プロフィール

半覚才

地球の過去と今と未来を見つめる3匹
のスペースキャッツ

Author:半覚才
自然とともに生きる、生き物が好き!
ホームページ「川越を遊ぶ」

そのニュースは本当か?
報道に疑問を!体制に批判を!権力の奴隷にはならない!

QR

ご意見・リンク等
★★★★★★★★★★★★★★★★
【ご意見・ご質問】
ご意見・ご質問はこちらからどうぞ。

また、回答を希望しないコメントは、コメント投稿蘭からお気軽にどうそ。


【Link Free】
転載、引用、リンクはご自由にどうぞ。 ただし、情報源は明示してください。

★★★★★★★★★★★★★★★★
最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
気になる地域の気になる情報
日本の原発

稼働状況と建設計画

気になる地域の現在の放射線量
気になる地域の天気情報


電力会社別の電力使用状況

地殻変動


-占い-

スポンサーサイト

Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング

日本と世界の政治家たち

Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング
国や自治体の大小とは関係なく、日本にも世界にもすばらしい精神の政治家はいるものですね。
リオ会議でもっとも衝撃的なスピーチ:ムヒカ大統領のスピーチ (日本語版)
http://hana.bi/2012/07/mujica-speech-nihongo/
他の国々の首脳のスピーチを何十と聞くより、この名スピーチ一つに耳と心を傾けて欲しい。
貴重な和訳をしてくださった方がいらっしゃいましたので、ご紹介します。


『会場にお越しの政府や代表のみなさま、ありがとうございます。
ここに招待いただいたブラジルとディルマ・ルセフ大統領に感謝いたします。
私の前に、ここに立って演説した快きプレゼンテーターのみなさまにも感謝いたします。
国を代表する者同士、人類が必要であろう国同士の決議を議決しなければならない素直な志をここで表現しているのだと思います。
しかし、頭の中にある厳しい疑問を声に出させてください。
午後からずっと話されていたことは持続可能な発展と世界の貧困をなくすことでした。
私たちの本音は何なのでしょうか?
現在の裕福な国々の発展と消費モデルを真似することでしょうか?

質問をさせてください:ドイツ人が一世帯で持つ車と同じ数の車をインド人が持てばこの惑星はどうなるのでしょうか。

息するための酸素がどれくらい残るのでしょうか。
同じ質問を別の言い方ですると、西洋の富裕社会が持つ同じ傲慢な消費を世界の70億〜80億人の人ができるほどの原料がこの地球にあるのでしょうか?
可能ですか?
それとも別の議論をしなければならないのでしょうか?
なぜ私たちはこのような社会を作ってしまったのですか?

マーケットエコノミーの子供、資本主義の子供たち、即ち私たちが間違いなくこの無限の消費と発展を求める社会を作って来たのです。
マーケット経済がマーケット社会を造り、このグローバリゼーションが世界のあちこちまで原料を探し求める社会にしたのではないでしょうか。

私たちがグローバリゼーションをコントロールしていますか?
あるいはグローバリゼーションが私たちをコントロールしているのではないでしょうか?

このような残酷な競争で成り立つ消費主義社会で「みんなの世界を良くしていこう」というような共存共栄な議論はできるのでしょうか?
どこまでが仲間でどこからがライバルなのですか?

このようなことを言うのはこのイベントの重要性を批判するためのものではありません。
その逆です。
我々の前に立つ巨大な危機問題は環境危機ではありません、政治的な危機問題なのです。
現代に至っては、人類が作ったこの大きな勢力をコントロールしきれていません。
逆に、人類がこの消費社会にコントロールされているのです。

私たちは発展するために生まれてきているわけではありません。
幸せになるためにこの地球にやってきたのです。
人生は短いし、すぐ目の前を過ぎてしまいます。
命よりも高価なものは存在しません。

ハイパー消費が世界を壊しているのにも関わらず、高価な商品やライフスタイルのために人生を放り出しているのです。
消費が社会のモーターの世界では私たちは消費をひたすら早く多くしなくてはなりません。
消費が止まれば経済が麻痺し、経済が麻痺すれば不況のお化けがみんなの前に現れるのです。

