プロフィール

半覚才

地球の過去と今と未来を見つめる3匹
のスペースキャッツ

Author:半覚才
自然とともに生きる、生き物が好き!
ホームページ「川越を遊ぶ」

そのニュースは本当か?
報道に疑問を!体制に批判を!権力の奴隷にはならない!

QR

ご意見・リンク等
★★★★★★★★★★★★★★★★
【ご意見・ご質問】
ご意見・ご質問はこちらからどうぞ。

また、回答を希望しないコメントは、コメント投稿蘭からお気軽にどうそ。


【Link Free】
転載、引用、リンクはご自由にどうぞ。 ただし、情報源は明示してください。

★★★★★★★★★★★★★★★★
最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
気になる地域の気になる情報
日本の原発

稼働状況と建設計画

気になる地域の現在の放射線量
気になる地域の天気情報


電力会社別の電力使用状況

地殻変動


-占い-

スポンサーサイト

Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング

エネルギー政策、政府の対応ミスに国民と企業および団体の動き

Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング
日本の政治の裏にあるアメリカの意思/岩上安身×植草一秀
夕焼け寺ちゃん活動中 2012.8.27(月曜)放送




若松孝二監督「命に別状ない」が一転して「急死」…混乱の真相
http://www.zakzak.co.jp/entertainment/ent-news/news/20121019/enn1210191223010-n1.htm
ネット上では陰謀説なども乱れ飛んでいるが、たとえそうであったとしても真相が表に出ることはないだろう。

ただ誠に残念なのは、監督が周囲の関係者たちに「次は原発事故を題材に映画を撮りたい」と話していたことだ。
若松監督がもし映画を完成させていたら、世の中にどんなメッセージを残していただろうか、と思うのである。

彼が遺した映像をもう一度観なおしてみたくなった。
政治家たちのウソに塗れたくだらない話を聞いている暇があったら、その方がよほど有意義な時間に違いない。



質問事項 2012 年 10 月 15 日 大島堅一 次回の需給検証委員会
http://www.npu.go.jp/policy/policy09/pdf/20121019/oshima_shiryo.pdf
少し専門的にはなりますが、電力会社の最近の動きや今後の対応への疑問点が整理されていますので、興味ある方は是非、読んでみてください。
特に反原発運動に力を入れておられる方々は、追究すべき論点や根拠になるだろうと思われます。



【チェルノブイリ報告】 「ソ連はプリピャチの子供に汚染されていない食材を送った」
http://tanakaryusaku.jp/2012/10/0005352
【抜粋】 チェルノブイリ原発から西へ車を10分も走らせると人ひとり住んでいないゴーストタウンが現れる。
原発労働者の街だったプリピャチだ。
ホテルやアパートの窓ガラスは粉々に割られ、家具も見当たらない。
物盗りの仕業だろうか。
あれから26年が経過し、人が暮らしていた匂いは全くない。
絵に描いたような廃墟だ。

 1986年4月26日、チェルノブイリ原子力発電所がメルトダウンを起こすと、住民4万5千人がプリピャチから脱出した。
うち子供は1万7千人。
子供たちはソ連との共有地域とウクライナ各地にある保養所に避難した。

 当時シベリアの病院に勤務していたスラパノバ・イエゲニア医師(現在、ウクライナ医療放射線研究所・小児科部長)は、ウクライナに移り住み、約5,000人の被曝者を診療した。

 スラパノバ医師によれば、ソ連は子供たちの体内被曝を避けるために幼稚園や学校に放射能で汚染されていない食材を送った。[管理人注:日本の政府の対応とはずいぶん違う、というより真逆ですね。]

 甲状腺、胃腸、血液、ガンの専門医がチームを組んで、子供たちのいる各地の保養所を回った。
バスに甲状腺を検査する超音波測定器を積んで。

 子供の健康調査が遅々として進んでいない福島県とは行政の姿勢が180度違う。
体内被曝についても日本政府は「食べて福島を応援しよう」だ。
最近やっと沈静化したが、学校は給食食材の放射能汚染について配慮を欠いていた。

 ひとっこ一人いないプリピャチのあちこちで線量計が1・5μSv/h前後を示した。
福島市内の線量が高い地区と同じレベルだ。
福島市内にはなお25万人以上が暮らす。
経済的な理由から転校できない子供たちは数えきれない。
6月には子供10人の尿からセシウムが検出された。

 共産党独裁のソ連でさえ子供たちを被曝から救うため、上述したようなあらゆる手段を尽くした。
日本はどうだろうか。
手をこまねいてばかりの政府に市民の間から「福島の子供たちを一刻も早く避難させよ」との声が澎湃としてあがる。[管理人注:「手をこまねいて」というより、故意に被曝させようとしているように思える。]
民主主義を標ぼうしながら、子供をおろそかにする国に将来はないのである。



