プロフィール

半覚才

地球の過去と今と未来を見つめる3匹
のスペースキャッツ

Author:半覚才
自然とともに生きる、生き物が好き!
ホームページ「川越を遊ぶ」

そのニュースは本当か?
報道に疑問を!体制に批判を!権力の奴隷にはならない!

QR

ご意見・リンク等
★★★★★★★★★★★★★★★★
【ご意見・ご質問】
ご意見・ご質問はこちらからどうぞ。

また、回答を希望しないコメントは、コメント投稿蘭からお気軽にどうそ。


【Link Free】
転載、引用、リンクはご自由にどうぞ。 ただし、情報源は明示してください。

★★★★★★★★★★★★★★★★
最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
気になる地域の気になる情報
日本の原発

稼働状況と建設計画

気になる地域の現在の放射線量
気になる地域の天気情報


電力会社別の電力使用状況

地殻変動


-占い-

スポンサーサイト

Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング

総理や大臣の権限はどこまで? 緊急時とはどういう状況?

Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング
社説:国会同意再見送り 規制委の正当性損なう
http://mainichi.jp/opinion/news/20121104k0000m070103000c.html
【抜粋】 原発の安全規制を担うため9月に発足した原子力規制委員会の田中俊一委員長と委員4人の人事で、政府は今国会での同意をまたもや見送ることを決めた。
東京電力福島第1原発事故で「原子力緊急事態宣言」が出ていることが表向きの理由だが、その背景には、採決を強行すれば造反や離党者が出かねない与党・民主党のお家事情がある。
党利優先の決定は、規制委の正当性を損なうものだと言わざるを得ない。[管理人注:国民の安全はそっちのけの最低の内閣、最低の総理大臣だな。内閣の承認はおろか、政治家としても承認できない。]

 政府は通常国会開催中の7月、規制委の人事案を国会に示した。
しかし、与党内からも「原子力ムラの一員だった」などの批判が出たため採決を見送り、閉会後に首相権限で委員長以下5人の委員を任命した。
国会の事後承認が必要だが、規制委設置法には、緊急事態宣言中なら同意を先送りできる例外規定がある。

 規制委員が国会同意人事となったのは、特定勢力からの独立性を担保する狙いからだ。
例外規定を乱用すれば、政府・与党の恣意(しい)的な人事がまかり通ることになりかねない。
そもそも政府は、昨年12月に福島第1原発事故の収束を宣言している。
緊急事態を理由に国会同意を先送りするのは、自己矛盾ではないか。

 9月に発足した規制委は、いくつもの大きな課題を抱えている。

 2日に行われた関西電力大飯原発の活断層調査もその一つだ。
引き続き、福井県の日本原子力発電敦賀原発など5施設も現地調査する。
原子炉など重要施設の下に活断層があれば、規制委は運転停止や廃炉を求める方針を示している。

 福島第1原発事故のような過酷事故を想定した防災計画作りで指針やマニュアルを示し、自治体を支援することも規制委の役割だ。
原発の再稼働の前提となる安全基準の法制化という大仕事も控えている。

 いずれも、国民の健康や安全に直結する。
今後の原子力安全規制の道筋を定める作業であり、規制委の権限は極めて大きい。
国会同意がないままでは、国民の信託という裏付けを得ずに、重要な作業が進むことになってしまう。
それでは、せっかく見直しを図ったにもかかわらず、原子力安全規制体制への信頼回復は望めないのではないか。・・・・・



田中文科相 答申否定は裁量権の逸脱
http://sankei.jp.msn.com/life/news/121104/edc12110403390000-n1.htm
【抜粋】 不安が現実になった。
田中真紀子文部科学相が大学設置・学校法人審議会の答申を覆し、来春開校予定の3大学の設置申請を不認可とした。
ルールを無視した判断で、到底認められない。・・・・・歴代文科相が任命した現委員による従来の大学設置基準に沿った答申を否定することは、裁量権の逸脱である。・・・・・いずれも短大や専門学校からの改組で、申請に不備はなかった。
しかも、副大臣ら政務三役にも事前の相談がなかった。
政治主導を通り越して、大臣の独断専行に近い。

これらのことは最初から予想出来ることで、今さら驚くことではないが、、、、。
野田は次々と自ら作ったマニフェストを踏みにじり、国民の信を問うこともなく消費税増税も押し切り、原発再稼働も負託されていない権限を振りかざして決行してしまっている。
この内閣を潰さない限り、国民は地獄の塗炭を舐めつくし、血の池に溺れることになろう。


これが世界に恥ずべき日本の総理、副総理の言葉だ。【再掲】








オスプレイ訓練、富士・岩国でも…今月中にも
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20121104-OYT1T00222.htm?from=ylist
何もかも、米軍のやりたい放題だね。
日本は独立国家としての主張も抗議も放棄するのか?
ヘリコプターでさえ何度も原発の近くや住宅地に墜落しているのに、安全性が疑われるオスプレイの飛行を認めるなんて、日本国民の命はいったい誰が守ってくれるのか?
日本を守ることなんて考えていない米軍は、沖縄はもちろん、日本からも出て行ってほしい。