このハイパー消費を続けるためには商品の寿命を縮め、できるだけ多く売らなければなりません。
ということは、10万時間持つ電球を作れるのに、1000時間しか持たない電球しか売っては行けない社会にいるのです!
そんな長く持つ電球はマーケットに良くないので作ってはいけないのです。
人がもっと働くため、もっと売るために「使い捨ての社会」を続けなければならないのです。

悪循環の中にいるのにお気づきでしょうか。
これはまぎれも無く政治問題ですし、この問題を別の解決の道に私たち首脳は世界を導かなければなりません。

石器時代に戻れとは言っていません。
マーケットをまたコントロールしなければならないと言っているのです。
私の謙虚な考え方では、これは政治問題です。

昔の賢明な方々、エピクレオ、セネカやアイマラ民族までこんなことを言っています
「貧乏なひととは、少ししかものを持っていない人ではなく、無限の欲があり、いくらあっても満足しない人のことだ」

これはこの議論にとって文化的なキーポイントだと思います。

国の代表者としてリオ会議の決議や会合をそういう気持ちで参加しています。
私のスピーチの中には耳が痛くなるような言葉がけっこうあると思いますが、みなさんには水源危機と環境危機が問題源でないことを分かってほしいのです。

根本的な問題は私たちが実行した社会モデルなのです。
そして、改めて見直さなければならないのは私たちの生活スタイルだということ。
私は環境資源に恵まれている小さな国の代表です。
私の国には300万人ほどの国民しかいません。
でも、1300万頭の世界でもっとも美味しい牛が私の国にはあります。
ヤギも800万から1000万頭ほどいます。
私の国は食べ物の輸出国です。
こんな小さい国なのに領土の90%が資源豊富なのです。

働き者の我が国民は一生懸命8時間働きます。
今日は6時間働く人が増えています。
しかし6時間労働の人は、その後もう一つの仕事をします。
なぜか?
バイク、車、などのリポ払いやローンを支払わないといけないのです。
毎月2倍働き、ローンを払って行ったら、いつの間にか私のような老人になっているのです。
私と同じく、幸福な人生が目の前を一瞬で過ぎてしまいます。

そして自分にこんな質問を投げかけます:これが人類の運命なのか?
私の言っていることはとてもシンプルなものですよ:発展は幸福の対抗にあっては行けないのです。

発展というものは人類の本当の幸福を目指さなければならないのです。
愛、人間関係、子供へのケア、友達を持つこと、必要最低限のものを持つこと。
幸福が私たちのもっとも大切な「もの」だからなのです。
環境のために戦うのであれば、幸福が人類の一番大事な原料だということを忘れてはいけません。
ありがとうございました。』

いかがですか?
日本人にとっても耳に痛い言葉ですが、冷静にじっくりと噛み締める必要がありそうだと思うのです。



北海道札幌市長の言葉
「(瓦礫を)受け入れないと判断したことが、後日歴史的に誤りだったと評価されても、市民の安全は守られ、私が批判されれば済みます。けれども受け入れて間違いだったと分かったときには、市民に被害が出ている。私にはそれは耐えがたい」(札幌、上田市長)


「メルケル首相"脱原発"の裏側」 報道特集2012/03/24

『【かつて原発推進派だったメルケル氏、その考えを脱原発に決意させた背景】

ドイツ国内はすでに原子力40年戦争という激しい攻防があった
"反原発の母"マリアンネ・フリッツェンさん(87)とその運動
もう雇用は原発産業にはない 再生エネに35万人雇用
すでに環境と経済を結びつけた "安全神話"をあおるのは、犯罪行為

「みえない雲」(邦題):DIE WOLKE の紹介
チェルノブイリ後、原発事故を扱った150万部読まれた児童小説の映画化
学校教育でこの本や映画を教材に使って、地球環境の授業をしている
先進国家日本で福島原発事故が起きた事実、ドイツ人には破壊的衝撃
"これで終わった" メルケル氏、 3/26にはドイツ史上最大の反原発デモ
メルケル首相、正式にドイツは脱原発国家へと宣言 2022年を目標
市民運動、緑の党、教育、メディアなどがダイナミックに機能した
忍耐強く、専門知識を得て、孤立しないようネットワークを結ぶこと