吉田照美 アーサー・ビナード 「福島県南相馬市を訪れて」
吉田照美 ソコダイジナトコ 【週刊エンター】
「今、伝えたい!本当の姿」
照美&アーサー・ビナードが福島県南相馬市を訪れ、2日間にわたり見た、聞いた被災地の姿・被災者の生の声をお伝えします。






井野博満さん講演会
 と き 10月21日(日)14:00~16:30
 ところ 神奈川県立あーすぷらざ 映像ホール 
     JR根岸線・本郷台駅 歩3分
 定 員 120名 事前登録制(まだ少し余裕があります)
 申込み FAXまたはメールで下記へ 
     ファクス 045-894-2482(8:00~22:00の間)
 主 催 ぶんぶんトークの会
     メール bunbuntalk@yahoo.co.jp



JAが脱原発を決議「世界的な流れ」 総選挙や自民党のエネルギー政策にも影響か
http://www.j-cast.com/2012/10/18150381.html
やっと、大きな組織の一つが「脱原発」に向かい始めた。
「山は動いた」のか?

【抜粋】 全国農業協同組合中央会(JA全中)が「将来的な脱原発に向けた取り組みを実践する」などとする決議を2012年10月11日、東京都内で開いたJA全国大会で行った。

自民党の有力な支持基盤とされてきたJAグループが脱原発を表明するのは初めて。
東京電力の原発事故後も原発維持を主張する経団連や日本商工会議所などの財界とは一線を画した経済界の動きとして注目される。

「安全な農作物を将来も提供することが使命」
JAグループは全国の農家や農協関連施設で太陽光、バイオマス、小水力発電など再生可能エネルギーの普及に取り組むほか、政府・与党に早期の脱原発に向けた政策の実現を求める。
全国に709農協、組合員数949万人を擁するJAグループが脱原発を目指すことは、次期総選挙で政権復帰が有力視される自民党のエネルギー政策にも影響を与えるのは必至だ。

決議は「東日本大震災に伴う原発事故の教訓を踏まえ、将来的な脱原発を目指す」とし、JAグループとして再生可能エネルギーの活用と、節電・節水などの省エネルギーに組合員、地域住民が取り組む姿勢を明確にした。

JA全中の万歳章会長は全国大会で「安全な農産物を将来にわたって消費者に提供することはJAの使命だ。東日本大震災に伴う原発事故の教訓を踏まえると、JAグループとして将来的な脱原発を目指すべきと考える」と述べた。
万歳会長は大会前の記者会見で「原発事故の放射能汚染は後始末ができない。こういうリスクを踏まえてまで原発をやる必要があるのか」と、原発依存のエネルギー政策に疑問を投げかけた。(続く)



太陽光発電設備「そらべあ発電所」を佐賀県、宮城県の保育園に寄贈
http://sankei.jp.msn.com/economy/news/121018/prl12101811580023-n1.htm
【抜粋】 ソニー損害保険株式会社
ソニー損害保険株式会社(東京都大田区、代表取締役社長:山本 真一、以下「ソニー損保」)は、再生可能エネルギーの普及活動や環境教育を行うNPO法人そらべあ基金(東京都千代田区、代表:市瀬慎太郎氏、以下「そらべあ基金」)の「そらべあスマイルプロジェクト」(*1)を通じて、以下の2つの園に太陽光発電設備「そらべあ発電所」を1基ずつ寄贈しました。
--------------------------
■同朋天神保育園 佐賀県西松浦郡有田町南原丁1140
■やまとまちあから保育園 宮城県仙台市若林区大和町5-6-33

┌◆
◆今回寄贈した「そらべあ発電所」(太陽光発電設備)

◇【同朋天神幼稚園(佐賀県西松浦郡)】
│■ 太陽光パネル(1,417×791×37mm)24枚(1枚130W)
│■ 年間3,125.3kwhのグリーン電力発電見込み。
│(同保育園の年間消費電力の約10%)

◇【やまとまちあから保育園(宮城県仙台市)】
│■ 太陽光パネル(1,417×791×37mm)18枚(1枚130W)
│■ 年間2,435.4kwhのグリーン電力発電見込み。
└(同保育園の年間消費電力の約8%)



関連記事
スポンサーサイト
Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング

COMMENT

非公開コメント

特別拡散バナー


奇跡の母子犬
ひまわり/動物達の未来のために
生き物の命の重さに差があるでしょうか?
その重さは計れるでしょうか?

上質なサイトのリンク
お勧めサイトのリンク
ツィッター・タイムライン
最新コメント
最新トラックバック
スポンサードリンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。