プロフィール

半覚才

地球の過去と今と未来を見つめる3匹
のスペースキャッツ

Author:半覚才
自然とともに生きる、生き物が好き!
ホームページ「川越を遊ぶ」

そのニュースは本当か?
報道に疑問を!体制に批判を!権力の奴隷にはならない!

QR

ご意見・リンク等
★★★★★★★★★★★★★★★★
【ご意見・ご質問】
ご意見・ご質問はこちらからどうぞ。

また、回答を希望しないコメントは、コメント投稿蘭からお気軽にどうそ。


【Link Free】
転載、引用、リンクはご自由にどうぞ。 ただし、情報源は明示してください。

★★★★★★★★★★★★★★★★
最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
気になる地域の気になる情報
日本の原発

稼働状況と建設計画

気になる地域の現在の放射線量
気になる地域の天気情報


電力会社別の電力使用状況

地殻変動


-占い-

スポンサーサイト

Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング

国民として考えるべきこと

Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング
人間というのは、ときどき過ちを犯すものです。
また、自分の意思に反して、無視されたり、抑え込まれたりすることもあります。
大事なことは、今何をしているか、です。
今やっていることが誤りであれば、「それは違うよ」と言ってやればいいのです。

「もんじゅ」廃炉へ、迫られる決断
http://ameblo.jp/toshiro141/entry-11090700327.html

「もんじゅ」と再処理工場の廃止に踏み出そう
http://blogos.com/article/25651/

東電もオリンパスも大王製紙も、そして読売も、人が組織を作っている以上、同様の状況が内部にはあるはずです。
それは政党も同じです。

一握りの支配やめさせ脱原発へ~鎌田慧、労働者集会で檄とばす
http://www.labornetjp.org/news/2011/1321672661290staff01

勤め人として企業に雇われ、働くものは、常にそういう場面に遭遇します。
そのとき人はどういう行動をとるでしょうか?
不正を不正として、あるいは誤りとして指摘できる人がどれほどいるだろうか?
指摘できない人と、指摘できる人、どちらの方が称えられるべきですか?

ところが人は、往々にして、その逆の立場をとることが多いですね。
なぜでしょうか?

原発事故372
http://kamata-minoru.cocolog-nifty.com/blog/2011/11/372-0050.html

古賀茂明 原発再稼動について


佐藤・福島知事、県内全原発10基の廃炉表明
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20111130-OYT1T01003.htm

アメリカが日本によく言うように、日本はアメリカに、「努力は評価する」あるいは「よく頑張っているね」と言えるだろうか?
それは大人が子供に対する、つまり、上から目線の言い方なんですが。
日米は、決して対等ではないのです。
アメリカは、日本をわが子程度にしか考えていないのです。
だから、「言うことに従え」という態度になるのです。

農業強化とTPPは両立しない=鈴木宣弘
http://jcj-daily.seesaa.net/article/237648603.html

それは、勝利国vs敗戦国ということもないとは言えないが、日米安保条約に拠るところも大きいのだと思うのです。
つまり、“我々(アメリカ)は日本を守ってやっているのだ“という保護者の態度なのです。
それと白人とアジア人の違いもあるのかもしれない。

ヨーロッパ人が黒人を差別し、過去に奴隷にしてきた経緯がありますが、それ以前には、アフリカ大陸で黒人が白人を奴隷にしていた時代がありました。
何が起きて立場が逆転したのかは分かりませんが、白人優位主義の差別はその反動なのでしょうか?
「猿の惑星」と言う映画は、かなり象徴的な映画ですね。


「自由貿易」などという現実とはまったくかけ離れた"言葉"で人々の警戒心を緩ませ、浸透している T P P 問題において・・・
http://cybervisionz.jugem.jp/?eid=246&guid=ON&view=mobile&tid=6

