プロフィール

半覚才

地球の過去と今と未来を見つめる3匹
のスペースキャッツ

Author:半覚才
自然とともに生きる、生き物が好き!
ホームページ「川越を遊ぶ」

そのニュースは本当か?
報道に疑問を!体制に批判を!権力の奴隷にはならない!

QR

ご意見・リンク等
★★★★★★★★★★★★★★★★
【ご意見・ご質問】
ご意見・ご質問はこちらからどうぞ。

また、回答を希望しないコメントは、コメント投稿蘭からお気軽にどうそ。


【Link Free】
転載、引用、リンクはご自由にどうぞ。 ただし、情報源は明示してください。

★★★★★★★★★★★★★★★★
最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
気になる地域の気になる情報
日本の原発

稼働状況と建設計画

気になる地域の現在の放射線量
気になる地域の天気情報


電力会社別の電力使用状況

地殻変動


-占い-

スポンサーサイト

Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング

瓦礫、原発再稼動、外交、消費税

Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング
政府院内交渉の基本的な質問書を事前に政府に提出
山本太郎さん、木下黄太さん、広瀬隆さんら呼びかけ人

http://gareki326.jimdo.com/
当日参加できなくても、賛同人になれます。
http://gareki326.jimdo.com/%E3%81%8A%E7%94%B3%E8%BE%BC%E3%81%BF/


【快挙】黒松内町(北海道)が明言「震災ガレキは受入れない」
http://alcyone-sapporo.blogspot.jp/2012/03/blog-post_2882.html?spref=tw


(必見:TVはやらない動画)川崎駅前の瓦礫受入演説に市民が猛烈な批判→黒岩知事・細野大臣・阿部川崎市長・林横浜市長・自民党(川口・田中)民主党(城島・田中・笠・本村・勝俣)
2012/3/18 16:00~始まった街頭キャンペーンの模様 市民の声
錚々たる偽善者の顔と声


http://portirland.blogspot.jp/2012/03/tv.html?utm_source=feedburner&utm_medium=feed&utm_campaign=Feed:+blogspot/UOenY+(portirland%E3%80%80%E9%9B%91%E5%A4%9A%E3%81%AA%E5%88%86%E9%87%8E%E3%81%AE%E3%81%BE%E3%81%A8%E3%82%81%E3%80%80%E3%81%9F%E3%81%BE%E3%81%AB%E5%B7%A5%E4%BA%8B%E4%B8%AD)









舞台の前にいるのは、大手新聞 テレビ局
演説順:黒岩裕治神奈川県知事 細野豪志環境大臣 阿部孝夫川崎市長
演説順:林文子横浜市長 小星相模原副市長 自民党川口順子参議院議員 民主党城島光力衆議院議員
演説者:自民党田中和徳衆議院議員 民主党田中けいしゅう衆議院議員 民主党笠ひろふみ衆議院議員 民主党もとむら賢太郎衆議院議員 民主党勝又恒一郎衆議院議員 細野豪志環境大臣


大飯原発でストレステスト 3断層連動の盛り込みが鍵
http://www.sankeibiz.jp/compliance/news/120324/cpc1203240840001-n1.htm

大新聞、テレビは、原子力安全委員会の報告と真意を伝えず、さも原発再稼動の準備が整ったがごとき論調。
日本のマスコミは未だ目が覚めず。
国民にとっては、かつて開戦に向けて誘導し続けた大本営報道のように、百害あって一利なし。

「再稼働の可否判断ではない」とする内閣府原子力安全委員会は安全性の判断そのものは示さず、「1次評価で再稼働は可能」とする政府とのスタンスの差は埋まっていない。

国民の意識調査も、都合の良い結果を求めて固定電話だけでの世論調査しかしない。
日経、読売、産経、その他御用マスコミの、この下心を全国民に知らせたい。



長谷川幸洋「ニュースの深層」
辞任は遅すぎる!「ドライベントを失念」して半径10Kmの住民避難を怠った「A級戦犯」斑目春樹原子力安全委員会委員長が「原発再稼働」ストレステストを判断する「危険」

http://gendai.ismedia.jp/articles/-/32055


映画『核の傷』:肥田舜太郎医師と内部被曝



広域処理を基礎自治体
に押しつける官僚独裁国家、日本

青山貞一 東京都市大学大学院
掲載月日:2012年3月12日
 独立系メディア E-wave Tokyo
http://eritokyo.jp/independent/aoyama-fnp10199...html
http://eritokyo.jp/independent/aoyama-column1.htm


東日本大震災:福島第1原発事故 放射能と健康被害考える 31日、高知で映画上映と講演会 /高知
http://mainichi.jp/area/kochi/news/20120322ddlk39040660000c.html


