プロフィール

半覚才

地球の過去と今と未来を見つめる3匹
のスペースキャッツ

Author:半覚才
自然とともに生きる、生き物が好き!
ホームページ「川越を遊ぶ」

そのニュースは本当か?
報道に疑問を!体制に批判を!権力の奴隷にはならない!

QR

ご意見・リンク等
★★★★★★★★★★★★★★★★
【ご意見・ご質問】
ご意見・ご質問はこちらからどうぞ。

また、回答を希望しないコメントは、コメント投稿蘭からお気軽にどうそ。


【Link Free】
転載、引用、リンクはご自由にどうぞ。 ただし、情報源は明示してください。

★★★★★★★★★★★★★★★★
最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
気になる地域の気になる情報
日本の原発

稼働状況と建設計画

気になる地域の現在の放射線量
気になる地域の天気情報


電力会社別の電力使用状況

地殻変動


-占い-

スポンサーサイト

Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング

原発0245-柔軟と頑固、そして非道

Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング
過去の主張と変わってしまう人は大勢いる。
それを取り上げて信頼出来ない人物と決めつける人もいる。
しかし、冷静になって考えてみてほしい。
新たな情報が伝えられ、状況が変わっていっても、自分の主張の誤りに気がついても、どんなことがあっても自分の主張を変えないことがほんとに正しいことなのだろうか?
我々は幼い時から原子力はクリーンで安全なものと教えられ信じてきた。
鉄腕アトムを見て原子力にあこがれを抱いたものだ。
でも、今は違う。
そして原子力の素晴らしさに、同じように憧れを持って学問に入った研究者たちだって同じでないだろうか?
原子力の危険に気がついても、まだなお安全を主張する学者が正しいと言えるのか?
ホントの心の底は誰にも分からない。
しかし、誰が発言しようが、正しい意見はあくまで正しく、誤った意見はどう取り繕おうと誤っているのだ。

【転載】 [武田邦彦] 困った!
http://ameblo.jp/thurianmonthong/entry-10962611225.html
武田教授については好き嫌いもあったり、過去の言動との比較から信頼できないと指摘する人もいたりで賛否両論であるが、うがった見方、深い読みもあるので参考にはなると思う。

古賀茂明の官僚の責任
「官僚の責任」新書版:古賀茂明著

http://richdad.blog.ocn.ne.jp/blog/2011/07/post_49fc.html

古賀茂明さんを応援したい
http://agilemind.biz/?p=485
この人、わが身だけのことを考えるなら、頭脳明晰で才能ありどこで何をやってもいけそうだが、身を捨てても権力に抵抗して世の不正を糺そうとしているように見える。
今の世の中には少なくなった人種で、特に政治家の中には探し出すのが大変なくらいだ。
気力が続く限り、ぜひ頑張ってほしい。
無能な自分には、こうしてエールを送ることくらいしかできないが。

7月25日 瓦礫で発電するバイオマス発電について 小出裕章(MBS)
http://hiroakikoide.wordpress.com/2011/07/26/tanemaki-jul-25/


【京大原子炉実験所:今中哲二】ルノブイリ20 年:事故の経過、汚染、被曝、影響
http://blog.livedoor.jp/wisteriabook/archives/3958433.html

福島原発事故による被害補償と費用負担
高木仁三郎市民科学基金助成の研究・研修

代表:大島堅一氏 助成金:30万円
東電が各所、各学者に助成している額とは桁が何ケタも違うけど。
http://www.takagifund.org/archives2/detail.php?id=184

【速報】大臣がオープン会談を拒否!密室会談の内容は?クビ宣告「古賀茂明」VS「海江田経産大臣」直接対決のゆくえ
http://www.excite.co.jp/News/net_clm/20110727/Getnews_131950.html
海江田のようなタイプの人間は、オープンで会談する勇気がないと思う。
端的に言えば狡いのだ。


関連記事
スポンサーサイト
Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング

COMMENT

非公開コメント

特別拡散バナー


奇跡の母子犬
ひまわり/動物達の未来のために
生き物の命の重さに差があるでしょうか?
その重さは計れるでしょうか?

上質なサイトのリンク
お勧めサイトのリンク
ツィッター・タイムライン
最新コメント
最新トラックバック
スポンサードリンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。