プロフィール

半覚才

地球の過去と今と未来を見つめる3匹
のスペースキャッツ

Author:半覚才
自然とともに生きる、生き物が好き!
ホームページ「川越を遊ぶ」

そのニュースは本当か?
報道に疑問を!体制に批判を!権力の奴隷にはならない!

QR

ご意見・リンク等
★★★★★★★★★★★★★★★★
【ご意見・ご質問】
ご意見・ご質問はこちらからどうぞ。

また、回答を希望しないコメントは、コメント投稿蘭からお気軽にどうそ。


【Link Free】
転載、引用、リンクはご自由にどうぞ。 ただし、情報源は明示してください。

★★★★★★★★★★★★★★★★
最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
気になる地域の気になる情報
日本の原発

稼働状況と建設計画

気になる地域の現在の放射線量
気になる地域の天気情報


電力会社別の電力使用状況

地殻変動


-占い-

スポンサーサイト

Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング

ウィルスに汚染されたか?日本の政治家、国会

Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング
田代検事の虚偽報告書事件が、今「大変なことになっている」?
http://blog.goo.ne.jp/capitarup0123/e/f0f76d280d7873979a44ef5e3ce730c3
『岩上安身‏@iwakamiyasumi
検察の話に戻る。今日、ある関西出身の方から連絡をもらった。この方、検察庁に、陸山会事件の検察捜査に憤りを感じて、抗議の電話をかけたのだという。すると電話口に出た事務官は、あしらうのではなく、真剣に話を聞いた上、自分も同感だ、と応じたという。

岩上安身‏@iwakamiyasumi
捏造報告書を作成した田代検事はもとより、組織的にこの政治捜査、政治裁判を作り上げた佐久間元特捜部庁らを不起訴処分にして、不問に付すようなことがあってはならない、間違っていると思うと、その事務官の方が逆に電話口で熱弁をふるい、同様の抗議の電話がかかってきていることを認め、こうした市民の声を、必ず上層部に伝える、と、その事務官は、電話口で約束した、という。上手なあしらい方の一種だと、うがった見方もできなくはない。だが、検察内部で(信じがたいことではあるけれど)自浄作用を発揮しようという勢力が伸長してきていることはたしかなようだ。』

『郷原信郎‏@nobuogohara
陸山会事件をめぐる虚偽捜査報告書の作成事件、大変なことになっているようだ。⇒http://nobuyoyagi.blog16.fc2.com/ 報道されているように、田代検事を不起訴にして関係者を人事上の処分ですませる方針なら、わざわざ東京地検から最高検に移送する必要があるのだろうか

郷原氏も、八木氏が東京地検に告訴した案件が最高検に移送されたことを重視している。東京地検の不祥事を東京地検が裁くことは出来ないという、極々常識的な判断からと思われる。郷原氏が言うように「大変なことになっている」としてもらわないと、検察はもう信頼されないだろう。』


野田氏は結局シロアリ退治なき消費増税案撤回へ
http://uekusak.cocolog-nifty.com/blog/2012/05/post-ec0d.html
政治に対する信頼が失われているが、その最大の理由は、政治家が自分自身の発した言葉に責任を持たなくなったことにある。
野田氏は2009年8月の総選挙に際して、主権者である国民に対して直接約束をした。
「シロアリを退治し、天下り法人をなくし、天下りをなくす。そこから始めなければ消費税を上げるのはおかしい」
非常に分かり易い、説得力のある言葉だった。
これが、野田氏自身が主権者国民に発した言葉だ。』




http://nicoviewer.net/sm13731857

消費税増税は必ず強行される 野田増税実現後の暗い庶民生活
『政治アナリストの伊藤惇夫氏はこんな見立てだ。
「増税政局は、複雑に考えないことです。
野田首相は死んでも増税をやりたい。
衆参の採決を考えると民主党単独では無理。
自民党の協力と数が不可欠になる。
その自民党はどうかというと、自分たちが政権に返り咲いた後まで増税を残しておいて欲しくない。
民主党政権にやらせてしまいたい。
本音の部分は一致しているのです。
さらに野田首相は、9月の代表選まで増税政局がこじれると、再選が危ない。
この基本線さえ踏まえれば、次の展開が見える。
どこかで野田首相は、自民党に対案を出してもらい、それを丸のみして採決に踏み切る。
来月にでも、問責2大臣を更迭するのをきっかけに、自民党が対案を出すんじゃないかとみています」・・・・・それでも大マスコミは、「来週の野田・小沢会談がどうなるか」「小沢氏、たぶん平行線と語る」「民主党分裂か」と騒いでいる。

