プロフィール

半覚才

地球の過去と今と未来を見つめる3匹
のスペースキャッツ

Author:半覚才
自然とともに生きる、生き物が好き!
ホームページ「川越を遊ぶ」

そのニュースは本当か?
報道に疑問を!体制に批判を!権力の奴隷にはならない!

QR

ご意見・リンク等
★★★★★★★★★★★★★★★★
【ご意見・ご質問】
ご意見・ご質問はこちらからどうぞ。

また、回答を希望しないコメントは、コメント投稿蘭からお気軽にどうそ。


【Link Free】
転載、引用、リンクはご自由にどうぞ。 ただし、情報源は明示してください。

★★★★★★★★★★★★★★★★
最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
気になる地域の気になる情報
日本の原発

稼働状況と建設計画

気になる地域の現在の放射線量
気になる地域の天気情報


電力会社別の電力使用状況

地殻変動


-占い-

スポンサーサイト

Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング

暴力組織・電力会社の疑惑

Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング
数年以上前からこれまでに、反原発の立場からその不正や危険を調査したり追究したり、様々な行動を起こしてきた非常に多くの人たちが不審な死を遂げ、ずさんな捜査により強引に自殺または事故死として葬られて来ています。
それは今も続き、原子力ムラとそれに絡む利権が無くならない限りおそらく今後も続くことでしょう。
これは大変な犯罪であり、しかも訴追もされず罪が裁かれることもないと言うのは、文明国家、民主国家の恥であり、犠牲となった人たちやその遺族の無念は想像を絶するものがあります。
なぜ日本という平和な国に生活していながらそのような理不尽な事件に巻き込まれなければならないのでしょうか?

このような事件に巻き込まれない無辜の人たちでさえも、やがて放射線による内部外部の被曝によってじわじわと健康を蝕まれ命を落としていく人も決して少なくはないと思います。
「経済発展」という、詐欺まがいの甘い言葉に騙されて原発を容認、あるいは他人事のように知らんぷりをしていると、その危険は何の差別も仕分けもなくすべての人に公平に降りかかって来るのです。
さらなる経済発展と人の命と、一体どちらが大切なのでしょうか?

ここに紹介する事変はその氷山の一角のほんの一部であり、その陰に隠れた疑惑の事変はこの数倍以上もあるはずです。
真実から目を背けないでください。
愛する人や自分自身の命が人知れず奪われてしまう前に気付いてください。


NHKの原子力村疑惑!??森本健成アナは国策逮捕、堀潤アナは料理番組への配置換えで辞職、NHKで何が起きているのか!?

【引用】 NHKの森本健成(たけしげ)アナが昨年、強制わいせつ罪で逮捕されたことはまだ記憶に新しいが、これは原子力ムラの意向が絡んだ官憲による国策逮捕であることに間違いないと思われる。
昨年11月14日の午後7時45分ごろ、森本健成アナは、走行中の東急田園都市線電車内で、女性(23)の服に手を入れて胸を触ったとして、警視庁玉川署に現行犯逮捕された。

この事件も初期報道に出て当然だった犯行様態が後から出てくるなど、事件の様相が詳(つまび)らかでないばかりか錯綜する部分もあり、官憲の情報提出が極めて怪しい経緯をたどっている。
初期報道にはなかった犯行時間が、後から11分間であったことや、混雑した電車内で被害者と森本氏が対面したまま、周囲の人間に気づかれずにどうやって11分間も下着の中に手を入れて胸を触り続けたのかなど、極めて限られた情報だけでも、状況的に不自然な点が多々あった。

 しかも、1カ月もしないうちに被害女性に処罰意思がないことを理由に不起訴処分になっている。
11分間も下着の中に手を入れられ、素肌の胸を執拗に触られ続けた女性の屈辱感とか怒りがこんなに早く掻き消えてしまうものだろうか。
このニュースを聞いたとき、直感的に2006年の京急事件(植草事件)や2012年の週刊東洋経済元編集・三上直行氏の事件を連想した。
植草氏は小泉政権を批判し続けて国策捜査に見舞われている。
三上直行氏は事件前に週刊東洋経済で、40ページにわたる東電を批判した鋭利な特集記事を編集して原子力ムラを怒らせた。
二人とも既得権益にすり寄った権力に狙われる十分な背景があった。

