プロフィール

半覚才

地球の過去と今と未来を見つめる3匹
のスペースキャッツ

Author:半覚才
自然とともに生きる、生き物が好き!
ホームページ「川越を遊ぶ」

そのニュースは本当か?
報道に疑問を!体制に批判を!権力の奴隷にはならない!

QR

ご意見・リンク等
★★★★★★★★★★★★★★★★
【ご意見・ご質問】
ご意見・ご質問はこちらからどうぞ。

また、回答を希望しないコメントは、コメント投稿蘭からお気軽にどうそ。


【Link Free】
転載、引用、リンクはご自由にどうぞ。 ただし、情報源は明示してください。

★★★★★★★★★★★★★★★★
最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
気になる地域の気になる情報
日本の原発

稼働状況と建設計画

気になる地域の現在の放射線量
気になる地域の天気情報


電力会社別の電力使用状況

地殻変動


-占い-

スポンサーサイト

Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング

これから国はどこへ向かうのか?

Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング
8都県に中間貯蔵施設 除染「年1ミリシーベルト以上」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111012-00000091-san-soci
<放射性物質>進まぬ除染、道険し 雨のたび山から汚染土砂
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111011-00000021-mai-soci
地元の不安にこたえて、「年1ミリシーベルト以上」の除染は国の責任で行うと言ったのはいいが、何がなんでも実現しなければ、また大ウソつきになりますよ。
いずれにしても、事故の収拾や被災地の復興はとても困難なのは最初から分かっているのです。
全力を傾けてほしい。

「LNG火力」石狩湾新港に 北電
http://mytown.asahi.com/hokkaido/news.php?k_id=01000001110120001
やろうと思えばできるじゃないの。
安全面でも、コスト面でも、維持管理の容易さでも、原発より格段に優位にあるはずです。
それでもまだ原発に未練を残すのはなぜでしょうか?

111006肥田舜太郎氏インタビュー

この悲惨な事実を知ってほしい。
他人事ではなく、いつわが身に起こるか分からないのです。


年金支給年齢上げ議論 「前倒し」「68歳」に反発
http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/news/CK2011101202000041.html
不景気の上に大災害が重なって、失業率がどんどん悪化しているというのに。
60歳以上の人の働き場所はきわめて少なくなっているのに。
今まで老後のために払い続けてきた年金が、仕事も収入も無くなっても支給されないのは詐欺と同じです。
利権に群がる政財界と、官僚だけがぬくぬくとした生活を送り、さらに増税して税金をつぎ込む。
無駄の削減はほとんどなし。
これでいいのか、日本!と言いたくなります。
増税や年金の縮小、削減より前にやらなければならないことが山ほどあるでしょうに。

60~64歳の減額基準緩和=在職老齢年金で見直し案―厚労省
http://news.toremaga.com/politics/admini/358767.html
収入が極端に減ったうえに、在職老齢年金の減額なんて、生活ができなくなるし就業の意欲も失われます。
これだけは評価できますが、これを餌に年金改悪を企んでいるとしたら素直には賛成できませんね。

消費税率17%くらい必要か…五十嵐財務副大臣
http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/news/20111012-OYT1T00060.htm
税金の無駄遣いに手を付けなければ、当然こうなるのでしょうね。
彼らの目(頭)には、国の無駄が見えないのでしょうか?
せめて今見えている、議員定数問題、不必要な官舎建設問題、民間に比べて高すぎる公務員や国会議員の報酬、議員年金問題だけでも手を付けてみる気にはなりませんか?

TPP参加問題/拙速な結論は避けねば 
http://www.kahoku.co.jp/shasetsu/2011/10/20111012s01.htm

TPP交渉参加、首相指導力の試金石に
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20111012-OYT1T00155.htm
これも日本消滅を加速させる一つになるのに、どんな利権が絡んでいるのか?なぜそんなに夢中になって悪魔に国土を提供しようとするのか?全く理解に苦しみます。
手段の善し悪しは別として、かつての政治家たちは、こういった帝国主義的な侵略からアジアや日本を守ろうとして戦争に踏み切って手痛い目に遭ったというのに。
その反動でまた戦争にならなければいいが、と心配するのは考えすぎでしょうか?
彼らは中学、高校、大学で、何を習い、何を勉強してきたのでしょうか?
日本の教育そのものが間違っていたのでしょうか?

日本人はこんなのだったか?
http://takedanet.com/2011/10/post_d8d7.html
他国は日本をこんな風にも見る
http://enaka.cocolog-nifty.com/soon/2011/08/post-21c6.html
気分的には嫌だし、反論もしたくなるとは思いますが、ここはひとつ冷静に受け止めて反省する必要があると思いますが。

「玉川徹の そもそも総研 原発・電力編」
http://uchu-no-housoku.blog.so-net.ne.jp/2011-10-09
今の日本には数少ない真っ向勝負、直球勝負で正論を言う、こういう発言や報道をする人たちを力いっぱい応援したいと思っています。

もはや関係修復は不可能 小沢一郎氏vs記者クラブメディアの戦い  週刊・上杉隆 (ダイヤモンド) 
http://www.asyura2.com/11/senkyo120/msg/374.html
小沢一郎が何をして、何が疑わしいのかは、多くの国民にとって興味があるのは国民心理としては仕方ないかもしれません。
少なくとも、彼の言動や顔つきなどは人から好かれやすいタイプとは思えないですからね。
しかし、彼の金の流れについて検察が徹底的に捜査した結果、彼を告訴するだけの証拠が見つからなかったことは事実です。
たとえ裁判になっても、有罪判決が出るまでは犯罪人ではなく、一般人と同様の権利が保証されているはずです。
しかも、推定無罪が原則であるはずの刑事裁判で、推測に推測を重ねて有罪判決を下すなんて狂気の沙汰としか思えません。
これがごく普通の一般国民(例えばあなたの身に)起きたとしたらどうでしょうか?
西部開拓史のリンチと同じようなことが今の日本の国(法治国家と自負している)で行われているのです。
しかも詐欺や窃盗で人から奪い取った金でもなく、それに関わる被害者が浮かび上がったわけでもありません。
震災と原発事故の処理を急がなければならない、この大事な時に、野党もマスコミも国民の半数も、なぜ気が狂ったようにそんなことに時間を費やすのでしょうか?
東北の人たちの苦しみに思いが到らないのでしょうか?


関連記事
スポンサーサイト
Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング

COMMENT

非公開コメント

特別拡散バナー


奇跡の母子犬
ひまわり/動物達の未来のために
生き物の命の重さに差があるでしょうか?
その重さは計れるでしょうか?

上質なサイトのリンク
お勧めサイトのリンク
ツィッター・タイムライン
最新コメント
最新トラックバック
スポンサードリンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。