プロフィール

半覚才

地球の過去と今と未来を見つめる3匹
のスペースキャッツ

Author:半覚才
自然とともに生きる、生き物が好き!
ホームページ「川越を遊ぶ」

そのニュースは本当か?
報道に疑問を!体制に批判を!権力の奴隷にはならない!

QR

ご意見・リンク等
★★★★★★★★★★★★★★★★
【ご意見・ご質問】
ご意見・ご質問はこちらからどうぞ。

また、回答を希望しないコメントは、コメント投稿蘭からお気軽にどうそ。


【Link Free】
転載、引用、リンクはご自由にどうぞ。 ただし、情報源は明示してください。

★★★★★★★★★★★★★★★★
最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
気になる地域の気になる情報
日本の原発

稼働状況と建設計画

気になる地域の現在の放射線量
気になる地域の天気情報


電力会社別の電力使用状況

地殻変動


-占い-

スポンサーサイト

Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング

政治、官僚、マスコミは国のために何をしたか?

Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング
処理できないまま溢れる糞尿にまみれて、心も身体も病んでいる牛や馬たち。
置き去りにされ死を待つのみのやせ衰えたペットたち。

動物の心が見えない人には人の心も見えない。
人の心が見えない人には正しい政治は出来ない。


国民の心が分からない政治家達は、国民の国である日本をどうしようというのか?
自分たちだけに都合がよいように見える国など、その本人も含めて誰にとっても決して都合よくはならない。
一握りの人間が他の大勢の人間を支配できると考えるのは大きな間違いである。
それは持続的な幸福を約束するものではないのだ。


<横田めぐみさん>生年月日と家族の名…平壌に一致する女性
毎日新聞 11月6日(日)2時30分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111106-00000002-mai-soci
拉致問題に関して何の交渉も進展もないのに、他にいかなる外交が出来るというのか?
外交と言うのは自国の利益に資するための交渉ごとをいうのである。
決して相手国の利益のためにするのではない。

納得できぬ文科省対応 教科書問題の本質を見よ
http://www.y-mainichi.co.jp/news/19642/

TPP参加 中小企業でリストラ、廃業進むと森永卓郎氏指摘
http://www.news-postseven.com/archives/20111105_68651.html

政治家も官僚も評論家も、どうも頭の中だけで論理的思考で物事を考え、それですべてが解決できるものと考えているようだが、世の中そんな単純明快なものではないだろう。
理屈としては間違いはないかもしれないが、そこには人の心の性質というか本質というものが抜けているのだ。
人間の製造物や経済的な取引に、安全とか絶対などと言うものはない。
よく男女の比較として、女性は子宮でものを考え判断すると言われるが、人間社会は男女半々で構成されている以上、何かを議論する上で、それはとても大事なこととして見過ごすことは出来ない。

どっちが正しいかは一目瞭然 みの&喜美VS.原子力村の大ゲンカ
http://news.nifty.com/cs/headline/detail/gendai-000158154/1.htm

そもそも必要のない「機構」だの「独立行政法人」だのという組織を作ることが問題ではないのか?
それらは、役人が先輩役人の老後の天国のような生活を用意するために、そしてそれをすることが若い官僚の大事な仕事であり貢献(点数稼ぎ)であることが、問題解決を困難にしているのだ。
役人の仕事の評価や、出世のためのポイントシステムを大きく変えないことには何も解決できない。
政治家がそれを強行しようとすると、官僚のコズルイ罠に嵌って政治生命を絶たれることになる。
そんな憂き目に遭った政治家は、過去にも現在にも数知れずいる。
そしてそれに加担しているのが大手マスコミであり、記者クラブなのだ。

国や国民のために働こうとする政治家(もし居るなら)の足を引っ張り、国民に仇為すだけのマスコミはもう要らない。
情報を捻じ曲げ、捏造し、隠蔽することだけが得意のマスコミは、自分たちの存在理由やなすべき責務を認識しているとは到底思えない。

原発地元に匿名寄付500億円 福井、大半は電力業界か
(朝日新聞) 2011年11月04日 03時00分
http://news.goo.ne.jp/topstories/nation/754/53502d04fd592287e73f19fd6659378c.html?fr=RSS
国は被災者補償の支援として電力会社に支払う金額から、その分の返還を電力会社に求めるべきだ。
なんという税金の無駄遣いか!

小出裕章:キセノン検出による臨界について
http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=BedLIfVqqKI


これは素人には分かりにくい問題なので専門家の正確な説明を必要とするが、東電も原子力安全委員会も国も、国民に対して正確な説明をしなければならないだろう。
そしてその場合には、国民に信頼されていない御用学者や原子力安全委員会の言葉ではなく、信頼できる学者や技術者の助言とともに説明してもらいたい。


関連記事
スポンサーサイト
Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング

COMMENT

非公開コメント

特別拡散バナー


奇跡の母子犬
ひまわり/動物達の未来のために
生き物の命の重さに差があるでしょうか?
その重さは計れるでしょうか?

上質なサイトのリンク
お勧めサイトのリンク
ツィッター・タイムライン
最新コメント
最新トラックバック
スポンサードリンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。