プロフィール

半覚才

地球の過去と今と未来を見つめる3匹
のスペースキャッツ

Author:半覚才
自然とともに生きる、生き物が好き!
ホームページ「川越を遊ぶ」

そのニュースは本当か?
報道に疑問を!体制に批判を!権力の奴隷にはならない!

QR

ご意見・リンク等
★★★★★★★★★★★★★★★★
【ご意見・ご質問】
ご意見・ご質問はこちらからどうぞ。

また、回答を希望しないコメントは、コメント投稿蘭からお気軽にどうそ。


【Link Free】
転載、引用、リンクはご自由にどうぞ。 ただし、情報源は明示してください。

★★★★★★★★★★★★★★★★
最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
気になる地域の気になる情報
日本の原発

稼働状況と建設計画

気になる地域の現在の放射線量
気になる地域の天気情報


電力会社別の電力使用状況

地殻変動


-占い-

スポンサーサイト

Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング

マスコミの罪:風評被害、意識誘導、熾烈な工作活動

Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング
選挙報道、総裁選、代表選報道の影には仕掛け人とマスコミの協調による工作活動がある。
報道を鵜呑みにせずに、自分で見て聞いて考えよう。


野田総理が年内解散を検討 輿石幹事長は反対(11/13 05:51)
http://www.tv-asahi.co.jp/ann/news/web/html/221113001.html
【抜粋】 ・・・・・ 民主党・輿石幹事長:「もろもろの対応を考えれば、政治空白を作れるのか」・・・・・民主党内からは年内選挙という見通しも出ていて、解散時期を巡る野田総理と輿石幹事長の綱引きが激しくなっています。

解散を引き延ばすことが政治空白になっていることに気が付かな筈はないと思うのだが、驕りもそこまで来ているのか?

国民より党のことを考える輿石と、国民のことも党のことも既に頭から消え、自分の政治生命だけを考えている野田と、何よりも自分の選挙のことを優先する民主党員とでは、意見が分かれるのは当然。
危機を目前にした時に顕わになる、これが真の民主党の姿だ。


野田佳彦首相が、TPPの交渉参加を表明したうえで、「年内解散」に踏み切る?
しかし野田総理は、国際条約が国内法に優先する事も知らなかった。
野田首相“TPP解散”なら民主30人集団離党も! 輿石幹事長は断固阻止 11月10日 ZAKZAK

http://blog.goo.ne.jp/2005tora/e/1bc722c9717458f7a128c9b5905a0346
【抜粋】 野田佳彦首相が、TPP(環太平洋戦略的経済連携協定)の交渉参加を表明したうえで、「年内解散」に踏み切る方向で調整に入ったことを受け、民主党内が激震している。
党内にはTPP反対派も多く、輿石東幹事長は「そんなことで解散はさせない」「今解散したら、50、60人しか残らない」と断固阻止する構え。
一部では「離党予備軍は30人はいる」という情報まで広まっている。・・・・・


TPP緊急提言      東京大学大学院 鈴木宣弘教授 
「TPP反対をパフォーマンスで終わらせてはならない」

コラム:おびやかされる食の安全と子どもたちを守る取り組み

http://nasu.seikatsusha.me/files/2012/11/14436d4c975c0b7be038425d253086bc1.pdf
以前にもブログに掲載しましたので重複は避けますが、ご覧になっていない方はこちらをどうぞ。





「食べて応援」キャンペーンは誰が言い出したのか?
大切な子どもたちを被曝させていいのか?
被害を日本全国に広げていいのか?









IWJ Independent Web Journal
2012/11/11 11.11反原発1000000人大占拠〜空撮チャンネル

http://iwj.co.jp/wj/open/archives/39815
デモは、法律で認められた正当な市民の権利、政治参加、意見の表明の場です。
選挙で投票するのと同じくらい大切な民主主義の権利です。
日本人なら、その権利を大いに活用しましょう。


小沢代表 二審も無罪 指定弁護士の捜査に壁
http://www.tokyo-np.co.jp/article/kakushin/list/CK2012111302000107.html
東京新聞よ、「捜査に壁」という言い方はちょっと違うだろう。
元々検察側の不正行為や政治的謀略があったことが明らかになっただけだ。
また、このような事案に検察審査会を持ち出すことにも危険を感じるし、そもそも告訴した市民団体というのが、極めて政治色の強い、あるいは個人的な恨みを疑われる、ごく少数の(一人といってもいいくらい)の団体であったことも問題だ。


小沢氏、二審も無罪 政治家の責任は免れない
http://www.fukuishimbun.co.jp/localnews/editorial/37975.html
それでもこうして、小沢一郎の政治責任を問うメディアがあるが、政治資金に関してはもっと明確な違反行為をしている自民、民主の政治家がいるが、それに対する追及が先だろう。

脱原発やTPP参加反対、増税反対、行政改革を強く主張する有力な政治家は彼だけだ。
それ故に執拗に政界から追い出そうとするのだろう。
マスコミの正義はどこにあるのか?
悪党はどっちだ!!


【TPP】野田首相は公約化の考え、経団連は歓迎だが...[桜H24/11/12]
http://www.youtube.com/watch?v=ampEqDfx2fA&feature=youtube_gdata&utm_source=twitterfeed&utm_medium=twitter
野田政権が交渉参加表明を目指していたTPPであるが、離党者の大量発生の恐れもあって、結局任期中には結論を出すことが出来なさそうである。
そこで野田首相が考えついた­のは、またしても党内手続きをすっ飛ばしての、次期総選挙での「公約化」である。
有権者の立場からすれば、その前に「党の綱領をはっきりさせたら?」と突っ込みたくなるが­、これも経済界の支援をアテにしての選挙対策と見れば分かりやすい。
その経済界を代表する経団連からは、米倉会長が「最後のチャンス」と煽りながら参加を促しており、何ら­世論が盛り上がっていないのに「気運」などと言い立てる姿勢には、大企業の驕りしか感じることは出来ない。
国民の意思とは無関係に進められようとしている「TPP交渉参加­」について警鐘を鳴らすと共に、有権者も大いに勉強しておくべき事を指摘させて頂きます。


※チャンネル桜では、自由且つ独立不羈の放送を守るため、『日本文化チャンネル桜二千人委員会』の会員を募集しております。以下のページでご案内申し上げておりますので、­全国草莽の皆様のご理解、ご協力を、何卒宜しくお願い申し上げます。
http://www.ch-sakura.jp/579.html




関連記事
スポンサーサイト
Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング

COMMENT

非公開コメント

特別拡散バナー


奇跡の母子犬
ひまわり/動物達の未来のために
生き物の命の重さに差があるでしょうか?
その重さは計れるでしょうか?

上質なサイトのリンク
お勧めサイトのリンク
ツィッター・タイムライン
最新コメント
最新トラックバック
スポンサードリンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。