プロフィール

半覚才

地球の過去と今と未来を見つめる3匹
のスペースキャッツ

Author:半覚才
自然とともに生きる、生き物が好き!
ホームページ「川越を遊ぶ」

そのニュースは本当か?
報道に疑問を!体制に批判を!権力の奴隷にはならない!

QR

ご意見・リンク等
★★★★★★★★★★★★★★★★
【ご意見・ご質問】
ご意見・ご質問はこちらからどうぞ。

また、回答を希望しないコメントは、コメント投稿蘭からお気軽にどうそ。


【Link Free】
転載、引用、リンクはご自由にどうぞ。 ただし、情報源は明示してください。

★★★★★★★★★★★★★★★★
最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
気になる地域の気になる情報
日本の原発

稼働状況と建設計画

気になる地域の現在の放射線量
気になる地域の天気情報


電力会社別の電力使用状況

地殻変動


-占い-

スポンサーサイト

Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング

消費増税、TPP参加、原発再稼動、沖縄基地の意味

Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング
野田政権は、独立国家として考えなければならない独自の未来像を描かず、語らず、誰かに言われるままに突っ走っているだけ。

決められる政治ではなく、官僚(役人)任せの無責任な独裁政治だ。

自分の頭で、どうあるべきか、どうした方が良いか、ということはいっさい考えないから、
そこには、国民の声も言葉として聞こえず、心も姿も見えず、終には、国民のための政治なんて出来ないのだ。


官僚の描いた台本どおりに喋っているだけなのだが、その裏には、原子力ムラを始めとした財界やメガバンク、アメリカの巨大国際企業、軍事産業の利権に絡む思惑があり、それらを守ることが今後の政権維持と支持母体固めになると信じているのだろう。

投票率が低い時代には確かに組織票はバカにできないだろうが、国民の浮動票はそれ以上に大きく、一握りの富裕層の票など問題にはならないのだが。


消費増税もTPP参加も原発再稼動も沖縄基地も、それによって誰が利益を得、誰が喜ぶか考えてみたら、それを強行する理由や意味は明らかだろう。

利害関係のほとんどない、言い換えれば、得るものが少なく、犠牲ばかりが大きい一般庶民は反対の声が高まるばかりで、喜ぶはずもないのに。

それに耳を貸さず、手も差し伸べない政治は、北朝鮮やエジプトやシリアの政権と同じ手法であり、わが身かわいさの権力維持だけしか考えていないのだが、いずれもそれが裏目に出始めているということを知らないのか?
それがとても不思議なのだが、、、、。




線量計に鉛板、東電下請けが指示 原発作業で被曝偽装
http://www.asahi.com/national/update/0721/TKY201207200768.html
『東京電力が発注した福島第一原発の復旧工事で、下請け会社の役員が昨年12月、厚さ数ミリの鉛のカバーで放射線の線量計を覆うよう作業員に指示していたことがわかった。
法令で上限が決まっている作業員の被曝(ひばく)線量を少なく見せかける偽装工作とみられる。
朝日新聞の取材に、複数の作業員が鉛カバーを装着して作業したことを認めた。
役員は指示したことも装着したことも否定している。
厚生労働省は、労働安全衛生法に違反する疑いがあるとして調査を始めた。』



masaru_kaneko 金子勝
【こんな人が…1】田中俊一氏は、児玉龍彦東大アイソトープセンター長がBGO検知器を用いた食品検査機開発を昨年8月に提案した時も、「金がかかりすぎる」と妨害発言をした。その機械は開発に成功し、福島のコメ全袋検査の鍵となっている。命より金?

http://t.co/AWe6Xn5S
http://hiwihhi.com/masaru_kaneko/status/226100208629608450

子どもたちは、児玉龍彦教授から 鉄槌された 田中俊一氏を規制委員長にできる?



呪文のように原発推進派から吐き出される「放射能の直接的な影響で死んだ人は一人もいない」という言葉、。。
http://toracyan53.blog60.fc2.com/blog-entry-2569.html

20120716 意見聴取会またも紛糾... 投稿者 PMG5


六ヶ所村再処理工場 恐るべき再処理の実態
2012年7月12日木曜日 京都大学原子炉実験所助教 小出裕章先生
Radio News「たねまきジャーナル」




7月19日(木)のつぶやき その1
http://blog.goo.ne.jp/koum1622/e/dac8efe3f23cf8c21cc64a555c03a328
ソコトコに出ているアーサー・ビナードさん他のコメンテーターの話は面白いのでよく聴いているが、まとめてみると、これはさらに面白い。


