プロフィール

半覚才

地球の過去と今と未来を見つめる3匹
のスペースキャッツ

Author:半覚才
自然とともに生きる、生き物が好き!
ホームページ「川越を遊ぶ」

そのニュースは本当か?
報道に疑問を!体制に批判を!権力の奴隷にはならない!

QR

ご意見・リンク等
★★★★★★★★★★★★★★★★
【ご意見・ご質問】
ご意見・ご質問はこちらからどうぞ。

また、回答を希望しないコメントは、コメント投稿蘭からお気軽にどうそ。


【Link Free】
転載、引用、リンクはご自由にどうぞ。 ただし、情報源は明示してください。

★★★★★★★★★★★★★★★★
最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
気になる地域の気になる情報
日本の原発

稼働状況と建設計画

気になる地域の現在の放射線量
気になる地域の天気情報


電力会社別の電力使用状況

地殻変動


-占い-

スポンサーサイト

Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング

国の犯罪

Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング
政府はこの国をどこへ導こうとしているのか?
真実を国民に伏せたまま、ごく一部の人間の判断で物事を進めることが民主主義といえるのか?
議員を選出する時、その判断基準としているのは演説の内容であり、マニフェストの内容なのだ。
それに反することをすることは、国民に選ばれた政党のすることではないはずだ。
国民に対する詐欺行為であり、犯罪行為だ。



同じ場面を繰り返し使っての単なるパロディシリーズに過ぎないけれど、セリフはTPP反対論者の言いたいことをよく捉えているね。

電源立地交付金で「安全対策拡充を」
TBS系(JNN)11月21日(月)5時26分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20111121-00000005-jnn-bus_all
危険なものを押し付けるのに大金を握らせて黙らせるなんて、人間性のかけらもないことを政府が容認している国なんて信じられない。
なぜそういう基本的なことを考えようとしないのか?

福島米、お歳暮商品に=老舗百貨店「販売機会確保したい」
時事通信11月20日(日)14時41分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111120-00000033-jij-soci
お歳暮は、お世話になった人などに感謝を込めて贈るものであって、自分で消費するものではないのだ。
その結果が仇となり信頼関係を損ねることになってはどうかと思う。
老舗を自負する百貨店なら、自身で徹底的な全量検査をして、たとえ政府の基準以下であってもその数値を表示して、安全性に対する姿勢と関心の高さを示さなければ無責任というもの。

それとも嫌いな上司に義理で贈るお歳暮か?

何か問題が起きても「自己責任」の除染ボランティアは要注意 - 有村眞由美
2011年11月09日05時05分
http://news.livedoor.com/article/detail/6009768/
その昔のバブル時代、「一億総中流家庭」というような言葉が使われことがあったが、それと比較すると、さしずめ現代は、「一億総無責任時代」とでも言ったらいいのだろうか?
周囲に、あるいは何事にも責任を持って対処しようとする人間は一握りとなってしまい非常に珍しい存在になったばかりか、読売巨人軍の清武元代表のように、それすら社会の反逆者のごとく攻撃したり排除したりしようという風潮があるように思えてならない。
組織を守り抜くことがそれほど大事なことなのか?
その思想こそが、原発ムラや記者クラブの記事捏造や隠蔽、オリンパスの不正問題などを創出してきたのではないか?
それらは、その組織だけの問題ではなく、国民全体の意識の問題だと思うのだが。


No4肥田舜太郎氏×岩上安身氏(文字起こし)10/6
肥田舜太郎先生の貴重なインタビューです。


仕訳「もんじゅ」存廃議論へ 国のメンツ 浪費17年 1兆円で稼働二百数十日 青森の再処理工場2兆円 11/19東京新聞・2面(写真)
http://heiheihei.cocolog-nifty.com/blog/2011/11/1119-339e.html
どれだけ効果を発揮し結果に表れるかはわからないが、やっとまともに議論する気になったのか?
単なる政治的パフォーマンスで終わらなければいいが。


民主・小沢氏、TPP交渉参加目指す野田首相の対応を「発言使い分けは信用失う」と批判
http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00211925.html
個人的、感情的に彼を嫌う人は多く、その人たちは彼の言うことすべてが気に入らないようだが、正当なことも多く語っており、この発言もその部類だと思う。
言い古された言葉だが、人間は神様ではない(神様だって実は人が考えるような正義のみではないのだが)のだから、時には正しいことを言うときもあれば誤ったことを言うときもある。
多くの人が”汚いこと“と思うことをする人でも、すべての行動が間違いとは言えないのだ。

国民経済や税収に関する基礎知識
http://ameblo.jp/takaakimitsuhashi/entry-11083744320.html


関連記事
スポンサーサイト
Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング

COMMENT

非公開コメント

特別拡散バナー


奇跡の母子犬
ひまわり/動物達の未来のために
生き物の命の重さに差があるでしょうか?
その重さは計れるでしょうか?

上質なサイトのリンク
お勧めサイトのリンク
ツィッター・タイムライン
最新コメント
最新トラックバック
スポンサードリンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。