タイムライン
最新コメント
最新トラックバック
スポンサードリンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。