日弁連の指摘する値上げの問題点
東京電力の値上げに関しては、「日本弁護士連合会」が7月12日に問題点を指摘する会長声明を発表している。
http://www.otonano-kaisha.com/news_TxFtEq7mo.html
『そして日弁連は、東京電力は「配当と内部留保の原資として認められている自己資本報酬を原価算入する根拠を欠いている」と指摘している。

自社の責任で起きた福島第一原発事故の賠償ため国から2.4兆円の資金交付を受けていること。そして、1兆円の資本注入を受けたことで債務超過を避けているのである。

このことを前提として考えれば、消費者の負担の増加で配当を受けることはありえないと断じている。

消費者の負担増によって配当を受けることはもちろん、内部留保によって株価が上昇することを期待することはできない

そして、銀行に支払う返済に関しても過去10年間で現実に今回想定している1.61%の利息など払っていないと看破する。』




脱藩官僚・古賀茂明が明かす「消費税増税法案」のひどすぎる正体
http://news.nicovideo.jp/watch/nw308428
『・・・自民はとにかく公共事業のバラマキをやりたくて仕方ない。
バラマキを差配すれば、往年の影響力を取り戻せるからだ。
そのシンボルとなるのが自民によって国会に提出中の「国土強靱化基本法案」だ。
その支出規模は10年間で200兆円!
ところが、野田・民主は消費税アップを自民に賛成してもらいたい一心で、あっさりとこの要求をのんでしまった。・・・・原案にあった「歳入庁」の設置構想も骨抜きにされてしまった。
「歳入庁」は国税庁と日本年金機構を統合し、税と保険料の徴収を一本化することで行政コストを大幅にカットしようというものだ。
しかし、このアイデアも「本格的な作業を進める」(本則7条)という条文が「歳入庁その他の方策の有効性、課題等を検討し、実施」というものに差し替えられてしまった。
この意味することは、歳入庁設置案を事実上ボツにするということだ。・・・このふたつの動きを陰で主導したのはもちろん財務省だ。
公共事業のバラマキを認めれば、自民は修正協議に応じると踏んだ財務省は野田首相に譲歩をささやく一方で、国税庁は失いたくないと、「歳入庁」潰しをも画策したのだ。
相手が政財界の大物だろうと、税務調査でフトコロ事情を掌握できる国税庁は、財務省に欠かせないパワーの源泉なのだ。
この画策で、財務省は悲願の消費税アップを果たせるだけでなく、武器としての国税庁も温存できる。
つまり、増税は国民の安心、安全でなく、財務省の安心、安全のためのものだったということ。
その事実だけは知っておいてほしい。』




「小沢支持」拡大に野田首相は真っ青
http://asumaken.blog41.fc2.com/blog-entry-6004.html
国民はバカじゃない 「小沢支持」拡大に野田首相は真っ青
(日刊ゲンダイ2012/6/7)
なんと無党派の47%が「小沢に賛同」朝日調査


「世論調査は世論操作である」~対談・鳥越俊太郎氏&長谷川幸洋氏~週刊ポスト 2012/08/03号
http://www.asyura2.com/12/senkyo133/msg/287.html
ネット上ではこれまで何度も問題視されて来ていて、ネット国民は誰も信じていない、マスコミのいかがわしい世論調査の実態はこうだ。

鳥越俊太郎氏と長谷川幸洋氏のように、支持するしない、好き嫌いなどは別にして、ジャーナリストは事実を事実どおりに公平に報道すべきなのだ。




オスプレイ搭載貨物船 プサン出港
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20120722/t10013761301000.html
『国防総省のカーター副長官は21日「安全性が再確認されるまでオスプレイが飛ぶことはない」と述べ、本格的な運用は安全性が確認されたあとになるという考えを強調しました。』

儀礼的な言葉かもしれないが、アメリカ側でさえ、こういう言い方をしているのに、日本の政治家は、なぜ抗議の声を一言も発しようとしないのか?
国民を代表する政治家ではないのか?


