プロフィール

半覚才

地球の過去と今と未来を見つめる3匹
のスペースキャッツ

Author:半覚才
自然とともに生きる、生き物が好き!
ホームページ「川越を遊ぶ」

そのニュースは本当か?
報道に疑問を!体制に批判を!権力の奴隷にはならない!

QR

ご意見・リンク等
★★★★★★★★★★★★★★★★
【ご意見・ご質問】
ご意見・ご質問はこちらからどうぞ。

また、回答を希望しないコメントは、コメント投稿蘭からお気軽にどうそ。


【Link Free】
転載、引用、リンクはご自由にどうぞ。 ただし、情報源は明示してください。

★★★★★★★★★★★★★★★★
最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
気になる地域の気になる情報
日本の原発

稼働状況と建設計画

気になる地域の現在の放射線量
気になる地域の天気情報


電力会社別の電力使用状況

地殻変動


-占い-

スポンサーサイト

Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング

赤字財政と原発震災からの立ち直り

Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング
IMFが日本に対し消費税15%に引き上げるように提言-主要国「消費税」ランキング
http://www.best-worst.net/news_VbTtLFwK2.html
国によって事情が違うのだから、税率の比較だけで簡単に決められるものではない。
欧米人の感覚は大雑把でガサツ、身勝手だから困る。
また、ヨーロッパの多くの国は、生活必需品(特に食料品)は非課税又は低率に抑えられている。
これは増税するにしても、ぜひ見習って欲しいものだ。

多くの経済学者や専門家は、経済成長を前提にし、又はそれを望んだ上で意見を展開しているが、経済は成長する時ばかりでなく、衰退し続ける時代もありうるのだ。
今、欧米や日本はその時代に突入しようとして入り口に立っている。特に日本の場合は人口減少問題もあり、真剣に取り組まなければならないはずだ。
それでもなお、消費税増税を真っ先に考えなければならないのか?
もう、小学生以下の議論はやめにしよう。

消費増税の行方~結局、どんな国をつくりたいのか
 編集委員 山口聡
http://www.nikkei.com/biz/focus/article/g=96958A88889DE1EAE6E5E0E7E3E2E2E3E2E0E0E2E3E0E2E2E2E2E2E2;p=9694E3E2E3E3E0E2E3E3E7E0E5EA
この主張も、さすがに日経新聞だと思わせるものがある。
収支のバランスが悪いから増税が正しいと!?。

消費税増税がベストの手段なのか?
他に方法がないのか?
なぜ歳出の削減を考えないのか?


少子高齢化がほとんど確定的で、年経るごとに深刻になって日本の人口は減少するばかりになるだろう。
人口が少なくなるのに、いつまでも頭でっかちの大きな管理体制、無駄飯食いの居候をたくさん抱えていては国は持つはずがないのだ。

どんなオタンコナスでも分かるはずだと思うのだが、、、、。
それが分からずに増税だけをして、豊かな社会保障と官僚優遇、役所増設と官僚増員を続けた国は破綻するに決まっている。

とことんダイエットして贅肉を落とし、身体を絞りきったあとに必要なカロリーと栄養だけを摂る様にしなければ、肥満体質のまま欲するカロリーとグルメ食品を求めていては益々肥満し、益々必要以上の食べ物が欲しくなるだけなのだ。
日本も早くおデブ体質から脱却しなければ大変なことになる。
既に高カロリー禁断症状が出てきている。


確率で考える経済学:成長のみでの財政再建、成功確率は概ねゼロ
http://agora-web.jp/archives/1428667.html


 上杉隆の東京脱力メールマガジン          
       『 TBSは2度死んだ。映画評論家への反論開始 』  
http://www.mag2.com/m/0001112241.html
メディアの現況と、旬で話題の論争に関心のある方はぜひどうぞ。
関心のない方はスルーしてください。


TPPで国を売る、宗像直子・経済産業省通商機構部長(グローバル経済室室長)
消費税の勝栄二郎、TPPの宗像直子、アメリカに洗脳されたキャリア官僚たち

http://blog.goo.ne.jp/2005tora/e/520141605fb9c407913d233411c0a508

TPPをごり押ししている相手は米国政府の背後にいる多国籍企業群。
http://d.hatena.ne.jp/boogierock/20120205/1328409109

