プロフィール

半覚才

地球の過去と今と未来を見つめる3匹
のスペースキャッツ

Author:半覚才
自然とともに生きる、生き物が好き!
ホームページ「川越を遊ぶ」

そのニュースは本当か?
報道に疑問を!体制に批判を!権力の奴隷にはならない!

QR

ご意見・リンク等
★★★★★★★★★★★★★★★★
【ご意見・ご質問】
ご意見・ご質問はこちらからどうぞ。

また、回答を希望しないコメントは、コメント投稿蘭からお気軽にどうそ。


【Link Free】
転載、引用、リンクはご自由にどうぞ。 ただし、情報源は明示してください。

★★★★★★★★★★★★★★★★
最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
気になる地域の気になる情報
日本の原発

稼働状況と建設計画

気になる地域の現在の放射線量
気になる地域の天気情報


電力会社別の電力使用状況

地殻変動


-占い-

スポンサーサイト

Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング

勇気ある議論は必要

Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング
300キロ超の避難を議論 第1原発事故で米NRC
http://www.topics.or.jp/worldNews/worldScience/2012/02/2012022301000645.html
このとき日本政府は、自国民の安全のことは全く考えていなかった。
その後も「ただちに健康への影響はない」と繰り返すのみだ。
原発のことも、放射線のことも知らなかったでは済まされない。
放射線被爆による本当の被害はこれからだと言うのに、再稼動のことしか頭にないというのはどういう神経をしているのか。
明治から昭和にかけての軍国主義、帝国主義時代の政府と全く同じように、国民を死に追いやる政党ではないか。

「ストレステスト審査書提出に抗議する緊急声明」井野博満氏・後藤政志氏
http://kiikochan.blog136.fc2.com/blog-entry-1544.html
この声は政府に届いているのだろうか?
既に裸の王様となった野田政権の耳は塞がれてしまったのか?


2012/02/21 自由報道協会主催・馬淵澄夫衆議院議員記者会見
http://the-news.jp/archives/10340

Video streaming by Ustream


Video streaming by Ustream


【土壌から108万ベクレル!】市民団体が記者会見で発表!
ホットスポットが広範囲に存在

http://www.best-worst.net/news_WKrmZn8wo.html


映画『核の傷:肥田舜太郎医師と内部被曝』
http://www.uplink.co.jp/kakunokizu/
2012年4月7日(土)より渋谷アップリンク他、全国順次公開
―被爆者治療と核廃絶 運動に献身した肥田医師が内部被曝の実態を訴える。
日本版ナレーション、染谷将太。
併映作品『311以降を生きる:肥田舜太郎医師講演より』


原発事故の被害と補償 フクシマと「人間の復興」
http://www.e-hon.ne.jp/bec/SA/Detail?refShinCode=0100000000000032710472&Action_id=121&Sza_id=C0
[要旨]
東電の責任逃れを許してはならない。
被害の「全面補償」とエネルギー政策の転換へ。
子どもたちの今、そして未来のために。
[目次]
序章 福島原発事故と「人間の復興」
第1章 事故による深刻な被害
第2章 原発事故が引き裂く地域
第3章 被害の全面補償を求めて
第4章 責任と費用負担―補償財源をめぐる攻防
終章 原子力・エネルギー政策の転換に向けて
著者紹介
大島 堅一 (オオシマ ケンイチ)  
1967年生まれ。1997年、一橋大学大学院経済学研究科博士課程単位取得。一橋大学博士(経済学)。現在、立命館大学国際関係学部教授
除本 理史 (ヨケモト マサフミ)  
1971年生まれ。1999年、一橋大学大学院経済学研究科博士課程単位取得。一橋大学博士(経済学)。現在、大阪市立大学大学院経営学研究科准教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


福島第1原発、報道陣への2度目の公開
http://jp.wsj.com/japanrealtime/blog/archives/9491/
これでもまだ立ち入り不可、見ることも出来ない場所があるとか!?
こんな東電をいつまでも生かしておいていいのか?



