プロフィール

半覚才

地球の過去と今と未来を見つめる3匹
のスペースキャッツ

Author:半覚才
自然とともに生きる、生き物が好き!
ホームページ「川越を遊ぶ」

そのニュースは本当か?
報道に疑問を!体制に批判を!権力の奴隷にはならない!

QR

ご意見・リンク等
★★★★★★★★★★★★★★★★
【ご意見・ご質問】
ご意見・ご質問はこちらからどうぞ。

また、回答を希望しないコメントは、コメント投稿蘭からお気軽にどうそ。


【Link Free】
転載、引用、リンクはご自由にどうぞ。 ただし、情報源は明示してください。

★★★★★★★★★★★★★★★★
最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
気になる地域の気になる情報
日本の原発

稼働状況と建設計画

気になる地域の現在の放射線量
気になる地域の天気情報


電力会社別の電力使用状況

地殻変動


-占い-

スポンサーサイト

Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング

頻発地震の仕組みと隠蔽される事実

Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング
最近日本全国で頻発に起きている地震はどのような関連があるのだろうか?
マスコミの報道では何の関連もないかのように報道されているが、果たしてそうだろうか?

素人が少し調べても分かる程度の情報から推察してみよう。


(1) 日本周辺のプレートの状態

脆弱な日本列島
日本周辺プレート1

日本周辺プレート3

日本周辺プレート2

(2) 活断層

活断層1

活断層2

関東地方とその周辺(伊豆地方、山梨・新潟県、東北地方南部)の地殻歪
http://www.gsi.go.jp/cais/HIZUMI-hizumi3.html

【引用】 最近約100年間では、南関東を中心に1923年の関東地震にともなう影響が顕著にみられます。最近約10年間では、南関東を中心にフィリピン海プレートの沈み込みによる北北西-南南東方向の縮みの歪がみられます。さらに、伊豆半島の北部では、最近発生した群発地震や海底火山噴火などを反映した顕著な伸びの歪がみられます。
最近10年間(1994~1985)
最近100年間(1994~1883) 


(3) 火山活動

火山活動1

火山活動2

火山活動3

火山活動4

まず、日本周辺で起きてきたこれまでの多くの地震の原因は、(1) のようなプレートの移動によってぶつかり合ったプレートの片方がもう一方を押し上げ、そこに生じたストレスが限界に達したときに元に戻ろうと跳ね上がって起きるものと説明されてきた。
小中学生でも学校で習って知っていること(ゆとり教育と欺瞞して省かれていなければ)である。

先の東北関東大震災もこれが原因らしいと説明されている。
そして今後起きるであろう、東海、東南海、南海トラフの大地震もそうであろうと考えているようだ。

従って、事象の形態が違う近頃の地震や地殻変動、火山活動、地下水や温泉の噴出などは関連性がないとおっしゃるのだ。
こんな説明で理解できますか?

活断層のような地殻の変動は、プレートの上に乗った地表の柔らかい部分がずれるものであり、火山の噴火は地下のマグマの収縮活動が活発化してきて、地表の一番弱いところがその圧力に耐え切れなくなって噴火するものと説明される。

しかしこれらは、地震学と地質学、火山学、その他の学問が細分化され過ぎ、その学際における情報交換や研究が弱まっているため、多くの矛盾や説明不足、誤りがあるのだと思う。

地震も火山噴火も活断層も、表面に現れるすべての事象は、プレートの動きとマグマの活動が時に連動して起きるものであることは上記の画像を観れば自ずと解るはずだと思うのだが。

火山の噴火は、マグマの膨張・収縮活動のみでなく、プレートの移動または地震による外圧の変化によりストレスが限界に達し、地表の弱いところを突き破って噴火するのであって、それは地上の火山だろうが海底火山だろうが全く変わりはない。

活断層も然りで、プレートの移動や地震などの刺激によってプレートと表土の質や固さの違いから滑り落ちたり擦れ上がったり横に変化したりするものと考えた方が自然であろうと思う。
それらは、その地域それぞれの地質の違いや特異性によって、違った事象として我々の目の前に現れてくるのであって、変化の形態が違うからと言って関連性がないと言い切るのはどうかと思うのだ。

従って、プレート上のどこかの地震は、たとえそれがマグニチュード6前後のさほど大きくないものであっても、同じプレート上、もしくは隣接した別のプレート上にあるものに対して影響がないとは考えにくいはずだ。
過去の事実や経験値を見誤っているのか、あるいはわざと隠蔽しているのか?

このように考えると、如何にも関連性がないかのような報道は、恣意的な報道規制の下に行われているとしか思えない。
いや、学者先生諸氏の話をよ~く耳を済ませて聞くと、そこまではっきりと関連性が全くないとは言っていないことがほとんどなのだ。
それなのに報道は、悲しいまでに、虚しいまでに、関連性がないと言い切るのだ。

もし、関連があるとしたら不安が沸き起こり騒ぎが大きくなって、原発推進政策に少なからず影響を与えるからである。
つまり、時の政権である自民党(安倍内閣と官僚を含めた政府)にとっては、非常に都合の悪い事実なのだから。

学者たちの直接の言葉に耳を傾け、自分で情報を聴き比べ、見比べて推察および判断してみよう。
少なくとも、「どこか変だな」というくらいには気がつく筈だ。




関連記事
スポンサーサイト
Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング

COMMENT

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
非公開コメント

特別拡散バナー


奇跡の母子犬
ひまわり/動物達の未来のために
生き物の命の重さに差があるでしょうか?
その重さは計れるでしょうか?

上質なサイトのリンク
お勧めサイトのリンク
ツィッター・タイムライン
最新コメント
最新トラックバック
スポンサードリンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。