プロフィール

半覚才

地球の過去と今と未来を見つめる3匹
のスペースキャッツ

Author:半覚才
自然とともに生きる、生き物が好き!
ホームページ「川越を遊ぶ」

そのニュースは本当か?
報道に疑問を!体制に批判を!権力の奴隷にはならない!

QR

ご意見・リンク等
★★★★★★★★★★★★★★★★
【ご意見・ご質問】
ご意見・ご質問はこちらからどうぞ。

また、回答を希望しないコメントは、コメント投稿蘭からお気軽にどうそ。


【Link Free】
転載、引用、リンクはご自由にどうぞ。 ただし、情報源は明示してください。

★★★★★★★★★★★★★★★★
最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
気になる地域の気になる情報
日本の原発

稼働状況と建設計画

気になる地域の現在の放射線量
気になる地域の天気情報


電力会社別の電力使用状況

地殻変動


-占い-

スポンサーサイト

Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング

春よ来い、目覚めよ、日本のメディア

Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング
メディアは民衆とともにあるべきだ。
敵となって信頼を失うことは、その存在意義を失うことになる。


Fukushimaのウソの番組の記者へのインタビュー
「今回の災害は四つ。地震、津波、原発事故、そして信頼の喪失の四つです」
と、ドイツ公共放送・ZDFのハーノ記者は言いました。



youtube.com– 福島第一原発での作業は危険なものです。
メルトダウンを起こした原子炉に、燃料棒が詰まったプール、ここの放射線量は命にかかわる数値です。
専門家はこの地域で再び強い地震が 起きる可能性を指摘しています。
再び原子炉が崩壊するようなことがあれば、それは私達の知る日本の終わりを意味することでしょう。
報道する必要があるということは、そこによくないことが起こっているから。
「被災地はエリート達に置き去りにされている・・・・事故当初から変化したことは、被災地の人たちは電力会社も政府も、そしてメディアも信頼しなくなった・・・。」
ハーノ記者

ハーノ記者のコメントは、日本人として恥ずかしく思わなければならないことばかりです。



原発を止める力と人間の威厳ー大江健三郎と鎌田慧がパリで語ったこと
http://blog.goo.ne.jp/harumi-s_2005/e/8ad0705a1b5a27bf2a85df90d061c454
脱原発と再生可能エネルギーによる原発代替についての議論が盛んに行われて来ていますが、議論すること事態は歓迎すべきことでありどんどん議論するのがいいと思います。
議論するというのは、いろいろな考え方や案を出し合うことによって、新しい何か(もっと良い案)を見つけ出すことなのです。
議論をしなければ何も生まれてきません。

島田市の震災がれき受け入れに関する、安斎育郎さんの見解について【続】/市民社会フォーラムML
http://blog.goo.ne.jp/harumi-s_2005/e/1ee76b63cb3a238c87d3840cb42fbfb7

何を言っても「声は届かない」、「原発は再稼動される」、「瓦礫の全国受け入れは進む」と諦めてはいけません。
声を上げれば必ず届いています。
今、政府もメディアもその他のすべても、国民の声に怯え始めています。
少しずつですが、変化して来ています。
今こそあなたの声が必要です。



「大阪市関西電力株主提案」の全容 ABC古賀茂明氏3/19(動画・内容書き出し)
http://kiikochan.blog136.fc2.com/blog-entry-1656.html

20120319 大阪市 株主提案へ 古賀氏のこだわり 投稿者 PMG5


3月13日東京電力 記者会見 マコちゃんの質疑ですねん
http://daily.magazine9.jp/m9/oshidori/2012/03/post-2.html


2012/03/23 STOP! 原発再稼働3・23市民合同記者会見

Video streaming by Ustream


吉岡斉 (事故調委員)に聞く 「原発再稼動わたしはこう思う」



地球は大気に覆われ、海に囲まれた丸い世界です。
どこかが汚染されれば、その汚染は地球を駆け巡り、やがて汚した本人のところにも巡ってきます。
自分から遠く離れ隔絶された所なんてないのです。
今、福島原発から放出された放射性物質は、目に見えずとも世界中に広がっているはずです。
起きてしまった事故は元に戻すことは出来ませんが、これからも原発を稼動し、処理方法もなく保管場所もない使用済み燃料を増やし続ける気ですか?
いい加減、もうやめようとは思わないのですか?
お金なんて、いくら貰ってもこれでいいという満足なんて得られないですし、人類の危機に直面した時には何の役にも立たないのですよ。


ブログランキング

消費増税「今国会で」 首相が意欲「政治生命かける」
http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/news/CK2012032502000040.html

こんなことを簡単に言う人は、命の重さを知らないし、実際に命を懸けることなどしないものだ。


何言ってるかわからない増税論 中野剛志 2012.2.17


最近の野田総理の発言は、かなりブレて来ているというか、震えて来ているというか、何を言っているのか全く意味不明の言葉が多くなって来ています。
これでは国民が納得できる説明は出来ないし、国が進もうとしている道も見えなくなってしまいます。
いつまで総理の椅子に座り続ける気か分かりませんが、少なくともその場にいる限りはしっかりしてもらわなければいけません。
そのことは周囲の人間も意見しなければならないところであり、裸の王様にしてしまってはならないのです。
良識を持って、内閣全員で責任を持ってもらいたいと思います。
関連記事
スポンサーサイト
Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング

COMMENT

非公開コメント

特別拡散バナー


奇跡の母子犬
ひまわり/動物達の未来のために
生き物の命の重さに差があるでしょうか?
その重さは計れるでしょうか?

上質なサイトのリンク
お勧めサイトのリンク
ツィッター・タイムライン
最新コメント
最新トラックバック
スポンサードリンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。