プロフィール

半覚才

地球の過去と今と未来を見つめる3匹
のスペースキャッツ

Author:半覚才
自然とともに生きる、生き物が好き!
ホームページ「川越を遊ぶ」

そのニュースは本当か?
報道に疑問を!体制に批判を!権力の奴隷にはならない!

QR

ご意見・リンク等
★★★★★★★★★★★★★★★★
【ご意見・ご質問】
ご意見・ご質問はこちらからどうぞ。

また、回答を希望しないコメントは、コメント投稿蘭からお気軽にどうそ。


【Link Free】
転載、引用、リンクはご自由にどうぞ。 ただし、情報源は明示してください。

★★★★★★★★★★★★★★★★
最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
気になる地域の気になる情報
日本の原発

稼働状況と建設計画

気になる地域の現在の放射線量
気になる地域の天気情報


電力会社別の電力使用状況

地殻変動


-占い-

スポンサーサイト

Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング

陰謀の疑惑

Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング
あらためて「なぜ?」を考えてみよう
鳩山由紀夫、菅直人と、なぜ立て続けに短期間で総理の座を引き摺り下ろされたのか?
小沢一郎は、なぜ軟禁状態に置かれて政治活動の手足を縛られたのか?
思い返せば、自民党時代にも短期間で総理の座を降りてしまった人たちもいるし、鈴木宗男のように汚名を着せられて服役した大物政治家もいるのだ。
田中角栄も、誰が告発し、証言し、裏にどのような真相が隠されていたのか?
しかもマスコミの大合唱も加わって。

そして、TPP、消費税増税、原発再稼動と国民の大反感を買いながらも未だに生き残り、マスコミもそれほど騒がないのはなぜか?
非常に不自然だと思うのは自分だけか?

上記の問題は庶民にとっては大問題で、直接生活や生命に関わるものなのに。
なぜマスコミは沈黙しているのか?
沈黙どころか陰から応援しているようにすら見える。

原発再稼動を無理やり急ぐ本当の理由と、TPP、消費税増税の意味を繋げて考えると、どうしてもアメリカの陰謀説が真実味を帯びてくるのだ。

もちろん、官僚トップ、財界トップの中にそれに加担し、パイプ役を務める人物が複数いなければ、代々の内閣や総理大臣を何十年にも亘って動かし続けることは不可能だし、陰謀説も影が薄くなってしまう。

しかし、官僚も財界も、歴代のトップは親分と子分、親方と弟子のような関係で、その意思は綿々と受け継がれているのだから、同じ意思を変わらず続けることは可能であり、それほど難しいことではないだろう。

そして彼らはアメリカは当然、世界とのパイプも太く、常にその意向を伺い歩調を合わせなければならないのが宿命ともいえるのだ。

冷静になって、歴史上見え隠れする重要なキーマン達の幾つかの言動を繋ぎ合わせると、それもとんでもない妄想と切り捨てるわけにはいかなくなってくるのだ。
今のところ、どうしても拭い去れない陰謀の疑惑である。


◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

官房機密費:野田内閣、半年間で6億3000万円 (毎日新聞)
http://mainichi.jp/select/news/20120519k0000m010104000c.html
『【飯山一郎のコメント】
   去る5月8日、高級日本料理店「黒澤」で野田首相は、朝日新聞の星浩、
   毎日新聞の岩見隆夫、読売新聞の橋本五郎と「会食」をしている。
   この節操のなさ! これが日本の大マスコミ人の実態である。
・・・マスコミも御用学者も毒まんじゅう食って、お小遣いもらって…』

http://iiyama16.blog.fc2.com/blog-entry-258.html


都の浄水場からも検出=基準値超のホルムアルデヒド
広範囲の水道水の汚染は、早く原因を追究しないとまた心配から風評被害が広がる惧れが、、、。
http://jp.wsj.com/Japan/node_445692

電力不足の演出を封じ込めた「停電テロ」発言
『経産省や電力会社内部で密かに決められたことは、一般人には知ることができません。だから状況によって真意を推測するしかないわけで、それを陰謀論として排斥すれば、報道は大本営発表のみとなり、異論も差し控えざるを得なくなります。これは健全な状況ではありません。

 古賀氏の「停電テロ」が単なる妄想であったとしても、関電には迷惑でしょうが、別に国民生活に支障をきたすわけではありません。しかし、実際にそれらしい企てがあったとすれば、今回話題になったことで実行しにくくなったはずです。

 関電は、この夏の電力が不足しないよう最善の努力を払うと発表していますから、停電テロはもちろん、計画停電すら実施されないかも知れません。疑いを抱かれたことで、関電の企業努力が増したのであれば、古賀氏の発言も意味があったことになります。』

あまりにも前のめりで、科学的根拠もない安全宣言と再稼動を実施しようとする態度は、「なりふり構わない、なんでもあり」を疑わせるには充分です。
古賀氏の発言は、「良くぞ代弁して言ってくれた」という気持ちです。

http://yokodo999.blog104.fc2.com/blog-entry-631.html


細野大臣、大飯原発再稼働に理解求める
http://news.tbs.co.jp/20120519/newseye/tbs_newseye5033231.html
『「(政府の基準よりも)今、動かして大丈夫ですと専門家が言って、それで政治家が従うべきでは」(和歌山県 仁坂吉伸知事)

 「福島の事故の対策だけでは、まだ安心ができない。それが国民の多くの感覚なんです」(大阪市 橋下徹市長)』

理解を求めるための説明にはなっていない。
それは説明している本人も分かっているように見える。
閣僚の奥方たちも疑問を呈しているようだが、家庭内ではその話題を避けているようで、奥方も説得できないようでは国民を説得出来るわけがない。
「馬脚を現す」とは、まさにこの状態のことを言う。



消費税の政治学  田中良紹
http://www.the-journal.jp/contents/kokkai/2012/05/post_300.html
『世界最大の財政赤字と言いながら、日本国債の金利は下落傾向にある。増税を急がなければならない理由はない。さらに消費税率25%のスウェーデンが、それでも社会保障を維持できず、年金支給開始年齢を75歳に引き上げようとしている。増税だけではいずれ社会保障は維持できなくなる事の証左である。社会の仕組みそのものを見直さないと少子高齢化には太刀打ちできない事を福祉の先進国が教えてくれている。』
http://asumaken.blog41.fc2.com/blog-entry-5825.html

孫崎享「不愉快な現実」を読む(2)
『まず、オフショアー・バランシングという難しげな概念が出てきます。これはアメリカから見た海外における力の配分ということで、アジアに当てはめれば、日本という「持ち駒の使い道」もその中に含まれます。そして基本的に、本国にとってもっとも有利に持ち駒を使うことが大切なので、日本で信じられているような「民主主義の共通の価値観に結ばれた盟友」論は、少数派だというのです。これは少し考えれば、当然中の当然のことです。』
http://blogos.com/article/39347/

日本の電力会社も政治家も、哀れな使い捨ての駒にしか過ぎないね。
その陰で大笑いしている黒幕は誰だ?

国も企業も大きく強くなるためには非情でなければならない。
だから、大企業の経営者や帝国の皇帝は冷酷なのは当然だ。
そしてそれに寄り添って甘い汁を吸っているのは誰だ?



関連記事
スポンサーサイト
Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング

COMMENT

非公開コメント

特別拡散バナー


奇跡の母子犬
ひまわり/動物達の未来のために
生き物の命の重さに差があるでしょうか?
その重さは計れるでしょうか?

上質なサイトのリンク
お勧めサイトのリンク
ツィッター・タイムライン
最新コメント
最新トラックバック
スポンサードリンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。