プロフィール

半覚才

地球の過去と今と未来を見つめる3匹
のスペースキャッツ

Author:半覚才
自然とともに生きる、生き物が好き!
ホームページ「川越を遊ぶ」

そのニュースは本当か?
報道に疑問を!体制に批判を!権力の奴隷にはならない!

QR

ご意見・リンク等
★★★★★★★★★★★★★★★★
【ご意見・ご質問】
ご意見・ご質問はこちらからどうぞ。

また、回答を希望しないコメントは、コメント投稿蘭からお気軽にどうそ。


【Link Free】
転載、引用、リンクはご自由にどうぞ。 ただし、情報源は明示してください。

★★★★★★★★★★★★★★★★
最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
気になる地域の気になる情報
日本の原発

稼働状況と建設計画

気になる地域の現在の放射線量
気になる地域の天気情報


電力会社別の電力使用状況

地殻変動


-占い-

スポンサーサイト

Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング

政治家は、有言実行が基本

Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング
街づくりプランのプロ
東北3県の復興計画の策定には、これまで日本全国で街づくりを設計し成功させてきた実績のあるプロたちも参加させたらどうだろうか?
役人や政治家だけで考えるより現実的で卒のない、しかも効率的合理的な案が期待できるのではないだろうか?
日本には様々な分野で活躍するその道のプロたちが大勢居るので、そういう人たちの知恵と力を借りるべきだと思う。

仮設住宅でも、北国の建築家は北国独特の知恵とノウハウを持っているのだから、寒さ対策も工夫した建物を作ることが出来る。
地元の業者を使わずに、あるいは手を貸してもらわずに、中央から大手の建築業者だけを集めてやっつけた建物にはやはり不備があって当然なのだ。


政治家は、有言実行が基本
総理大臣たるもの、先頭を切って自ら方針を決め堂々と発表し、そしてブレてはいけない。
変えたいとき、変えなければならないときは速やかに理由を説明して、ぐずぐず言わずにはっきりと変えるべきだ。
そこには屁理屈も詭弁も出る幕がない。

人に書いてもらっただけの作文をただ読むだけなら小学生でも出来る。
自分の頭と心で描いた所信がにじみ出てこなければ、何をいったい表明し、国民に訴えようとするのかわからない。
対立政党の元総理大臣(しかも自分が散々批判して引き摺り下ろしてきた総理大臣)の演説を引用するなんてもってのほかだ。
男芸者(これが差別用語だったらごめんなさい)そのものじゃないか。
最近の自称オカマたちだってはるかにマシで気風のよい態度を取っているゾ。

しかも、国会での演説を聴いていると、国民向けというより野党向けの演説のように聞こえる。
目も気持ちも国民の方を向いていない。
これで国民に納得できる説明が出来たと思っているのか?
もしそう思っているとしたら、相当救いようのないK.Y.だろう。


沖縄県、海洋温度差発電を実証へ 実海域で検証、世界初
http://www.47news.jp/CN/201201/CN2012012601001256.html

除染 住民の同意や人手確保課題に
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20120127/t10015567561000.html
何をするにも無計画で行き当たりばったり。
すべてを除染するなんてどう考えても不可能か、気が遠くなるほどの費用と期間がかかるはずだ。

除染効果が高く、早急な街づくりに適した地域やポイントを絞り込んで区分し、詳細に除染の工程表を作り、無理なところはその除染費用などと居住不可能な期間とを明確に示すのが政治であり、それこそ不退転の決意で取り組みべきことではないのか。
政治家として命を懸けるべきところを見失っている。


原発、国際ルール必要=ダボス会議で菅前首相
http://www.asahi.com/international/jiji/JJT201201260158.html
菅前首相という人物の政治家としての能力は無能であって、やっぱり市民運動家なのだろう。
しかし政治家であろうと市民運動家であろうと、、自分の誤りに気付いた時点でただちに主張を変えていくのは決して間違いでないと思うし、その点は野田総理よりも評価できる。
ただし、どちらも政治家としては評価できるものは何一つない。


ざまぁみやがれい!
原発裁判の実態 志賀原発2号運転差止め判決の裁判長と小出裕章の対談
1/25(2)

裁判官は、今後の裁判で最後の良心を振り絞れるか?
国民の怒りを前に、いつまでも「触らぬ神に祟りなし」では済まないだろう。
それとも、国民の怒り方がまだ足りないというのか?


小出裕章が語る、福島第一原発2号機内の内視鏡調査の失敗 1/19(2)


「原発寿命が40年以上に伸びる事情」と「玄海1号炉が約90度で原子炉がパリッと割れる脆性破壊の恐れ」 11/29小出裕章



福島原発事故 記録を隠蔽「愚者の楽園」/「衆愚の中からは衆愚しか生まれない」悪党小沢一郎に仕えて
http://blog.goo.ne.jp/kanayame_47/e/15674c723318cd6fc3cc8ac288c30583


年金財源、試算示さぬ方針 増税議論への影響懸念
http://www.asahi.com/politics/update/0127/TKY201201260769.html
テーブルゲームをやっているわけではないのだから、手の内も見せずに賭けてくれと言うのは無理がある。
国民はそんな無謀な賭けには乗らない。

元官僚・古賀茂明「2012年の希望を見出すなら、改革派第3勢力の結集だ」
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20120119-00000303-playboyz-soci
どこに期待するかと言われたら消去法で行くしかないが、しっかりとした理念とエクスキューズのない実行力を示すことだ。
はたして国民を騙さない政党が現れるのだろうか?


官僚が書いていることがバレバレ・・・野田、福田、麻生総理の演説文句が同
http://blogos.com/article/30291/
わが国の超エリートたる官僚も知恵が浅くなったものだ。
国民としても恥ずかしいことこの上もない。
我々はもう諦めたし、この次には決してこの人間もこの政党も選ばないが、残された政権時間の間に、せめて諸外国に恥を撒き散らさないで静かに幕を閉じて欲しいと願うばかりだ。


天下り法人「温存」が狙いじゃないのか?
http://news.livedoor.com/article/detail/6222897/
天下り問題には手は付けないと決めたようだ。
余程官僚から恫喝されたか、度重なるレクチャーで洗脳されたか、どちらかだろう。
誰か諸悪の根源たる官僚の親玉に鈴をつけに行ける人間はいないのか?
次の総理には、その決断と勇気も求められる。
これこそわが身を削るどころか、命を賭けることになるだろう。
たとえ、悪党といわれようと、国民から毛嫌いされようと、まずは最低でもそれが出来る政治家を望む。

古今東西、増税で財政再建をなしえた国はありません。(文藝春秋 2012年 01月号)
http://blog.goo.ne.jp/rick_diaz/e/e99fb8ef3b706991bb8f48867a9711a4
世界中の常識なのに、日本では、特に永田町や霞ヶ関では違った考えのようだ。
官僚に必要な資質も、公務員資格試験で問われるべきだ。
大学入試にプラスαを追加して難しくしただけの試験では意味がない。


関連記事
スポンサーサイト
Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング

COMMENT

非公開コメント

特別拡散バナー


奇跡の母子犬
ひまわり/動物達の未来のために
生き物の命の重さに差があるでしょうか?
その重さは計れるでしょうか?

上質なサイトのリンク
お勧めサイトのリンク
ツィッター・タイムライン
最新コメント
最新トラックバック
スポンサードリンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。