プロフィール

半覚才

地球の過去と今と未来を見つめる3匹
のスペースキャッツ

Author:半覚才
自然とともに生きる、生き物が好き!
ホームページ「川越を遊ぶ」

そのニュースは本当か?
報道に疑問を!体制に批判を!権力の奴隷にはならない!

QR

ご意見・リンク等
★★★★★★★★★★★★★★★★
【ご意見・ご質問】
ご意見・ご質問はこちらからどうぞ。

また、回答を希望しないコメントは、コメント投稿蘭からお気軽にどうそ。


【Link Free】
転載、引用、リンクはご自由にどうぞ。 ただし、情報源は明示してください。

★★★★★★★★★★★★★★★★
最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
気になる地域の気になる情報
日本の原発

稼働状況と建設計画

気になる地域の現在の放射線量
気になる地域の天気情報


電力会社別の電力使用状況

地殻変動


-占い-

スポンサーサイト

Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング

情報のガラパゴス化

Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング
日本におけるテレビ・新聞などの情報は、極めて偏狭かつ誤りだらけで、中国や北朝鮮などと比較しても引けを取らないほどだ。

日本はいつの間にか、情報までがガラパゴス化してしまっている。

共産主義の独裁者たちのようなプロパガンダに惑わされてはいけないのだ。


米GEトップ「原発正当化は難しい」 
http://www.chunichi.co.jp/s/article/2012073190171909.html
『【ニューヨーク=共同】米電機・金融大手ゼネラル・エレクトリック(GE)のジェフ・イメルト最高経営責任者(CEO)は、30日付の英紙フィナンシャル・タイムズのインタビューで、原子力発電が他のエネルギーと比較して相対的にコスト高になっていると指摘し「(経済的に)正当化するのが非常に難しい」と語った。
 発言の背景には、東日本大震災の影響で原発に関わるコストの上昇が見込まれる一方、技術の進歩で地中深くの岩盤から採取される「シェールガス」の増産が進んで、天然ガスの価格が10年来の安値水準を続けていることがある。
 イメルト氏は「天然ガスが非常に安くなり、いずれかの時点で経済原則が効いてくる」と述べて、原発が経済的に見合わなくなる可能性を示唆。
「世界の多くの国が(天然)ガスと、風力か太陽光の組み合わせに向かっている」と述べた。
 GEは電機メーカーとして原子力発電の普及を担ってきた。
現在も日立製作所と組んで原子炉メーカー世界大手の一角を占めるが、原発事業はGE全体の売上高の1%にも満たないという。』

「日本の原子力政策は理解に苦しむが、ロシアや中国が原発を新規開発するのは止めない」とも。

携帯電話やビデオデッキにも懲りずに、エネルギー政策でも世界に後れを取ろうとしている。
「おバカ」だけじゃ済まない、民自公の政治感覚の無さとマスコミの無能ぶり。



中国電、13年3月期は赤字転落も 4~6月は最終赤字105億円
http://www.nikkei.com/article/DGXNZO44391610R30C12A7LC0000/
電力会社が赤字に転落するのは、経営戦略のミスであり、経営者たちの責任だ。

地域独占の保護されたぬるま湯の中での経営で、頭がボケてしまったのだろう。
正に「殿様商売、成功せず」だ。

そのために原発を再稼働するなどと言う理屈は通らないし、黒字にするために電気料金を上げるというのもふざけた話で、何の企業努力もなく、因果関係などないのだ。



「原発反対はいのち肯定」アーサー・ビナードさん祝島の人たちへ 2012.6.27

原発反対はいのち肯定
http://sunamerichannel.jimdo.com/2012/06/29/%E5%8E%9F%E7%99%BA%E5%8F%8D%E5%AF%BE%E3%81%AF%E3%81%84%E3%81%AE%E3%81%A1%E8%82%AF%E5%AE%9A/


「プライバシーの問題」 東電、会議録画の公開拒否続ける 
全く体質が変わっていないね。
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/120708/dst12070801140000-n1.htm
これは大事な証拠物件なのだから、公開できないなら、東電の事故調に対する証言は、すべて無効とし、正式な証言と認める訳にはいかない。
東電にとって不利な発言のみを有効とすべきだ。

おバカな政治家たちは舐められても仕方がないとしても、国民までも舐めている。




大飯原発4号機の警報 原子炉内一次冷却水の温度上昇の説明が「おかしい」理由 小出裕章7/25(1)
20120725 たね蒔きジャーナル 京都大学原子炉実験所助教 小出裕章



20120528 たね蒔きジャーナル「原発事故直後の放射能汚染の実態」




120731 「原子力規制委員会人事案に異議あり!