この辺の意識を変えなければ対等な交渉などありえるはずがない。
人種の違いは別として、それを変えるのに、安保条約が邪魔しているのであれば、それを捨てることも考えなくてはならないだろうけど。
そして、この不平等な関係がある限り、TPPも不平等な状態で締結することになるのは明らかです。
さらに、沖縄の基地もなくならない。
アメリカに対して“No”と言うか、日本が国全体で基地を引き受ける気にならなければ、永遠に沖縄が犠牲になる。
少なくとも、アメリカの言いなりになって、当然のごとく沖縄に負担を強いる態度は改めなければならない。
沖縄は日本の国のひとつの県であり、他の県と対等なのだ。
アメリカが日本を対等に見ないように、日本が沖縄を対等に見ていないのではないだろうか?
情けない根性ですね。
しかし、アジア人同士でも差別をする人を見かけるし、日本人の中でも悲しいことに差別があります。
他国に阿るあまり一つの県を守れない政治は、国民を守ることなど出来ない。

田中聡、沖縄を強姦する防衛省
http://takejj.jugem.jp/?eid=1876
防衛局長発言:許せない 抗議殺到
http://www.okinawatimes.co.jp/article/2011-12-01_26732/
どういう言葉を使ったか、とか、言った言わないは大きな問題ではないのです。
今の政府内に、国民や沖縄県民を小馬鹿にした意識があるから、こういうことになるのです。
言い訳なんか聞く必要もない。


独裁政治っていうのは、どういうのを言うのだろうか?

政治を行う者がどこを見て、誰のためにそれを行うのか?
それがまず問題だ。


東電、民・自へ9180万円…労使双方で
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20111201-OYT1T00339.htm

そして、国民全体の(平均や合計ではなく、ひとりひとり全員の)幸福や生活を将来にわたって保障するものかどうか?

それが満たされなければ、どんな言葉を使っても、どんな方法をとっても、本来の正しい政治とはいえないだろう。

【玄海原発1号機】井野博満・東大名誉教授「予測をはるかに超えた劣化が進む玄海1号機を廃炉にすべきだと思う。12月1日に定期検査入りする際(の温度や圧力変化で)、安全に停止できるか不安もある」
http://savechild.net/archives/12951.html


政治を行う者が、自分の都合だけで、国民の意思を無視し、情報を国民に伏せてやりたいことを行うことが独裁政治というのであって、現在の民主党政治こそが、まさしく独裁政治なのだ。

野田政権の原発政策/鈴木達治郎 原子力委員会委員長代理(11月19日)
http://franceneko.cocolog-nifty.com/blog/2011/11/1119-e557.html

そんな時には、それに抵抗したり、告発するものは、和を乱す者、組織を壊す者として排除されるだろう。
行いを糺そうとする者は、反逆者とされ、疎外されるだろう。
組織の内外に、それを非難する者で満たされるだろう。
その社会の中では、正義は行われず、民衆もそれに従うことが正しいことだと思うようになるだろう。


福島第1原発:1号機燃料85%超落下 東電など解析
http://mainichi.jp/select/jiken/news/20111201k0000m040066000c.html
被害の程度を過小に発表する癖があるので、このまま信じる訳にも行かない。

真っ先に改革されなければならないのは、政治や制度ではなく、国民の姿勢なのだ。
正しい倫理観を学び、わが心に取り入れることだ。
その改革なしには、法律や制度をいくら変更しても良い結果は生まれない。
ましてや、政権政党や代表者を変更しても、全く効果はないのだ。
悪い政治が行われているとしたら、それは、国民が行わせているのだから。


巨大地震“北伊豆”が危ない?東大地震研チームが分析
http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20111130/dms1111301607021-n1.htm



関連記事
スポンサーサイト
Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング

COMMENT

非公開コメント

特別拡散バナー


奇跡の母子犬
ひまわり/動物達の未来のために
生き物の命の重さに差があるでしょうか?
その重さは計れるでしょうか?

上質なサイトのリンク
お勧めサイトのリンク
ツィッター・タイムライン
最新コメント
最新トラックバック
スポンサードリンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。