プロフィール

半覚才

地球の過去と今と未来を見つめる3匹
のスペースキャッツ

Author:半覚才
自然とともに生きる、生き物が好き!
ホームページ「川越を遊ぶ」

そのニュースは本当か?
報道に疑問を!体制に批判を!権力の奴隷にはならない!

QR

ご意見・リンク等
★★★★★★★★★★★★★★★★
【ご意見・ご質問】
ご意見・ご質問はこちらからどうぞ。

また、回答を希望しないコメントは、コメント投稿蘭からお気軽にどうそ。


【Link Free】
転載、引用、リンクはご自由にどうぞ。 ただし、情報源は明示してください。

★★★★★★★★★★★★★★★★
最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
気になる地域の気になる情報
日本の原発

稼働状況と建設計画

気になる地域の現在の放射線量
気になる地域の天気情報


電力会社別の電力使用状況

地殻変動


-占い-

スポンサーサイト

Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング

国の目覚めはいつになるのか?

Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング
言ってることと起きていることが全くちぐはぐで整合性がない。
これで収束宣言なんて、信じる人は救われない事態になるだろう。
こんな無責任な政府は無い方がいい。

日本という国は、政治も司法も官庁もマスコミも、何もかもが正しく機能しなくなった。
呪われた国になってしまったのか?
今こそ、国民は正しい情報を得なければならないし、声を上げなければならない。

情報社会の現代、ツイッターでもブログでもホームページでも、政治に関する意見のほとんどが内閣府(官邸)に報告され、伝わっているはずだ。
政治家や官僚、一般市民をも巻き込んだ冤罪事件と原発事故に係わる裁判は、検察及び裁判官への信頼失墜をもたらした。
国民の権利と安全で自由な生活を、根こそぎ奪い去るものだ。
既に国家の態を為していない。


地下トンネルに放射能汚染水漏れる 福島第一原発
http://www.asahi.com/national/update/1218/TKY201112180252.html

コメ基準値超え29戸に 福島、伊達両市の一部
http://www.47news.jp/CN/201112/CN2011121801001804.html

20ミリSv未満、来春にも帰宅 避難区域再編を伝達
http://www.asahi.com/politics/update/1218/TKY201112180247.html

浜岡原発廃炉を決議 静岡・吉田町議会、30キロ圏で初
http://www.asahi.com/national/update/1216/TKY201112160491.html

高レベル放射性廃棄物の処分をテーマにしたドキュメンタリー映画が緊急公開!
http://www.moviecollection.jp/news/detail.html?p=2310

「震災後、東電は『死んでもいい人間』を集めた」原発に潜入したジャーナリスト
http://getnews.jp/archives/158296

原発幹部、非常用冷却装置作動と誤解 福島第一1号機
http://www.asahi.com/national/update/1217/TKY201112170568.html

収束してるわけがない!孫社長 原発事故の収束宣言に異論
http://itlifehack.jp/archives/6487570.html

原発とヒロシマ-「原子力平和利用」の真相-
http://blog.goo.ne.jp/ryuzou42/e/47bb4e0787294ff193c2976e3e9fab0d

2011.12.10 脱原発集会③ 鎌田慧さん


「事故収束」は表現至らず、反省…細野原発相
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20111218-OYT1T00819.htm
表現が至らなかったのではなく、故意に国民を欺こうという言葉を選んだのだろう。
謝罪する気があるなら、正式に記者会見を開いて、全国民の前で正しい言葉に換えて発表しなおすべきだ。


独ハンデルスブラット紙東京特派員のスピーチ 「原発事故後の生活」
http://d.hatena.ne.jp/eisberg/20111216/1324014227

『 ・・・あと数日でハンデルスブラット紙の日本特派員ではなくなります。予定より早く任期を終わらせて欲しいと本部にお願いしました。何故なら、私には3歳の息子がいます。私には息子に対する責任があります。私の目から見て、東京は現在、安心して子どもを育てられる町ではありません。被曝の不安があるのです。

