プロフィール

半覚才

地球の過去と今と未来を見つめる3匹
のスペースキャッツ

Author:半覚才
自然とともに生きる、生き物が好き!
ホームページ「川越を遊ぶ」

そのニュースは本当か?
報道に疑問を!体制に批判を!権力の奴隷にはならない!

QR

ご意見・リンク等
★★★★★★★★★★★★★★★★
【ご意見・ご質問】
ご意見・ご質問はこちらからどうぞ。

また、回答を希望しないコメントは、コメント投稿蘭からお気軽にどうそ。


【Link Free】
転載、引用、リンクはご自由にどうぞ。 ただし、情報源は明示してください。

★★★★★★★★★★★★★★★★
最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
気になる地域の気になる情報
日本の原発

稼働状況と建設計画

気になる地域の現在の放射線量
気になる地域の天気情報


電力会社別の電力使用状況

地殻変動


-占い-

スポンサーサイト

Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング

原発と核兵器

Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング
原子力発電所というのは、政治的には核開発であり、核兵器製造のためのものです。
アジアの緊張に対する核抑止力として、アメリカはどうしてもそれを日本に肩代わりしてもらいたかったのです。

なぜ自分でやらないのかって?
一つは、金がかかりすぎるから。
一つは、危険すぎるから。
そしてもう一つは、使用済み燃料の保管場所もなく、処理方法も分からないから。
です。

アメリカは、そのすべてを日本に押し付けようとしただけです。
沖縄等の米軍基地と同じように。
TPPも、アメリカでの解決が難しい問題をすべて日本に押し付けようとしているのです。
いい加減に日本人は目を覚ませ。
アメリカというのはそういう国なのです。
イエローモンキーと言って、鼻から日本人を見下している国です。

原発、トイレのないマンションを造り続ける日本は、アメリカのトイレになろうとしています。


元東電社員の告白 辞めたワケと20年前の"ある事故"


【世界の核実験地図】Ctbtomedia 2053ByIsaoHashimotoJapan762


経団連の米倉弘昌会長とソフトバンクの孫正義社長が原発の再稼働をめぐり、バトル
「経団連はまず詫びろ」「理解に苦しむ」
http://www.j-cast.com/2011/11/27114246.html
米倉会長は21日の会見で、孫社長の発言について「本当に理解に苦しむような理屈だった。誰からも賛同を得られなかった」などと一蹴
自説に自信があり、責任が持てるなら、賛同しなかった企業名を発表して欲しいですね。

中国、尖閣視野に日中境界協議の再開提案
http://www.okinawatimes.co.jp/article/2011-11-28_26634/
中国相手に、まずは外交能力のレベルを国民に示して欲しいな。
全く期待はしていないが、いつまでも逃げているわけには行かないでしょ。
相手の話も聞いて、その上で国際法的にも論理的、歴史的にも完全論破できなければね。

やらせ黙認「不適切だった」 佐賀県知事が議会で陳謝
http://www.asahi.com/national/update/1128/SEB201111280016.html
陳謝し、監督責任として自ら減給する方針。
辞任を迫られ、この程度で話を終わらせようとしているな。

平野復興担当相に要望書 達増知事 (11/28)
http://www.iwanichi.co.jp/ken/item_27001.html
県や地方自治体および個人は、原発事故によるあらゆる被害を国と東電に請求すべきで、被災地応援などと言うごまかしで国民への被爆を拡げたり、東電の損害賠償額を減らして助けるようなことをすべきではない。

この請求により、納税などの国民の負担が増えることがあっても、それはそれで痛みを公平に分かち合うということで理解も得られると思うが。
少なくとも核汚染廃棄物を押し付けられるよりはいい。

中国電力、中国石炭大手などと石炭火力発電技術の協力で覚書締結
http://www.ecool.jp/press/2011/11/energia11-1128.html
電力会社は、やっと脱原発に向けて動き出したか。
石炭火力発電の技術は、アメリカもいいものを持っているらしいし。


関連記事
スポンサーサイト
Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング

COMMENT

非公開コメント

特別拡散バナー


奇跡の母子犬
ひまわり/動物達の未来のために
生き物の命の重さに差があるでしょうか?
その重さは計れるでしょうか?

上質なサイトのリンク
お勧めサイトのリンク
ツィッター・タイムライン
最新コメント
最新トラックバック
スポンサードリンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。