 森本アナの場合は、謀略逮捕の背景が三上氏と同様に原発関連であることは疑いようがない。
それほど謀略の匂いがする痴漢事件であった。
森本アナは、2012年7月24日に放送された『NHKスペシャル|原発事故調 最終報告~解明された謎 残された課題~』の司会を務め、非常に食い下がった司会ぶりを示していた。
このNHKスペシャルをご覧になるとはっきりと分かるが、内容は福島原発のシビア・アクシデントについて、原子力ムラが決して触れてほしくない追及姿勢に満ち溢れている。

 原子力ムラはこの原発事故検証番組をアーカイブとして再放送できなくするために、番組出演者の誰かを犯罪者に仕立てる必要があった。
その一番のターゲットになった人物が司会者の森本健成アナであった。
メインの司会者を破廉恥罪の犯罪者にしてしまえば、この番組自体の公共性を剥奪し闇に葬ることができる。
ところが、中国の動画にはこれがまだ残っているので、見られるうちに多くの人が見ておくといいだろう。
事故調は非常に鋭い切り口で事故を検証している。
テレビが放映した福島原発事故の検証番組でこれを超えるものは皆無である。

この番組内容を知れば、森本氏の国策逮捕が推測のレベルよりも、はるかに現実味が増すことを知るだろう。
官憲とマスコミによって有無を言わさず人物破壊をされた挙句、法廷で事件関係者の謀略を暴く機会を失った森本アナはさぞや無念であろう。
NHKには森本アナの国策逮捕に怒りを持ち、局の隠蔽体質に強い不満を持つ一派がいると考えて間違いない。
そのことは昨年大晦日の紅白歌合戦に、筋金入りの反原発ソングを歌っていた斉藤和義氏を出場させたことに見えている。

 今回、NHKに退職願を出した堀潤アナも、当然ながら森本アナと志を等しくするグループの一員である。
堀潤アナは昨年6月から米国の大学(UCLA:カリフォルニア大学ロサンゼルス校)に留学し、福島第1原発事故などを題材にしたドキュメンタリー映画を製作した。
NHKは「映画の内容は問題にしていない」と言っているらしいが大嘘である。
森本アナを官憲の毒牙に掛けるくらいの言論統制が徹底されているわけだから、NHKのアナが原発検証映画を作ること自体がご法度に決まっている。

 阿修羅掲示板の記事を参照すると、堀潤アナは3・11から2年目の日にツイッターで以下の発言をしていたそうだ。

「震災から2年。原発事故発生のあの日私たちNHKはSPEEDIの存在を知りながら「精度の信頼性に欠ける」とした文部科学省の方針に沿って、自らデータを報道することを取りやめた。国民の生命、財産を守る公共放送の役割を果たさなかった。私たちの不作為を徹底的に反省し謝罪しなければならない。」

 堀潤アナは、あの露骨な棄民的不作為である、文科省によるSPEEDIの隠蔽を批判し、それに追従したNHKを糾弾していた。
これでは、NHK上層部は怒りが収まらないだろう。
しかし、森本アナの国策逮捕からまだ半年も経っていない今、原子力ムラの陰険さが目立ちすぎるので、堀潤アナを同じ痴漢犯罪で失脚させるわけには行かなかったというところだろう。


死傷者を助けず通告せず放置したら罪になる。
また死傷することが予見できるのに放置した場合も不作為行為、未必の故意などに問われるでしょうに。
原発に関しては、なぜスルーされてしまうのでしょうか?


