プロフィール

半覚才

地球の過去と今と未来を見つめる3匹
のスペースキャッツ

Author:半覚才
自然とともに生きる、生き物が好き!
ホームページ「川越を遊ぶ」

そのニュースは本当か?
報道に疑問を!体制に批判を!権力の奴隷にはならない!

QR

ご意見・リンク等
★★★★★★★★★★★★★★★★
【ご意見・ご質問】
ご意見・ご質問はこちらからどうぞ。

また、回答を希望しないコメントは、コメント投稿蘭からお気軽にどうそ。


【Link Free】
転載、引用、リンクはご自由にどうぞ。 ただし、情報源は明示してください。

★★★★★★★★★★★★★★★★
最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
気になる地域の気になる情報
日本の原発

稼働状況と建設計画

気になる地域の現在の放射線量
気になる地域の天気情報


電力会社別の電力使用状況

地殻変動


-占い-

スポンサーサイト

Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング

どうなる日本、どうなる核開発たる原発

Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング
役人の非常識、横暴にマスコミはどこまで肩を持ち、援護射撃するのか?
マスコミは初心に帰り、本来の存在意義を思い出すべきだ。
国民に向けて報道するなら、国民の目線に立ってその思いを伝えろ。

現代の日本社会を善悪で区別できなくても、庶民側と搾取側(巨大権力連合)とに分けることは出来るだろう。
マスコミの多くは、どちら側につくのか?
もう一度胸に手を当てて頭を整理し、態度を示すべきだ。



何故「天下り」を許してはいけないのか?
『問題は、仮に民間企業に天下れば企業は経費の何倍もの利益を上げて回収を図る。これは、結局税が無駄に使われる事を意味する。
更に悪いのは、意味不明な外郭団体をでっち上げて事業を実際に行うケースである。』

http://blogos.com/article/37859/

入れ墨、盗撮、もうまともな組織じゃない
http://www.youtube.com/watch?v=yPatNE4Zl44&feature=relmfu

古賀茂明氏「枝野経産大臣には気をつけよ」
http://www.youtube.com/watch?v=ZU9ErEo_3LM&feature=tn

2012-5-4 だまされない
http://www.youtube.com/watch?v=1h5p0joKOrs&feature=related

アーサー・ビナード氏講演 ペテンタゴンの企み
『原発は日本の金をアメリカが吸い取る装置です。
だから原発は作り続ける必要がある。
原発は原爆と同じです。
一方は一挙に爆発し、一方はジリジリと爆発する。
「見抜く」力が必要です。』

http://plaza.rakuten.co.jp/KUMA050422/diary/201205060000

【拡散希望】被曝医師・肥田舜太郎さんが語る『真実の原子力』


第8回大阪府市エネルギー戦略会議 需給ギャップを明確にしない関電-関電は供給責任を放棄するのか:飯田哲也さん 河合弘之さん 古賀茂明さん

http://biencuite.blog.so-net.ne.jp/2012-05-05-5

26年後の今も残る原発事故の傷跡 :神保哲生さん


火力発電、無理やりフル稼働…点検また先送り
権力御用新聞の読売さんらしいタイトルだが、リスクの高い原発無理やり再稼動はどう評価するの?
言葉遣いがおかしいんじゃないの?
http://news.livedoor.com/article/detail/6532872/


ゴールデンウィークも終わり、国会が再開される。
今の内閣や既成政党のままではおそらくなるようにしかならず、多くを期待することは出来ないかもしれない。
国のため、国民のためを考えて政治をする人間や政党が行政を指揮するようにならなければ何も変わらないだろう。

ただ、我々国民はそれを指を咥えてみているだけでなく、あらゆるところで発言し、圧力を加えていく必要があるだろう。

まず、国民の意識や願いがどこにあるのかを把握している人間、それに少しでも従おうとする人間を見つけ出さなければならない。

田中康夫も河野太郎も橋元徹も小沢一郎も、裏を勘ぐり重箱の隅を突けば問題も見つかるし怪しいところもあるかもしれない。

しかし、野田佳彦とその7人の仔豚たちと較べればはるかにマシだ。
100%自分の考えと同じ言動をする人間が居ようはずがないことを思えば、どちらを応援すべきか、誰を推すべきかは自ずと明らかになるだろう。

国民にとっても新たな闘いが始まるのだ。
たとえ推すべき人物が違っても、今より良い世界を望むなら、気を引き締めてともにそろりと参ろうか。
関連記事
スポンサーサイト
Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング

COMMENT

非公開コメント

特別拡散バナー


奇跡の母子犬
ひまわり/動物達の未来のために
生き物の命の重さに差があるでしょうか?
その重さは計れるでしょうか?

上質なサイトのリンク
お勧めサイトのリンク
ツィッター・タイムライン
最新コメント
最新トラックバック
スポンサードリンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。