プロフィール

半覚才

地球の過去と今と未来を見つめる3匹
のスペースキャッツ

Author:半覚才
自然とともに生きる、生き物が好き!
ホームページ「川越を遊ぶ」

そのニュースは本当か?
報道に疑問を!体制に批判を!権力の奴隷にはならない!

QR

ご意見・リンク等
★★★★★★★★★★★★★★★★
【ご意見・ご質問】
ご意見・ご質問はこちらからどうぞ。

また、回答を希望しないコメントは、コメント投稿蘭からお気軽にどうそ。


【Link Free】
転載、引用、リンクはご自由にどうぞ。 ただし、情報源は明示してください。

★★★★★★★★★★★★★★★★
最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
気になる地域の気になる情報
日本の原発

稼働状況と建設計画

気になる地域の現在の放射線量
気になる地域の天気情報


電力会社別の電力使用状況

地殻変動


-占い-

スポンサーサイト

Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング

見、聴き、そして考えて語る

Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング
耳が痛まない、脳に汗をかかない、口が考えない、心で見ない。

これが現在の日本の官僚や政治家、利権に群がる人たちの姿。
東電などから金を貰って脱原発論者を攻撃するのも、極めてせこく低いレベルだが利権に群がっているものと見てもいいのだろう。
経済よりむしろ、心貧しき者たちと言える。

この人たちには、どんな手を使って意見をしようと、決して目覚めることはないのかもしれない。
「金色夜叉」のお宮さんもそうだが、はるか昔からこういう人間は耐えることなく現れ、そして歴史の波の中で、醜い皮だけを残して消えていくことになる。

その汚名と悪臭は子孫までも苦しめることになるのに。
当然、そこまで考える余裕も能力もないのだろう。


新党:鈴木宗男氏、松木謙公氏ら「大地・真民主党」結成へ
http://mainichi.jp/select/seiji/news/20111229k0000m010084000c.html

橋下市長「既得権を破壊」市議会施政方針
http://osaka.yomiuri.co.jp/e-news/20111229-OYO1T00165.htm?from=top
本来、民主党がこれをやらなければいけなかったんだけど。
金の亡者の猛反対、猛陳情に負けてというか、自分も利権に目が眩んで腰砕けになっちゃった。
大阪はどこまでやれるか?
もし、とことん出来るなら、大阪をそっくり日本政府にしてもいいくらいだ。



分限免職で公務員削減を=民主・前原氏
http://news.goo.ne.jp/topstories/politics/81/456be1c46d00b296889c0d90f8380af8.html?fr=RSS


政治を変えるのは国民の力しかない 
http://ulutorasoul.blog.fc2.com/blog-entry-1766.html
TTP対談vol.02(3) 東京大学教授・鈴木宣弘×大地を守る会代表・藤田和芳
http://www.youtube.com/watch?v=wumdlqFL6f0


「このままいけば、消費税は30%を超しても財政再建は出来ません。その行く末はまさにギリシャ。」

禁じ手の「粉飾決算」でごまかす来年度予算案
http://blogos.com/article/27701/
会計操作の数々:単に「粉飾決算」と呼ぶべき「会計操作」を行った結果であり、その内実は火の車、実際には過去最大の大膨張予算。


財務省 古賀茂明氏筆頭の増税反対派出すなとTV局に圧力
http://www.news-postseven.com/archives/20111229_78181.html

飯も食わさず贈り物も貢がず… [田中康夫 にっぽん改国]
http://www.asyura2.com/11/senkyo124/msg/250.html

世界中を巡り取材してきたある人が言うには、国営放送のプロパガンダに洗脳されきって、何の疑問も持たない国民は、世界中で北朝鮮と日本だけになったと。
中国でさえ、今では自由な発言に対して緩やかになり、ネット上の議論や情報拡散も、その自由さにおいては日本を超えてきたとも。


直接見聞したわけではないので、比較が正しいかどうかは分からないが、感覚的にはどうもそんな感じがする。

プレゼンの仕方が進化し、パワーポイントの活用も進んで、情報を受け取る側は完全に選別され、整理され、分類されて、自分で難しい分析をしなくても知識を得られるようになったのと引き換えに、その正否を自分で比較分析する能力が失われ、その労力を惜しむようになってしまったのか?

その結果として、大手マスコミが国民の意識の誘導に利用され、メディア側も積極的にそのミッションに加担しようというようになって来たのかも。

日本は世界の動向に逆行して、全体主義に走り出そうとしているように思えてならない。
それを阻止することが出来るのは、国民ひとりひとりの意識でしかない。

効果があれば、そしてそこに経済的メリットがあれば、それがなくなることはないだろう。
ピンサロしかり、贈収賄しかり、暴力団しかり、その他諸々の悪事はすべて世の中の仕組みにしっかり組み込まれている。

それにしても、贈収賄については、マスコミも国民も検察も目くじらを立てて追及するが、東電が住民の意識を金で買い取る行為が追及されないのはなぜだろうか?
政治家の贈収賄とどこが違うのだろうか?



小沢一郎氏 2012年は最後のご奉公、文字通り「最後」と語る
http://news.livedoor.com/article/detail/6156304/
山は動かず。
どうするつもりか?
何も語らないのは、裁判中の所為か?


鈴木宗男氏、新党「大地・真民主党」届け出
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20111228-OYT1T00977.htm
民主党の名前を入れて、国民は信頼できるのかどうか?
よほどしっかりした政策とビジョンを持って語り掛けないと難しいのでは?


関連記事
スポンサーサイト
Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング

COMMENT

非公開コメント

特別拡散バナー


奇跡の母子犬
ひまわり/動物達の未来のために
生き物の命の重さに差があるでしょうか?
その重さは計れるでしょうか?

上質なサイトのリンク
お勧めサイトのリンク
ツィッター・タイムライン
最新コメント
最新トラックバック
スポンサードリンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。