総理大臣や政府に期待することは、外国の横暴から、まず日本を守ってくれることだ。
その上で、国内外の身勝手な暴力経済界からも国民を守ってくれることだ。
それが出来ない政治家は、アメリカや中国の政治家になればいい。

でなければ、くたばっちまえ!! アーメン。



亀井氏、石原氏に反逆「1人で死ね」
http://www.nikkansports.com/general/news/p-gn-tp3-20121104-1042209.html
【抜粋】  石原慎太郎前東京都知事(80)が目指す第三極結集に対し、かつての盟友亀井静香・前国民新党代表(75)が3日、「遅すぎる。
石原新党なんてできっこない」と切り捨てた。
当初は新党結成を主導したが、最後は「1人で死ね!」と通告、決裂したという。
日本維新の会代表の橋下徹大阪市長(43)との連携にこだわる石原氏を「市長風情に釣り上げられた」と、嘆いてみせた。[管理人注:よくぞ言ったね、亀井さん。この人は受け入れがたい所もあるが、こういうところはしっかりしていてブレないのがいい。]
一方、石原、橋下両氏は京都市で会談、連携協議の継続を確認した。

 亀井氏は3日、テレビ東京の報道番組で、「石原新党」への合流を否定した上で、第三極結集をめぐる石原氏の手法を批判した。
「原発や消費税、TPPで合意もなく、橋下氏と一緒にやろうなんて言っても、新党なんてできっこない」と述べ、石原氏が目指す政策合意抜きの「大連合」を、ばっさり切り捨てた。

 亀井氏によると昨年12月、石原氏に新党結成を持ち掛けられ水面下で調整するなど、当初新党づくりを主導。今年5月、石原氏が「白紙に戻す」と発言し、立ち消えになった。
翌6月に新党結成会見を予定していたというが、直前になって石原氏が、橋下氏主催の政治塾で講師を務めることを理由に「その前はまずい」と、伝えてきたという。

 亀井氏は「『あんたが死ぬ気でやるから、おれも一緒に死のうと言った。初めからこんな状態で、新党ができるわけがない。1人で死ね』と言って、電話を切った」[管理人注:若い政治家たちにも、これくらいの気概がほしいものだ。]と、決裂の経緯を説明。
辞職会見前日の先月24日、石原氏から「知事を辞めて新党を結成する」と電話があったが「遅すぎる」と伝え、25日に会った際も「一緒にできない」と伝えたとしている。

 新党結成を目指しながら、途中から石原氏が橋下氏との関係を優先し、はしごを外された格好の亀井氏。
「橋下さんとやるといっても、政策や理念抜き。石原さんは上から目線で、国民も同志もばかにしている」と、かつての盟友を非難。
「お経の読めないお坊さんばかり集めて、どうやって布教するのか。今の日本にヒトラーは生まれないが、このままでは石原さんは(ナチス政権にかかわった)ヒンデンブルク大統領のようになる」とも述べた。

 自身は民間人が進める政治結集の動きと連携し、「第4極」を目指すという。[管理人注:だいたい、「第3極」と言うけれども、「第1極」から「第3極」と誰かが呼び習わしているが、いずれも『極』には成り切っていないグジャグジャの状態じゃないか。どうせなら亀井さん、「第1極」を目指しなさいよ。動き方次第では応援してもいいよ。]
出演後、報道陣に「あれだけの男が、市長風情に釣り上げられた。かわいそうだ」と述べ、溝の深さをうかがわせた。
 [2012年11月4日8時53分 紙面から]



孫崎享高知講演 (1/6):日米同盟を語る

(2/6):領土問題と原発

(3/6):日米関係

(4/6):普天間とTPP

(5/6):TPP

(6/6):9.11、尖閣、ユダヤ、原発


この人は、ある筋からは猛烈な批判を浴びているのだが、排除しようとする動きがあるということは拝聴すべき意見も持っているということと考え、天邪鬼である自分はなおのこと意見を聞きたくなるのである。

陰謀説なんて戯言だという御仁はお人よしだ。
その確証があって言っているのか?
だいたい陰謀などと言うのは、近所づきあいでも会社組織でも、商取引の世界でも、何処でも日常茶飯事としてあるのは当たり前の既成事実だ。
政治や国際社会にだけないと言うのはアマちゃん過ぎる。



<1.望まない被ばく>「今後何十年と極めて重い心の重荷を背負う事になる」田坂広志氏11/2自由報道協会記者会見(内容書き出し)
http://kiikochan.blog136.fc2.com/blog-entry-2506.html
11月2日に自由報道協会の主催で行われた田坂広志の会見を拝見しました。
以下は質疑応答の一部分です。
被ばくしたことによる国民のさまざまな苦悩に対し、先生はご自身の経験を踏まえてお話しして下さいました。
その内容は私自身とても同感するものでした。
その部分を書き出します。





関連記事
スポンサーサイト
Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング

COMMENT

非公開コメント

特別拡散バナー


奇跡の母子犬
ひまわり/動物達の未来のために
生き物の命の重さに差があるでしょうか?
その重さは計れるでしょうか?

上質なサイトのリンク
お勧めサイトのリンク
ツィッター・タイムライン
最新コメント
最新トラックバック
スポンサードリンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。