プロフィール

半覚才

地球の過去と今と未来を見つめる3匹
のスペースキャッツ

Author:半覚才
自然とともに生きる、生き物が好き!
ホームページ「川越を遊ぶ」

そのニュースは本当か?
報道に疑問を!体制に批判を!権力の奴隷にはならない!

QR

ご意見・リンク等
★★★★★★★★★★★★★★★★
【ご意見・ご質問】
ご意見・ご質問はこちらからどうぞ。

また、回答を希望しないコメントは、コメント投稿蘭からお気軽にどうそ。


【Link Free】
転載、引用、リンクはご自由にどうぞ。 ただし、情報源は明示してください。

★★★★★★★★★★★★★★★★
最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
気になる地域の気になる情報
日本の原発

稼働状況と建設計画

気になる地域の現在の放射線量
気になる地域の天気情報


電力会社別の電力使用状況

地殻変動


-占い-

スポンサーサイト

Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング

交渉力と国益、民益

Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング
人と上手に交渉するにはどんな準備が必要か?
人を批判する人は、同時に人の批判も受け容れなければならない。
人の気持ちを理解し、対等に話し合うための、それが第一歩。
自分の主張を聞いてもらい、対等に交渉できるようになるには、本来の主張だけを突然のように言うのではなく、その前に長い時間を掛けて雑談の中から心を解け合わせ、心を開くようにならなければならない。
根回しの原則だ。

我が家の玄関先に、ほとんど話したこともない人が現れて、何かを要求しようとした時、その話を素直に聞こうとする人がいるだろうか?
その前にどういう人なのか?知りたいだろう。
相手を知って、相手に合わせる姿勢と心の準備が出来ていないと、人は上手にコミュニケーションをとることができない。


国に対する国民の立場とはどういうものなのか?
国を民間企業に例えるなら、国の株主は国民だ。
政治家の選任権も国民にある。
政治家は国を上手に運営するために、国民から負託された存在なのだ。
したがって政治家は、国民の出資金(税金)の使い途は国民に説明する責任があり、国民が正しい使途と認められない場合はそれを追究し、場合によっては選挙をしなおす権利が発生するのが当然だ。
特に議員や公務員の報酬、年金、福利厚生などは、国民の平均を上回るものであってはならないし、それ以上の必要経費は、使途を明らかにして実費で賄うべきものだ。


被爆基準値と風評被害
基準値は厳しくした方が風評被害などというものは出にくい。
それを、検査すると騒ぎが大きくなるとか、基準値を厳しくすると風評被害が出るなどというのはとんでもない間違いであり、自分たちの責任を曖昧にして、少しでも責められたり批難を受けたりすることから逃れようという、身勝手な意識から来るものに他ならない。

福島をはじめとして、放射能に汚された地域に行って、地元の人とじっくり話をし、それでもなお、原発を推進しようという人がいるのだろうか?
脱原発を非難する人がいるのだろうか?
事故の所為で故郷を追われ、災害で家族や友人知人を失った、二重三重の苦しみや悲しみに触れてなお、わが身に照らして考えられないなんてあるだろうか?
原発を推進したいというのが前提にあるから、事故の実態から目を逸らそうとしているのだろう。


施設被災、県測定後手に
「調査は、やらないほうがいい。やっても余計に騒がれるだけだ」
http://mcaf.ee/lqhoa

国内廃棄物に大量の核物質 未計量で濃縮ウラン4トン
http://www.47news.jp/CN/201112/CN2011121401001888.html

グリーンピース国際環境NGOグリーンピース [noreply.jp@greenpeace.org])のメルマガより-->
グリーンピース放射能測定室シルベクの食品放射能調査3回目
「冬のお魚調査(東海・関西編)・魚介類加工品調査」の結果
についてお知らせです。
http://www.greenpeace.org/japan/monitoring/fss3/?gv20111215

今回は、東海・関西地方にある大手スーパーマーケット5社の店舗で魚介類商品の抜き打ち調査を行いました。

また、前回の調査で「さば水煮」の缶詰から放射性物質が検出されたことを受け、新たに都内で缶詰など魚介類を原料とする加工品を購入し、調査しました。
http://www.greenpeace.org/japan/monitoring/fss3/?gv20111215

関東・三陸地方で購入した魚介類商品で調査を行った、第1回目と2回目と比較して、放射線値、検出割合も低くなりましたが、東日本太平洋側の海域だけでなく、兵庫県を産地として表示する魚介類からも、放射能汚染が確認されました。

