プロフィール

半覚才

地球の過去と今と未来を見つめる3匹
のスペースキャッツ

Author:半覚才
自然とともに生きる、生き物が好き!
ホームページ「川越を遊ぶ」

そのニュースは本当か?
報道に疑問を!体制に批判を!権力の奴隷にはならない!

QR

ご意見・リンク等
★★★★★★★★★★★★★★★★
【ご意見・ご質問】
ご意見・ご質問はこちらからどうぞ。

また、回答を希望しないコメントは、コメント投稿蘭からお気軽にどうそ。


【Link Free】
転載、引用、リンクはご自由にどうぞ。 ただし、情報源は明示してください。

★★★★★★★★★★★★★★★★
最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
気になる地域の気になる情報
日本の原発

稼働状況と建設計画

気になる地域の現在の放射線量
気になる地域の天気情報


電力会社別の電力使用状況

地殻変動


-占い-

スポンサーサイト

Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング

国民の生活と命を、この国は守ってくれない!

Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング
東電、事故時の官邸介入を批判 「無用な混乱を助長」
http://www.47news.jp/CN/201206/CN2012061101002361.html
東電本社が情報を隠蔽したり、政府に十分な報告をしなかったことが根本の原因だろう。
この期に及んでもまだ責任逃れをする東電経営陣には健全な企業経営は出来ない。
一日も早く清算させなければ、税金が無駄に遣われ続けることだろう。


この国民の声を聴け!!
怒りの声に耳を塞ぐな!!

2012.06.08首相官邸前抗議活動《1/5》


2012.06.08首相官邸前抗議活動《2/5》


2012.06.08首相官邸前抗議活動《3/5》


2012.06.08首相官邸前抗議活動《4/5》


2012.06.08首相官邸前抗議活動《5/5》


大飯原発の断層活動、地表もずれる可能性
『再稼働問題で注目される関西電力大飯原発(福井県)で、敷地内を走る軟弱な断層(破砕帯)が近くの活断層と連動して動き、地表がずれる可能性があるとの分析結果を渡辺満久(わたなべ・みつひさ)東洋大教授(変動地形学)と鈴木康弘(すずき・やすひろ)名古屋大教授(同)が6日まとめた。渡辺教授は「原子炉直下を通る破砕帯もあり、早急に現地調査すべきだ」としている。
 原子炉直下の破砕帯が動いて地表がずれると、安全上重要な設備を損傷させる恐れがあるため、原発の立地場所として不適格となる可能性もある。
 経済産業省原子力安全・保安院は「既に専門家会議で破砕帯の活動性はないと評価済みだ」としているが、専門家会議委員で産業技術総合研究所の杉山雄一(すぎやま・ゆういち)主幹研究員は「大飯原発など若狭湾の原発は、現地調査であらためて状態を確認するべきだ」としている。』

https://www.chugoku-np.co.jp/News/Sp201206070090.html


@TORA_HUTEN
脱原発を宣言し、目指すからこそ、廃炉技術の研究、養成ができる。決して矛盾ではない。 RTそう思う。世界で守り育成しお金をかける。RT “@amneris84: ただ、原発に将来性がないとなれば、技術者の養成は難しい。脱原発を目指すにあたってはこの矛盾をどう克服したらいいのかも考えないと… RT @asami590 今後も技術者を養成し続けないと、脱原発は出来ない。#genpatsu #seiji #sokotoko @tim1134 @t_ishin

@TORA_HUTEN
マニフェストのすべてをかなぐり捨て増税に突き進むどじょう。それでも社会保障と税の一体化か?いったい、何のための増税?気が狂って暴れまわる野田を止められるのは小沢一郎しかいない。#genpatsu #seiji #sokotoko @tim1134 @t_ishin

@TORA_HUTEN
道州制導入と引き換えに大飯原発再稼動を容認した橋下は、国民の命を政治駆け引きのために弄んだ。#genpatsu #seiji #sokotoko @tim1134 @t_ishin


