プロフィール

半覚才

地球の過去と今と未来を見つめる3匹
のスペースキャッツ

Author:半覚才
自然とともに生きる、生き物が好き!
ホームページ「川越を遊ぶ」

そのニュースは本当か?
報道に疑問を!体制に批判を!権力の奴隷にはならない!

QR

ご意見・リンク等
★★★★★★★★★★★★★★★★
【ご意見・ご質問】
ご意見・ご質問はこちらからどうぞ。

また、回答を希望しないコメントは、コメント投稿蘭からお気軽にどうそ。


【Link Free】
転載、引用、リンクはご自由にどうぞ。 ただし、情報源は明示してください。

★★★★★★★★★★★★★★★★
最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
気になる地域の気になる情報
日本の原発

稼働状況と建設計画

気になる地域の現在の放射線量
気になる地域の天気情報


電力会社別の電力使用状況

地殻変動


-占い-

スポンサーサイト

Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング

世界の知者が動き出す

Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング
日本の安全感覚、倫理観の欠如に、国際社会は黙って見過ごせなくなった。
孤立し、侮蔑される日本の政治。


元駐スイス大使の村田光平氏が、4号機問題で、枝野大臣、玄葉大臣、細野大臣、中曽根元総理にメッセージ「米国の核科学者Robert Avarez 博士が、福一原発のセシウム137はチェルノブイリの200倍。人類が放出した総量の1.45倍」
http://kurionet.web.fc2.com/edano20120403.html

村田光平オフィシャルサイト
http://kurionet.web.fc2.com/murata.html

地球システム・倫理学会常任理事 元駐スイス大使 / 村田光平
予算委員会での質疑


元スイス大使の村田光平氏の質疑の受け答えは、日本の進むべき未来を指し示すものであり、議員の側からの質問が相次いでいます。
また、質問した議員たちは、深く感銘を受けたようです。
しかし、それでも倫理観も礼儀も欠如して、へらへらと笑っている議員も居る。


原子力独裁者たちが断末魔の叫びを上げる日がやってくる
http://kaleido11.blog111.fc2.com/blog-entry-1198.html


報道特別番組「作業員が語る福島第一原発」
先月、上田アナが『たね蒔き』で取材報告した後、さらに原発作業員への取材を続け、新たな驚くべき証言を入手。
先日対談した、京大・小出裕章助教と東工大・澤田哲生助教の議論もまとめています。



もんじゅ君、ゆる~くわかりやすく 原発本が話題に
http://www.asahi.com/national/update/0402/TKY201204020161.html

<ストーリー>英国のホットスポット(その1) チェルノブイリから2000キロ 今も頭部に赤い印
http://news.goo.ne.jp/article/mainichi/life/20120408ddm001030059000c.html
「最初は2~3週間の出荷規制と言われたんだ。でも、26年たったいまも続く。精神的に参ってしまう。もう、うんざりだ」

4/8 脱原発は大阪で実現できたら日本中でできる @古賀茂明
http://blog.livedoor.jp/ryoma307/archives/6083805.html


「大メディア「合意のでっちあげ」に騙されるな…永田町異聞」  税制・年金
http://sun.ap.teacup.com/souun/7197.html
国民はまだ騙され続けるのか?
政治家というのは、利権を守り、自分たちのやりたいようにやるために国民を騙すのが仕事なのか?
国民を騙すことに快感を覚える?そんな政治家は必要ない。

騙される奴が悪いのか?
国会中継はバラエティより面白い

【国会書き起こし】 H24.3.22 参院予算委公聴会 藤井聡 公述人意見 ~ 学者生命を賭けて断言!消費増税は嘘まみれの愚策 ~
http://babisano.blog114.fc2.com/blog-entry-298.html



日本はもう、自分たちだけの力では立ち直れないのか?
世界中に汚染を垂れ流して平気でいられるのか?
国は国民を守る意識を消去してしまったのか?


在日朝鮮人の小沢一郎 造反 売国民主党を脱党へ
http://itainews.com/archives11/2012/03/post-1139.html
小沢一郎を叩き、菅直人を叩いてきた者たちがその正体を現した。
極右の人種差別軍団だ。

この国民全体に影響する国難のとき(国籍、民族、信条、主義に係わりなくだ)、些細なことにこだわって対立している時ではない。
それは権力者の望むところであり、人心が乱れる時、自分たちへの批難が薄れ、したい放題出来ることになるのだから。

最も彼らの中には主義よりも権力におもねり、利権の一部のおこぼれにあやかろうとする者も居るのかもしれないが。
それらは金のためならなんでもする、密に群がる蟻のようにも見える。


「小沢一郎はなぜ裁かれたか 日本を蝕む司法と政治の暴走」(佐藤優×石川知裕)(徳間書店)読了
http://news.ap.teacup.com/msh558/261.html
---「日々正しいと思って行っていた仕事や行為が、ある日突然、重罪として取り扱われてしまう。決して他人事ではない。“明日は我が身”と心しておく必要がある。」---


【 橋本増税の大失敗の教訓を無視する財務官僚のシナリオ通りなのだ。 】
http://blog.goo.ne.jp/youteifan6/e/5da21b1ac831d46df135da960c07e4d6
いまやネットの世界ではほとんど常識になっているが、政治家を自由に操り、日本を自分たちの利権を守るためだけに方向付けし、国民の命も屁とも思わないのが財務省だ。
これを解体できる政治家は居るのだろうか?


東電は止めるつもりなし、原発事故収束を諦めた 福島第1原発でまた汚染水漏出
http://www.tax-hoken.com/news_31WdaFhmq.html
東電が情報隠蔽し、惚けているのは水棺も解体も廃炉も不可能だと悟ったからに他ならない。
国民だけが政治家に騙され続けて、廃炉の儚い夢を見させられているのではないか?



関連記事
スポンサーサイト
Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング

COMMENT

非公開コメント

特別拡散バナー


奇跡の母子犬
ひまわり/動物達の未来のために
生き物の命の重さに差があるでしょうか?
その重さは計れるでしょうか?

上質なサイトのリンク
お勧めサイトのリンク
ツィッター・タイムライン
最新コメント
最新トラックバック
スポンサードリンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。