また、大手スーパー5社中4社の店舗で販売されている魚介類商品から放射性物質を検出し、東海・関西地方にも放射能汚染された魚介類商品が出回っていることが明らかになりました。

詳しくはこちらをご覧ください。
http://www.greenpeace.org/japan/monitoring/fss3/?gv20111215

現状の表示体制では、この魚が実際に兵庫県で漁獲されたものなのか、それとも、別の海域で漁獲され兵庫県にある漁港に水揚げされたものなのか、商品表示(ラベル)から判断することができません。

もしこの魚が実際に兵庫県で漁獲されたものであれば、東日本太平洋側の海域だけでなく兵庫県の海域にも、放射能汚染が進んでいるということになります。』


118万円でパネル設置OK 神奈川 太陽光発電事業
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2011121590100324.html


話題の2人の本 橋下徹と古賀茂明 [都市環境プランナー]
http://sho-taniguchi.blog.so-net.ne.jp/2011-12-14
もともと政治家はタクシーの客(バスではなく)で運転手が官僚。
政治家と官僚の関係は、客である政治家の指図に忠実に、官僚である運転手が指示された場所に確実に届けるという役割分担であったものを、民主党はいきなりタクシーの運転手として運転を行おうとしてしまった。
しかし、車の運転をしたことがないので直ぐに身動きが取れなくなって車を乗り換えることに。
しかし、乗り換えたのがタクシーではなく路線バスだった・・・

今、ヨーロッパではギリシャの損失隠しを発端にした、連鎖型の大変な財政危機に見舞われている。
日本もこれを対岸の火事としてのんきに構えていられる時ではなく、むしろ他山の石として真剣に見つめなければならないだろう。

ギリシャはもちろん、イギリスやフランスも、歳出を切り詰めるために議院や公務員のリストラを図り、報酬も引き下げるということも始めているという。
聞くところによると(つまりニュースソースを確認したわけではないが)、イギリスの議員の年間報酬は、日本円換算で900万円程度だという。
それをさらに引き下げようというのだ。
それに引き換え、日本の正規の議員報酬の平均は2,400万円だという。
しかもその他にも様々な名目の手当が別途出ているのだ。

日本の国家公務員の年金は、月額で45万円だというが、これは一般の上級管理職サラリーマンの月給とほぼ同じだ。
そして国民年金にいたっては、月額6万円前後なのだ。
これは生活保障月額(約11万円)より少ない
これに手を付けなくして、何が債務超過だ!
何が増税だ!


国民年金の支給年齢の引上げや、支給額の減額なんてとんでもない話だ。
なんとなく思うのだが、「支給」という言葉自体に違和感を覚える。
年金は、お役人のお手盛りで分けていただくものではない。
国民が一生懸命働いて得た収入の中から25年以上40年にもわたって支払い続けた(国に預けた)お金を返してもらうだけなのだ。
預けたお金を、失くしたり、無駄な建物を建てたり、運用に失敗して基金を失ったのを惚けすかして、その責任も曖昧にした挙句、謝罪もせず責任も取らず、増税でカバーしようなんてことは、国民から見れば「泥棒に追い銭」なのだ。
「増税已む無し」といっている人も(本当かどうか?例のごとく情報の捏造かもしれないが)居るというが、本当なら気が知れない。
居るとしても政治家や公務員とその関係者くらいだろう。

少子化、高齢化社会の所為で社会保障制度が危ういというなら、歳出を切り詰めるのが当然の考え方だ。
一般の企業、一般の国民、一般の家庭なら、皆そうしている。
そうして苦しい生活に耐えようとしているのだ。
泥棒して収入を増やそうなどとは、普通の国民は考えない。
当たり前だが、それは犯罪だからだ。

そうした国民の税金で暮らす人間が、それを横目で見ながら(あるいは蔑むように見ながら)自分たちは楽して暮らそうなんて許されてたまるか!!

国がやることは犯罪でないのか?

関連記事
スポンサーサイト
Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング

COMMENT

非公開コメント

特別拡散バナー


奇跡の母子犬
ひまわり/動物達の未来のために
生き物の命の重さに差があるでしょうか?
その重さは計れるでしょうか?

上質なサイトのリンク
お勧めサイトのリンク
ツィッター・タイムライン
最新コメント
最新トラックバック
スポンサードリンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。