012/02/02 第27回 TPPを慎重に考える会 勉強会
http://the-news.jp/archives/9504
TPP問題については、これまで出来るだけ広く情報を集め紹介してきましたが、やっと勉強会が開かれるようになって、誰もがその核心や問題点を見聞きできるようになってきました。
私たち国民も、決して無関心でいるわけには行かず、次期総選挙やアンケート、講演会など、多くの機会を捉えて主張していかなければなりません。
それが国民の大切な権利と義務であり、そのためにしっかりと自分自身の考え方をまとめておかなければなりません。



知っておくだけで全然違います!M8M9大地震そのとき最悪の場所にいても「生き延びる」方法を教えます
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/31664


首都直下地震、130万人避難先なし…被害想定
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20120202-OYT1T00613.htm
どこの国も似たり寄ったりかも知れないが、結局のところ、いざという時は、国は全国民の面倒は見切れないのだ。
自分と家族の生活や命は自分たちで守らなければならない。
いつまでもバブル時代の夢から醒めずに、チャラチャラとキリギリスのように歌い呆けていてはいけないのだ。
首都直下型に限らず、大地震は確実に目の前に迫っていると考えて準備しておかなければならない。


【原発】福島第一でまた汚染水漏れ 高線量検出(02/04 00:05)
http://news.tv-asahi.co.jp/ann/news/web/html/220203056.html
政府の正式発表なし。
大手全国紙、テレビの報道もなし。
知らん顔か?


東電が福島原発を再び公開 今度こそ取材の自由を
http://tanakaryusaku.jp/2012/02/0003612
枝野経済産業大臣ならびに原子力安全・保安院に対する口頭申し入れ
http://fpaj.jp/?p=2429

今度こそ自由な取材、真実の公開ができるのだろうか?
東電も国も、北朝鮮のやり方をそのまま真似しているように思えるが、彼らはそのことに気がついているのだろうか?
違和感を感じてはいないのだろうか?
情報隠蔽や一握りの特権者達の利権を守るようなことをしている国や政権が長続きしたためしはないのだ。


ルポライター鎌田慧さん脱原発訴え 明石で集会
http://www.kobe-np.co.jp/news/touban/0004792448.shtml


IDEC、太陽光発電分野に参入、B to Bで電力マネジメント事業を展開
http://www.kankyo-business.jp/news2012/20120203_b.html
[ENEX12]発電量が通常の2~3倍の風力発電機
http://response.jp/article/2012/02/02/169367.html

民間のこういう事業や活動が活発になることは非常に歓迎すべきことだ。
どのくらいの時間を要するのか、素人の私にはわからないが、いずれエネルギー改革とともに日本の産業発展に確実に寄与することになるだろう。
少なくとも電力に関する東電独占から正常な自由競争時代に向かうだろう。

これが内閣官房が発した原子力安全調査委員会設置法(案)です
http://www.tokyopressclub.com/2012/02/blog-post_04.html

原子力規制庁設置法案で怒れる『福島原発国会事故調』 第3回委員会・全記録
http://getnews.jp/archives/165491

日本国民の大半は怒ることを忘れたのか?
自ら放棄したのか?
怒ることは罪悪だと勘違いしていないか?
穏やかに我慢することが大人の行動だと刷り込まれていないか?
喜怒哀楽の感情を表現することがコミュニケーションの基本だというのに。



原発震災に対する支援とは何か ―― 福島第一原発事故から10ヶ月後の現状の整理 猪飼周平
http://synodos.livedoor.biz/archives/1891136.html

原発震災からの復興に向けて、ぜひ一度は精読しておきたい文書だ。
その上で、復興のあり方について被災者を中心にみんなで語り合おう。


関連記事
スポンサーサイト
Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング

COMMENT

非公開コメント

特別拡散バナー


奇跡の母子犬
ひまわり/動物達の未来のために
生き物の命の重さに差があるでしょうか?
その重さは計れるでしょうか?

上質なサイトのリンク
お勧めサイトのリンク
ツィッター・タイムライン
最新コメント
最新トラックバック
スポンサードリンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。