有事対応の体制に問題点、判断機能と権限が焦点
――4月発足「原子力規制庁」のあり方と課題

大前研一・ビジネス・ブレークスルー大学学長×平智之・民主党衆議院議員 特別対談【前編
http://diamond.jp/articles/-/16252
結論から言うと、残念ながらうまく機能するとは思えませんね。
まず安全管理に対する国の姿勢がなっていない。
名前だけ変えても中身が旧態依然。
メンバーの立ち位置も出向では腰が座らない。
複数の縦割り官庁の意向が、相変わらず影響を与える組織になっている。
民間では到底ありえないような組織形態だ。
あくまで原発を推進したい、再稼動を邪魔させたくない、という考え方が見え見えだ。
アメリカの原子力規制委員会から組織作りの指導を受けた方がまだマシだ。
何でもアメリカの言うことを聞く政府のくせに、福島の事故当初もアメリカの助言や支援を断ったように、これだけはアメリカの手を借りたくないらしい。



beachmollusc ひむかのハマグリ
河川官僚
http://beachmollu.exblog.jp/17403593/
自然エネルギーを増やさせない元経産省官僚の欺瞞
http://d.hatena.ne.jp/satohhide/20120221/1329796416
痛いことからも目を逸らさずに真実を追い求めよう。


「宇宙太陽光発電」は日の目を見るか
日本が先行する新エネ技術 コスト構造の革新が不可欠

http://www.nikkei.com/tech/ssbiz/article/g=96958A9C93819696E3E6E29AE68DE3E4E2E0E0E2E3E0E2E2E2E2E2E2;p=9694E3EAE3E0E0E2E2EBE0E4E2EB
科学の進歩は目覚しい。
SF映画や漫画の夢が次々と実現して行く。
嘗ての鉄腕アトムの夢はどうやら失敗したようだが、それでもいい。
人間は失敗から多くのことを学び取っていかなければならないし、それができるはずだ。
おそらくこのプロジェクトも近い将来、実用化されるのだろう。
どうか、国も財界も邪魔をせずに支援してやって欲しい。


「小沢事件と民主主義:官僚の利権・既得権者を守るため、国会議員を罠に嵌めたもの(徳山勝)」
http://sun.ap.teacup.com/souun/6802.html


河村市長の南京発言、中国ネット世論過熱 新聞も大展開
http://www.asahi.com/international/update/0222/TKY201202220756.html
善意に解釈すれば、両国ともに歴史の真実を知るいい機会になったと思う。
もっとも正しい歴史と言うのが見つかればの話だが。
日本人も他国との議論に慣れる必要がある。
政治についても全く同じことが言えるわけで、国内外で議論しなければならないことがいっぱいあるにも拘らずみんなで逃げている。
特に政治家が逃げてしまっては、国民の総意に基づいた素敵な国ができるわけがない。


増税の前に議員や公務員をリストラする方が先ではないですか?
第3回 財政再建の成功に必要な「ナナサンの法則」

http://business.nikkeibp.co.jp/article/interview/20120214/227179/?rt=nocnt
誰がなんと言おうと、政府内にはまだまだ無駄があり、ある専門家の試算では、その無駄だけで軽く10兆円は超えるだろうとも言われている。
これは単純な無駄だけを試算しているのであって、これを排除したからと言って、経済に悪い影響を与えるはずがない。
この議論をもっと真剣に行うべきであり、その中身を国民に知らしめるべきだ。
今国会の議論では、そのことにはほとんど触れておらず、大半が瑣末なことや揚げ足取りに時間を費やしている。
そもそもこのような国会そのものが無駄の根源なのだ。