原子力村の住民の実名を明らかにする
http://nuclearpowermafia.blogspot.jp/

【引用】 このサイトは、日本の原子力推進政策が変わらない最大の原因とされる利権構造「原子力村」の人々の情報を集約して、その実体を具体化するために立ち上げました。

原子力ムラ全体図

"原子力ムラ"、"原子力マフィア"という言葉はあちこちで目にしますが、これらの名前で一括りに非難されることが多くあまり個人名で追求されないので、非難されるべき人が責任を取らずにいられるのではないでしょうか。
メディアを操り国民を欺き、世界を汚染し、多くの人を被爆させた罪を償うどころか、未だに原発で金儲けを続けようという人間は、実名で糾弾され、責任を追及されるべきです。

このサイトに載った人は、被曝を余儀なくされた人の怒りや、故郷を奪われた人の絶望と向き合い、この悲惨な状況は自分のせいであること、自分が悪であることを自覚し、責任を取ってほしいと願います。

一部の人の利権や保身のために動いている日本が変わることを願っています。


“民主党DVD抹殺事件”も発覚! いまだ続く原子力ムラ「悪魔の支配力」 vol.2
http://www.excite.co.jp/News/society_g/20120622/Taishu_politics83.html

【抜粋】 ・・・・・そして、学者だ。
前出・樋口氏の著書の中に『原発と闘う-岩佐原発被曝裁判の記録』がある。
水道工事業者の作業員が、なんの安全教育もされず、原発の格納容器近くで作業させられ、被曝した事件を追ったものだ。
「体調不良を訴えた作業員を、大阪大学病院は放射線の影響しか考えられないと断定しました。しかし、訴えられた電力会社は被曝の可能性を認めなかった。裁判は一、二審で作業員側が敗訴、上告も棄却されました」(前同)

敗因は東大の御用学者が電力会社側に立ち、体調不良と被曝の因果関係を否定したことだったという。
「原発以外、どこで被曝するというんですか。原発を擁護する研究を続け、教授のポストをもらう学者もそうですが、原発ムラの住人に、そんな電力会社側の主張を認めた司法も入れてもらいたい。最後の砦、司法まで彼らの味方なんですから、原子力ムラは、もはや怖いものなしです」(同)

最後は第4の権力、マスコミだ。
04年、東電のたび重なる福島原発における事故隠しを問題視し、新聞で原発批判を繰り広げた佐藤栄佐久・前福島県知事は、意外なところから攻撃を受けたという。
「その報復かどうか定かではありませんが、佐藤前知事は06年、ダム建設に絡んで、ゼネコンから賄賂を受け取ったとし、収賄罪で逮捕されました。その記事を書いた記者が原発政策担当の記者だったことから、一部では原子力ムラからの圧力だったという話も囁かれました」(前出・社会部記者)
地方自治体の首長でさえも、原子力ムラに刃向かうことは許されないのだ。

マスコミと電力会社の癒着を、前出・田中氏はこう指摘する。
「東電の接待の一つに“吉原弁当”という言葉があります。東京の色街・吉原で単に“接待”をするだけでなく、1泊させ、朝、高級仕出し弁当まで出すので、そう呼ばれている。大手マスコミ担当者は軒並み、こういう接待を受けてきています」

そもそも、原発を日本に持ち込んだ故・正力松太郎氏は読売新聞中興の祖だったため、原発に対して批判的な報道ができるとはいい難いという指摘もある。

このように、日本を牛耳る原子力ムラの力。
それは冒頭で触れた民主党内で起きた“DVD抹殺事件”でもわかるように、現在も衰えてはいない。
「原子力ムラが、いまだに力を持っている何よりの証拠は、福島原発事故で、これだけの犠牲者を出しているにもかかわらず、政府が原発再稼働に向かって突っ走っていることですよ。もはや、原子力ムラの“暴走”は、誰にも止められません」(前出・社会部記者)

