プロフィール

半覚才

地球の過去と今と未来を見つめる3匹
のスペースキャッツ

Author:半覚才
自然とともに生きる、生き物が好き!
ホームページ「川越を遊ぶ」

そのニュースは本当か?
報道に疑問を!体制に批判を!権力の奴隷にはならない!

QR

ご意見・リンク等
★★★★★★★★★★★★★★★★
【ご意見・ご質問】
ご意見・ご質問はこちらからどうぞ。

また、回答を希望しないコメントは、コメント投稿蘭からお気軽にどうそ。


【Link Free】
転載、引用、リンクはご自由にどうぞ。 ただし、情報源は明示してください。

★★★★★★★★★★★★★★★★
最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
気になる地域の気になる情報
日本の原発

稼働状況と建設計画

気になる地域の現在の放射線量
気になる地域の天気情報


電力会社別の電力使用状況

地殻変動


-占い-

スポンサーサイト

Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング

脱原発、そして政治と教育

Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング
脱原発への行動の理由は、シンプルであってよいと思う。
それは、「どんなに科学技術が発達したとしても事故はゼロには出来ない」からということ。
技術的、システム的に理論上最高レベルの安全な原発を作ったとしても、「無事故」は保証することができないのだ。
それは単に机上の空論、夢幻にしか過ぎない。
誰もが当然に知っていなければならない真実なのだ。

そしてひとたび事故が起きれば、スリーマイル、チェルノブイリ、福島の事故を見ても明らかなように、その被害は、生物が生きていくための源である土と空気と水に対して、物理的、地域的にも非常に広く影響が及び、また何十年、何百年、核種によっては何万年にもわたって核反応を鎮めることができないということまでは明らかになっている。
その物理的経済的な被害ばかりでなく、被爆者は本人のみならず何代にも健康被害が続き苦しみや悲しみから逃れることが出来ないのだ。
そういった事故は大きなものばかりでなく、忘れ去られがちな比較的小さな事故でも、人や地域に与えた影響は、交通事故その他の事故とは比較できないほどに大きい。

脱原発後の社会システムのあり方については、縦割り行政の悪弊のような単純な発想、検討ではうまくは行かないだろう。
生活、産業、経済、教育、エネルギー等々、様々な分野を多角的に見直していかなければならないはずだ。

しかしたとえそれがどんなに困難でも実行可能なモデルを見つけ出さなければならない。
そしてそれが困難であって非常に時間が掛かるからといって、脱原発を先延ばしすることは出来ないのだ。
なぜなら、廃炉にするには30年以上かかると言われているが、その他にも未使用、使用済みの核燃料の始末にはどれほどの時間がかかるか分かっていないからだ。
しかも、その処理方法や最終処分地のあてもないのだから。
人類はとんでもないものを見つけてしまい、まったく無謀にも、幼児が好奇心からマッチやガスライターを弄るように点火してしまったのだ。
その結果は、1軒、2軒が火事で焼失するのとは規模が違いすぎる。
大人の悪戯のツケはあまりにも大きい、大きすぎて手に負えないほどだ。


福島第1原発の安定化作業
<福島第1原発>冷温停止の定義に疑問…保安院に専門家ら
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111022-00000079-mai-soci

高線量の柏、高濃度セシウム検出 原発由来?土壌が類似
http://www.asahi.com/national/update/1022/TKY201110220424.html

九州電力:原発やらせメール 会長「なぜ辞めねばならぬ」 眞部社長の続投望む意向
http://mainichi.jp/select/biz/news/20111023ddm041040164000c.html
何かのミスや違反行為が表沙汰になると、すぐに引責辞任が話題にのぼるが、果たしてそれでいいのだろうか?
武士の世界の切腹ですべてを済まそうとしたやり方によく似ている。
責任追及は厳しくしなければならないし、原因究明やその後の再発防止策も考え出さなければならないだろう
その方がむしろ重要なことであって、それを叫ばずにまず「辞めてしまえ」と言うのはいかがなものか?
嫌なことにはすぐに蓋をしてしまって忘れてしまおうとする意識が働いているのか?
嫌な臭いには少しの間我慢して、その元を絶たなければやがてもっとひどく広がって表面化してくるのではないか?
集団リンチにも似た行為は控えるべきだと思うが。
人間の行いや判断に絶対的な正義などありえないと思うが、集団に隠れての正義の旗振りのような行動は慎むべきだと思うのだが。


原子炉は原爆つくるための装置、核分裂は本質的に核兵器のもの-小出裕章さんが指摘する原発の真実
http://getnews.jp/archives/147218
原発推進の中心に立つ政治家の真意は、まさにここにあることを肝に銘じ、それでもその尻馬に乗るかどうかを判断すべきだ。
判断そのものは個人の自由だが、その先の議論はその上ですべきだろうと思う。

古賀茂明氏このまま増税したら日本も確実にギリシャへの道!

財務省はなんとしても増税したいらしいが、絶対に許してはならない。
経済界も取り返しがつかないほどの打撃を受けるだろう。
国民はいろいろと大変だろうが、この混乱の時代だからこそ頑張って経済の勉強もした方がよいと思う。
立ち直るほどの余力がなくなってしまってから、ノックアウトしてしまったボクサーのようになってしまってから立ち上がろうと努力しても遅いのだ。



最後にひと言、「許すまじ、記者クラブの横暴と大マスコミの捏造報道」、そして「官僚の身勝手と傲慢」。
これらがわが国の混乱と不安を増長させている元凶だと言っても、決して過言にはならないだろう。
そしてこの元凶と言われるものを生み出している、さらにその根っこにあるのが日本の歪んだ教育制度にあることも見逃してはいけない。
個人々の罪を攻め立てるよりも、むしろそっちの方を見つめ直す方が大事なのかもしれない。
国民の一人々がよく考えて判断して欲しい、と強く願って已まない。


関連記事
スポンサーサイト
Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング

COMMENT

非公開コメント

特別拡散バナー


奇跡の母子犬
ひまわり/動物達の未来のために
生き物の命の重さに差があるでしょうか?
その重さは計れるでしょうか?

上質なサイトのリンク
お勧めサイトのリンク
ツィッター・タイムライン
最新コメント
最新トラックバック
スポンサードリンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。