プロフィール

半覚才

地球の過去と今と未来を見つめる3匹
のスペースキャッツ

Author:半覚才
自然とともに生きる、生き物が好き!
ホームページ「川越を遊ぶ」

そのニュースは本当か?
報道に疑問を!体制に批判を!権力の奴隷にはならない!

QR

ご意見・リンク等
★★★★★★★★★★★★★★★★
【ご意見・ご質問】
ご意見・ご質問はこちらからどうぞ。

また、回答を希望しないコメントは、コメント投稿蘭からお気軽にどうそ。


【Link Free】
転載、引用、リンクはご自由にどうぞ。 ただし、情報源は明示してください。

★★★★★★★★★★★★★★★★
最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
気になる地域の気になる情報
日本の原発

稼働状況と建設計画

気になる地域の現在の放射線量
気になる地域の天気情報


電力会社別の電力使用状況

地殻変動


-占い-

スポンサーサイト

Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング

「卒原発」新党とエネルギー、防衛、環境、経済

Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング
原発は抑止力のための核兵器準備として必要だと説く人々がいる。
これは前日までのブログでも少しずつ書いてきたが、全く抑止力にはならない。
むしろ日本防衛の弱点を晒し危険に追い込むだけなのだ。
これからも時を見て書いていくと思うので、ここでは深くは追及しないでおこう。

環境問題については、反原発派の人たちがあらゆる角度から危惧し、声を上げてきたことであり、今回新党「日本未来の党」を立ち上げた嘉田氏が、選挙戦の中で、あるいは国会の中で、詳しく論戦を繰り広げることになるだろう。
非常に楽しみにしている。

経済との関連については、すでに論拠の破たんが多く出てきており、改めて言うべきものもないが、今後有力な根拠を示す政治家や評論家が現れるなら反論を試みることにしよう。

ということで、本日はフリーエネルギーの現状を少し紹介してみたいと思う。


世界中の政府が隠す究極フリーエネルギー!これがあれば、原発も石油も要らない!
http://ameblo.jp/kennkou1/entry-11292541685.html
【抜粋】 ・・・・・原発推進派の方々は必ずあることを口を揃えて言っているのです。

それは・・「エネルギー問題」です。

「原発を止めると電力が無くなる」「原発の代用エネルギーはまだ無い」と推進派の方々は必ずと言っていいほど、エネルギー問題と絡めて議論してきます。

もちろん、当ブログでは前々から、日本は現時点でも火力と水力で電力は足りるということを何度も言っています。

しかしながら、火力は燃料の輸入費用がけっこうかかっており、今の政府を見ているとそれを理由にして、火力を止めて原発に切り替えそうな気配があります。(また、推進派の方々もこの部分を強調してくる傾向があります)

そこで、今回は、燃料などを使用せずに発電を行う、いわゆる「フリーエネルギー」についてご紹介しようと思います。


まず最初にご紹介するフリーエネルギーは「温度差発電」という発電システム。
文字通り、温度差を利用して電気エネルギーを作り出す方法です。・・・・・

ペルチェ素子による温度差発電
http://www005.upp.so-net.ne.jp/barkhorn/home19.HTM









実はこれらの理論と実験については、何年も前にテレビなどで紹介されたことがあるのです。
それがなぜか、一切話題にも上らなくなったのはなぜでしょうか?
時の政府(自民党)が、意図的に隠してしまったのです。
もちろん、マスコミや科学雑誌までにも圧力をかけて。

このことを野田民主党が知っていたかどうかは明らかではありませんが、知ったとしても同じように隠したと思います。
政府と財界(と言うよりその裏に隠れた原子力ムラ)によって、極めて都合が悪いからです。

したがって、自民も民主も、したたかな暴走爺の石原慎太郎を抱えた維新の会も、今回の選挙ではエネルギー問題を後ろに隠し、争点にはしないという戦略に出てきました。
誰かが入れ知恵したのでしょうね?
そんな悪知恵が働くのは、東大卒のエリート官僚くらいでしょうか?
それとも経団連の奇怪な宇宙人でしょうか?
その辺はよく分かりませんが、、、、。

一度尋ねてみたいという欲求を抑えきれないでいるのですが、小沢一郎の顔が嫌いと言う人、悪党面だと言う人、経団連会長の顔は好きなのでしょうか?
私には、よほどこちらの方が悪党面に見えるのですが。
経済界のトップだから、当然金儲けがうまいし、利権に鼻が効くはずなのです。
穢い金にもずいぶん塗れて生きているでしょう。





