プロフィール

半覚才

地球の過去と今と未来を見つめる3匹
のスペースキャッツ

Author:半覚才
自然とともに生きる、生き物が好き!
ホームページ「川越を遊ぶ」

そのニュースは本当か?
報道に疑問を!体制に批判を!権力の奴隷にはならない!

QR

ご意見・リンク等
★★★★★★★★★★★★★★★★
【ご意見・ご質問】
ご意見・ご質問はこちらからどうぞ。

また、回答を希望しないコメントは、コメント投稿蘭からお気軽にどうそ。


【Link Free】
転載、引用、リンクはご自由にどうぞ。 ただし、情報源は明示してください。

★★★★★★★★★★★★★★★★
最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
気になる地域の気になる情報
日本の原発

稼働状況と建設計画

気になる地域の現在の放射線量
気になる地域の天気情報


電力会社別の電力使用状況

地殻変動


-占い-

スポンサーサイト

Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング

国家のリーダー

Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング
<独立行政法人>8割が「統廃合困難」との意向示す
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111012-00000007-mai-pol
つまりやる気がないだけだ。
民主党も野田君も舐められたものだ。
行政刷新会議も仕分けも、言うことを聞かず無視する官僚、官庁が多いことも見くびられている証拠です。

【建設】公務員宿舎は財務省のOB利権か 週刊ポストがゼネコンへの「天下り」指摘 (J-CASTニュース)[11/10/11]
http://www.j-cast.com/2011/10/11109661.html?p=all

ついでに『店長養成講座』と言うサイトの中に、「部下に舐められない方法」とうのがありましたので、参考になるかどうか?

抜粋:「舐められると指示や命令に重みがなくなり、仕事がうまく進められなくなります。仕事がうまく進められなくなると、上司からも部下からも信用を失います。信用を失ったらどうなるかは言うまでもありません。・・・・中略・・・・「○○は怒らせると怖い」と思わせておけばいいのです。・・・・中略・・・・具体的には、年に1,2回、大きい声で怒鳴ればいいんです。怒鳴るポイントは、誰が考えても「これはまずいだろう」と言う状況の時にしましょう。・・・・中略・・・・この方法には絶対に注意するべき点が一つあります。それは大きい声で怒鳴ると言うことです。・・・・中略・・・・年に1,2回、思いっきり怒鳴りましょう。繰り返しますが、大きい声でなければ効果はありませんよ。
ちなみに、このやり方、毎日やってはいけません。部下が萎縮してしまいますからやりすぎは厳禁です。」
それと例の古賀茂明さんもおっしゃっていましたが、役に立たない、仕事ができない、する気がない、と言うような上の(組織の)人間を見つけ出して首を挿げ替えるのです。
それを見た中堅や下の人間は、「これは自分たちをよく見て評価している。ちゃんと仕事をしないと拙いぞ」という気になって、すぐに態度を改めるはずです。
つまり、リーダーシップを発揮できるかどうかは、具体的には、まずこういうことができる人間にならなければならないのです。

どうですか?参考になりそうですか?


TPP 国民的な議論が必要
山口代表、井上幹事長ら JA全中会長らと懇談
http://www.komei.or.jp/news/detail/20111012_6343
特に支持政党ではないけど、是は是、非は非として、TPPに関しては公明党の良識に縋るしかないのかも。
それにしても野田以下の民主党幹部は、勉強不足か目が曇っているのか手術が必要かもしれないですね。

民主党議員186人の署名集めたTPP“慎重派”が会合
http://www.tv-asahi.co.jp/ann/news/web/html/211012021.html
国家の重大問題に関して、これほど意見が割れるなら、この際、数十人規模で離党して新党結成した方がいいのかもしれないと思いますよ。
全てに意見が同じになるということはありえないでしょうから、その時こそ、閣僚の椅子にこだわったり利権に群がりたがる人を排除して、純粋に国と国民の将来のためにどうするのがいいのかを真剣に議論する人だけで政党を結成してほしいですね。
国民あってこその国体であり、政治であるはずです。
国民を犠牲にして憚らないという人間は、居なくはならないでしょうが、政治家としてははなはだしく適性を欠き失格です。
そういう人には、「正心誠意」という言葉は使ってほしくないですね。


原子力村が招いた原発事故 企業展示会で河野議員が講演
http://www.asahi.com/eco/news/TKY201110110396.html
自民党議員で真剣に勉強しているのは彼くらいのものなのか?
寂しい限りですね。

東電の徹底追及はムリ!“名ばかり”ヌルヌル第三者委
http://sukoyakaseika.jugem.jp/?eid=26893
やっぱりインチキ第三者委員会では、こうなる結果が最初から見えています。
単なる国民への言い訳かアリバイ作りでしかないと言われても仕方ないですね。


関連記事
スポンサーサイト
Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング

COMMENT

非公開コメント

特別拡散バナー


奇跡の母子犬
ひまわり/動物達の未来のために
生き物の命の重さに差があるでしょうか?
その重さは計れるでしょうか?

上質なサイトのリンク
お勧めサイトのリンク
ツィッター・タイムライン
最新コメント
最新トラックバック
スポンサードリンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。