プロフィール

半覚才

地球の過去と今と未来を見つめる3匹
のスペースキャッツ

Author:半覚才
自然とともに生きる、生き物が好き!
ホームページ「川越を遊ぶ」

そのニュースは本当か?
報道に疑問を!体制に批判を!権力の奴隷にはならない!

QR

ご意見・リンク等
★★★★★★★★★★★★★★★★
【ご意見・ご質問】
ご意見・ご質問はこちらからどうぞ。

また、回答を希望しないコメントは、コメント投稿蘭からお気軽にどうそ。


【Link Free】
転載、引用、リンクはご自由にどうぞ。 ただし、情報源は明示してください。

★★★★★★★★★★★★★★★★
最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
気になる地域の気になる情報
日本の原発

稼働状況と建設計画

気になる地域の現在の放射線量
気になる地域の天気情報


電力会社別の電力使用状況

地殻変動


-占い-

スポンサーサイト

Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング

ついに出て来るのか、関西の星は日本の星と輝け

Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング
脱原発、第三極を二分 滋賀知事が新党、維新と一線
http://www.asahi.com/politics/update/1127/TKY201211270352.html
【抜粋】  12月の総選挙に向け、第三極の二分化の動きが鮮明になってきた。
滋賀県の嘉田由紀子知事は27日、「脱原発」を旗印に新党結成を表明する見通しで、小沢一郎代表率いる国民の生活が第一などとの連携に乗り出す。
先行する日本維新の会(石原慎太郎代表)と一線を画す勢力結集を目指しており、総選挙全体の構図に影響する可能性がある。

 嘉田氏は26日夕、滋賀県庁で記者団に、新党結成については明言を避けつつ、「今詰めているところだ。明日午後に記者会見し、方向が見えるようにしたい」と語った。
新党名は「日本未来の党」を軸に最終調整している。
知事の辞職は否定し、首長として国政に関与する意向。[管理人注:嘉田氏が党首となる案もあるようだが、それもいいではないか? おそらく、小沢一郎もその他の党の代表も、異論はないはずだ。むしろ諸手を上げて参集してくるのではないか?]
総選挙公約の柱には「原発ゼロ」「環太平洋経済連携協定(TPP)参加凍結」「消費増税凍結」を据える見通しだ。

 嘉田氏は「原子力政策の議論をしてほしいと切に思っているが、国政政党を見ると、なかなか一本にまとまらない」と指摘。
嘉田氏がまとめた「第三極中道『脱原発・みどり連合』結成の呼びかけ」案によると、原発ゼロを目指す政党が緩やかに集まる「オリーブの木」構想を提唱。
4年間の衆院議員の任期中に国会主導で「原発ゼロ・プログラム」の法定化を目指すとしている。

これは、民自公、維新に対するきわめて強力な対抗馬となるだろう。
圧勝する可能性も否定できない。

もう、マスコミもこの動きを無視することはできないだろう。
マスコミが、これまで「国民の生活が第一」他の動きを無視し続けてきたのは、こういうことを恐れていたからなのだ。
マスコミとその裏でマスコミを操る、利権を貪る経済団体は今後どう出るのか?









東日本大震災:福島第1原発事故 健康調査に不備 国連専門家「地域と項目が狭い」
毎日新聞 2012年11月27日 東京朝刊

http://mainichi.jp/feature/20110311/news/20121127ddm012040046000c.html
国連の専門家からも不審を持たれた、恥ずべき日本政府の対応。
他党を攻撃している場合じゃないだろう。
おそらく、この選挙で鉄槌が下されるはずだ。

【抜粋】 東京電力福島第1原発事故被災者の健康を巡る問題を来日調査していた国連の専門家「健康を享受する権利に関する特別報告者」アナンド・グローバー氏が26日、東京都内で記者会見し「福島県の健康管理調査は(対象地域や項目の)範囲が狭い。
子どもの甲状腺検査の診断書を受け取れない親もいる」などと問題点を指摘した。
日本政府の反論も踏まえ来年6月、国連人権理事会に報告書を出す。

 会見では同調査のうち、県民の外部被ばく量を推定する調査の回答率が「わずか23%」と批判。
一方、内部被ばくについて研究者間でも評価が異なるとして「政府は用心深い姿勢に立ち、長期間の調査を行うべきだ」と注文を付けた。
同調査検討委員会が秘密裏に開いていた準備会(秘密会)を巡っては「専門家だけではなく地域社会も関わらなければいけない」とプロセスの透明化を求めた。

 また、日本政府に対し、避難か帰宅か避難者が選べるような経済的支援や、高線量地域の除染計画の明確化などを要請するとした。

 インド出身弁護士のグローバー氏は15日来日。
同県や、自主避難者が多い山形県などで被災者らに聞き取りをした。
福島県郡山市の男性(54)は同氏に、市が進める除染作業で▽住民の被ばく対策が不十分▽汚染土類の保管場所がない−−と安全管理の不備を訴えた。
取材に男性は「権利が侵害されている状態を第三者の立場から判断してほしい」と報告書への期待を語った。


