プロフィール

半覚才

地球の過去と今と未来を見つめる3匹
のスペースキャッツ

Author:半覚才
自然とともに生きる、生き物が好き!
ホームページ「川越を遊ぶ」

そのニュースは本当か?
報道に疑問を!体制に批判を!権力の奴隷にはならない!

QR

ご意見・リンク等
★★★★★★★★★★★★★★★★
【ご意見・ご質問】
ご意見・ご質問はこちらからどうぞ。

また、回答を希望しないコメントは、コメント投稿蘭からお気軽にどうそ。


【Link Free】
転載、引用、リンクはご自由にどうぞ。 ただし、情報源は明示してください。

★★★★★★★★★★★★★★★★
最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
気になる地域の気になる情報
日本の原発

稼働状況と建設計画

気になる地域の現在の放射線量
気になる地域の天気情報


電力会社別の電力使用状況

地殻変動


-占い-

スポンサーサイト

Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング

原発0265-さらなる危険へ進もうとしている日本

Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング
原子力予算 10年で4.5兆円 4割が地元対策に
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2011081490071218.html
ここでも電力会社の手口が明確に。
そして税金の無駄遣いと国民への負担増が明るみに。
全てが原発を推進するが故の結果だ。

大連立どうする?民主代表選、政権枠組み争点に
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20110813-OYT1T00944.htm?from=top
民主党を選択した国民は、大連立なんて望んでいないのに。
もちろん、自民党も受け入れていない。
野田という人物は何を考えているのか?
最も安易で危険な道を選ぼうとしている。

<セシウム汚染>コメ検査30都府県で 「自主」西日本でも
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110814-00000003-mai-soci
国のやることは信頼できないし、対応が遅いからな。
いい恰好しいの女性のことばかり考えている何とか大臣は何してる?
とにかく検査もしない、公表もしない所の米も野菜も海産物も買えない。
国内に買うものがなければ、輸入品を買うしかない。
自国産の食品を安心して口にできない国は、先進国にはないと思うが。

【放射能】約3ヶ月ぶりの8月5日に都内の降下物でセシウム検出、8月11日に大阪の大気中からもセシウム検出
http://savechild.net/archives/7043.html
今時、健康に害はないと言っているのは産経くらいだろう。
福島原発から放出される放射性物質の量は1日あたり240億ベクレルとのことだったので、まだ天気や気象条件などによっては、検出されるレベルで降下するとも言われているのに、どこが安全なのか?

加工食品の問い合わせまとめ②(Facebook「福島第一原発を考えます」より)
http://blog.goo.ne.jp/nagaikenji20070927/e/b28a173a8de006ced650202abbdb1e17
大いに参考になると思います。

原木ナメコが基準値超える 相馬で4600ベクレル
http://www.minyu-net.com/news/news/0813/news7.html

マヤーク核施設 その2 被曝の影響 次世代にも
http://satehate.exblog.jp/16720993/
いずれ数年後から数十年後の日本もこうなる危険が高い。
この事実を日本の国民は知らないのか?
こういった情報に耳をふさごうとしているのか?
マスコミは本来の役割を忘れたのか?

「泊原発3号機・検査結果は真っ赤な改ざんです。」と検査官の下請けさんが内部告発。
http://blog.goo.ne.jp/uhi36845-002/e/76972e1cc28588f7d60959a4b1e479df
もともと原発の安全性は重視されていなかったのか?
安全管理のチェック機能は、全く働いていなかった。

メカニズム「東海」同様か 12日の遠州灘M5.2(8/13 09:32)
http://www.at-s.com/news/detail/100052773.html
いよいよ東海、関東大地震の恐れが現実化してきたのか?
このまま、怖れだけで終わってくれたらと願うが、そうはいかないのが自然の営みなのだろう。


関連記事
スポンサーサイト
Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング

COMMENT

非公開コメント

特別拡散バナー


奇跡の母子犬
ひまわり/動物達の未来のために
生き物の命の重さに差があるでしょうか?
その重さは計れるでしょうか?

上質なサイトのリンク
お勧めサイトのリンク
ツィッター・タイムライン
最新コメント
最新トラックバック
スポンサードリンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。