しかし、すでにウラで野田政権と自民党が手を組んでいると思ってみれば、野田・小沢会談は何の意味も持たないことが分かる。
「小沢さんがどう動こうと関係ありません。
小沢さんのグループが反対しても、自民党の頭数に協力してもらえば、増税法案は通る。
むしろ、その場合しか成立はない。
となれば、野田首相が気にするのは自民党だけ。
小沢さんを本気で口説くつもりは最初からありません」・・・・・国民はそれでも黙っているのか。抗議の声を上げないのか。

国民は国会と財務省にデモをかけるべきです。そうでないと、やりたい放題をやられてしまう。
大増税で苦しめられるのは、中小零細企業であり、低所得者です。
黙っていたら、不況が強まり、仕事がなくなり、税金だけごっそり取られ、殺されてしまう。
黙っていてはいけないのです」(森田実氏=前出)
・・・・・今、福島や東北の被災民は、福島原発の放射能でヒドイ目に遭い、人生を狂わされている。
沖縄の米軍基地にしたって、そうだ。
原子力行政や日米安保を支配者の思い通りにさせた結果、最後は庶民が泣かされ、バカを見ている。
9割の収益を家庭電力料金から吸い上げていた東電のことだって、「お上の決めたことだから」と黙って従っていたから、こんなデタラメがまかり通ってしまったのだ。

・・・・・いわれなき大借金のツケだけを背負わされて、国民は一方的に大増税を押し付けられている。
いずれギリシャ国民と変わらなくなるのです」(筑波大名誉教授・小林弥六氏=経済学)
・・・・・政治や経済当局の無策を見ていると、この先も日本経済に発展拡大はない。
そんな中、2年後、3年後に消費税率が8%、10%に上げられ、12兆円が吸い取られたら、デフレ不況は底なしになる。
サラリーマンだって難民化する。
ギリシャじゃないが、仕事もマイホームもなくなってから暴徒化したって手遅れだし、取り返しはつかないのだ。

http://asumaken.blog41.fc2.com/blog-entry-5887.html

小沢一郎 森ゆうこ議員に打ち明けた野田へのホンネ
「小沢事件は、まぎれもない政治弾圧です。ただし、これは決して小沢先生ひとりの問題ではない。司法権力がその気になれば、どんな人間でも犯罪者にできるのです。この問題を放置すれば、日本は法治国家ではなくなってしまう。これは民主主義の危機。立法府に属する国会議員は、もっと問題意識を持たなければいけない。今こそ西松事件、陸山会事件とは何だったのかを総括する必要があるのです」
http://news.nifty.com/cs/headline/detail/gendai-000169652/1.htm

国民は「マニフェストで国民に政策を訴え政権を取ったのに、そのマニフェストをすべて破棄するのは国民への裏切りであり、今増税を考える時ではない」と主張する小沢一郎およびそのグループと、「命を懸けてで消費税増税を実施する」とする野田佳彦および民主党現幹部と、国民はどちらを推したいのか?

百歩譲っても、「命を懸けて・・・」と言うなら、まず解散してあらためて消費税増税を掲げて国民の信を問うべきだろう。
それが、まさに政治家が「命を懸ける」と言うことなのだ。
中身はともかく、小泉純一郎はそれをやり遂げた。

いつものことだが、野田は大げさな言葉を選ぶだけでなく、覚悟も無いくせに間違った言葉遣いを平気でする。

それがへらへらとした顔で国民を騙すことになっている。
国民を騙すのは簡単だと思っている顔だ。
それでも野田を信じるのか?



がれきの漂着、続々=海鳥へ悪影響も―米
『【ニューヨーク時事】東日本大震災の津波で流れ出たがれきが米アラスカ州やカナダの沿岸に続々と漂着していると、地元メディアが報じている。ピークはまだ先とみられるが、現地では清掃活動が始まる一方、野生動物への悪影響を心配する声も出始めている。』
http://news.goo.ne.jp/article/jiji/world/jiji-120524X431.html
アメリカメディアの懸念は極めて常識的だ。
日本のメディアは瓦礫の全国処理で汚染の拡散を煽っているが、、、、。
どちらが正しいのか?


