プロフィール

半覚才

地球の過去と今と未来を見つめる3匹
のスペースキャッツ

Author:半覚才
自然とともに生きる、生き物が好き!
ホームページ「川越を遊ぶ」

そのニュースは本当か?
報道に疑問を!体制に批判を!権力の奴隷にはならない!

QR

ご意見・リンク等
★★★★★★★★★★★★★★★★
【ご意見・ご質問】
ご意見・ご質問はこちらからどうぞ。

また、回答を希望しないコメントは、コメント投稿蘭からお気軽にどうそ。


【Link Free】
転載、引用、リンクはご自由にどうぞ。 ただし、情報源は明示してください。

★★★★★★★★★★★★★★★★
最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
気になる地域の気になる情報
日本の原発

稼働状況と建設計画

気になる地域の現在の放射線量
気になる地域の天気情報


電力会社別の電力使用状況

地殻変動


-占い-

スポンサーサイト

Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング

ビッグニュース

Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング
外見で人を評価判断するのは大きな間違いではあるけれど、歳経るにつれ、その人の人生や性格が顔に現れるものです。
そういった意味において、この人も小沢一郎と同様にそんな面相と態度をしています。
時に正しいことを言っても全く低い評価しかされないのは残念なことです。

国民新党・亀井代表、TPP交渉参加問題について反対姿勢強調 「TPPは机上の空論」
フジテレビの「新報道2001」で
http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00209611.html
ところで、フジテレビの姿勢としては、賛成、反対、どっちの立場なんだろうか?
自らの論説を明らかにしないまま、みんなで連帯して国民を誘導しようというのは、今の若者たちの口癖である「○○でなくない?」というのと同じなのではないだろうか?

温暖化ガス「25%削減目標、撤回すべきでない」 IGESの西岡氏に聞く
編集委員 滝順一
http://www.nikkei.com/tech/ecology/article/g=96958A90889DE1E7E6EBE6E1E7E2E3E3E3E2E0E2E3E3E2E2E2E2E2E2;p=9694E2E4E2E7E0E2E3E2E3E7E5E7
温暖化対策を進めるために原子力発電の拡大が必要であるというのも、国民を騙すマジックであり、種も仕掛けもある一種のショーなのです。

今日の最大のビッグニュースが飛び込んできました。
【ウィキリークス】 米国公電「TPPで日本と韓国を潰せる」。NZのTPP首席交渉官が発言
http://news4vip.livedoor.biz/archives/51834055.html
やっと仮面の一部がはがされたか。
ウィキリークス 米国公電「TPPで日本と韓国を潰せる」
http://socialnews.rakuten.co.jp/link/%E3%82%A6%E3%82%A3%E3%82%AD%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%AF%E3%82%B9-%E7%B1%B3%E5%9B%BD%E5%85%AC%E9%9B%BB%E3%80%8CTPP%E3%81%A7%E6%97%A5%E6%9C%AC%E3%81%A8%E9%9F%93%E5%9B%BD%E3%82%92%E6%BD%B0%E3%81%9B
以前から指摘されてきたことですが、これでそれが現実だったことが明らかになりました。
このような交渉のテーブルに日本を引きずり出そうと画策しているアメリカに、日本政府はまんまと乗せられてしまうのですか?
首相はTPP交渉参加へ強い指導力を
http://www.nikkei.com/news/editorial/article/g=96958A96889DE1E7E7E3E5E5EAE2E3E0E3E2E0E2E3E38297EAE2E2E2;n=96948D819A938D96E38D8D8D8D8D
にもかかわらず、日経新聞はまだこんな論説を繰り広げている。
日本の国に、日経新聞は要らない。
百害あって一利もなし。

もんじゅ:「火は消してはならない」 文科副大臣、現地を視察 /福井
 ◇「見直し中」でも強調

http://mainichi.jp/area/fukui/news/20111015ddlk18040557000c.html
これは一部のトンでも意見として理解すべきと思いますが、何とも悲しくもばかばかしいことです。
省庁間の力学というか、力関係の競争なのでしょうか?
国民の安全は何処へ行ったのでしょうか?


関連記事
スポンサーサイト
Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング

COMMENT

非公開コメント

特別拡散バナー


奇跡の母子犬
ひまわり/動物達の未来のために
生き物の命の重さに差があるでしょうか?
その重さは計れるでしょうか?

上質なサイトのリンク
お勧めサイトのリンク
ツィッター・タイムライン
最新コメント
最新トラックバック
スポンサードリンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。