橋下徹氏のブレ幅が大きくなってきた
http://yukokulog.blog129.fc2.com/blog-entry-914.html
『・・・そもそも大阪維新の会の存在理由は、先ずは大阪を変えるということにあるが、その延長線上に地方から国を変えるという理念にもあったはずだ。
橋下氏がよく使う「統治機構を変える」という言葉の意味は、腐敗した官僚制度に依存した政治の在り方の変革であったはずである。
橋下支持の原動力とは、もちろん氏の発信力などもあるが、脱官僚依存などで示される政治体制の改革や、既得権益と闘う姿勢を世論が後押ししたことにある。
だから維新の会は、次期衆院選の政権公約となる維新八策を構想した。
今年3月に報道された維新八策には、統治機構の作り直し、財政・行政改革、公務員制度改革、教育改革、社会保障制度、経済・雇用・税制、外交・防衛、憲法改正という、八つの柱があった。
この八つは全て、地方ではなく中央政府の管轄下にあるテーマである。
そして、次期衆院選で議席を確保するため、政治塾を作り、塾生を募った。
まさに順風満帆、やる気満々。
正確な言葉は覚えていないが、橋下氏は大阪で都構想実現に専念し、国政には進出せず、国政は維新塾を経て擁立した候補に委ねるという考えまで披露した。
この時点では、都構想の実現と国の統治機構の改革は同時進行で実施する別テーマであって、都構想実現が国政に進出するか否かの判断を拘束するものではなかったはずである。・・・』


誰かに脅されたのか、政治的駆け引きに走ったのか、と疑わせるような最近のトーンの変調であり、あれほど頻繁にツイッターに登場していたのに、ここのところはダンマリである。

元々性格的に柔軟すぎるのか、すっかり降参してしまったのか分からないが、これでは今まで彼に期待していた人たちは、登り掛けた梯子を外されたような気になって信頼を失うだろう。

飯田哲也氏も彼を見限って、山口県知事選に出馬を決めたのではないか?
古賀茂明氏はまだ残り続けるのだろうか?



小沢一郎語る5月30日1


小沢元代表 増税採決なら離党、新党 鈴木代表に可能性伝える
http://www.hokkaido-np.co.jp/news/politics/379066.html
民主党の小沢一郎元代表が新党大地・真民主の鈴木宗男代表に対し、野田佳彦首相が消費税増税関連法案の衆院採決を強行した場合、法案に反対した上で離党し、新党結成に踏み切る可能性を伝えていたことが9日、分かった。
小沢氏は採決後の対応について、「当然、何らかの決断はしなければならない。
その時は新組織だ」と鈴木氏に述べた。<北海道新聞6月10日朝刊掲載>


小沢氏 消費税と原発で首相対応批判 6月9日20時1分
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20120609/k10015722071000.html
『民主党の小沢元代表は宇都宮市であいさつし、「原子力や消費税の問題は、何よりも国民のためにどうあるべきかという視点から決めていかなければならない」と述べ、消費税率引き上げ法案の成立とともに、関西電力大飯原子力発電所の運転再開を目指す野田総理大臣の対応を批判しました。
この中で民主党の小沢元代表は「どのような政策であれ、どのような問題であれ、本当に国民の皆さんのために、ひたすら誠心誠意努力する気持ちを政治家が持ち続けることが、何をするにおいても、いちばん大事なことだ」と述べました。
そのうえで小沢氏は「国会では消費税の問題や原発の問題が大きなテーマになっているが、最終的に国民の生活のためでなければ意味はない。
この原子力や消費税の問題は、国家と国民のためにどうあるべきかという視点から決めていかなければならない」と述べ、消費税率引き上げ法案の成立とともに、大飯原発の運転再開を目指す野田総理大臣の対応を批判しました。』



関連記事
スポンサーサイト
Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング

COMMENT

非公開コメント

特別拡散バナー


奇跡の母子犬
ひまわり/動物達の未来のために
生き物の命の重さに差があるでしょうか?
その重さは計れるでしょうか?

上質なサイトのリンク
お勧めサイトのリンク
ツィッター・タイムライン
最新コメント
最新トラックバック
スポンサードリンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。