一面的真実 野田佳彦は国民を切り捨て “金融マフィア救済政党” として生き残りをかけた 
http://blog.goo.ne.jp/aibatatuya/e/dc217080f02921e1c5d2fe68a59e59f1
『ダイアモンド・オンラインのコラムを読んでいて、“なるほど、無能政権を維持する方法として、こんな方法もあるか~?”と感心したわけである。
勿論、書いてあることすべてが当たっているわけではないが、世界から見られている日本の状況(野田政権)が、必ずしも低評価とは限らない、と云うカラクリの一端には気づくのである。
民主党が鳩山退陣後、二軍、三軍選手として登場した二人が狙っていたのは、疲弊する世界経済の“世界救済党”だったのかもしれない。
“家族を飢えさせ、他人にほどこす”なんとも涙ぐましい話ではないか!(笑)。

あくまで、一側面的野田政権評価なのだが、このコラムを読んだ後、読者アンケートでは野田佳彦の政策は50%近く“評価”されている(笑)。
国際金融マフィアの思考経路や財務省、経団連の思惑を読み解く上では、一読に値する。
当然のことだが、このコラムは36面ある1面を見つめて書いてあるので、非常に偏った考えだが、既得権勢力全体が、この方向で一斉に動けば、世の中が、その方向で動き出す可能性があることを示している。
今日は、敵方のご意見を参考にしてみた(笑)。

≪ 「9月政治暦」を乗り越えることができるか?  海外から評価が高い「国債救助隊」野田政権――高田創・みずほ総合研究所チーフエコノミスト』

文章を読み解く力に自信がる方、あるいは多面的に意見を並べて再評価してみたい方は、一度読んでみた方がよいかもしれません。



「野田首相:貴方に「三丁目の夕日」は語って欲しくない。語るに最も相応しく無い人物。:孫崎 享氏」
http://sun.ap.teacup.com/souun/8180.html
野田首相:貴方に「三丁目の夕日」は語って欲しくない。

語るに最も相応しく無い人物。

野田はますます詐欺に磨きがかかったと言えるか?
いや、こんな幼稚な言葉に、もう国民は騙されない!!

『3丁目は人間愛が軸。

28日朝日

「三丁目の夕日」を理解出来たら再稼働、増税など出来っこない。

「消費増税で”三丁目の夕日”再来? 首相、理想を力説」。

「今日より明日がよくなる」、そんな浅薄なテーマでない。

TPP:野田政権の基盤が揺らぐことが日本を救う。  

29日読売

「TPP先送り論強まる、”大量離党”誘発を懸念。 民主党内の基盤が揺らぐ中、大量離党の引き金になりかねない。

首相周辺でも”先送りはやむを得ない”との悲観論が強まってきた。

反対派には、山田正彦元農相や川内博史ら離党予備軍」

オスプレイ:野田首相が如何に頑張って話そうと、最早詭弁は通じなくなった。

野田が話すから、信じなくなったのかな。

29日毎日「世論調査:オスプレイ訓練”危険”77%。消費増税法案の今国会での成立を”望まない”と答えた人が61%」』



水俣病:特措法申請締め切り 今後の救済策、国示さず
http://mainichi.jp/feature/news/20120801ddm012040144000c.html
日本国中から「愛」を消し去ろうとしているとさえ思える、野田内閣と日本政府は、水俣病患者の多くを認定せずに切り捨てようとしている。

そう遠くない将来の原発事故被害者の姿を思い重ねる。

報道の奥に隠された日本の将来の絵図面を探し出さなければならない。
そして、それは宝島を示す図面ではないことを知るべきだ。

本当の宝島を示す図面は、誰が描いて見せてくれるのだろうか?

私たちはまず、私たちにとって価値のある宝は何か?を特定しなければならない。
さもなければ、知らずに毒を含んだガラクタをつかませれてしまうだろう。



関連記事
スポンサーサイト
Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング

COMMENT

非公開コメント

特別拡散バナー


奇跡の母子犬
ひまわり/動物達の未来のために
生き物の命の重さに差があるでしょうか?
その重さは計れるでしょうか?

上質なサイトのリンク
お勧めサイトのリンク
ツィッター・タイムライン
最新コメント
最新トラックバック
スポンサードリンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。