さて当事国の日本は、なぜドイツのように決断できないのか? ...で番組は結んでいる』

『ドイツのメルケル首相は10日公表のビデオ声明で、東京電力福島第1原発後に決めた脱原発政策について、「(日本のような)先進工業国でも危機に陥った。ドイツで起きないとは言えず、脱原発を決意した」と振り返り、自身の決断は正しかったと強調した。
首相は原発の代わりに風力や太陽光発電など再生可能エネルギーの普及を促進させていくとし、脱原発は「ドイツが再生エネルギー市場を先頭に立って引っ張っていくチャンスだ」と指摘。
最優先課題として送電網の整備に取り組むと表明した。』



野田と東電「狂気の福島第二原発再稼働」衝撃プランvol.1
http://www.excite.co.jp/News/society_g/20120723/Taishu_politics116.html
『デモの広がりは予想をはるかに超え、大きなうねりとなって政権を揺るがそうとしているのだ。

そんななか、大飯原発再稼働問題どころじゃない、衝撃的な情報が編集部に飛び込んで来た。

それが、「東京電力が福島第二原発の再稼働を画策している」という驚くべきものだ。

福島第二原発から北に12キロほどのところにある福島第一原発では、いまだ綱渡りの廃炉作業が続けられている最中である。
俄には信じがたい話だが、その情報は現場の作業員の耳にも伝わっているというのだ。』


脱原発まで「ノーサイド」!? 脱原発派は野田新首相に警戒感 (東京新聞)
http://etc8.blog83.fc2.com/blog-entry-1173.html
『原発をめぐっても、野田氏は「『脱原発』対『推進』の対立ではなく」(月刊「文芸春秋」九月号の「わが政権構想」)と、得意の「ノーサイド」を主張している。
しかし、菅直人首相が後に「私的な思い」と後ずさった七月の「脱原発」宣言の際は「短兵急に進める話ではない」とけん制。
同誌の手記では「二〇三〇年までは原子力技術を蓄積することが現実的」とし、新興国への原発輸出も「国際貢献」と位置付けている。

こうした「原発維持」の新首相の誕生を財界は大歓迎している。
経団連の米倉弘昌会長(住友化学会長)は野田氏について早々に「安定感と行動力を持った政治リーダー」と絶賛。
「(政治家の資質が)すべて物足りない」とこき下ろした前任者と打って変わった高評価を与えた。

こうした野田氏に「脱原発」を期待するのは無意味なことなのか。

経済評論家の佐高信氏は「無理でしょう」と切り捨てる。
野田氏は増税論者だが、その前提はむだ遣いの一掃。
しかし、原子力ムラにあるあまたの公益法人の改廃については絶望的だとみる。
「しゃべる訓練はできているが、耳がふさがっているのが松下政経塾出身者の特徴。彼もその一人。脱原発の国民の声が聞こえていない」
ちなみに佐高氏は菅首相の中途半端な「脱原発」も罪深いと断じる。
「脱原発を言うのなら、党の利害を超えて解散しなければダメだった」

政治評論家の森田実氏も「脱原発にはよほどの指導力が必要。野田政権では困難だ」とみる。
「野田氏は政経塾出身で、財界に近いことは確かだ。ただ、減原発ではほぼ国民的な合意はできている。世論に逆らって“原発推進”とまでは言えないのだろう」』

総理大臣とは名ばかりで、世界でも珍しい、単なる官僚と自公の「パシリ」でしかない。


仙谷由人、前原誠司、細野剛志、枝野幸男などの言葉は論外で、政治家としての評価に値しない。

松下政経塾の思想は自民党より悪い
http://iitaihoudai.dt25.net/?p=1125
『野田佳彦をはじめ、前原誠二や玄葉光一郎など、その一派には松下政経塾出身者が多い。
そもそも松下政経塾の思想は民主党の理念から程遠いのだ。
その思想は、優勝劣敗の新自由主義者であり、庶民の暮らしなど何にも考えていない。
国家、国家といいながら、その実、政官財の利権に巣くうシロアリ体質そのものだ。
松下政経塾の出身者に禄な奴がいないのは明らかだ。
松下政経塾出身議員は、口先だけでなんの理念も哲学もない。
だから財務省に抱え込まれ、好いように扱われている。
消費税増税も財務省の筋書き通りに進め、社会保障と税の一体改革と称しながら社会保障は手つかずだ。
原発再稼働は原子力村と経産省の言いなりだ。
松下政経塾の理屈には庶民の暮らしなど眼中にない。
政治主導など口先だけで、すべての行動は官僚任せ、官僚主導でしかない。』
選挙で政治家を選ぶ基準に迷ったら、松下政経塾出身者を外してみるのも手だ。


