プロフィール

半覚才

地球の過去と今と未来を見つめる3匹
のスペースキャッツ

Author:半覚才
自然とともに生きる、生き物が好き!
ホームページ「川越を遊ぶ」

そのニュースは本当か?
報道に疑問を!体制に批判を!権力の奴隷にはならない!

QR

ご意見・リンク等
★★★★★★★★★★★★★★★★
【ご意見・ご質問】
ご意見・ご質問はこちらからどうぞ。

また、回答を希望しないコメントは、コメント投稿蘭からお気軽にどうそ。


【Link Free】
転載、引用、リンクはご自由にどうぞ。 ただし、情報源は明示してください。

★★★★★★★★★★★★★★★★
最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
気になる地域の気になる情報
日本の原発

稼働状況と建設計画

気になる地域の現在の放射線量
気になる地域の天気情報


電力会社別の電力使用状況

地殻変動


-占い-

スポンサーサイト

Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング

日本人はいつ誤りに気づくのか?

Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング
国会 東京電力福島原子力発電所事故調査委員会
http://www.naiic.jp/

原発相、事故調に接触 中立性阻害 国会、厳重注意へ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120224-00000089-san-pol

この委員会を設置するよう提案した議員(塩崎氏?)は、自民党内でも干されているらしい。
脱原発を主張している議員も大勢いたはずですが、彼を見殺しにするのでしょうか?
情けない議員達ですね。









まず厳しく事故原因を調査して、反省すべきところは反省しなければ次へ進めないはずです。
まじめに事故調査をしようとしない人間は反省する気もないのでしょう。
何も期待できるものがない政権政党とはいえ、これはひどすぎる。
解散総選挙になることを祈るしかないのか?


首都直下地震、国も震度分布や被害想定見直しへ
http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20120308-OYT1T00150.htm

柏崎原発近くの断層、連動の可能性を再評価へ
http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20120307-OYT1T00981.htm
元々日本中どの地域も大地震の危険があり、ストレステストも東電の経営計画もでたらめなのだから、再稼動なんて考えれるはずもないのに。
金の亡者になると、人の命もそのほかの生き物の命も、わが子や孫の命までも考えなくなるのか?


放射能はいらない
【市川定夫】1935年大阪府生まれ。京都大学大学院修了。農学博士。米国ブルックヘブン国立研究所研究員、メキシコ国立チャピンゴ農科大学大学院客員教授、埼玉大学理学¬部教授等を経て、現在、埼玉大学名誉教授。その間、伊方原発訴訟や原爆症認定訴訟などの原告側証人として放射線と遺伝の関係を証言。また、ムラサキツユクサの研究は有名で¬、ごく低線量でも生物に影響があることを証明。1995年から原水禁国民会議副議長を務め、2011年4月に議長に就任。








<東海第2原発>茨城の生協が原電に廃炉を要望
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120302-00000115-mai-soci
現段階で放射能による健康被害を云々するのは時期尚早だろう。
必要なことは、最大限の安全を考えて少しでも放射線を検出したり、疑念が残るものを避けて遠ざかることだろう。
これは風評ではなくサバイバルの問題で、何も結果も出ず、分からない段階で健康への被害はないとするのはあまりにも無責任だ。


首相、「話し合い解散」否定 増税法案提出後の修正示唆
http://www.asahi.com/politics/update/0308/TKY201203080001.html
「我々の任期はまだ1年半ある。(消費増税と社会保障の)一体改革はやり遂げなければならない。復興や原発問題、経済再生をできるだけやり遂げた後で国民の信を問うのが基本」と強調。

この人の頭脳の具合は、多分数学には向いていないだろう。
これじゃ方程式は解けない。

とにかく民主党と野田政権には何一つ期待できるものはない。
早期に解散して、国民に信を問うてくれることを祈るばかりだ。


財務省がテレビ局に圧力:消費税増税批判の古賀茂明氏を使うな
http://ameblo.jp/kitanoyamajirou/entry-11171263641.html
ネット上では前から囁かれているが、さすがに大手メディアではニュースにもならない。

利権や既得権を守るためにはなりふり構わない、ひどい国になってしまったものだ。
生活や教育の根本から見直さなければならない。

昨日のラジオ民放局でゲストとして出演していた中沢新一氏の話から興味を持ったので、参考までにホームページを紹介します。
「くくのち学舎」 http://kukunochi.jp/
多分こういった草の根的な活動が必要なのではないだろうか?
効果が出るには相当な時間が掛かると思うが、現代の日本人に失われつつある精神や幸福感を取り戻すために考えてみる、あるいは実践してみる価値はあると思う。


中沢新一氏「緑の党のようなもの」グリーンアクティブ立ち上げ
http://www.webdice.jp/dice/detail/3416/



「機能しなかった津波警報」から1年
http://blogos.com/article/33055/
大天災に重なった数々の人災。
誰がこれを総括するのか?
今の政治家は逃げるばかりだ。








関連記事
スポンサーサイト
Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング

COMMENT

非公開コメント

特別拡散バナー


奇跡の母子犬
ひまわり/動物達の未来のために
生き物の命の重さに差があるでしょうか?
その重さは計れるでしょうか?

上質なサイトのリンク
お勧めサイトのリンク
ツィッター・タイムライン
最新コメント
最新トラックバック
スポンサードリンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。