プロフィール

半覚才

地球の過去と今と未来を見つめる3匹
のスペースキャッツ

Author:半覚才
自然とともに生きる、生き物が好き!
ホームページ「川越を遊ぶ」

そのニュースは本当か?
報道に疑問を!体制に批判を!権力の奴隷にはならない!

QR

ご意見・リンク等
★★★★★★★★★★★★★★★★
【ご意見・ご質問】
ご意見・ご質問はこちらからどうぞ。

また、回答を希望しないコメントは、コメント投稿蘭からお気軽にどうそ。


【Link Free】
転載、引用、リンクはご自由にどうぞ。 ただし、情報源は明示してください。

★★★★★★★★★★★★★★★★
最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
気になる地域の気になる情報
日本の原発

稼働状況と建設計画

気になる地域の現在の放射線量
気になる地域の天気情報


電力会社別の電力使用状況

地殻変動


-占い-

スポンサーサイト

Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング

政治と政治家に求めるもの

Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング
完璧を政治と政治家に求めても、それは見果てぬ夢に終るのではないか?

私たちは、「自分の欠点が無くなれば、完璧に近づく」と思いがちだが、果たしてそうだろうか?

長所があるから欠点があり、欠点があるから長所があることを、つい忘れてしまってはいないか?

激しい欠点は、時と場合によっては大きな長所にもなりうる。

政治家が多少間違いを犯しても、国民にそれほど大きな迷惑を掛けていなければ、そしてその政治家が素晴らしい政治的才能を持っているなら、大目に見てあげる度量を持たなければ、その政治家は瞬く間に抹殺され、替りに何の才能もなく、目立つこともしない代わりに、何もしないことで国民を大きな不幸に陥れるような政治家がのさばってしまいはしないか?

国民は、我が子の才能を見守るように、政治家の才能を冷静に見守ることが出来るだろうか?

非常に遠慮して政治家を評価し、例え、そのほとんどすべてを許すにしても、決して許されない最低限のことはあるはずだ。

それは何だろうか?

私にとってそれは、「言ってきたことと違うことをする時」、または「一言も言わなかったことをする時」には、「国民に対して、その理由とメリット、デメリットを、条件に応じて詳細に説明しなければならない」、ということだ。

それは、間違いと気付いた時に直ちに改めることも含まれるが、それは決して悪いことではなく、多くの人が納得する説明をしないことこそが悪いことなのだ。




国民の生活が第一、消費増税凍結などを目的に「国民連合」発足へ
http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00230127.html
『小沢代表が率いる新党「国民の生活が第一」は、「消費増税凍結法案」の成立などを目的として、野党各党と連携する「国民連合」の設立を目指し、27日に準備会合を開くことがわかった。
「国民の生活が第一」が目指しているのは、「消費増税凍結法案」と「脱原発法案」の成立に向けた「国民連合」。
社民党、新党きづな、新党大地・真民主などのほか、河村名古屋市長率いる減税日本、民主党の有志議員にも参加を呼びかけており、27日に国会内で準備会合を開く。』


せめて、最低限、この法案だけは成立させてほしい。
これに連携する政党だけが、私たち国民の民意を反映させ味方となってくれることが期待できると信じる。

少なくとも私には、「維新八策」より明快で、国民の感覚に寄り添っているように思う。
しかも、他の政党や政治団体に比べても、この件に関しては揺れ動くことがない。



「衆院定数を半減」 維新代表・橋下氏が表明
http://www.asahi.com/kansai/news/OSK201208270008.html
これは単なるめくらましのようにしか思えない。
行政改革や国家予算の見直し、削減に手を付ければ当然その中に含まれる話だが、それがすべてではあるまい。

どうも、国民の「自公民憎し」に便乗した政策のようだ。
中国や韓国の反日感情を内政に利用しているのと重なる、いじめと同類のような稚拙で姑息な感じがするのだが。



「森本防衛相用発言テキストが発表。これから日本の皆様はこの台詞を聞くことになります。:孫崎 享氏」
http://sun.ap.teacup.com/souun/8358.html
『「オスプレイ”安全性問題なし”海兵隊が最終報告。
事故原因は、強い追い風という気象条件にパイロットの操縦ミスが重なったためだと認定し、機体の安全性に問題はないと結論づけた」

「機体前方テント群の真上を飛ぶのを避けようとして、機首転回したところ追い風を受けて墜落」。

転回し追い風受けて堕ちても、「機体の安全には問題ない」そうです。

急な進路変更だめ、追い風だめだそうです。

でも構造的に問題ないそうです。

森本さん、良かったですね。

試行運転の際、急な転回もせず、追い風ない所で試乗させてくれて。』


「想定外の状況」とか、「マニュアル不備」とか、「早期導入を阻害するような、安全確保のための改良なし」とか、どこかで聞いたような言葉ばかりが浮かんできますね。

まぁ、原発推進もその裏の真意は国防のためだから、同じ様な人間が関与していて、その経緯も結果も同様の道筋をたどるのも当然か。

とすると、その後に来る悲惨な事故も同様ということなのか?




東日本大震災:北九州市、がれき受け入れ延期 北橋市長「残念」 /福岡
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120823-00000134-mailo-l40
何が残念なのだろうか?
市民や県民を被曝させるのが遅れて残念なのだろうか?
自分の懐に入る金が、予定より遅れることが残念なのだろうか?

残念な理由がよく分からない、最低、最悪の政治家の例だ。



青森のマダラ、出荷停止に セシウム基準値超え
http://www.nikkei.com/article/DGXNASDG2501W_V20C12A8CR8000/

超高汚染魚が出現:網羅性欠く東電調査に問題
http://blog.dandoweb.com/?eid=148540
我々が安心して口に入れられる食材の範囲がますます狭くなってきた。
この責任追及や損害賠償は何処にもできないのだろうか?

漬物や生レバーはすぐに報道され、業者への責任追及も激しかったが、、、。


『福島原発事故が起きてから最大の超高汚染魚が現れました。
「セシウム:アイナメから2.5万ベクレル 福島第1沖」(毎日新聞)などが一斉に伝えています。
淡水魚にはキログラム当たり1万ベクレルを超えるケースはありましたが、海の魚として桁違いです。
これまで東電が公表してきた調査を遡れば、原発周辺ほど高汚染という予断で出来た調査体制であり、網羅性を欠いています。
河川の汚染が原因で、高汚染魚が原発から離れた沿岸に広く分布している恐れがあります。』


海洋放射線汚染



「原発反対はいのち肯定」アーサー・ビナードさん。祝島の人たちへ
http://stopatomicenergy.blog59.fc2.com/blog-entry-939.html
『6月27日…中国電力の株主総会の日、上関原発に30年間反対し続けてきた祝島の人たちに対して、詩人のアーサー・ビナードさんが語ったスピーチです。まっとうな素晴らしい意見だと思います。』





関連記事
スポンサーサイト
Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング

COMMENT

非公開コメント

特別拡散バナー


奇跡の母子犬
ひまわり/動物達の未来のために
生き物の命の重さに差があるでしょうか?
その重さは計れるでしょうか?

上質なサイトのリンク
お勧めサイトのリンク
ツィッター・タイムライン
最新コメント
最新トラックバック
スポンサードリンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。