森本新防衛大臣に至っては、誰を、あるいは何を守るための防衛大臣なのだろうか?
機会があったら、ぜひ本人に確かめてみたい。
少なくとも、その報酬は日本国民の税金で賄われているはずなのにね。

それとも、その報酬以上のものをどこかから受け取っているというのなら、税金から支払われている報酬を全額返却して欲しいし、日本の防衛大臣という肩書きを替えて欲しいものだね。


「国民の生活が第一」というスローガンを、あっさりと取られてしまっても仕方がないな。
「国民の生活」を全く考えない政党や政治家と、少なくともそれを党名(あっさりと捨ててしまうマニフェストではなく、党が存続する限り言い続ける理念なのだ)にして起ち上がった政党や政治家と、国民はどちらを選ぶのだろう。



オスプレイ配備、南風原が町民大会 来月10日以降
http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-194218-storytopic-252.html
『南風原町の城間俊安町長は21日、県民大会後の10日以降に、町立中央公民館で配備反対を訴える町民大会を開催する考えを明らかにした。
城間町長は「県民大会を一過性に終わらせないためにも、引き続きオスプレイ反対ののろしを各市町村で上げ続けることで、大きなうねりをつくりたい」と強調した。
23日に開く同町の大会実行委員会で、県民大会に向けた取り組みを決めるほか、町民大会の日程、概要を話し合う。
城間町長は「県民大会には町としてシャトルバス(300人定員分)を確保し、最大動員していきたい」とし、「当日参加したくても行けない方もおり、身近な所なら参加しやすいのではと考えた。
多くの県民が参加できる形として市町村ごとの開催を呼び掛けたい」と話した。』




「市民/NGOと政府意見交換会」と「パブコメを書こう会」のお知らせ
国際環境NGOグリーンピース [noreply.jp@greenpeace.org]
---------------------------------------------------------------
7月24日(火)18:30~20:30 東京
---------------------------------------------------------------
「未来のエネルギーはどれ?
『選択肢』に関する政府との意見交換会」

会場: 渋谷商工会館 2F 大研修室
主催:「原発ゼロ・パブコメの会」
お申し込み不要。どなたでもご参加になれます。


---------------------------------------------------------------
7月25日(水)18:30~20:30 福島
---------------------------------------------------------------
「福島からエネルギー・環境の未来を考える」

会場: 福島県教職員組合郡山支部 2F会議室
(福島県郡山市桑野2丁目33-9  TEL024-932-2144)
主催: 「福島からエネルギー・環境の未来を考える」実行委員会
お問い合わせ: 国際環境NGO FoE Japan(Tel: 03-6907-7217)


---------------------------------------------------------------
7月28日(土)13:30~16:30 広島
---------------------------------------------------------------
「エネルギー・環境の選択肢に関する国民的議論」広島セッション

会場: EPOちゅうごく(環境省中国パートナーシップオフィス)
主催: 広島連塾Sus☆テラス
お申し込み締め切り: 7月24日(火)
ご参加無料・定員30名
お申し込み・お問い合わせ: TEL 090-4035-9794


---------------------------------------------------------------
8月8日(水)18:30~20:30 横浜
---------------------------------------------------------------
「8.12で決まる未来の原発政策~政府にあなたの意見を伝えよう~」

会場: かながわ県民活動サポートセンター402号室
主催: 同実行委員会(TEL045-423-0341)


---------------------------------------------------------------
7月25日(水) 11:00~12:00 東京
意見交換会にご参加できない方はパブリックコメントを!
「パブコメ書こう会」開催!
---------------------------------------------------------------
政府が意見を募集している、国のエネルギー選択肢の『パブリックコメント』について、
グリーンピースで勉強会を開催します。
一緒に政府に意見を出してみませんか?

場所: 東京都新宿区西新宿8-5-3アクセス西新宿603
(地図はこちら http://goo.gl/maps/qveB )
ご参加無料
お申し込み: volunteer@greenpeace.or.jpへメールをお送りください 
(担当:グリーンピース・ジャパン 宮地)


**********************************
お知らせ
**********************************
7月22日(日) グリーンピース共催イベント
「気象キャスター木原実さんと一緒に
安心で安全なエネルギー選択を考えよう!」
豪雨、竜巻、猛暑・・・異常気象も心配です。
気象キャスター木原実さんと一緒に考える
『温暖化から考えるエネルギーの選択』シンポジウムを共催します。
ぜひご参加ください。

日時: 7月22日(日) 13:00~16:30 (受付12:30~)
会場: 日比谷図書文化館 地下1階コンベンションホール(大ホール)
詳しくはこちら

http://www.greenpeace.org/japan/ja/news/blog/staff/722/blog/41465/?gv20120721


関連記事
スポンサーサイト
Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング

COMMENT

非公開コメント

特別拡散バナー


奇跡の母子犬
ひまわり/動物達の未来のために
生き物の命の重さに差があるでしょうか?
その重さは計れるでしょうか?

上質なサイトのリンク
お勧めサイトのリンク
ツィッター・タイムライン
最新コメント
最新トラックバック
スポンサードリンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。