電力会社「原発活断層隠し」原子力規制委ウソ見抜けるか? 2012/11/26 12:00
http://www.j-cast.com/tv/2012/11/26155210.html
【抜粋】 福島原発事故後、再稼働に踏み切った関西電力の福井・大飯原発はやはり早過ぎた運転再開だった。
原発施設の地下を走る活断層の有無について、国の原子力規制委員会の専門家グループが現地調査を行った結果、「活断層の可能性がある」との指摘が相次いだ。
追加調査で最終的な結論を出すことにしており、「グレーが濃い場合でも原発を止めていただく」(規制委)というが、地元の要望を受けて簡単に再稼働に踏み切った経緯を思うと政府への不信が募る。

大飯原発の他にも、全国にある原発の地下には活断層と思われる断層がある。
これが動けば福島原発事故の二の舞になる。
規制委がどう判断し対処するかが問われる問題だ。

関西電力・大飯原発「証拠スケッチ」提出せず
活断層は12~13万年前以降に動いた痕跡があり、今後も動く可能性のある断層のことをいう。
当然ながら、国の安全指針で活断層の上には原発の重要施設の設置を認めていない。

大飯原発でも今月2日(2012年11月)に規制委の専門家グループが現地調査を行った。
地面を掘ってF―6と呼ばれる断層地層の断面を調べるトレンチ調査で、関電が掘った原子炉に近い山側と原子炉から離れた海側の2か所のトレンチを結ぶ線上には、緊急時に原子炉を海水で冷やすための配管が通っている。
調査の結果、山側のトレンチでは断層がかつて動いた形跡が確認された。
問題はいつ動いたか。
断層が動くと岩石同士が摩擦しあって細かく砕け、断層の間に粘土ができる。
断層が長い間動かないとこの粘土は固まってくる。

関電は「粘土はかたく、動いたのは12~13万年前より古く活断層とは見られない」と主張しているが、専門家グループによる現地調査では「粘土はそれほどかたくない」と、関電とは異なる意見が相次いだ。
メンバーの一人、渡辺満久・東洋大教授は「粘土は非常に柔らかいしツルツル滑りそうだし、あれだけ見てもギュッと潰されたら動くのではないか」と見る。
また、原子炉から離れた海側のトレンチでも活断層の可能性を示す「地層のズレ」が発見された。
このズレについて、関電は「地滑り」が原因としていて、岡田篤正・立命館大教授も「地滑りに見える」としたが、他のメンバーからは「活断層と見た」(渡辺教授)、「あの構造から地滑りで説明するのはおかしい」(廣内大助・信州大准教授)など反対意見が相次いだ。[管理人注:地形構造上、低い方から高い方へ地滑りが起こると考えるのは極めて不自然だ]

現地調査をもとに行われた評価会合では、関電が行った過去の調査の信憑性について疑問視する声も噴出した。
関電は原子炉に近いトレンチで断層を確認したものの、その延長線上の海側のトレンチとの間はボーリング調査を行っただけで、「F―6は見つからなかった」と結論付け、断層は配管付近で途切れていると主張してきた。

専門家グループは「調査がずさんだ」という。
40年近く断層調査を行ってきた金折裕司・山口大教授も「断層は一つの面がずっと繋がっているわけではないし直線的でもない。飛んだり歪曲したりする」と指摘する。

関電には大飯原発3、4号機を建設する際に行ったトレンチ調査の地層断面スケッチが残っている。
そこにはF―6の境に、動いた形跡のある断層があり、「黄褐色の粘土が付着」という記述があった。
原子力安全・保安院は今年7月、大飯原発を再稼働する直前にこのスケッチと当時のトレンチの写真を提出するように関電に求めたが、提出されたのはブルーシートで覆われた写真だけだった。
その翌日、再稼働が始まった。

当時の保安院も現在の規制委も、電力会社に資料を提出する法的根拠はなく行政指導だけだという。
これで「(再稼働に当たって)安全は私が責任を持つ」(野田首相)とよくも言えたものだ。・・・・・


今朝のアーサー・ビナードさんのコメント〜毎度おなじみの...
2012-11-22 テーマ:原発とマスゴミ

http://ameblo.jp/dembo531/entry-11410220530.html
【抜粋】 ・・・・・「政党が乱立してよくわからない、うんざり、
 選ぶ人がいない」と言う人が多いが、逆に有権者失格。
政党政治の危機と言うが、政党は政治家同士の互助会。
政党政治を捨てれば本当の民主体制に。

ワシントンは政党政治をやっちゃいけないと言った。
政党助成金がある政党と無所属と立場が違う。
優遇措置になっている。
それがまずい。
それを見抜いて、中身を見ること。

