プロフィール

半覚才

地球の過去と今と未来を見つめる3匹
のスペースキャッツ

Author:半覚才
自然とともに生きる、生き物が好き!
ホームページ「川越を遊ぶ」

そのニュースは本当か?
報道に疑問を!体制に批判を!権力の奴隷にはならない!

QR

ご意見・リンク等
★★★★★★★★★★★★★★★★
【ご意見・ご質問】
ご意見・ご質問はこちらからどうぞ。

また、回答を希望しないコメントは、コメント投稿蘭からお気軽にどうそ。


【Link Free】
転載、引用、リンクはご自由にどうぞ。 ただし、情報源は明示してください。

★★★★★★★★★★★★★★★★
最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
気になる地域の気になる情報
日本の原発

稼働状況と建設計画

気になる地域の現在の放射線量
気になる地域の天気情報


電力会社別の電力使用状況

地殻変動


-占い-

スポンサーサイト

Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング

野党は乗せられてはいけない

Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング
野党分断を狙う安倍の陰険な罠

スキャン0006

参院選の争点になりそうなのは、脱原発を始め、改憲、社会保障、TPP、消費税、選挙制度、議員定数等々、数え上げればいくらでもありそうだが、本当に重要なものは何か?

原発問題は、誰も責任が取れないほどの遠い未来への期間と損害規模、それと何をやっても幾世代間にわたって回復不能という重大な問題のはず。
これは責任者を抹殺しようが国の仕組みを変えようが、後からではどうしようもないのだ。

それに比べて他の問題は目先のことばかりで、最悪の場合は、市民抵抗運動とか、革命とかという、ちょっと過激な手段もないことはない。



わずかな考え方、やり方に拘って、連合も共闘も出来ないというような狭い考え方を持つ、よく言えば理想を追うような野党は、簡単に分断されてしまうだろう。

スキャン0003
スキャン0002

参院選の争点は、党の政策とは別枠で一つに絞って協力し合わなければ、先の衆院選の二の舞となって、またもや自民党の大勝となってしまうだろう。
そうなれば原発も改憲も地位協定も沖縄基地問題も、すべてが自民党のやりたい放題になってしまうのだ。
参院選の第一命題は、自民党を敗戦に追い込むこと、そのために最もシンプルで分かりやすい脱原発で一致団結することこそが大事なのではないだろうか。


隠蔽し忘れたがる国民性と、過ちを直視して反省する国民性との明確な違いか?
歴史の暗部を検証・公開するウィーン・フィルの決意(大貫 康雄)

http://news-log.jp/archives/7893

【抜粋】 以前、オーストリアは原発を完成させながら、運転開始直前に国民投票で原発廃止を決定した国だとお伝えした。
そのオーストリアをナチス・ドイツが軍事併合(Anschluss)して今年で75年。
オーストリアではこの現代史の悲劇的事件を検証するいくつもの動きが見られる。
そのひとつ、ベルリン・フィル(Berliner Philharmoniker)と並ぶクラシック界最高のオーケストラ、「ウィーン・フィル(Wiener Philharmoniker)」が、ナチス体制下と戦後の自身の歴史的恥部と言える歴史を検証し、公式ウエブサイトで公開を始めた。

すでに欧米メディアが報じ、日本でもAFPなどで報じられているので知る人も多いだろう。
ウィーン・フィルは8月末までを目標に独立した学者たちの検証作業を進め、検証が済んだ事実から随時公式ウエブサイトで公開していく。

芸術が時の権力によって利用されるのは古今東西を問わない。
ナチスは積極的に芸術・美術分野の活動に介入し、プロパガンダ機関として利用したが、公式ブログでは、ウィーン・フィルの中にナチスの政策に積極的に加担する者が数多くいたという事実を直視している。
そこには自身の歴史の暗部を見詰めて、結果を隠さず、公開し、蛮行は二度とするまいという決意が窺われる。

スキャン0001



スキャン0004
スキャン0005

原発事故との関連性を証明するのは難しいだろうけど、そのリスクがあり異常を防ぐ手立てもない現在では、原発をすべて廃止、廃炉にするのが一番安全だ。

その安全を犠牲にしてまでも核を持つ理由がどこにあるというのだ。
原発推進は、核保有能力の維持以外の何ものでもない。
サリンなどの毒ガスの開発よりもっと危険なのだ


ラジオフォーラム#14 おしどりマコ・ケンが取材した原発事故と福島の子どもたち
http://www.youtube.com/watch?v=pkfxJ6ouhTg





原発の危険性に気付かず、または過小評価して安心している人たちがいまだに多い中、虚しさの渦にのみ込まれてしまいそうになりながら、脱原発実現にはどうすることが最も効果的な方法か、を探し続けています。

多くの運動や団体に参加していますが、どれもこれはというほどの成果は上がっていないようで、選挙の結果が一番明確な成果ですが、なぜ大同団結できないのか?考え込んでしまいます。

そうこうしているうちに参院選の日は近づき、あの衆院選の悪夢がよみがえってきます。
コツコツと継続する地道な努力も大切なことは重々承知しているつもりですが、時間と金の無駄遣いをしてはいないか?という焦りも出始めてきます。

お願いだからみんな目を覚ましてくれ!!
そして真実の恐怖に目を向けてくれ!!




関連記事
スポンサーサイト
Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング

COMMENT

非公開コメント

特別拡散バナー


奇跡の母子犬
ひまわり/動物達の未来のために
生き物の命の重さに差があるでしょうか?
その重さは計れるでしょうか?

上質なサイトのリンク
お勧めサイトのリンク
ツィッター・タイムライン
最新コメント
最新トラックバック
スポンサードリンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。