WHOおよびUNSCEARの調査報告書によると「原発事故で飛散した放射性物質による発ガンはわずか」
『Natureにそれぞれ別個に掲載された、UNSCEAR(原子放射線の影響に関する国連科学委員会およびWHO(世界保健機構)による調査報告書によれば、福島第一原発事故により飛散した放射性物質によって被曝して癌を発病する人はわずかであり、また癌を発病したとしても、原発事故に起因すると明確に特定することは難しいだろうとのこと(本家/.、Nature記事、WSJ日本版記事、朝日新聞記事)。

・・・・・一方で東京大学アイソトープ総合センター長の児玉龍彦教授は、「短期間の日本滞在では現地の実態が見えてこないため、国際機関は急いで報告書をまとめるようなことはやめるべき」とこれら報告書に対する反発の声を上げている。』

http://science.slashdot.jp/story/12/05/24/0641212/

今、一度考える災害がれき広域処理(参議院議員会館) 青山貞一
http://www.youtube.com/watch?v=N9y5WBmSk9M
『ご意見ありがとうございます。がれき広域処理問題では、まともな情報提供、議論がないまま、国会議員全員が昨年夏に瓦礫特措法の賛同し、その後、環境省がマスコミに巨額を投入し、科学的根拠が薄弱かつ地方自治を蹂躙する施策を「絆」、「協力」などの心情、情緒に訴える形で広め、まともな議論、反対が出来ない雰囲気をつくりました。
しかし、現実には私たちが現場を歩き、多面的に調査した結果、環境省の政策、施策はきわめて杜撰、拙速なだけでなく、背後に多くの利権、権益や権限の拡大など、とかくありがちな省庁の焼け太りの構図が見えてきました。ぜひ、多くの国民に見ていただけばと思います。青山貞一』



細野環境相 美談でくるむ瓦礫汚染
『 現在までに瓦礫の受け入れを行ったのは、東北以外では東京都と静岡県島田市。
試験焼却は北九州市と静岡市だ。
23日、北九州市では、住民への説明が全く行われないまま、強引に焼却が始まった。
説明会のお知らせも、新聞の折り込みチラシの中にさらに折り込まれていた有様だった。
 「北九州市では瓦礫を運び終わったトラックの近くで空間線量が上昇する現象が起きている。
それをどのように考えるか?」筆者(諏訪)は現地で見た事を細野大臣に質問した。
 「安全性については確認している。そういった事実はない」。
細野大臣は完全否定した。

しかし実際に数値が上がる様子を撮影したビデオがインターネット上で公開されているのだ。
 お構いなしに大臣は続けた。
「そういったことは、やはり被災者を傷つける。
私は大臣室に南三陸町の瓦礫を置いて、日々職務をしている。
しばしば石巻に行くが、子供たちが瓦礫でトロフィーを作っている」。

 3月末、瓦礫の受け入れ行脚で訪れた京都駅頭で、「これが汚いものにみえますか?」とトロフィーを高々と掲げていた細野大臣の姿を思い出す。

 「被災地に想いを寄せて、広域瓦礫処理をしなければいけないんです」。
記者会見で細野大臣は被災地を訪れたことを再三繰り返した。

 “被災地の人々を助けるためにあるのが、広域瓦礫処理なんだ。それが「絆」なんだ。
君たちはどうしてそれが分からないんだ”
 

言葉にこそ出さないが、細野大臣の発散するオーラが押し付けがましく語っていた。』

http://tanakaryusaku.jp/2012/05/0004367

原子力委員会 内輪の論理は通用せぬ(5月26日)
『勉強会の存在を知らなかった委員は、議論の経過が報告書に反映されていないことを批判している。
 電力業界寄りの方向に議論が誘導されてしまう要因の一つは、実務に携わる原子力委事務局が、電力会社や原発メーカー、資源エネルギー庁などから多くの出向者を受け入れているからだ。
 今回の原案づくりでは、使用済み核燃料を全量直接処分する費用を試算した際、事務局は小委員会座長の指示に反し、再処理中止に伴うコストを加えて費用を膨らませた。』

http://www.hokkaido-np.co.jp/news/editorial/375297.html



関連記事
スポンサーサイト
Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング

COMMENT

非公開コメント

特別拡散バナー


奇跡の母子犬
ひまわり/動物達の未来のために
生き物の命の重さに差があるでしょうか?
その重さは計れるでしょうか?

上質なサイトのリンク
お勧めサイトのリンク
ツィッター・タイムライン
最新コメント
最新トラックバック
スポンサードリンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。