まさに“悪魔の支配力”ともいうべき強大な力を持つ、原子力ムラ。…


東電OL殺人事件の被害者は反原発の為消された可能性が高い。厚生労働省・村木厚子の冤罪事件とそっくりだ
東電OL殺人事件

http://www.ne.jp/asahi/davinci/code/history/hanzai2/index2.html

【引用】 もくじ
1. 東電女性管理職殺人事件  http://www.ne.jp/asahi/davinci/code/history/hanzai2/index2.html#1
2. 東電・渡邉泰子と厚生労働省・村木厚子の共通項 http://www.ne.jp/asahi/davinci/code/history/hanzai2/index2.html#2
東電OL殺人事件の真相は・・・・
以下、 「東電女性調査官殺人事件」 http://ameblo.jp/nanbokuchou/entry-10887643279.html から、 東電OL殺人事件の真相を端的に紹介する。
----------------引用開始-------------------
被害者・渡邉泰子
企画部調査課・副長
当時の直属の上司が 取締役企画部長・勝俣恒久(現東電会長)
企画部管理課長には藤原万喜夫(現副社長)
よって、「東電女性管理職殺人事件」も正しい。
OLという言葉には明らかに「平社員」「お茶汲み」というイメージが暗に込めら れており、極めて不愉快。
彼女は、工務部副部長だった父親の遺志を受け継ぎ、「原発の危険性を指摘」する 報告書を作成。
経済リポートも賞を得るほど高い評価を得ていた。
そんな反原発の旗手の彼女が、プルサーマル計画が本格始動した1997年の3月に誠に都合良く「殺され」売春婦をやっていたという報告で、人間としての尊厳を「消され」彼女の実績・功績は闇に「葬られ」た。
上司の勝俣部長は、翌年「常務取締役」に出世する。
----------------引用終了-------------------
上記の記事にヒントを得て、以下に「東電OL殺人事件」ではなく「東電女性管理職殺人事件」のシナリオを考えて見た。
東電女性管理職殺人事件
事件時は東電企画部経済調査室副長だった
渡邉泰子さんは、渡邉達雄の長女として、1957(昭和32)年6月7日に生まれ、慶応義塾女子高等学校、慶応義塾大学経済学部を卒業後、他界した父の跡を継ぐ形で1980年(昭和55)4月に東京電力に就職しています。
東電本社では企画部調査課に所属し、1993(平成5)年には企画部経済調査室副長に昇進しております。
同室は電力事業に対する経済の影響を研究する部署であり、泰子さんは、そのなかで、国の財政や税制及びその運用等が電気事業に与える影響をテーマにした研究を行い、月一、二本の報告書を作成していたそうで、そのレポートは高い評価を得ていたと言うことです。
「原発の危険性を指摘」する報告書を作成していた
レポートの内容は、「原発の危険性を指摘」する報告書もあったようで、工務部副部長だった父親の渡邉達雄さんの遺志を受け継いだ内容の報告書などを作成したようです。
父親の渡邊達雄さんは、1949年に東大工学部を卒業、東電に勤務し、工務部副部長として将来の役員候補とされていましたが、原発の危険性を指摘したため、降格させれら、渡邊泰子さんが慶応大学2年のとき、52歳でガンで死亡したそうです。
当時の上司の勝俣恒久会長から圧力?
父親っ子であった渡邊泰子さんは、父親の影響を強く受け、原発の危険性の指摘する報告書を書いていた訳ですが、1996年6月に取締役企画部長に就任している勝俣恒久会長が直属上司になる訳で、相当な圧力があったと思われます。
しかも、藤原万喜夫副社長も、1997事件発生時には、企画部管理課長だったので、企画部全体から相当なプレッシャーを受けていたものと想像されます。
絶望した渡邊泰子さんが、自虐行為として、売春に走ったことが容易に想像できます。
売春に走った原因は当時の上司の勝俣恒久会長の圧力か?
当時の上司であった勝俣恒久会長や藤原万喜夫副社長が、渡邊泰子さんを慰撫したような形跡は全くないので、渡邊泰子さんが売春に走った原因は、上司である勝俣恒久会長や藤原万喜夫副社長が、作ったと言ってもよいと考えます。
このような背景から、渡邊泰子さんは、上司や同僚と飲酒することもなく、社内での私的な交際もほとんどなかったようです。
渡邊泰子さんは、28歳の頃(1986年)、拒食症に陥り入院したことがありましたが、その後の1989(平成元)年頃から、クラブホステスのアルバイトを始め、1991年ごろから渋谷界隈で売春をするようになったと言われております。
