プロフィール

半覚才

地球の過去と今と未来を見つめる3匹
のスペースキャッツ

Author:半覚才
自然とともに生きる、生き物が好き!
ホームページ「川越を遊ぶ」

そのニュースは本当か?
報道に疑問を!体制に批判を!権力の奴隷にはならない!

QR

ご意見・リンク等
★★★★★★★★★★★★★★★★
【ご意見・ご質問】
ご意見・ご質問はこちらからどうぞ。

また、回答を希望しないコメントは、コメント投稿蘭からお気軽にどうそ。


【Link Free】
転載、引用、リンクはご自由にどうぞ。 ただし、情報源は明示してください。

★★★★★★★★★★★★★★★★
最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
気になる地域の気になる情報
日本の原発

稼働状況と建設計画

気になる地域の現在の放射線量
気になる地域の天気情報


電力会社別の電力使用状況

地殻変動


-占い-

スポンサーサイト

Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング

言論、思想の自由と無報道の恐怖

Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング
ロシア下院選に数万人が抗議デモ モスクワなど全土で
http://www.cnn.co.jp/world/30004885.html
元共産主義、全体主義のロシアでも数万人規模の怒りの声が。
自由主義、民主主義であるはずの日本では?

「12.5右から考える脱原発デモ」と反・脱原発行動の広がり
http://www.menscyzo.com/2011/12/post_3305.html
「これまでは反原発の運動というと左翼のやるものと思われていました。でも、民族派がこうした活動を行うことによって、『これは思想の対立ではない。原発という危険なものはなくしていかなくてはならない』という意識に変化していくのではないでしょうか。つまり、原発をなくそうという活動が、思想対立から国民運動へと変化していくわけです」

除染はもとより「除洗」も不要だ
2011年12月07日 19:37 田中康夫
http://blogos.com/article/26355/
「『今の所は大丈夫』会見を続けた枝野幸男氏にも、『今は既に大丈夫』発言を続ける細野豪志氏にも、身を挺して有言実行する哲学や覚悟は窺えません。」

早川由紀夫訓告記者会見中止命令(上)
http://www.youtube.com/watch?v=55inv-XuPXQ


「国立大学法人群馬大学と独立行政法人日本原子力研究開発機構との連携協力に関する協定」の締結について
http://www.jaea.go.jp/02/press2009/p10030501/index.html
国立大学法人群馬大学と独立行政法人日本原子力研究開発機構との連携協力に係る協定概要
http://www.jaea.go.jp/02/press2009/p10030501/gaiyou.html
gunma_photo.jpg


大学に所属する研究者は、研究してその成果や予測などを発表することが本来の仕事なのだから、それを制限するのはどうかと思う。

ましてや政治家などのように国民に選挙されたわけではないのだし、そういう人に対して辞めさせろなどと言うのはリンチに等しい野蛮な言動だと思う。


国営、民間を問わず、テレビや新聞の報道が当てにならない昨今では、専門の研究者の発言は、国民にとっては極めて貴重で大切にしなければならないものだ。
それを塞いでしまったら、我々は、どんな情報を元に判断すればよいのか? その方途を失い、つんぼ桟敷(これも差別用語に指定されているらしいが、大切な日本語であり、特定の人を差別するものではない)に置かれることになる。


TPP事前協議の課題~(上)「地獄の淵」
http://www.nca.or.jp/shinbun/about.php?aid=3369

岩上安身が語るTPPと米韓FTAの中身
http://www.youtube.com/watch?feature=player_detailpage&v=LYP80cfoKvk

TPPについては分かりにくい部分も多々あり、推測でしか説明されていないところも多い。
これは国民の生活にも直結する問題なのだから、政治家(特に国を代表する総理大臣)は、よく勉強して、それでも分からないところは専門家を傍において補足説明を受けながら、国民および国会には充分に説明しなければならないだろう。
国会議員は、結構つまらないことには「説明責任を果たせ」と言うが、こういうことの説明の方がはるかに重要だろう。
増税及び税と社会保障の一体化についても全く同様だ。
こう言っちゃナンだが、政治資金問題は、国民の生活には直結していないのだ。


12月8日 古賀茂明「直接の話はないが、橋下氏の考え方には賛成ですし、お手伝いできることがあれば喜んでやっていきたい」
http://blog.livedoor.jp/s_koga_unofficial/archives/67145900.html
最近の報道はどうも信頼できない部分がある。
直接本人の話をノーカットで聞かないとなんとも言えないが、古賀氏が大阪橋下新市長に協力することになれば、相当な力になるだろう。
中央は既に機能不全に陥っていて、回復の見込みは全く立たない。
であれば、大阪から動き出し、風穴を開けてくれることを期待するしかない。

戦国時代に終止符を打ったのは、織田信長であり、豊臣秀吉だ。
最後には徳川家康が江戸に幕府を開いたわけだが、彼も現愛知の出身だ。
どうも、関東より西の方の人間の方が活力があるようだ。


関連記事
スポンサーサイト
Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング

COMMENT

非公開コメント

特別拡散バナー


奇跡の母子犬
ひまわり/動物達の未来のために
生き物の命の重さに差があるでしょうか?
その重さは計れるでしょうか?

上質なサイトのリンク
お勧めサイトのリンク
ツィッター・タイムライン
最新コメント
最新トラックバック
スポンサードリンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。