プロフィール

半覚才

地球の過去と今と未来を見つめる3匹
のスペースキャッツ

Author:半覚才
自然とともに生きる、生き物が好き!
ホームページ「川越を遊ぶ」

そのニュースは本当か?
報道に疑問を!体制に批判を!権力の奴隷にはならない!

QR

ご意見・リンク等
★★★★★★★★★★★★★★★★
【ご意見・ご質問】
ご意見・ご質問はこちらからどうぞ。

また、回答を希望しないコメントは、コメント投稿蘭からお気軽にどうそ。


【Link Free】
転載、引用、リンクはご自由にどうぞ。 ただし、情報源は明示してください。

★★★★★★★★★★★★★★★★
最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
気になる地域の気になる情報
日本の原発

稼働状況と建設計画

気になる地域の現在の放射線量
気になる地域の天気情報


電力会社別の電力使用状況

地殻変動


-占い-

スポンサーサイト

Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング

人であるため、リーダーであるために

Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング
人が人であり続けるために必要なことは、生涯勉強し続けること。
真剣に生きることがそのまま勉強であり、それを辞める理由もきっかけもないはずだ。


責任ある地位に就くことは、それが目的であってはならない。
その後に続く責務を全うするためにこそその地位を目指すべきなのだ。
そこには利己的な権益の何物も入り込む余地はない。
大衆がある人をリーダーに望むということはそういうことなのだ。
だから一層、そういう人は勉強に励まなければならない。


東電国有化へ。一時国有化か実質国有化かーー報道差異まとめ
http://blog.livedoor.jp/amenohimoharenohimo/archives/65782599.html
東電の国有化は、今のところどう決着つくのかわからない。
そして国有化になった場合の問題も、そちこちで指摘されているように、幾つかあるだろう。
それでもなお、国有化には賛成したい。
なぜなら、今のままの東電では、充分な補償や事故処理、爾後対策をする力はないし、その気もないからだ。
たとえ無理して出来たとしても、その負担はすべて国からの支援金(後に税金)および電気料の値上げで国民の負担になるだけだ。

同じ負担になるなら、一旦国有化し、整理するものは整理、分離するものは分離して、原発の順次縮小と電気料金の永続的な軽減を図って欲しいと思う。

【協賛企画】今中哲二さん講演会「放射能汚染調査から見た福島とチェルノブイリ」
  ■□■市民社会フォーラム協賛企画■□■
非核の政府を求める兵庫の会 第26回総会記念講演
 放射能汚染調査から見た福島とチェルノブイリ
日 時 2012年2月19日(日)14:30~16:30
会 場 生田文化会館大ホール(神戸市)
講 師 京都大学原子炉研究所  今中 哲二 さん
参加費無料 どなたでもご参加できます。
311福島原発事故と86年のチェルノブイリ原発事故、この二つの事故後に現地調査をされた今中哲二さんに、原子力発電の危険性と放射線汚染の状況について、講演いただきます。
お問い合わせは、非核の政府を求める兵庫の会事務局 
 電話 078-393-1833 e-mail shin-ok@doc-net.or.jpまで
協賛:市民社会フォーラム
今中 哲二(いまなか・てつじ)さん
 1950年生まれ、広島市出身。専門は原子力工学。
大学院時代より原子力開発の在り方に疑問をもちはじめ、原発を推進するためではなく、原発利用にともなうデメリットを明らかにする研究に従事。
広島・長崎原発による放射線被曝量の評価、チェルノブイリ原発事故の影響解明、セミパラチンスク核実験場での放射能汚染調査などを行っている。
『原発を終わらせる』(石橋克彦編、岩波新書、2011)に「原発事故の災害規模」を執筆。
【会場アクセス】生田文化会館
http://www.kobe-bunka.jp/facilities/ikuta/map.htmlw
神戸市営地下鉄「県庁前駅」西3番出口徒歩約5分
JR「元町駅」西改札徒歩約10分
阪神電車「元町駅」西改札口北出口徒歩約10分
神戸高速「花隈駅」東改札口徒歩約10分

東電、課題多く厳しい年に 社員「とにかく賠償を」
http://www.47news.jp/CN/201201/CN2012010401000851.html
東電社員も東電あるいは原子力ムラとも呼ばれる組織および政治家の犠牲者なのだろう。
電力会社の解体とともに、政界の再編、政治家の再選挙をしなければ、何も変わらない。
そして何よりも前に、国民の意識が変わらなければ、、、、、。


新経済産業大臣。【中野剛志】【TPP】日本絶対不利のルールと法律・政治力無く手玉に


中野剛志 TPP 平成の黒船ではなく泥船、平成の開国ではなく売国


小沢一郎氏 TPPで米の狙いは農業ではなく郵貯、医療分野
http://www.news-postseven.com/archives/20120104_78636.html

橋下市長支える元官僚5人組 「大阪から国を変革」府市統合本部などに集結(1/4ページ)2012/1/2 19:19
http://www.nikkei.com/news/headline/article/g=96958A9C93819A91E0EAE2E09C8DE1E2E3E0E0E2E3E3E2E2E2E2E2E2

農水省、農漁村で再生エネ推進 新法制定を検討(01/04 09:09)
http://www.hokkaido-np.co.jp/news/politics/341214.html
結果、開発業者や不動産業者、電気事業者などが大挙して利権に群がり、金をばら撒いて農林水産業を壊滅させなければいいが。
そういう歴史は、過去にも全国で何度も繰り返されて来ている。

斎藤・中後 若手注目議員 民主党の"今"を語る!11/12/10




関連記事
スポンサーサイト
Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング

COMMENT

非公開コメント

特別拡散バナー


奇跡の母子犬
ひまわり/動物達の未来のために
生き物の命の重さに差があるでしょうか?
その重さは計れるでしょうか?

上質なサイトのリンク
お勧めサイトのリンク
ツィッター・タイムライン
最新コメント
最新トラックバック
スポンサードリンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。