東電福島第一原発事故は、渡邊泰子さんの怨念か?
しかし、それはマスコミの勝手な想像であり、渡邊泰子さんが自虐的な売春を始めたのは、勝俣恒久会長が取締役企画部長に就任した1996年6月以降だと考えられます。
勝俣恒久会長は、誰かから渡邊泰子さんを排除するよう命令されて取締役企画部長に就任したに違いありません。
そして、渡邊泰子さんは、その翌年の1997年3月8日に殺された訳です。
このような考察から、渡邊泰子さんが殺された14年後の2011年3月11日に東電福島第一原発事故が起きたのは、渡邊泰子さんの怨念だと考えられます。
父親の意思を継ぎたかった渡邊泰子さん
渡邊泰子さんが生きておれば、父親の渡邊達夫さんが死んだ52歳に近い53歳だった筈です。
渡邊泰子さんは、死んだ父親の渡邊達雄さんの歳である52歳までに原発が危険であるという自分の主張と父親の主張が、正しいことを証明したかったに違いありません。
東電福島第一原発事故は、渡邊泰子さんの主張が、正しかったことを証明した訳で、上司だった勝俣恒久会長もこれにより辞任に追い込まれることになった訳です。
これは、非科学的な印象ではありますが、科学の敗北を予言した渡邊泰子さんの怨念であるとしか考えられません。
ヤクザに殺された渡邊泰子さん?
渡邊泰子さんが渋谷円山町界隈で売春をしているのを知った勝俣恒久会長は、渋谷円山町界隈を仕切っている ヤクザに何らかの依頼をした可能性があります。
このヤクザの事務所は、巣鴨にあったと言われておりますから、渡邊泰子さんは、巣鴨にあったヤクザの事務所で殺害されたものを推定されます。
巣鴨の民家の庭先で渡邊泰子さんの定期券が発見されたことは、このことを物語っていると思います。
ヤクザは、殺した渡邊泰子さんの定期券を巣鴨の民家の庭先にポンと投げ入れた訳です。
渋谷円山町界隈を仕切っている巣鴨のヤクザは、彼らの縄張りで立ちんぼをする渡邊泰子さんに、上納金を収めるよう要求していましたが、渡邊泰子さんは、これを無視していましたから、巣鴨のヤクザにも渡邊泰子さんを殺す動機がありました。
巣鴨にあったヤクザの事務所で殺された渡邊泰子さんは、渋谷円山町の事件現場である「喜寿荘」101号室に運ばれ遺棄されたものと考えられます。
ネパール人のマイナリは冤罪?
渋谷円山町の別の売春婦の常連客でもあったネパール人のマイナリが使った精液入りコンドームを予め用意しておき、「喜寿荘」101号室の便所に置いたものと思われます。
まことに都合よく東電は、原発反対者の渡邊泰子さんを抹殺することができた訳ですが、渡邊泰子さんが原発反対者であったことがバレないように当時の企画部の勝俣恒久会長や藤原万喜夫副社長は、巣鴨のヤクザに渡邊泰子さんのスキャンダルを隠すどころか宣伝するようにマスコミに流すように依頼したことでしょうね。
渡邊泰子さんを始末した上司の勝俣部長は、異例の出世へ?
首尾よく渡邊泰子さんを始末した上司の勝俣部長は、お陰で事件の翌年にめでたく「常務取締役」に出世しました。
現在では、勝俣恒久会長や藤原万喜夫副社長は、渡邊泰子さんの怨念である福島第一原発事故の 跡始末をするように、再び巣鴨のヤクザなどに頼んでいる筈です。
東電OL殺人事件の深層には、このように東電とヤクザの深い相互輔助関係があるのでしょうね。
いずれにしても東電の勝俣恒久会長や藤原万喜夫副社長も巣鴨のヤクザにも渡邊泰子さんを殺害する動機がある訳ですが、犯人とされたネパール国籍のマイナリには、どう考えても渡邊泰子さんを殺害する動機は全くないですよね。
しかし、裁判所が動機のないマイナリを無理やり犯人にしたのは、事件が更に検察や政治家とも結びついていることを伺わせます。
背後には、米国ユダヤの影
さらに背後には、米国ユダヤの影があるのでしょうね。
福島第一原発事故も、東電OL殺人事件の例だけを見ても以上のように、なかなか奥が深いですね。
東電の金が底をつき、ヤクザに渡る金が減って来ると、更なる深層部が公開されてくるかも知れません。
原発に反対した佐藤栄佐久元福島県知事の書物を読んでも東電OL殺人事件と全く同じ構図ですね。
東電に逆らった原発反対論者は、ことごとく抹殺されています。
原発に反対すると殺される日本社会
地震学者で元北海道大学の「島村英紀」先生は、地震学から見た原発の危険を訴えていましたが、当時の北海道大学長から冤罪で訴えられ、地検に逮捕され北海道大学の辞職を余儀なくされたそうです。
どうも日本では、原発反対を公的立場で言うと殺されるか叩きのめされるようですね。
