プロフィール

半覚才

地球の過去と今と未来を見つめる3匹
のスペースキャッツ

Author:半覚才
自然とともに生きる、生き物が好き!
ホームページ「川越を遊ぶ」

そのニュースは本当か?
報道に疑問を!体制に批判を!権力の奴隷にはならない!

QR

ご意見・リンク等
★★★★★★★★★★★★★★★★
【ご意見・ご質問】
ご意見・ご質問はこちらからどうぞ。

また、回答を希望しないコメントは、コメント投稿蘭からお気軽にどうそ。


【Link Free】
転載、引用、リンクはご自由にどうぞ。 ただし、情報源は明示してください。

★★★★★★★★★★★★★★★★
最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
気になる地域の気になる情報
日本の原発

稼働状況と建設計画

気になる地域の現在の放射線量
気になる地域の天気情報


電力会社別の電力使用状況

地殻変動


-占い-

スポンサーサイト

Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング

信ずべきは

Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング
3号機建屋内、依然高線量=ガス管理装置、年内設置―福島第1
時事通信11月5日(土)20時35分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111105-00000083-jij-soci

東電、「臨界」の判定基準を見直しへ
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4871167.html
東電には、福島事故の処理やこれからの廃炉の作業に向けても、きちんとした原子力の専門家が必要ですね。
アドバイザーでも顧問でもいいですが、御用学者は別としてそういう人がいないようです。


<世論調査>「大阪都」構想を「評価する」67%
毎日新聞11月6日(日)21時55分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111106-00000053-mai-pol
大阪の府知事、市長ともに橋下氏側が勝てば一つのモデルとなりそうです。
一大改革を成し遂げようとすれば官僚や既得権者と激しくぶつからなければならず、どうしても独裁的な政治手法が一時的な必要悪として必要なんでしょうね。
柔らかな対話では、とても前進できるとは思えません。
多くの人間は欲望の塊のようなもので、一度得たご馳走や贅沢は自ら手放そうとはしないものです。
ただし、成功してもしなくても、期間を短く限定する必要はあるでしょうが。
国の官僚制度の改革や電力会社と原発問題も同様だと思います。

中国漁船が領海侵犯=五島列島沖、船長逮捕―停船命令従わず・長崎海保
時事通信 11月6日(日)21時46分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111106-00000085-jij-soci
偶然でしょうが、いいタイミングの事件だったと思います。
今度こそ毅然とした態度で裁判にかけるべきでしょう。
また、政治的に放免するようでは世界中の笑いものになり、弱い日本とみなされ足元を見透かされTPPどころではなくなります。


民主のTPP意見集約、9日までに 首相APEC出発前
http://www.asahi.com/politics/update/1106/TKY201111060329.html
TPP参加より前に、中国、韓国などを始めとするアジア諸国(仮称:アジア大陸経済連携)との貿易協定交渉をすべきだと思いますが、民主党に何かを期待してもおそらく無理でしょうね。

TPP( trans-pacific partnership)を環太平洋パートナーシップ協定と翻訳したのは誰でしょうか?
辞書を調べてみると、「trans-」というのは、「越えて」「横切って」「貫いて」「通って」「完全に」「他の側へ」「別の状態[場所]へ」「超越して」「…の向こう側の」と言う意味があるそうです。
ニュアンスが少し違うようですね。

グローバルスタンダードという言い方をしていますが、それはあくまでもアメリカがジャッジする標準であって、個別の話をすれば、原子力発電所だってその開発の是非はアメリカの都合によって強制されるのです。
悲観的な見方をすれば、米軍基地どころか、核廃棄物の最終処分地も日本国内のどこかに決められてしまうかもしれないのです。
つまり日本自体が、核のゴミ捨て場になるかもしれないということです。

日本は戦後、武力を放棄し直接的な戦争を避けるためにアメリカの庇護を受けることにしましたが、その見返りはあまりにも屈辱的で国民の生活を犠牲にしたものでした。
その最たるものは沖縄の基地問題でしょう。
そして北朝鮮の拉致問題については、力を示すことが出来ない所為でしょうか?彼らの恫喝にも似た言動に屈し、強く出られないままでいます。
竹島も尖閣諸島も北方領土も、それぞれの相手国のやりたい放題です。
こういう舐められっぱなしの状態では、対等の交渉が出来るわけがないのです。

今後日本が力を注ぐべきは、武力強化より何より食料自給率を70%前後まで引上げることだと思っています。
自分の国に食べるものがなくなったとき、今よりさらに屈辱を味わわなければならなくなるでしょう。
世界に対して一歩も引かない強い調子で交渉できるような国力(食料自給率)を持って、初めて自由貿易の協定に乗り出すべきなのです。

TPP反対拡大 見切り発車は国益損なう2011年11月3日
http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-183620-storytopic-11.html

TPPは全世界で反対されている、自由貿易ではなく公正貿易が必要
http://gigazine.net/news/20111105_tpp_trade/

川内博史(民主党)TPPで米国はルールを支配する
http://www.youtube.com/watch?v=7Jcw_nWKASM

アメリカで「TPP」を推進して米政府を操る黒幕たちの正体
http://gigazine.net/news/20111104_tpp_mastermind/


武田邦彦教授 茨城講演特別企画~お母さんの座談会(3/3)
http://www.youtube.com/watch?v=dh97D5hbPxo&feature=share
武田氏の言動についてはいろいろと批判も多いようですが、人間のすることですから教授や専門家と言えども間違いや勘違いもあります。
時間と労力を惜しまないなら、自ら一つ一つを検証して判断すると有意な意見もあります。

新聞やテレビ、ラジオに出てくる専門家や有名タレントの言葉も、発言の多くが納得いく人の言葉だとしても、全面的に信用するのではなく、一つ一つを自分の心で聴いて自分で判断すべきです。
人間は神様ではない、という当然のことも人はともすれば忘れがちになります。
まず、正しい人かどうかを先に決めてしまって、その人のいうことならすべてを信じてしまうということが多いのは、その方が簡単で楽だからでしょうね。
できればそういうことはやめた方がいいと思います。
非常に危険ですから。


関連記事
スポンサーサイト
Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング

COMMENT

非公開コメント

特別拡散バナー


奇跡の母子犬
ひまわり/動物達の未来のために
生き物の命の重さに差があるでしょうか?
その重さは計れるでしょうか?

上質なサイトのリンク
お勧めサイトのリンク
ツィッター・タイムライン
最新コメント
最新トラックバック
スポンサードリンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。