プロフィール

半覚才

地球の過去と今と未来を見つめる3匹
のスペースキャッツ

Author:半覚才
自然とともに生きる、生き物が好き!
ホームページ「川越を遊ぶ」

そのニュースは本当か?
報道に疑問を!体制に批判を!権力の奴隷にはならない!

QR

ご意見・リンク等
★★★★★★★★★★★★★★★★
【ご意見・ご質問】
ご意見・ご質問はこちらからどうぞ。

また、回答を希望しないコメントは、コメント投稿蘭からお気軽にどうそ。


【Link Free】
転載、引用、リンクはご自由にどうぞ。 ただし、情報源は明示してください。

★★★★★★★★★★★★★★★★
最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
気になる地域の気になる情報
日本の原発

稼働状況と建設計画

気になる地域の現在の放射線量
気になる地域の天気情報


電力会社別の電力使用状況

地殻変動


-占い-

スポンサーサイト

Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング

原子力委員会

Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング
原子力委員会ってどういうものか知っていますか?
・・・・・・・・・・・・・
国の原子力行政の遂行および民主的運営を図る内閣府の「審議会等」機関。
原子力委員会(げんしりょくいいんかい、Atomic Energy Commission、略称AEC)は、1956年に設置された日本の行政機関。委員長及び委員4人の計5人で構成される(1960年5月10日から1978年10月3日までは委員6人で計7人)。
原子力基本法(1955年12月成立)に基づき、国の原子力政策を計画的に行うことを目的として1956年1月1日に総理府の附属機関(のち審議会等)として設置され、委員長には国務大臣(科学技術庁長官)が充てられ、委員の任命には両議院の同意が必要とされた。
2001年1月6日の中央省庁再編に伴い内閣府の審議会等の一つとなり、委員長は国務大臣をもって充てるポストではなくなった(委員と共に両議院同意人事の対象となった)。
内閣府の原子力委員会は2011年9月20日、政府のエネルギー政策の指針となる「原子力政策大綱」策定会議メンバーの一部を交代、新たに慶応大学経済学部教授の金子勝氏らを選任した。
金子氏は東京電力の福島第1原発事故後、「日本は脱原発で再生を図るべきだ」と積極的に発言する論客として知られる。
新大綱策定会議のメンバーには、これまでもNPO法人「原子力資料情報室」共同代表の伴英幸氏が反原発の市民代表として参画していたが、数多くのテレビ出演や著作で知られる脱原発の論客が新たに加わることで、今後1年間とされる新大綱策定に向けた議論が注目される。

金子勝氏は最新の著作で「無責任体制」を痛烈に批判
政権への批判精神旺盛な金子氏が、政府の審議会の委員に就任するのは初めて。
金子氏はテレビの報道番組などにコメンテーターとして数多く出演。
経済学者としての専門は財政学だが、農業や環境エネルギー政策など広範なテーマについて積極的に発言している。

8月に出版した最新の著作「脱原発成長論 新しい産業革命へ」(筑摩書房)では、1990年代初頭のバブル経済の崩壊を招いた大手銀行と大蔵省(現・財務省)の危機管理能力の欠如は、今回の東電や経済産業省、原子力安全委員会など「原子力ムラ」の無責任体制に酷似していると痛烈に批判。
「財界も官界も、責任を問われることを恐れて未だに脱原発へと本格的に舵を切れずにいる。
だが、ここで変われなければ、日本はますます世界の動きから取り残されていき、それは『終わり』を意味する」と警告。
再生可能エネルギーへの転換を「新しい産業革命」と位置付け、具体的な打開策を提言している。

現行の原子力政策大綱は2005年に策定し、「今後10年間程度に進めるべき原子力政策の基本方針」を示した。
具体的には「原発によるエネルギーの安定供給と地球温暖化対策への一層の貢献」など、推進すべきメリットが盛られている。
原子力委員会は昨年12月から、これらのメリットをさらに強調するため新大綱の策定作業に着手したが、3月11日の福島第1原発の事故を受け、4月5日に策定作業を中断。
「安全に関する国民の信頼が失われるなど原発を取り巻く社会環境は大きく変化した」「有識者や国民の意見を踏まえて考慮するべき課題を整理する必要がある」とし、今夏、策定会議を再開すると表明した。

「脱原発」派は依然として少数派
新大綱策定会議のメンバーは28人。原子力ムラのドンのひとりで原子力委員会委員長の近藤駿介氏(東大名誉教授)を議長に、電力会社代表として電気事業連合会会長の八木誠氏(関西電力社長)のほか、原発立地自治体代表、NPO代表、学識経験者、産業界代表などで構成する。
原子力委員会の近藤委員長は東電の原発事故後も推進の姿勢を変えない「筋金入りの原発推進派」(関係者)。