これも背後には、米国ユダヤの影があるのでしょう。
ネパール国籍のマイナリの冤罪
ところで、犯人とされたネパール国籍のマイナリは、巣鴨のヤクザが仕切る別の売春婦の常連客でもありましたから、ヤクザがコンドームの中のマイナリの精液を保管して、「喜寿荘」101号室の便所に置くなんてことは簡単です。
当然、マイナリの精液は古いので事件当日のものではない筈なのですが、裁判長は全く無視したようですね。
そもそも、マイナリが犯罪現場の隣に住んでいると言うのも変ですよね。
本当の犯罪者なら、もっと遠くでやる筈だし、マイナリには、渡邉泰子さんを殺す動機が全くないですよね。
マイナリの冤罪は素人でも分かるのに変な裁判長だよね。
巣鴨のヤクザは、どんな冤罪でも自由自在に作れる状況にあった訳で、ましてネパール国籍のマイナリならば、冤罪に陥れるのは何の造作もなかったことでしょう。
渡邉泰子さんの母親のこと
一方、渡邉泰子さんの母親は、名家のお嬢さんだそうで、夫である渡邉泰子さんの父親を蔑んでいたそうです。
「何で、東電に入って原発反対みたいなバカなことを言うの!
なんて世渡りが下手なんでしょう。」てな感じだったのでしょう。
自然、渡邉泰子さんの父親は、渡邉泰子さんの母親ではなく、娘の渡邉泰子さんの方を溺愛するようになったと思われます。
そうなると、渡邉泰子さんの母親は、父親をめぐっての娘のライバルとなり、娘のことを嫉妬していたに違いありません。
だから渡邉泰子さんの母親は、渡邉泰子さんに恋人らしき相手ができると徹底的に潰しにかかっていたと言います。
針の蓆だった渡邊泰子さんの会社生活と家庭生活
これじゃ、父親が他界した後の渡邉泰子さんの家庭生活はメチャクチャです。
会社じゃ、上司の勝俣恒久部長に徹底的にいじめられ、自宅では母親との相克関係で男もできない訳です。
渡邉泰子さんは会社でも自宅に帰っても休まる場所がなかったものと思われます。
頼りになる男も上司も家族もいなかった訳です。
どういう訳か友人もあまりいなかったようです。
渡邉泰子さんを追い詰めて殺したのは、上司の勝俣恒久部長だけでなく、母親も結果的に加担していた可能性が高いですね。
となると、会社を退社した17:00から、自宅に帰る12:00ころまでが、唯一の開放された時間であったのでしょう。
頼りになる男が欲しかった渡邉泰子さんが、いい男を求めて クラブのホステスとして働いたことをきっかけに売春に走ることは、容易に想像できることかも知れません。
上司の勝俣恒久部長の部下の渡邉泰子さんに対する気遣いは?
上司の勝俣恒久部長は、部下の渡邉泰子さんに対して、「家を出て一人暮らしをせよ」とか、いい男を紹介する位の通常の上司としての心遣いがあれば、渡邉泰子さんはこんなに転落することはなかったと思われますが、「渡邉泰子よ、俺の出世の妨げになるお前は早く死ね!」と思っていたのでしょうね。
はたまた、渡邉泰子さんの売春相手には東電の上司も含まれていたと言う話ですから、勝俣恒久部長がその上司だった可能性もあります。
売春は、上司の勝俣恒久部長を陥れる罠?
最初は社内恋愛のような単なるアバンチュールと思っていたけど、渡邉泰子さんから見れば、勝俣恒久部長を陥れる罠だった訳です。
これは容易ならざる事態だと気づき、勝俣恒久部長がヤクザに頼んで、渡邉泰子さんを始末した可能性もありますね。
-----------------------------
まあ死人に口なしだから、佐野眞一のように事件の原因を渡邉泰子さんの奇行だけにデッチ上げることも可能ですが、「原発反対」と言うテーマを踏まえて、キチンと調べれば渡邉泰子さんは「原発推進」の全くの被害者であることが分かりますね。
東電・渡邉泰子と厚生労働省・村木厚子の共通項
東電・警察・検察・マスゴミで、日本は潰れる
ウム・・・、調べれば調べるほど、厚生労働省村木局長冤罪事件と全く同じ構図ですなあ。
以下は、 「東電・渡邉泰子と厚生労働省・村木厚子」 http://ameblo.jp/nanbokuchou/entry-10887651954.html から引用した、東電・渡邉泰子と厚生労働省・村木厚子の共通項である。
• 官僚組織
• 女性
• 切れ者
• 管理職
• 組織から抹殺される。
• 人間としての尊厳を破壊される。
• 警察、検察、マスコミがグルとなり、社会的信用を破壊する。
結局、東電・警察・検察・マスゴミで、日本は潰れる訳ですなあ。
まあ、日本が潰れても、東電・警察・検察・マスゴミがなくなるのなら、それもよいか。
電気代も税金もいらんぞ。
以上


