プロフィール

半覚才

地球の過去と今と未来を見つめる3匹
のスペースキャッツ

Author:半覚才
自然とともに生きる、生き物が好き!
ホームページ「川越を遊ぶ」

そのニュースは本当か?
報道に疑問を!体制に批判を!権力の奴隷にはならない!

QR

ご意見・リンク等
★★★★★★★★★★★★★★★★
【ご意見・ご質問】
ご意見・ご質問はこちらからどうぞ。

また、回答を希望しないコメントは、コメント投稿蘭からお気軽にどうそ。


【Link Free】
転載、引用、リンクはご自由にどうぞ。 ただし、情報源は明示してください。

★★★★★★★★★★★★★★★★
最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
気になる地域の気になる情報
日本の原発

稼働状況と建設計画

気になる地域の現在の放射線量
気になる地域の天気情報


電力会社別の電力使用状況

地殻変動


-占い-

スポンサーサイト

Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング

ヒトの心と自然の関係

Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング
人は本来、失敗を繰り返し、何度も挑みかかっていく時が、一番ワクワクするものだ。
その心意気を、その気分を、人は忘れてしまったのだろうか?
ダラダラとラクをしていては、心の幸福感、満足感は得られないものだ。

苦労をして得る満足感は、充分に満たされ、また同じ努力をする動機にもなり、同じ満足感を繰り返し継続的に得られるようになる。
それが自然というものだ。
人はもっと自然を感じ、自然に溶け込むべきだ。


燃料溶融 廃炉には厳しい
http://blog.goo.ne.jp/sayakanisimura/e/04c95d6dde8412f7eefa53880c317e0f

11月30日 東電発表の溶け落ちた燃料の状態の解析結果への疑問 小出裕章(MBS)


福島県の原発廃炉宣言 他の立地自治体に困惑広がる
http://socialnews.rakuten.co.jp/link/%E7%A6%8F%E5%B3%B6%E7%9C%8C%E3%81%AE%E5%8E%9F%E7%99%BA%E5%BB%83%E7%82%89%E5%AE%A3%E8%A8%80-%E4%BB%96%E3%81%AE%E7%AB%8B%E5%9C%B0%E8%87%AA%E6%B2%BB%E4%BD%93%E3%81%AB%E5%9B%B0%E6%83%91%E5%BA%83%E3%81%8C%E3%82%8B

もう原発はいらない!~臨界事故を経験した東海村の村上村長激白~


<核燃再処理>経産と東電の「全量再処理」当初から破綻
http://blog.goo.ne.jp/assy2010/e/3e845aa382463f8271f122fcd6f71dcf


東電は、福嶋原発の事故原因を、なんとしても地震ではなく津波の所為にしたいようだ。
どちらが本当の原因かは、東電の息がかかっていない専門家がしっかり解析して示して欲しいが、その理由ははっきりしている。

つまり、地震が原因となれば、現在ある原発の耐震性能は不足しているので、すべて建て直さなければならなくなるからだ。
そんなことは国民は絶対に許さないだろうし、第一目も眩むほどのコストがかかり、全く不可能なことなのだ。
だから、東電としては事故の原因を地震ではなく、津波にしたいのだ。
津波が原因であれば、防波堤の増築と、事故処理マニュアルの手直しだけで済むから。
そんな程度の原因究明と対策で手を打ってはならない。


吉田署長の病名を明かさない理由ははっきりしないが、また東電の隠蔽か、と思わせるだけだ。
事故の原因究明と何か関係があるのでは?と疑いたくなるのが人情というもの。
そこには、作為と操作と陰謀が見え隠れしているような。
国民の余計な(?)不審を呼び込むだけだと思うが。
得意のプロパガンダがまた始まる。
その手始めが、マスコミを利用した、使い古しの感がある冬期の電力不足、節電呼びかけだ。

この冬も、来年の夏も電力は不足しない。
余裕幅が若干少ないかもしれないが、そんなものはこれまで通りの節電の工夫でなんとでもなる。
しかも一番努力しなければならないのは、国民でなく電力会社そのものなのだ。


中国電力、初のメガソーラー「福山太陽光発電所」が営業運転開始
http://kaden.watch.impress.co.jp/docs/news/20111202_494825.html
東北電力に続いて中国電力も。
電力会社の東電離れか? はたまた方針転換か?
それとも発送電分離圧力への警戒か?

いずれにしてもこの方が、電機メーカーも儲かるだろうし、雇用機会も増える。
経済効果の増大が期待できるというものだ。


クソッタレ!!だから云わんこっちゃ無い!TPP. だからウソツキだって言うの東電!!
http://d.hatena.ne.jp/f-kafkappa/20111201/1322722198

消費税は30%か!?元経済産業省官僚・古賀茂明氏が語る



「これから犯すよと言うか」 沖縄防衛局長がアセス提出めぐり発言 報道陣との非公式懇談会で
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/111129/plc11112911010008-n1.htm

またまた一川防衛相… 沖縄少女暴行事件「詳細には知らない」
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/111201/plc11120121190013-n1.htm

一川防衛相訪沖 省内からも資質疑問視
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/111203/plc11120303240002-n1.htm

最近は、なぜかレベルの低いニュースが目立つ。

メールやブログに、絵文字をふんだんに使っても、雰囲気や心意気は充分に伝わるものではない。
人と人、動物とのコミュニケーションで大切なのは、直接手をふれあい、目を見ることだ。
そうすれば、相手の心が分かるし、どれほど真剣かも分かる。

野田君が答弁したり、記者会見するときに目をそらしたり、宙を泳がしたりするのは、言葉に中身がないからだ。
心がないからだ。



今回の沖縄と防衛省の一連の暴言問題は、一人の政治家や官僚の問題ではなく、組織の中が小手先で誤魔化しで物事を進めようという空気に包まれているからだ。
だから、まじめに勉強して取り組もうともしないし、こんな発言も飛び出してくるのだ。
言葉でどう言い表そうと、心の底にある意識は表に出てくるものだ。

これはもう、誰かをクビにしたり更迭したりして済む問題ではない。
すべての組織を一度解体し、ゼロから必要なものを必要なだけ創り出すしかない。

金魚の水槽を掃除するように、水をすべて捨て、水槽を洗い、新たな水を入れ、新鮮な空気を送り込み、その上でまた金魚を元に戻してやる。
もちろん死にかかった金魚や病気の金魚は、別な場所に移して治療するのだ。
そこまでしなければ、元気な金魚もみんな病気になるか、死んでしまうだろう。
面倒がっている時ではない。

水槽の中で、金魚の配置だけ換えてもどうにもならない。

関連記事
スポンサーサイト
Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング

COMMENT

非公開コメント

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

理想の女性像???やっぱり茜ちゃんかねぇ?

バロン吉元をそもそも知らない年代、いくつぐらいかなぁ?少なくとも40歳以下は知らないだろうなぁと考えているんだけれどもね。 「コージ苑」で有名な「相原コージ」は女性を書くときにものすごくかわいく書くんだけれども、ほとんどの漫画家は鼻の穴を書かないのはおかし
特別拡散バナー


奇跡の母子犬
ひまわり/動物達の未来のために
生き物の命の重さに差があるでしょうか?
その重さは計れるでしょうか?

上質なサイトのリンク
お勧めサイトのリンク
ツィッター・タイムライン
最新コメント
最新トラックバック
スポンサードリンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。