繁栄ない…山本太郎・鎌田慧さんら反原発デモ
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20120312-OYT1T00372.htm


ふくしま集団疎開裁判の件。
郡山では今も屋外活動制限中!

http://www.magazine9.jp/oshidori/120321/


日本の闇の中には、ドロドロの汚染物があるのか?更なる理不尽な圧力が。
古賀茂明さんが『テレビ朝日ワイド!スクランブル』を突然降板させられる

http://blogos.com/article/34760/

明日の昼はテレ朝ワイドスクランブルの木曜日レギュラーコメンテーターの最終回です。来週は用事があって、出られません。四月からは降板しろと言われました。理由はまだよくわかりません。わかったらお知らせします。
(古賀茂明氏のツイートより引用)



孫崎 享‏ @magosaki_ukeru
原発:福井県、首相に甘くみられたものだ。野田首相は県の反対ないと判断。福井県民の方々、金欲しいだけでないこと、是非共示して下さい。全国民に影響を与える正念場です。「原発再稼働、地元意向を踏まえ判断…首相。政府は、安全委が報告書を纏めるのを受け福井県側に再稼働の同意を求める方向」


国は充分に金をばら撒いた原発周辺の地元民は原発再稼動に反対しないだろうと踏んで、意見を求める地域を極端に狭めるという汚い手を使った。

滋賀、大阪、京都などの周辺府県も強力に反対しなければ、さらに甘く見られることになり、次々と残りの原発も再稼動に向かうだろう。


青山貞一:福島原発事故で本当に怖いのは魚介汚染 E-wave Tokyo
http://b.hatena.ne.jp/entry/www.youtube.com/watch?v=ALvIdgc824Q


ブログランキング

孫崎享氏のTwitterより“普天間の国外移転を真剣に考える時期/私の現在の政治スタンス”など
http://chikyuza.net/n/archives/21205

外交問題に関しては、相手国に対して様々な見方があって当然。
1対1の人間関係と大差はない。
そしてその一つ一つに対する対応も何百通りもあるはずだし、状況も日々刻々と変わるはずだ。
その変化を見過ごしたり、付いて行けないようでは外交もコミュニケーションも成り立たない。
国と国とのお付き合いとはそういうことだと思う。
日本の外交はどうなっているか?
正しく相手を見、正しく状況の変化に付いて行っているか?


高橋洋一氏が反論!「その消費増税論議、ちょっといいですか」
番外編 日銀の金融政策で財政再建と円安誘導は簡単にできる

http://business.nikkeibp.co.jp/article/interview/20120313/229746/?rt=nocnt
金融政策と財政再建問題は難しすぎて素人には分かり難い。
しかし、この不景気と被災地の復興も滞って苦しんでいる地域の人が大勢いる中での消費税増税が間違っていることだけは素人にも分かる。

社会保障改革の人参に騙されるな!
財政再建、消費税増税、社会保障改革は別々に考えなければならない。


「今、増税をすることが本当に良いのか]榊原英資さんは語る。
http://d.hatena.ne.jp/ks9215/20120323/p2


「官僚と、大資本によって、どのように大手マスコミが操縦されてゆくか:岩上安身氏」  TPP/WTO/グローバリズム
https://twitter.com/#!/iwakamiyasumi
http://sun.ap.teacup.com/souun/7063.html

元凶はしかし、官僚と大資本ではないと思う。
直接働きかけ影響を与えているのは確かに彼等かもしれないが、根底にあるのは日本国民の意識というか精神というか、そういうものの変化があるような気がする。
まず国民が変わらなければならない。
国民の価値観や幸福感などは、どうなって来ているのか?
日本の社会はどうなっているのか?
10年前、20年前、昭和、大正、明治、さらにそれ以前と比較して変化したことはないか?
そして、その変化が人々に悪い影響を与えているということはないか?
私たちは腰を落として旧きを尋ね、確かめる必要があるのではないだろうか?



朝日新聞から、読売新聞、TBS「朝ズバ!」まで小沢一郎元代表に対する報道姿勢を豹変!
http://blogos.com/article/34671/

また右へ倣え、か?
もっと独自の検証と主観を持てないのか?
これでは増税賛成、原発再稼動賛成、瓦礫処理は国民の協力が必要、と叫んでいるのとまた同じになりそうな。
関連記事
スポンサーサイト
Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング

COMMENT

非公開コメント

特別拡散バナー


奇跡の母子犬
ひまわり/動物達の未来のために
生き物の命の重さに差があるでしょうか?
その重さは計れるでしょうか?

上質なサイトのリンク
お勧めサイトのリンク
ツィッター・タイムライン
最新コメント
最新トラックバック
スポンサードリンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。