オバマ大統領についても、巨大企業の票田にがんじがらめになっている以上、その姿勢は言わずもがなだ。


原発に関する「3つの選択肢」と「3つのシナリオ」に見え隠れする政治的思惑と原子力ムラの意図
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/32935
『ここで、指摘しておきたいのは、原子力委の「3つの選択肢」の際は②15%と③20~25%の場合は再処理・直接処分が「併存」であったものが、エネ環会議の「3つのシナリオ」では「がありうる」に変更された点である。
これは、どういうことだろうか?
原子力委の「併存」とは文字通り、再処理と直接処分の両方の政策が執られるということで「全量再処理」ではない。
しかし、エネ環会議の「ありうる」という表現の場合は、再処理もしくは直接処分の「いずれかの選択もありうる」ということになる。
すなわち、「全量再処理」の選択を残しているのである。
まさに、霞が関文学の結晶のような字句であるが、この意味は大きい。』



電力会社「排除」しても「意見聴取会」に批判続出(12/07/22)



デモや集会などの社会運動は本当に脱原発を後押しするか? 開沼 博「“燃料”がなくなったら、今の反原発運動はしぼんでいく」
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20120719-00000732-playboyz-soci
これは下手な解説を加えると誤解を招きそうなので、このまま原文を読んでください。
微妙な内容で、すべてが納得できるかどうかわかりませんが、少なくとも、確実に脱原発を進めるためのヒントが得られるのではないかと思います。



さよなら「電力足りない論」
http://d.hatena.ne.jp/trapds/20120723/1343020973
『電力が足りているというのはデマだ、といったような批判が存在する。

http://d.hatena.ne.jp/ryoko174/20120722/1342905433

一見すると、きちんとした批判のように思えるわけだが、ここには落とし穴がある。はっきり言えば、誘導、ということである。

5月時点の見通し「2542万kW」を意図的に出すことに、何らの意味もない。

何故この数字を出すのか?
いかにもマイナスになるかのようなイメージを作っているだけである。
これは関電が出した数字が正しい、という前提が必要であり、これまで根拠が疑われてきた数字でしかない。

以前から、水力+揚水発電分をわざと低く見積もっている、ということを指摘していたわけである。』



関電 電力需要を大きく見積もり、供給力を過少申告していた
http://www.news-postseven.com/archives/20120723_131045.html
『大飯原発は再稼働されたが、節電の根拠となった需給予測そのものの嘘が露呈した。
関西電力は7月前半の最大電力需要を2757万kWとしていた。
しかし実際は10日の2211万kWが最大で、ほとんどの日の最大電力は2100万kW以下だ。
想定需要を観測史上最大の猛暑である2010年を基準にし、あらかじめ不当に高く見積もられていたためである。
そして、需要を大きく見積もるのと同時に、供給力を過少に申告していたことも見逃せない。
関電は今夏の電力供給力を2517万kW(5月19日発表)としていた。
しかし、7月6日に発表された7月3週目(17~20日)の需給見通しでは、こっそり2744万kWにまで上昇しているのである。
しかもこの2744万kWには大飯原発再稼働による供給力の増加は含まれていない。
それでも大幅に供給力がアップした理由は、揚水発電(※注)が従来の221万kWから406万kWと大幅に上方修正されたことが大きい。
これまで『週刊ポスト』が報じてきたとおり、関電の揚水発電能力は最大で488万kWある。
事実、昨年の7月11日~8月19日には毎日450万~465万kWを揚水発電で供給していた。
しかし関電は「原発で電力に余裕がない」と説明し、これまでの半分程度の供給力しか見込んでいなかったのである。
これは露骨な「電力隠し」だ。』




シネマトークカフェ vol.8 「モンサントの不自然な食べ物」in 伊勢(8月11日)
http://iwj.co.jp/info/whatsnew/?p=17653
<上映映画紹介>
「モンサントの不自然な食べ物」
監督:マリー=モニク・ロバン カナダ国立映画制作庁・アルテフランス共同製作
(2008年/フランス、カナダ、ドイツ/108分)
配給:アップリンク