2012年 第46回衆議院議員総選挙 不正選挙疑惑に関するまとめ
【悲報】選挙システムを日本で1社独占提供している「株式会社ムサシ」はやっぱり原子力ムラ
http://matome.naver.jp/odai/2135581547511887801

【抜粋】 選挙システムを全国で独占的に提供している民間会社「株式会社ムサシ」の社外監査役が、「社団法人原子燃料政策研究会」 監事を兼務。

●浅野 修一(あさの しゅういち) 昭和10年7月6日生
昭和38年3月 公認会計士登録
昭和38年3月 浅野修一事務所所長(現任)
昭和40年1月 税理士登録
平成20年6月 「株式会社ムサシ」監査役(現任)

「社団法人原子燃料政策研究会」 監事 公認会計士

株式会社ムサシ 役員一覧
http://www.musashinet.co.jp/company/outline.html

社団法人原子燃料政策研究会 役員一覧
http://www.cnfc.or.jp/j/about/index.html

「社団法人原子燃料政策研究会」とは?

<自己紹介文>
「社団法人・原子燃料政策研究会は、地球環境に優しく、エネルギーの安定供給に欠くことのできない原子力の平和利用、そのための原子燃料リサイクルの確立のために設立された公益法人です。
研究会では、唯一の被爆国である日本として、核兵器を地球から廃絶するためにも、プルトニウムの平和利用を積極的に進めるべきであると考え、活動を続けています。」

<2012度事業計画>
「今回の大事故を乗り越えて、より安全性の高い原子力発電の利用を図る責務がある。一時的に「羹に懲りて膾を吹く」ようなエネルギー政策策定であってはならないし、国のエネルギー政策がそのような短絡的な政策にならないよう注視する必要がある。」
「国の原子力発電所の安全対策の進捗状況を見守りつつ、わが国の原子力政策、エネルギー政策の見直しについて、単に原子力利用を否定するのではなく、むしろ一層の安全対策の充実と、前向きな利用促進を図るよう、政府に対して積極的に働きかける。また、世界各国の政府に対しても化石燃料の利用抑制と地球温暖化防止のために、原子力平和利用に関する理解促進を働きかけることとする。」

(参考URL)
http://wajin.air-nifty.com/jcp/2012/08/post-1444.html










自民党はただのパシリ。
陰の権力、本当の悪魔は誰だ!!


スキャン0001

スキャン0002

5月22日(水)出演:上杉隆▼7万人がフォロー!収束作業の矛盾を訴える、元原発作­業員のつぶやき




関連記事
スポンサーサイト
Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング

COMMENT

非公開コメント

特別拡散バナー


奇跡の母子犬
ひまわり/動物達の未来のために
生き物の命の重さに差があるでしょうか?
その重さは計れるでしょうか?

上質なサイトのリンク
お勧めサイトのリンク
ツィッター・タイムライン
最新コメント
最新トラックバック
スポンサードリンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。