プロフィール

半覚才

地球の過去と今と未来を見つめる3匹
のスペースキャッツ

Author:半覚才
自然とともに生きる、生き物が好き!
ホームページ「川越を遊ぶ」

そのニュースは本当か?
報道に疑問を!体制に批判を!権力の奴隷にはならない!

QR

ご意見・リンク等
★★★★★★★★★★★★★★★★
【ご意見・ご質問】
ご意見・ご質問はこちらからどうぞ。

また、回答を希望しないコメントは、コメント投稿蘭からお気軽にどうそ。


【Link Free】
転載、引用、リンクはご自由にどうぞ。 ただし、情報源は明示してください。

★★★★★★★★★★★★★★★★
最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
気になる地域の気になる情報
日本の原発

稼働状況と建設計画

気になる地域の現在の放射線量
気になる地域の天気情報


電力会社別の電力使用状況

地殻変動


-占い-

スポンサーサイト

Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング

原発0269-あぁ、大きな勘違い

Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング
原子力学者の責任感問う 調査委に前代未聞の声明を批判する

 原子力の理論や原発の設計・製造・運転などにかかわっている研究者や技術者たちの
日本原子力学会が7月7日、東京電力福島第一原発の事故原因調査の進め方についての
声明を発表した。福島原発事故の原因究明は、菅内閣が行政機関から独立した臨時の第
三者機関として設置した「事故調査・検証委員会」(委員長・畑村洋太郎東大名誉教授)
が進めている。声明は事故調査・検証委員会に対する要望を述べたものだ。要望とは
「現場で運転、連絡調整に従事した関係者はもとより、事故炉の設計・建設・審査・検
査等に関与した個人にたいする責任追及を目的としないという立場を明確にすること」
を求めるというのである。
 日本原子力学会は原子力工学者はもとより、行政や電力会社の技術者も入っている。
調査の対象者がいる団体である。そういう調査される側の団体が調査機関に対し、調査
方法について一定の枠組みを要請するというのは、前代未聞のことである。何を恐れて
いるのだろうか。
 奇妙なことに、日本原子力学会の声明は、電力会社と行政(規制当局)の組織要因、
背景要因を明らかにすることこそ重要だと強調して、自分たち学者・研究者のかかわり
についてはひと言も触れていないのだ。
 この学会とは別に、原発推進にかかわった学者らの有志16人が、3月30日に国民
に対する深い陳謝の意を表明し、事故炉を抑えこむ緊急の具体策を提言した姿勢と比べ、
何という違いか。もし原子力学会の指導的立場の学者たちに、放射能汚染で家も町も仕
事も田畑も家畜も放擲して避難を余儀なくされた被災者たちの悲惨を想像できる感性が
あるならば、責任解明のために自分たちがやってきたことを率直にしゃべろうという声
明こそ出すべきではないか。
       (ノンフィクション作家柳田邦夫 8月8日付デイリー東北より抜粋)
たんぽぽ舎のメルマガより抜粋

福島第一原発敷地内で「地割れ、水蒸気が噴出している」情報。再爆発の懸念も。
http://blog.goo.ne.jp/nagaikenji20070927/e/26ea73eff5b8b8d698d21dc57d1b10ba
このふくいちカメラが一時期故障とやらで止まっていたことがあるけど、関係があるのかな?

泊原発3号機、北海道知事16日営業運転容認へ
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20110815-OYT1T00654.htm
この北海道知事は相当の恥知らずで無知だと思うけど、これを選んだのは道民だからその道民は仕方ない。
だけど関係ない他の県民たちはどうしたらいいの?
泊原発に何か起きたら、道内だけの問題にとどまらないのだ。
こんなバカな知事に、私たちの命を預けなければならないのか?

2011/8/2 CNIC Ust 後藤政志氏解説 格納容器耐性評価 46分
http://vimeo.com/27324195

2011/8/2 CNIC Ust 後藤政志氏解説 格納容器耐性評価 46分 from CNIC on Vimeo.




「古賀茂明氏」を総理大臣補佐官にすればよい:渡辺喜美氏
http://ameblo.jp/potidorasu/entry-10972154824.html
有能な人材を隅に追いやり、無能な人間を重用する。
消えゆく権力の典型的な姿だ。

個人の問題のみに終わらず、世界の歴史は高潔な精神を持った民族をことごとく征服し排除してきたのだ。
日本の身近で言えば、アイヌ民族や熊襲民族であり、アメリカ大陸ではインデアンを始めとするネイティブアメリカンたち、そしてヨーロッパで言えばアフリカ民族だ。
もちろん、カナダやアラスカ、中南米やオーストラリアなど、それぞれの大陸にはそれぞれの素晴らしい血を持った民族がいた。
いずれも地球そのものや自然を敬い感謝して生きてきた民族であり、高度な文化精神と知恵と力を持った民族だ。
この人々を追いやった時から、地球は(人類は)破滅への道を歩み始めたような気がする。
幻のアトランティックは、実は幻ではなかったのではないだろうか?

上杉隆ソコトコ「菅総理報道」8/3
http://www.youtube.com/watch?v=ySSHTqO1pJ8


100909川内博史議員01.flv 岩上安見インタビュー


大前研一氏 今後原発は地元の理解得られず「ジ・エンド」
http://www.news-postseven.com/archives/20110815_28153.html

【フクシマの住民は被曝】日本政府の原発事故対応について米NYタイムズが報道
http://www.challenged-info.com/news_v8C3SS44W.html

正義は誰に帰するか
http://athlon1hz.jugem.jp/?eid=1731

北海道・泊原発の活断層と3号機の検査記録の改ざん
http://kaleido11.blog111.fc2.com/blog-entry-778.html

執念もここまでくれば“お岩さん”、“阿部定”の世界か?


関連記事
スポンサーサイト
Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング

COMMENT

非公開コメント

特別拡散バナー


奇跡の母子犬
ひまわり/動物達の未来のために
生き物の命の重さに差があるでしょうか?
その重さは計れるでしょうか?

上質なサイトのリンク
お勧めサイトのリンク
ツィッター・タイムライン
最新コメント
最新トラックバック
スポンサードリンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。