食糧市場を支配する、脅威の多国籍企業「モンサント」の実態を追ったドキュメンタリー映画。

遺伝子組み換え作物の世界シェア90%を誇り、金融不況の中、成長を続ける多国籍企業「モンサント社」。
クリーンなイメージを打ち出す裏の姿をカメラは追う。
枯葉剤、農薬、遺伝子組み換えの危険性を隠蔽し、自然界の遺伝的多様性や食の安全、農業に携わる人々の暮らしを意に介さないモンサント社の世界戦略。
農業大国フランスで約150万人が観た本作は、「食」、ひいては「いのち」を支配し利益を追求する現在の経済システムについて、強い疑問を投げかけています。
そして作中に登場する各国の深刻な状況は、TPP締結後の日本の姿かもしれません。

★岩上安身による、マリー=モニク・ロバン監督へのインタビュー(6月2日)のアーカイブはこちら

http://iwj.co.jp/wj/open/archives/17982



アフガンでも墜落した未亡人製造機オスプレイ沖縄配備の狙い
http://www.youtube.com/watch?v=pcI6jl6wCSg&feature=related


オスプレイ陸揚げ 市民ら海・陸から抗議 岩国市役所に苦情や容認意見
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/yamaguchi/news/20120724-OYT8T00138.htm
日米安全保障条約が、日本の安全を保障するためのものと信じ込んでしまっている人たちが大勢いるが、そんなことがあるわけがない。

すべてアメリカの利益のためだけであり、安全を保障する対象はアメリカ自身でしかないのだ。

例えば、尖閣諸島問題で、日中間で軽い衝突が起きて日本人に死傷者が出ても、アメリカは見て見ぬ振りをしてほとんど口を出さないだろう。

本格的な戦闘状態になって、日本が他国に占領されそうになったときに初めて乗り出してくるに違いない。
日本が他国のものになることがアメリカの不利益になるからに他ならない。

日本国土が戦場と化して、何人の日本人が死ぬことになろうと、一向に意に介さないはずだ。

アメリカ国内の基地への配備が、地元住民の反対で出来なくなったので、アメリカほど反対運動が起きにくく、政府も言いなりの日本に持ってこようとしているだけ。

お人よしは、野田政権だけでたくさんだ。
国民までが騙されることはない。




こんなシステムがあった!?
損得勘定は自分で検証してみて。
たった8万円で自家発電が可能!?DVD販売などでお馴染みの会社が導入。

http://www.rental-share.com/news_2clZgpgHg.html
『「導入したいが初期工事などで何百万円単位もかかってしまう・・・」などの理由で辞退した方もいるのではないだろうか?

しかしここは、レンタルを扱うニュースサイト。
もちろんレンタル形式を発見したが、予想外の動画配信サービスやDVDの販売を行っているDMM.comで実施しているものだった。

詳しくは、独自の販売モデル「DMMソーラー」で、初期料金の8万円で全てが済んでしまう、レンタルならではの価格だろう。
もちろん、何枚設置しても8万円だ。
別途でかかると言えば、電力会社から売電メーターを購入する費用位だ。
(電力会社ごとに金額等が異なるが¥10,000~)

契約条件や仕組み
契約を、10年間結ぶのが条件で、家・建物の所有者であることや発電量(日照量・屋根の形状)が同社の規定に達すること、国や都道府県、市区町村からの補助金制度が利用できること、などが条件として上げられている。

「DMMソーラー」の仕組みは、住宅の屋根に設置したソーラー・パネルが発電した総電力量から、売電収入相当分を分配するもの。
具体的には、売電収入の8割を同社に、2割を利用者にシェアする。
通常の電気料金より、毎月少なくても20%分の料金は、お得となる。
(8:2で発電した電力をシェアするという事だ。)

契約期間である10年間のシェア分で、パネル設置費用を回収することになるので、利用者は11年目以降、実質的に太陽光発電システムを所有できることになる。
(11年目からは、8:2ではなく、発電された電力を利用者が100%シェア)』




関連記事
スポンサーサイト
Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング

COMMENT

非公開コメント

特別拡散バナー


奇跡の母子犬
ひまわり/動物達の未来のために
生き物の命の重さに差があるでしょうか?
その重さは計れるでしょうか?

上質なサイトのリンク
お勧めサイトのリンク
ツィッター・タイムライン
最新コメント
最新トラックバック
スポンサードリンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。