ギリシャ、追加歳出削減策を閣議決定 支援の条件
http://www.nikkei.com/news/latest/article/g=96958A9C9381959FE3EBE2E29E8DE3EBE2E0E0E2E3E09494E0E2E2E2
日本も相当な覚悟をしないと、自滅するか、海外からの圧力に潰されるか、それとも倒産した後に、屍に群がるハイエナのように食い尽くされ、日本と言う国は陰も形もなくなるかもしれない。
日本の土地や資産を守ろうとする国はあっても、国民を守ろうとする国はないだろう。

消費税増税に経団連が賛成するのは“輸出戻し税”あるため
http://www.excite.co.jp/News/society_g/20120221/Postseven_89211.html
政治家も財界も、わが身だけよければそれでよいと言う考え方では日本の危機は救えない。
かくも愚か者が蔓延り、しかもそれらが国のリーダーになってしまっているのはなぜだろうか?
国民の無意識の意識がそれを増長させたのか?
国民の財布に手を突っ込むより、国全体の心の奥底に手を突っ込んで治療しなければならない時期かもしれない。

大阪維新の会「増税容認」報道の怪。ミスリードする増税勢力の世論工作に騙されるな ~「現代ビジネス」
http://d.hatena.ne.jp/otomoryousuke/20120221/1329829136
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/31875

消費増税:財務相、景気の大幅改善なしでも可能
http://aoiumihakodate.cocolog-nifty.com/blog/2012/02/post-27dd.html
結局は何が何でも消費税増税したいと言うことなんだろうね。
ここでもまた同じ手口で国民を欺瞞する政党。
どこまで国民を騙すつもりだろうか?
何度でも騙せると思っているのだろうか?
「振り込め詐欺」と同じではないか?
政府が行えば犯罪にはならないの


ブログランキング

loveyassy 田中康夫
「瓦礫処理で細野豪志環境相を批判」泉田裕彦新潟県知事「どこに市町村ごとに核廃棄物場を持っている国が

http://hiwihhi.com/loveyassy/status/172227192066015232

ソコトコ 2012年02月22日 吉田照美 上杉隆 問題発言


東電社員でありながら議員二重報酬の実態
http://socialnews.rakuten.co.jp/link/%E6%9D%B1%E9%9B%BB%E7%A4%BE%E5%93%A1%E3%81%A7%E3%81%82%E3%82%8A%E3%81%AA%E3%81%8C%E3%82%89%E8%AD%B0%E5%93%A1%E4%BA%8C%E9%87%8D%E5%A0%B1%E9%85%AC%E3%81%AE%E5%AE%9F%E6%85%8B

ニコニコ取材班が福島第1原発取材結果を報告 「ぜひノーカット放送を見てほしい」
http://news.nicovideo.jp/watch/nw201817
http://live.nicovideo.jp/watch/lv81820555?po=news&ref=news#0:26:35

【 悪事をアバク 】+『石がものいう時が来る』 + 人間の創造者とはいかに
http://blog.goo.ne.jp/youteifan6/e/8db7beb04c41106e36a6c33782022058

なぜ日本政府は米国政府と結託して嘘をついたのか 映画『核の傷:肥田舜太郎医師と内部被曝』
http://news.mynavi.jp/c_cobs/news/getnews/2012/02/post_1531.html

2号機原子炉、1日で11.5度上昇=やや急、傾向注視―福島第1
http://jp.wsj.com/Japan/node_397749
同じ高さにあるもう一つの温度計は約2度しか上昇しておらず、東電は傾向を注視している。

2号機原子炉の圧力容器底部では、三つあった温度計のうち一つが故障していることが判明したばかり。残り二つで状態を監視している。
 



関連記事
スポンサーサイト
Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング

COMMENT

非公開コメント

特別拡散バナー


奇跡の母子犬
ひまわり/動物達の未来のために
生き物の命の重さに差があるでしょうか?
その重さは計れるでしょうか?

上質なサイトのリンク
お勧めサイトのリンク
ツィッター・タイムライン
最新コメント
最新トラックバック
スポンサードリンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。