・政策争点について
・・・・・
原発・エネ政策は安全保障、地方対中央、官僚制度とすべてに関わるのに、争点になってない。
クローズアップしない。
今、見抜くしかない。
争点を決めた方が勝ち。

自分の関心のあることを順番をつける。
それぞれの関心事に政治家がどう言ってるかを調べよう。
政治家には期待してはいけない、希求すること。
第一極も第二極もわからないのに第三極に惑わされないこと。
官邸前に立って声を上げているつもりで選ぼう。


TPPについて
TPPは、まず参加して言うべきことを言い、だめなら批准しなければいいのだ、という評論家もいるが、日本の政治家にそれが出来るなら苦労はしないのだ。
参加したら内容の変更もできずに、そのまま真っ直ぐに批准させられてしまうだろう。

評論家が言うように対応できるなら、その前に沖縄基地問題の解決や日米安保条約の改定などを先にやって見せるべきだ。
それもできないままアメリカの言いなりになっている政府が、TPPに参加してうまく立ち回れる訳がない。
我々はそれを心配して、と言うか、政府を信頼していないから、交渉参加などとんでもないと反対しているのだ。

評論家の癖に、あまりにも狭い範囲で物事を見て無責任に語りすぎる。
そんな評論家に飯を食わせる必要はない。
さっさと看板を下ろして廃業すべきだ。


安保なくせば見えてくる 平和大会シンポ
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik12/2012-11-25/2012112514_01_1.html
【抜粋】  東京都内で開かれている日本平和大会では24日、シンポジウム「日米安保条約の廃棄で見えてくるアジアの平和と展望」があり、米軍普天間基地を抱える沖縄県宜野湾市から伊波洋一元市長、日米経済を研究する萩原伸次郎・横浜国立大学教授、日本平和委員会の川田忠明常任理事が報告しました。

 伊波氏は、米軍基地が集中する沖縄では米兵犯罪が多発し、強行配備された米軍欠陥機オスプレイが無法状態のように住宅の上を夜間・低空飛行していると告発。
「ハワイでは野生動物保護のためにオスプレイの訓練計画が中止になりました。沖縄の住民が苦しんでいるのに日本政府は何も言わない」と「日米安保の現実」を告発しました。

 萩原氏は、自民党が総選挙公約で自衛隊を「国防軍」にすると明記したことなど、日米軍事一体化を推進する動きを指摘。
背景には環太平洋連携協定(TPP)を推進する日米財界が、日米安保体制の下で自らの権益を守ろうとする狙いがあるとしました。

 川田氏は、軍事同盟に頼らない「対話の土俵づくり」で平和を追求する東南アジア諸国連合の取り組みを紹介しました。

 会場からは「日米安保はいらないと言える首相を出そう」「中国には武力ではなく対話を通して問題の解決や友好を進めていこう」などの決意や意見が出されました。
「アメリカフレンズ奉仕委員会」のジョゼフ・ガーソン氏も発言しました。

沖縄にある米軍基地は、日本を守る必要のためにあるのではなく、アメリカが世界に対する警察権を行使するためにあるのだ。
つまり国際紛争に介入して戦争を仕掛けるということのために、だ。

日米安保条約では、日本は、アメリカに一方的に守ってもらおうという気が働いていて、アメリカに対しては何の軍事協力もしない。
その弱みがあるために、不必要な基地を受け入れ、費用の経済的負担を受け入れ、犯罪への扱いも不平等な内容になっている。

そのような安保条約が必要だろうか?
もしその条約がなかったら、日本は自国を守るための軍隊が必要だと言う人もいる。
しかし、自衛隊はそのために作ったのではないか。

もっと軍事力を強化すべきか?
いくら軍事力を強化しても、国を守るために最も重要な海岸沿いに、50を超える原発を作っていて、どう守るのか?

日本を滅ぼすつもりなら、核兵器など要らない。
核兵器工場たる海岸の原発に向けて通常兵器で攻撃すれば、簡単に日本など木っ端みじんになるのだ。
岩石の塊を大量に落としたりぶつけたりすれば済むかもしれない。
もっと近代的な方法では、大きな人工地震を発生させればいいのだ。

政治家は目先の経済発展のために軍需産業や原子力に係わる大企業の金儲けに加担するのではなく、国民の安全と平和に心を砕くべきだろう。
この度の選挙では、国民は心して慎重に政治家や政党を選ばなくてはならない。




関連記事
スポンサーサイト
Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング

COMMENT

非公開コメント

特別拡散バナー


奇跡の母子犬
ひまわり/動物達の未来のために
生き物の命の重さに差があるでしょうか?
その重さは計れるでしょうか?

上質なサイトのリンク
お勧めサイトのリンク
ツィッター・タイムライン
最新コメント
最新トラックバック
スポンサードリンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。