しかし、ナンバー2である原子力委員会委員長代理の鈴木達治郎氏(元電力中央研究所研究参事)は、同じ原子力ムラの一員ながら、核燃料サイクルには慎重姿勢を示すなど、「原発のメリット、デメリットを冷静に分析できる良識派」として知られる。
原子力委員会の委員(委員長と委員4人)は国会同意人事で、鈴木氏の起用(2010年1月)は「必ずしも推進一辺倒ではないバランス人事」として、脱原発派からも評価された。
今回の新大綱策定会議のメンバーに金子氏が加わっても、脱原発派が少数であることは変わらない。
しかし、エネルギー政策を本気で見直そうとする萌芽として、大いに注目に値する。
・・・・・・・・・・・・・・・・
参考資料:
脱原発の金子勝氏が策定メンバー入り 「原子力大綱」見直し進むか : j-cast
www.j-cast.com/2011/09/28108173.html?p=all
Wikipedia
原子力委員会
www.aec.go.jp/


いま日本や世界に必要なのは技術革新でも産業革命でもなく、精神改革だと思うのです。
ギリシャの経済破綻も、アメリカの不況も、北朝鮮やアラブ諸国の危険思想なども、そして日本が抱える原発推進を始めとする諸問題も、精神改革なくしては何一つ解決しないのではないかと思うのです。

東電“延命”のコストとリスク
http://business.nikkeibp.co.jp/article/topics/20111011/223130/
「東京電力に関する経営・財務調査委員会」(第三者調査委、下河辺和彦委員長)には何も期待できないことだけはよくわかりましたね。
上辺だけをちょこまかと取り繕っても、もう日本を救うことはできません。

どうなる放射能汚染物の処理【4】“原発並み”の放射能抱える東京の下水道施設
http://eco.nikkeibp.co.jp/article/report/20110729/107086/?P=1

事故リスク、複数試算=発電コストに反映へ―原子力委
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111013-00000084-jij-pol

電気料金制度見直す有識者会議 経産相、月内にも設置
http://www.asahi.com/business/update/1012/TKY201110120473.html
「総括原価方式」で決められている電気事業法まで踏み込んで見直さなければほとんど意味がないと思いますが。
今回の補償費などもすべてコスト算入すると言いだしているが、これでは消費者の見えない所で電気料として強制的に支払わされるだけとなるのではないだろうか?

広瀬隆講演会「リニア新幹線と原発」後編1

リニアモーターカーは、膨大な電気を使うことは知られていますが、環境破壊でも問題になっています。
必要性も低いのに、電気を節約しようと、国民に呼びかけておきながらこんなものを推し進めようとするのは、腹黒い連中の謀略以外の何物でもないのです。

歳費削減か定員削減かの選択ではない。どっちもだ。
http://news.livedoor.com/article/detail/5926454/
こんなことを議員たちの間で語り合っていても何の解決法も見つからないでしょう。
誰が自分たちを窮地に追い込もうとする、あるいはおいしい収入を減らそうとする人間がいるだろうか?
議員の定数や報酬などについては、議員ではない専門の組織が検討し、権限を持って提示すべきなのです。
たとえて言えば、人事院のようなところです。
しかしそれも議員たちが意識を変えて法改正をしなければ不可能なのです。
つまり、八方ふさがりの中で、ただグダグダと時間と税金を無駄に使って党利党略のおもちゃにしているのです。
国会を1か月運営するためにどれほどの税金を使っているのか?
いくら使ってもいいのですが、使った分に見合った成果を出してもらわなくっちゃね。
民間事業では常識ですが、霞が関や永田町では違うんですね。
調べてみればすぐにわかると思いますが、一般庶民には想像できないほどの費用が掛かっています。
費用については、興味があって知りたい方は調べてみてください。
私は知っても腹立たしくなりますし、バカバカしいので(これは個人の資質の問題でもありますが)調べることはしません。


関連記事
スポンサーサイト
Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング

COMMENT

非公開コメント

特別拡散バナー


奇跡の母子犬
ひまわり/動物達の未来のために
生き物の命の重さに差があるでしょうか?
その重さは計れるでしょうか?

上質なサイトのリンク
お勧めサイトのリンク
ツィッター・タイムライン
最新コメント
最新トラックバック
スポンサードリンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。