こう考えるのは私だけではありません。お子さんのいるフランクフルター•アルゲマイネ紙の女性特派員も同様の決断をしました。彼女は来年1月1日付けで北京へ戻ります。ドイツ在外商工会議所は、小さな子どものいる人はもう誰も日本へ駐在に来ないと言っています。大使館でも日本への駐在を拒否する職員がいます。大使館が職員に推薦するドイツ人医師も、ドイツ人やフランス人の患者はもうほとんど来なくなったと言っています。・・・・

汚染物質を集めて保管するだけでも30年かかり、環境省はそれには140億米ドルかかるとしています。2800万トンの汚染された土壌、2300万トンの瓦礫を保管しなければならない。どこへ保管すればいいのでしょう。それすらもまだ決まっていません。多くの県が放射性のゴミの保管を拒否しています。・・・・

原発自体の現状も安定した状況とは到底いえません。東電の最悪のシナリオによると、冷却装置が再び機能しなくなれば、38時間以内にまたメルトダウンが起こる可能性があるのです。・・・・

ある避難者はこう言いました。「泣きたくても泣くわけにはいきません。私が泣けば、ここにいる人みんなが泣きだすでしょうから」・・・・

最近の科学的調査で、セシウム137の大部分が日本の東部および北東部に降ったことがわかりましたが、その半減期は30年です。・・・・

そして最後に私の個人的な考えを述べさせて下さい。メルケル首相の脱原発の動機やタイムラインについて、いろいろな意見があるでしょうし、議論はこれからも続いて行くでしょう。しかし、日本でのフクシマの経験はドイツの脱原発の決定が絶対に正しいということを私に教えてくれました。 』


このドイツの特派員の言葉は、私たち日本人はどういう心で聴くべきだろうか?



韓国が異例の強硬姿勢 日韓首脳、慰安婦問題で対立
徒労感隠せぬ日本
http://www.nikkei.com/news/headline/article/g=96958A9C93819481E3EAE2E3E68DE3EAE3E0E0E2E3E38297EAE2E2E2
この問題もそうだが、竹島問題で弱気な姿勢を見せて遠慮するから、さらに足元を見られて押し込まれることになるのだ。
国際的な交渉はいつもそういうことで、決して甘いものではないことを知るべきだ。
世界の首脳達は常に戦場の最前線に立つ気持ちで交渉し、闘ってきている。
韓国民は、本気度は別にしても、日本と戦争して叩き潰しても構わないという気で意見をし、行動しているはずだ。
野田よ、目を覚ませ!!
いつまでも泥の中から首だけを出している場合ではないぞ!!

ニュースの深層12/13(火)「鈴木宗男氏が語る 新たなる政治活動」






小沢一郎裁判、「無罪」証言から考えるべきこと
http://sengoshi.blog.so-net.ne.jp/2011-12-18

日本を守ろうとした人が捕まり、売ろうとしている人間がのうのうとしている 田中龍作
http://blog.goo.ne.jp/tengoku69/e/95a71ba8c63e0d2d15f7b7dba6ededd7

沖縄防衛局長「オフレコ報道問題」を考える。官僚に都合のいい「匿名」に頼るからマスコミは信用されなくなった
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/29370

日本では正義が行われなくなったばかりか、訴えても、それを判断する機能もなくなってしまった。
すべての原因は、社会が子供や若者を教育、教導することを放棄してしまった、あるいは、放棄させてしまったことにある。
幕府の崩壊や開国、戦争、そして敗戦などの大きな事変に見舞われないと、目が覚めないのだろうか?
我々は歴史の何を勉強してきたのだろうか?


新橋での街頭演説模様/野田総理は野次に圧倒されたか?金正日死去の知らせに、慌てて退散、ドタキャン。




原発事故、起きてしまったものはもう後へは戻せない。
私たちは汚染瓦礫を受け容れられない。
しかし、避難する人々を受け入れることはできる。
私たちは汚染された食べ物を摂ることはできない。
しかし、汚染されない食べ物を送ることは出来る。

無謀な支援を人に勧めてはいけない。




関連記事
スポンサーサイト
Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング

COMMENT

非公開コメント

特別拡散バナー


奇跡の母子犬
ひまわり/動物達の未来のために
生き物の命の重さに差があるでしょうか?
その重さは計れるでしょうか?

上質なサイトのリンク
お勧めサイトのリンク
ツィッター・タイムライン
最新コメント
最新トラックバック
スポンサードリンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。