プロフィール

半覚才

地球の過去と今と未来を見つめる3匹
のスペースキャッツ

Author:半覚才
自然とともに生きる、生き物が好き!
ホームページ「川越を遊ぶ」

そのニュースは本当か?
報道に疑問を!体制に批判を!権力の奴隷にはならない!

QR

ご意見・リンク等
★★★★★★★★★★★★★★★★
【ご意見・ご質問】
ご意見・ご質問はこちらからどうぞ。

また、回答を希望しないコメントは、コメント投稿蘭からお気軽にどうそ。


【Link Free】
転載、引用、リンクはご自由にどうぞ。 ただし、情報源は明示してください。

★★★★★★★★★★★★★★★★
最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
気になる地域の気になる情報
日本の原発

稼働状況と建設計画

気になる地域の現在の放射線量
気になる地域の天気情報


電力会社別の電力使用状況

地殻変動


-占い-

スポンサーサイト

Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング

国民が馬鹿か?政治家が馬鹿か?

Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング
現内閣の最大の問題は、「国民は馬鹿だから、政府とマスコミは事実を国民に隠して実行するのが良い」とする官僚の言葉をそのまま鵜呑みにして実践していることだ。
馬鹿なのは現内閣ではないのか?
すぐにもばれてしまう嘘をつき、事実を隠して政治を行うのが正義だと思うのは、とんでもない思い上がりで危険な思想だ。
まず、このことから修正しなければ何もよくならないし、いずれ近いうちにこの政府は倒されるだけだろう。
そして、政府が倒されようが、首相が交代しようが、寄生虫となって内部から国をコントロールしようとしている官僚たちは少しも困らないのだ。
国民とともに馬鹿を見るのは政治家たちであることに早く気がつくべきだ。
官僚制度の大改革を断行し、政治を政治家と国民の手に取り戻すのは誰か?
官僚は、国民の代表たる政治家の手足となって働くべきであり、だからこそ国民の税金で生活させてもらっているのだ。


大マスコミ 疑惑の報道
http://www.asukashinsha.co.jp/book/b93975.html
第一章 日本の問題はすべて「情報の歪み」に起因する
第二章 新聞が信用できない理由
第三章 なぜNHKを解体すべきか
第四章 テレビの捏造報道を終わらせるには 
終章 放送行政の現状と限界
「報道しない自由」の暴走が止まらない。
新聞・テレビはなぜ「情報操作」「世論誘導」「言論封殺」をくり返すのか? 
報道の現場はどうなっているのか? 
既得権を守るために隠蔽、捏造を行う独占企業群の恐ろしい体質を徹底批判!
マスコミジャーナリズムの構造的欠陥を抉る。

「TPP開国論」のウソ
http://www.asukashinsha.co.jp/book/b88495.html
第1章 TPPの正体(三橋貴明)
第2章 「TPP=農業問題」には騙されない(東谷暁)
第3章 歴史に学ぶ、脱TPPの政治経済学(中野剛志)
「自由貿易は善」「アジアと共に成長」
「農協悪玉説」「輸出競争力」「中国包囲網」・・・・・・
悪質なデマをスッキリ撃破

野田内閣によるTPP参加表明に痛撃!
日本よ、団結せよ。
いまこそ弱者排除のTPPから離脱を!


熊谷貞俊議員(民)vs古賀茂明さん

「公務員は、アパート代をまかなえるだけの充分な給料を貰っている・・・(中略)・・・宿舎があるから公務員になるという人はいないし、もしいるなら、そんな人は公務員になっていただく必要はない」
まさに正論です。

もんじゅ「抜本見直し」も拘束力なし
http://www.alterna.co.jp/7598
拘束力がないのなら、それを持たせる方法を考えればいいのではないのか?
なぜ考えようとしないのか?
国民の不満のガス抜きをするためだけの仕分け作業か?

使用済み燃料行き場なし 浜岡原発に6625本
(2011年11月20日 中日新聞)
http://www.windfarm.co.jp/blog/blog_kaze/post-7860
原発推進派や政治家はこのことを真剣に考えているのだろうか?
問題を先送りして済むことではない。
アメリカに媚を売って点数を稼ごうとしたり、自分たちの利権や立場を守ろうとしている官僚と一緒になって楽な道を進むより、国民のこと、国の将来のことに目を向けた真っ当な政治をしなければならない。

マスコミは原発問題を取り上げるなら、この事実を隠さずに公表しなければならない。
明治天皇(満15歳)が公卿や諸侯などに示した明治政府の基本方針である五箇条の御誓文に、「広く会議を興し万機公論に決すべし」とあるとおり、その上で広く公論を求めて判断しなければならない。
これこそが民主主義の原点であり、原則なのだ。
日本のジャーナリスト達はこのことすら忘れたのか?


関連記事
スポンサーサイト
Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング

COMMENT

非公開コメント

特別拡散バナー


奇跡の母子犬
ひまわり/動物達の未来のために
生き物の命の重さに差があるでしょうか?
その重さは計れるでしょうか?

上質なサイトのリンク
お勧めサイトのリンク
ツィッター・タイムライン
最新コメント
最新トラックバック
スポンサードリンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。