小沢・嘉田連合 脱原発で100人超え
http://gendai.net/articles/view/syakai/139829
【抜粋】 正真正銘の第三極が発足する。
滋賀県の嘉田由紀子知事(62)が「脱原発」を旗印とする新党結成を27日午後にも表明。
新党名は「日本未来の党」になる見通しだ。
小沢一郎の「国民の生活が第一」や「みどりの風」、「減税日本・反TPP・脱原発を実現する党」も合流を検討している。
共闘が実現すれば、維新の会を凌駕する一大勢力になるのは間違いない。

 新党の党首となる嘉田知事はまだ全国的な知名度はないが、市民運動家の間では広く知られている。
06年に「もったいない」のキャッチフレーズで新幹線新駅とダム建設に反対し初当選した。
原発問題では、橋下徹大阪市長のように大仰な構想をブチ上げたわけではない。
地道に「卒原発」を訴え続け、大飯原発3、4号機の再稼働問題について、政府に慎重な判断を求めてきた。
そんなぶれない姿勢が歌手の加藤登紀子や音楽家の坂本龍一の共感を呼んでいる。

 生活やみどりとの連携は、橋下と石原慎太郎前都知事の維新みたいな選挙目的の“野合”とは違う。
至極当然の流れだ。

「維新と大きく異なるのは、脱原発の政策が一致していること。そして、場当たり的に離合集散しているわけではないということです。新党構想は3カ月ほど前から、生活の小沢一郎代表や脱原発の亀井静香幹事長が水面下で調整を続けてきました。それが結実したのです。小沢や亀井らベテランが裏方に回って汗をかいている点も、維新とは対照的です」(政治ジャーナリストの鈴木哲夫氏)

<第2会派に躍り出る可能性>

 問題は嘉田新党が選挙までに機能するか。
「なんらかの連携、協力は模索したいが、即合流までは考えていない」(みどりの谷岡郁子共同代表)という慎重意見もある。
比例代表名簿の統一などが検討されているが、難航しないのか。

「最大の問題は選挙区の調整でしょう。でも、小沢一郎は社民党、新党大地、みんなの党と個別にはほぼ調整を終えている。あとはみどりや脱原発との調整があるくらい。テクニカル的にはそれほど難しい話ではありません」(選挙事情通)

 野田は論外だし、安倍や維新のウルトラ右翼もコアな支持層に訴えているだけ。
暮らしに密着した問題を争点に掲げる「脱原発グループ」の威力はバツグンだ。
政治評論家の伊藤達美氏は「女性を中心に票を伸ばすでしょう。社民、共産も加えれば50~60議席に届く」と見る。
前出の鈴木哲夫氏は「みんなの党が新党に合流すれば、維新はもちろん、民主を抜き、自民に次ぐ第2会派に躍り出る可能性を秘めている」と指摘した。
100議席を超えるポテンシャルを秘めているのだ。

 小沢のオリーブの木構想がいよいよ現実になりつつある。


亮子議員鞍替えか 嘉田「未来」の目玉
http://www.nikkansports.com/general/news/p-gn-tp3-20121129-1053145.html
【抜粋】 ・・・・・新党の代表に就任した嘉田氏も、小沢氏が主導権を握る形での党運営に懸念を示し、「(小沢氏は)イメージの問題がある。
プラスマイナス両方だ」と答えた。
ただ、一方では「小沢さんの経験という部分を発揮していただける(立場を)相談したい」と、頼りにする心情も付け加えた。

 嘉田氏は「これまでの永田町や霞が関の論理とは違う運営の仕組みを党に入れていきたい」と続け、あくまでもフレッシュな「嘉田新党」としての出港を強調。
「サイレントな女性の声」を反映させる意向だ。大飯原発に近い滋賀県知事として、2022年に原発ゼロを目指す「卒原発」を政策の柱に据えた。・・・・・


これで維新の会はもちろんのこと、民主も自民も木枯らしに舞う枯れ葉のように吹っ飛ぶだろう。
これからは御用マスコミと工作員などを通して、激しい妨害キャンペーンが繰り広げられることだろう。
しかし小沢一郎にとっては、それも想定内のことに違いない。
ブレない思想と戦略をじっくり拝見するとしよう。




関連記事
スポンサーサイト
Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング

COMMENT

非公開コメント

特別拡散バナー


奇跡の母子犬
ひまわり/動物達の未来のために
生き物の命の重さに差があるでしょうか?
その重さは計れるでしょうか?

上質なサイトのリンク
お勧めサイトのリンク
ツィッター・タイムライン
最新コメント
最新トラックバック
スポンサードリンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。